« 米2冠馬についても確認。 | トップページ | ユキチャン(2005.3.28)。 »

2008年6月17日 (火)

Kahyasi(1985.4.2)-BMSとして力を発揮した英ダービー(GI)馬-。

カラジの父、カヤージが死亡(netkeiba.com)

中山グランドジャンプ(J・GI)3連覇の偉業を達成したカラジ(1995.2.20)の父として知られるKahyasi。「カラジの父」。今となってはそちらの通りが良いのは仕方ありませんね(苦笑)

ただ、それでも、私にとってはNijinsky(1967.2.21)系種牡馬のうち、最も好きなイルドブルボン(1975.5.23)の最良産駒であることには今もって変わりありません。ええ、わたしゃメモリージャスパー(1991.5.5)を応援していた訳ですよ(笑)

念の為、Kahyasiの競走成績を辿ると[5-1-0-1]。その主な勝ち鞍に英ダービー(GI)、愛ダービー(GI)、ダービートライアルS(英GIII)。デビューから愛ダービーまでは5戦5勝の無敗で通過しています。秋になってニエユ賞(仏GII)2着、凱旋門賞(仏GI)6着と敗れて、3歳で引退しました。なお、敗れた凱旋門賞の勝ち馬はトニービン(1983.4.7)です。

では、以下にKahyasiの4代血統表を示しておきます。

Kahyasi 牡 鹿毛 1985.4.2生 愛国・アガ・カーン殿下生産 馬主・アガ・カーン殿下 英国・L.クマーニ厩舎

Kahyasi(1985.4.2)の4代血統表
イルドブルボン[A]
黒鹿毛 1975.5.23
種付け時活性値:0.25
Nijinsky
鹿毛 1967.2.21
Northern Dancer
鹿毛 1961.5.27
Nearctic 1954.2.21
Natalma 1957.3.26
Flaming Page
鹿毛 1959.4.24
Bull Page 1947
Flaring Top 1947
Roseliere
黒鹿毛 1965
Misti
黒鹿毛 1958
Medium 1946
Mist 1953
Peace Rose
芦毛 1959
Fastnet Rock 1947
La Paix 1951
Kadissya
鹿毛 1979.3.15
仔受胎時活性値:1.25
Blushing Groom[A●]
栗毛 1974
種付け時活性値:1.00
Red God
栗毛 1954.2.15
Nasrullah 1940.3.2
Spring Run 1948
Runaway Bride
鹿毛 1962
Wild Risk 1940
Aimee 1957
Kalkeen
鹿毛 1974.2.18
仔受胎時活性値:1.00
Sheshoon[D]
栗毛 1956
種付け時活性値:0.25
Precipitation 1933
Noorani 1950
Gioia
鹿毛 1959
仔受胎時活性値:1.50
Crepello[F]
栗毛 1954
種付け時活性値:1.00
Bara Bibi
鹿毛 1951
仔受胎時活性値:1.75

<5代血統表内のクロス:Nearco5×5×5、Menow5×5>

Kahyasi(1985.4.2)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
Blushing Groom
(Runaway Bride)
5.50 甥サニングデール
(No.5-E)
初仔?

母Kadissyaは仏2勝と競走歴があるため、恐らく、Kahyasiは初仔ではないかと推測します。また、Kahyasiの3歳年下の半妹がカディザデー(1988.5.23)で、彼女の不受胎後の6番仔が高松宮記念(GI)の勝ち馬サニングデール(1999.4.1)です。また、4代血統表では見えませんが、Kahyasiの5代母はMasaka(1945)です。Masakaの孫が輸入種牡馬のシルバーシャーク(1963)ですね。この5号族、生粋のアガ・カーン自家生産牝系のひとつと言えると思います。

Kahyasiは「Nijinsky系種牡馬×Blushing Groom牝馬」というニックで生産されています。Kahyasi自身も無敗の英ダービー馬ですが、このニックからは後年同じく無敗で英ダービーを制するラムタラ(1992.2.2)も輩出されています。代を経た馬では今年の英オークス(GI)馬Look Here(2005.2.28)、返しニックではファンタスティックライト(1996.2.13)などが思い当たりますね。って、パッと思い当たる馬が少なすぎますか。エライすみません(苦笑)

中島理論的に見た時に、Kahyasiの最優性先祖は母父Blushing Groomと推定します。Blushing Groomを最優性先祖に持ってきたことで、Kahyasiの繁殖成績はフィリーサイアー寄りになり、そしてまた「母方に入って底力アップ」という要素が増したように見受けます。って、父、母父、祖母父、曾祖母父と、いずれも「母方に入って(も)良い仕事をするタイプ」ということも言えますが(苦笑)

