« 第75回日本ダービー(JpnI)。 | トップページ | 北米産馬の生年月日について。 »

2008年6月 2日 (月)

第168回ジョッケクルブ賞(仏GI)。

#2008/06/03追記。当初、表題の仏ダービーの回数を「第171回」としておりましたが、正しくは「第168回」でした。お詫びの上、訂正致します。

仏ダービー、ナタゴラは3着(netkeiba.com)

という訳で、レース映像を以下に。

いや「あわや勝ち切るか」という感じでしたね。強い。「ディアヌ賞に矛先を向けていたら楽勝だったのでは」と思わされます。

恐るべしはディヴァインライト(1995.5.10)の娘。これからも活躍してくれることを祈りましょう。

ではでは、今日はこのへんで♪

|

« 第75回日本ダービー(JpnI)。 | トップページ | 北米産馬の生年月日について。 »

競馬(回顧)」カテゴリの記事

コメント

いやあ、日本で2流の種牡馬成績に甘んじてるSS系は世界ニーズがあるはずだと思いますね。
今回のディヴァインにしろ、フジキセキにしろ。ステイゴールドやスペシャル、バブル、マーベラスあたり面白いと思うのですが、その内に社台は交換トレード始めるかもですな。
逆輸入のSS系がJCに出るなら、私は内国産よりも重い印を打つつもりです。

先日の件は、言葉に甘えて利用させていただきますね。では。

投稿: masa | 2008年6月 3日 (火) 07時59分

惜しい!ダービーを使うのはどうなのかな、と思っていました
が強い内容でしたね。特に抜け出すときの一瞬の脚は印象
的でした。この後はどこを使うんだろう。。

投稿: ゴリ | 2008年6月 3日 (火) 22時04分

SS系ここまで飽和してるんだったら
外国に売ったほうがいいな。
下手に国内で囲って衰退させるより
よっぽどいい。

投稿: レイ | 2008年6月 5日 (木) 20時26分

◎皆様
いつもお世話になっております。

○masa様
>世界ニーズ
まま、私などでも「血が飽和するのは明らかなので、もっと世界に分散させたらいいのに」と思いますね。

勝手な幻想ですがディヴァインライトやステイゴールドなどノーザンテーストが入っている馬はフランス、
バブルガムフェローは半兄Candy Stripesの成功を受けてアルゼンチン、
マーベラスサンデーは祖母モミジIIからカナダが供用地として面白いと思っています。

#ディヴァインライトはその通りフランスで供用されたものの、
結局、親日国のトルコに行ってしまいましたね。まま、それはそれで良かった。

フジキセキは4代母がMilan Millですからね。ならば、牝系ゆかりの
アメリカ・ヴァージニア州……、いやサスガに無理ですね(笑)

基本、近親馬が活躍した国は水が合うはずだ、と思っています。

あと、スペシャルウィークは、どこの国に行っても、
日本よりは馬鹿っ走りしそうな予感です。

>その内に社台は交換トレード始めるかもですな。
社台さん、ホントはもっと外に出されるかと思ったのですが……。
現状は、やっぱり手元に置いたほうが儲かる、という判断なのでしょうか。
トレード、これからに期待します。

>先日の件は、言葉に甘えて利用させていただきますね。では。
久しぶりにリンク先を辿らせて頂いたら、なにやら、楽しそうな感じです。
少しでもお役に立てるならば、幸いです♪

○ゴリ様
デットーリ騎手に操られてホントに見事な走りっぷりでした。
直線に入ってから「ふっ」と抜け出して来た時は、思わず身震いすらしました。

次は地元の牝馬限定のマイルGI、アスタルテ賞になる予定とのこと。
英1000ギニーの金看板を背負っての出走、そう簡単には負けられない
一戦になりそうです。楽しみにしましょう♪

○レイ様
「はじめまして」となるかと存じます。オオハシと申します。
以後お見知りおき頂ければ幸いです。

別の方へのレスでも書きましたが、ホントに
「血が飽和するのは明らかなので、もっと世界に分散させたらいいのに」と思いますね。

世界を席巻できる血を国内で囲わずに放出できるか否か。
21世紀の日本の馬産界における課題なのかもしれませんね。

ではでは、皆様、わざわざのコメント、誠にありがとうございました♪

投稿: オオハシ | 2008年6月 6日 (金) 16時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/41401900

この記事へのトラックバック一覧です: 第168回ジョッケクルブ賞(仏GI)。:

« 第75回日本ダービー(JpnI)。 | トップページ | 北米産馬の生年月日について。 »