« 過去10年の宝塚記念(GI)連対馬について。 | トップページ | 第49回宝塚記念(GI)の馬柱。 »

2008年6月26日 (木)

女王陛下の2歳馬。

ロイヤルアスコット観戦記(netkeiba)

↑の合田直弘さんの記事で

3つめのハイライトは、最終日の第1Rに組まれた、2歳馬による距離7Fの準重賞チェシェイムSで見られた。このレースを、エリザベス女王が生産・所有するフリーエージェント(父ドクターフォング)が優勝。ロイヤル開催で女王の馬が勝つのは、99年のデュークオブエディンバラSをブループリントが制して以来、9年振り20度目のことだった。

女王が優勝馬主として表彰台に上がられた時の歓声たるや、まるでクラシックレースかと思わせる大きさだった。

とありましたので、女王陛下の愛馬Free Agent(2006.5.13)の血統を確認してみました。まだ2歳のFree Agentは当然の如くPedNetに未登録でした。故に久しぶりに登録をしてみました。さかのぼると6代母Amicable(1960)以前の先祖しか登録されていませんでしたので、5代母Example(1968.2.29)からFree Agentまで順に登録しました。それにしても夜間のデータ登録はサーバレスポンスに時間が掛かりすぎ(苦笑)

Free Agent 牡 鹿毛 2006.5.13生 英国・エリザベス女王生産 馬主・エリザベス女王 英国・R.ハノン厩舎

Free Agent(2006.5.13)の4代血統表
Dr.Fong[A]
栗毛 1995.4.6
種付け時活性値:0.50

Kris S.
黒鹿毛 1977.4.25
Roberto
鹿毛 1969.3.16
Hail to Reason 1958.4.18
Bramalea 1959.4.12
Sharp Queen
鹿毛 1965.4.19
★Princequillo 1940
Bridgework 1955.3.23
Spring Flight
鹿毛 1987.3.21
★Miswaki
栗毛 1978.2.22
Mr.Prospector 1970.1.28
Hopespringseternal 1971.5.27
Coco La Investment
黒鹿毛 1975.1.19
Coco La Terreur 1968.4.23
Great Investment 1968.4.20
Film Script
鹿毛 1997.2.8
仔受胎時活性値:0.00(2.00)
Unfuwain[A]
鹿毛 1985.3.5
種付け時活性値:0.75
Northern Dancer
鹿毛 1961.5.27
Nearctic 1954.2.11
Natalma 1957.3.26
Height of Fashion
鹿毛 1979.4.14
Bustino 1971
Highclere 1971
Success Story
芦毛 1991.5.2
仔受胎時活性値:1.25
シャルード[A]
芦毛 1983.4.15
種付け時活性値:1.75
Caro 1967.4.11
Angel Island 1976.5.4
Starlet
鹿毛 1986.5.18
仔受胎時活性値:1.00
Teenoso[z]
黒鹿毛 1980.4.7
種付け時活性値:1.25
Pas De Deux
栗毛 1974
仔受胎時活性値:0.75

<5代血統表内のクロス:Nearctic5×4>

Free Agent(2006.5.13)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
シャルード
(フォルティノ)
3.00 or 5.00 5代母から女王陛下の自家生産馬
(No.1-L)
4番仔
(少なくとも2連産目以降の仔)

Free Agent、祖母父シャルード(1983.4.15)ですやん。つまりはビワハヤヒデ(1990.3.10)のお父さん、まさか女王陛下の愛馬の血統表を作成する時に出くわすとは。しかも、中島理論的にはちゃっかり最優性先祖です(笑)。恐れながら陛下、よくぞシャルードを種付けなされたものです。

Free Agentの配合は中島理論的に見所があります。上の4代血統表に示したとおり、父Dr.FongがFree Agentに対して活性値「0.50」、直祖父Kris S.がDr.Fongに対して活性値「0.25」の受け渡しで、Kris S.の時点で乗算活性値「0.125」となり、Kris S.以前の先祖がイエロー0化されています。なお、父Dr.Fong自身が結構仕掛けられた配合です。母父Miswakiが満8歳時の0交配、曾祖母父Saidam(1959.3.22)も同じく満8歳時の0交配と、4系のうち2系にグリーン0を持っています。また、Free Agentの曾祖母父はTeenoso。同馬は英ダービー(GI)勝ち馬として知られていますが、その直父系を辿るとYouth(1973.4.12)、Ack Ack(1966.2.24)、Battle Joined(1959.3.21)の通り、米国伝来の血脈であるHimyar(1875)系で、アメリカンダミーとして知られる父系ですね。

ついで、中島理論的な見方ではありませんが、Free Agentの母父Unfuwainの祖母がHighclereで、同牝馬は女王陛下のオーナーブリード馬として英1000ギニー(GI)、 仏オークス(GI)を制した名牝ですね。って、Highclereについては、今の競馬ファンには「ディープインパクト(2002.3.25)の曾祖母」というほうが通りが良いですか(笑)

また、牝系について確認してみたところ、Free Agentの曾祖母Starletは7勝を挙げ独GII-Team Trophy Der Volksbanken Und Raiffeisenbanken-を勝ち、ナッソーS(現英GI、当時英GII)とサンチャリオットS(現英GI、当時英GII)2着があります。また、5代母Exampleは「牝馬版セントレジャー」ことパークヒルS(英GII)、ジャンドショードネイ賞(仏GII)の勝ち馬です。……非力な私はここまでしか調べられませんでした。あいすみません。

御身82歳を迎えられても壮健であらせられる女王陛下。馬主として英国の五大クラシックレースで残されたタイトルは「The Derby」のみ。Free Agent、果たして女王陛下にダービーオーナーの称号をプレゼントできるでしょうか。伸び行く若駒のこれからに期待しましょう。

ではでは、今日はこのへんで♪

<Web Resource>

|

« 過去10年の宝塚記念(GI)連対馬について。 | トップページ | 第49回宝塚記念(GI)の馬柱。 »

競馬(血統)」カテゴリの記事

コメント

Free Agentの配合見ました。
この時期にいいところを見せた話題の馬はダービーの前売り人気になるのですが、
中距離色の強い配合ですね。
父のDr.Fongといい、最優性先祖シャルードといい、Nearcticクロスといい。
ギニーか、アメリカの中距離か、という印象を持ちました。

投稿: much_better | 2008年6月26日 (木) 23時24分

◎much_better様
いつもお世話になっております。

>Free Agent
合田さんの別記事である
http://www.sponichi.co.jp/gamble/column/foreign/kijilist.html
によると、現時点でブックメーカーのダービー単勝オッズは26倍とのことです。

ただ、おっしゃるように配合全体からの印象は
マイルから10Fのレースが良さそうです。

果たして女王の悲願は達成されるのでしょうか。
来年のお話しですが、忘れずに注目しておきたいと思います。

ではでは、わざわざのコメント、誠にありがとうございました。

投稿: オオハシ | 2008年6月29日 (日) 09時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/41649980

この記事へのトラックバック一覧です: 女王陛下の2歳馬。:

« 過去10年の宝塚記念(GI)連対馬について。 | トップページ | 第49回宝塚記念(GI)の馬柱。 »