フィリーサイアー寄りということで、私がカラジ以前のKahyasiの仔ということで想起した馬は、仏オークス(GI)馬Vereva(1994.5.11)-同馬はKahyasi満8歳時の0交配馬。また母父Mill Reef(1968.2.23)も満16歳時の0交配-、同じく仏オークス馬Zainta(1995.5.3)-同馬の曾祖母がZahra(1974.4.7)で今年の仏2冠牝馬Zarkava(2005.3.31)と同牝系-と、やはり牝馬でした。

まま、繁殖成績を見直すと圧倒的に母方に入って良い仕事をしているKahyasi。その最たる代表馬をご紹介しておきましょう。

Hasili 牝 鹿毛 1991.3.12生 愛国・ジャドモントファーム生産 馬主・カリド・アブドゥラ殿下 仏国・H-A.パントール厩舎

Hasili(1991.3.12)の4代血統表
Kahyasi[A]
鹿毛 1985.4.2
種付け時活性値:1.25
イルドブルボン
黒鹿毛 1975.5.23
Nijinsky
鹿毛 1967.2.21
Northern Dancer 1961.5.27
Flaming Page 1959.4.24
Roseliere
黒鹿毛 1965
Misti 1958
Peace Rose 1959
Kadissya
鹿毛 1979.3.15
Blushing Groom
栗毛 1974
Red God 1954.2.15
Runaway Bride 1962
Kalkeen
鹿毛 1974.2.18
Sheshoon 1956
Gioia 1959
Kerali
栗毛 1984.3.4
仔受胎時活性値:1.50
High Line[C]
栗毛 1966
種付け時活性値:0.25
★ハイハット
栗毛 1957
Hyperion 1930.4.18
Madonna 1945
Time Call
鹿毛 1955
Chanteur 1942
Aleria 1949
Sookera
黒鹿毛 1975.5.15
仔受胎時活性値:2.00
Roberto[A]
鹿毛 1969.3.16
種付け時活性値:1.25+α
Hail to Reason 1958.4.18
Bramalea 1959.4.12
Irule
芦毛 1968.3.15
仔受胎時活性値:1.50
Young Emperor[A]
芦毛 1963
種付け時活性値:1.00
Iaround
鹿毛 1961.5.9
仔受胎時活性値:1.50

<5代血統表内のクロス:なし>

Hasili(1991.3.12)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
Roberto
(Kerali)
6.50 直仔にGI勝ち馬4頭
(No.11)
?
(3連産目以降の仔)

思わずゴシック体にしてしまいましたけれど、現在のところ、Hasiliは直仔にGI勝ち馬が4頭もいます。そしてGIを勝てなかったものの種牡馬として功名を遂げた仔もいます。

さて、繁殖牝馬としてのHasiliについて、中島理論的に目に付くのは「料的遺伝値のクレジットが5.00もある」ということです。Hasili自身「6.50」と強大な遺伝値を誇りますけれど、Hasiliまでの牝系4代の世代交代がいずれも満6歳から満8歳で行われており、活力のある体力の受け渡しがなされています。

では、Hasiliの驚嘆すべき繁殖成績を以下に示しておきます。

Hasili(1991.3.12)の産駒について
馬名
(生年月日)

(活性値)
母父
(活性値)
祖母父
(活性値)
曾祖母父
(活性値)
主な勝ち鞍

(活性値)
祖母
(活性値)
曾祖母
(活性値)
高祖母
(活性値)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
Dansili
(1996.1.27)
デインヒル[A]
(0.25)
Kahyasi[A]
(1.25)
High Line[C]
(0.25)
Roberto[A]
(1.25+α)
14戦5勝
ミュゲ賞(仏GII)
エドモンブラン賞(仏GIII)
メシドール賞(仏GIII)
他に仏2000ギニー(GI)2着
Hasili
(1.00)
Kerali
(1.50)
Sookera
(2.00)
Irure
(1.50)
Roberto 6.00 妹弟活躍馬目白押し
(No.11)
初仔
Banks Hill
(1998.2.24)
デインヒル[A]
(0.75)
Kahyasi[A]
(1.25)
High Line[C]
(0.25)
Roberto[A]
(1.25+α)
15戦5勝
ジャック・ル・マロワ賞(仏GI)
BCフィリー&メアターフ(米GI)
コロネーションS(英GI)
他に仏GII1勝
Hasili
(1.50)
Kerali
(1.50)
Sookera
(2.00)
Irure
(1.50)
Roberto
(Kerali)
6.50 兄妹弟活躍馬目白押し
(No.11)
2番仔
(前年産駒無し後の仔?)
Heat Haze
(1999.3.12)
Green Desert[A]
(1.75)
Kahyasi[A]
(1.25)
High Line[C]
(0.25)
Roberto[A]
(1.25+α)
14戦7勝
ビヴァリーD.S(米GI)
メイトリアークS(米GI)
他に米GIII2勝
Hasili
(1.75)
Kerali
(1.50)
Sookera
(2.00)
Irure
(1.50)
Green Desert
(Foreign Courier)
6.75 兄妹弟活躍馬目白押し
(No.11)
3番仔
Intercontinental
(2000.3.19)
デインヒル[A]
(1.25)
Kahyasi[A]
(1.25)
High Line[C]
(0.25)
Roberto[A]
(1.25+α)
22戦13勝
BCフィリー&メアターフ
メイトリアークS
他に米GII3勝、米GIII3勝
Hasili
(2.00 or 0.00)
Kerali
(1.50)
Sookera
(2.00)
Irure
(1.50)
Roberto
(Hasili)
7.00 or 5.00 兄姉弟活躍馬目白押し
(No.11)
4番仔
Cacique
(2001.5.2)
デインヒル[A]
(1.50)
Kahyasi[A]
(1.25)
High Line[C]
(0.25)
Roberto[A]
(1.25+α)
18戦7勝
マンノウォーS(米GI)
マンハッタンH(米GI)
他に仏GII1勝、仏GIII2勝
Hasili
(0.25)
Kerali
(1.50)
Sookera
(2.00)
Irure
(1.50)
デインヒル 5.25 兄姉弟活躍馬目白押し
(No.11)
5番仔
Champs Elysees
(2003.3.21)
★デインヒル[A]
(0.00)
Kahyasi[A]
(1.25)
High Line[C]
(0.25)
Roberto[A]
(1.25+α)
16戦3勝(現役)
サンマルコスH(米GII)
エドゥヴィル賞(仏GIII)
他に米GI2着1回、伊GI2着1回
Hasili
(0.75)
Kerali
(1.50)
Sookera
(2.00)
Irure
(1.50)
Roberto
(Bramalea)
5.75 兄姉活躍馬目白押し
(No.11)
6番仔
(前年産駒無し後の仔?)

お、恐るべしは、名繁殖牝馬Hasili。4年連続でGI勝ち馬を送り続けるとは!!生涯で1頭GI勝ち馬を産み出せば十二分に名繁殖牝馬。ところが彼女は4頭も送り出し、勝てないまでもGI連対を果たしGII勝ちを収めた馬も2頭送り込んでいます。なんですか、今のところ産駒の重賞勝ち総数26勝、うちGI9勝って(笑)

なお、上記6頭の父をご確認頂くとお分かりのように、Heat Hazeを除く5頭が父デインヒル(1986.3.26)です。アブドゥラ殿下の宝刀デインヒルを立て続けに配することにより、これらの活躍馬たちが送り込まれました。余談となりますが、改めてアブドゥラ殿下の持ち馬を辿ると、日本に縁のある馬が多いですね。ダンシングブレーヴ(1983.5.11)&コマンダーインチーフ(1990.5.18)父仔、コマンダーインチーフの半兄ウォーニング(1985.4.13)、そしてデインヒルと日本の土地を踏んだ馬が多くいます。

また、Hasiliの初仔であるDansiliの名前を記憶されている血統ファンの方もいらっしゃるでしょう。思わず「ダンジリ?岸和田?」と思ってしまう彼は、凱旋門賞(仏GI)馬Rail Link(2003.3.26)の父としても知られていますね。そう、ディープインパクト(2002.3.25)が挑んだ2006年の凱旋門賞の勝ち馬がRail Linkです。Dansili、名繁殖族の血を種牡馬としていかんなく発揮したのでした。

先ほどZarkavaの名前をチラッと出しましたが、この仏2冠牝馬の母父もKahyasiですね。アガ・カーン殿下のクラシック勝ち馬にKahyasiが現れると、殿下が生産された傑作への愛情が垣間見えます。

という訳で、長くなりましたが、直父系ではなくとも、Kahyasiの血はこれからも脈々とつなげられていくのでしょう。死してなお生き続ける。世代を重ねる意味を深く思います。

ではでは、今日はこのへんで。

<Web Resource>

|

« 米2冠馬についても確認。 | トップページ | ユキチャン(2005.3.28)。 »

競馬(血統)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/41565861

この記事へのトラックバック一覧です: Kahyasi(1985.4.2)-BMSとして力を発揮した英ダービー(GI)馬-。:

« 米2冠馬についても確認。 | トップページ | ユキチャン(2005.3.28)。 »