« 第69回オークス(JpnI)出走予定馬の4代血統構成について。 | トップページ | 空胎後に名馬あり(2008年版)-其の七-。 »

2008年5月25日 (日)

第69回オークス(JpnI)。

先週に引き続き、コメントをたくさん頂きまして、誠にありがとうございます。えー、こんなにコメントを頂ける競馬ブログだったでしょうか(笑)。お返しは明日以降に必ず。

という訳で、第69回オークスについて。

1着トールポピー(2005.1.30)。2歳女王の復権なる。も、若干後味の悪さが残る勝利でした。しかし、審議の上で裁定がくだされたのですから、ね。

ジャングルポケット(1998.5.7)、全兄フサイチホウオー(2004.2.16)、そしてトールポピー。父を3歳時のジャパンカップ(GI)で無印にして以降、この父仔たちとは、どうも相性が悪いのです。いや、彼らに責任はまったくありません。適性を正しく見抜けない私がダメなだけです(笑)

ジャングルポケットは、皆様ご存じの通り府中3戦3勝で、その勝ち鞍はジャパンカップ、日本ダービー(現JpnI)、共同通信杯(現JpnIII)。トニービン(1983.4.7)産駒らしい東京巧者でした。とは言うものの、ジャングルポケットは中島理論的には最優性先祖が曾祖母父Daryl's Joy(1966)。同馬はヴィクトリアダービー(現豪GI)やコックスプレート(現豪GI)の勝ち馬です。まま、いずれにせよ、東京コースに強い血統であることはよく知られているところ。

そして、このブログにアップしなかった下書きを見直して、がく然としてしまいました。

トールポピー。全兄フサイチホウオー(2004.2.16)の無念を晴らすべく、全妹が一足早くジーワン制覇と相成りました。この兄妹については、「母父SSの0交配」というところに落ち着きます。また、トールポピーについて言えば、父ジャングルポケット(1998.5.7)が最優性先祖です。兄が曾祖母父Caro(1967)が最優性先祖であるのに対して、父が最優性先祖になったことにより、より父によく似た雰囲気を出しているように感じます。トールポピーとジャングルポケットは、顔がよく似ているなぁと思います。

府中得意の血は代を経ても受け継がれるということ。自分で作った馬柱、鋭く光る「ジャングルポケット、活性値1.50」、気付いた時には後の祭り。しかも思えば、父が日本ダービーを制した折は重、そして娘がオークスを制した折は稍重。ゴール後、正面スタンド前に戻ってきたトールポピーが首を上げる姿を見て、父のダービーを思い出しました。

時を重ねても、おのが学習能力のなさを思います。まま、また次に活かしましょう。何はともあれ、トールポピー陣営の皆様、おめでとうございました。

2着エフティマイア(2005.2.14)。母父ニホンピロウイナー(1980.4.27)の血に拘りすぎた私が馬鹿でした。桜花賞(JpnI)2着馬、強かった。先行して抜け出し押し切るかと思われたところで、切れ込み気味にラチを駆けた1着馬に、わずかに交わされました。それでも、実力があるところは十二分に見せてくれました。

しかし、桜花賞以後の成績を見ると、これは転厩の効果が見られたということでしょうかね。あるいは体調の戻ったタイミングがこの2戦だったということでしょうか。矢野進調教師が手掛けられた最後の愛娘、大仕事は秋以降に持ち越されました。

3着レジネッタ(2005.5.11)。やっぱり強い者は強い。今日は3着でしたが桜花賞馬の矜持は見せてくれました。

結局、CX系列のテレビ中継で井崎先生がおっしゃっていた通り「ジーワン連対経験のある馬たちが3着までを占め」、そして中島理論的には「字面上Phalaris系4代累代配合馬が3着までを占めてしまいグーの音も出ない」第69回オークスの結果でした(笑)

あー、競馬って難しいなぁ。でも、だからこそ、面白いなぁ。ではでは、今日はこのへんで♪

|

« 第69回オークス(JpnI)出走予定馬の4代血統構成について。 | トップページ | 空胎後に名馬あり(2008年版)-其の七-。 »

競馬(回顧)」カテゴリの記事

コメント

小生何も考えず気楽に書き込んでおりますので、
あまり気になさらず。
今回のオークスは黄黒縦縞勝負服だけが印象に
残りそうな…
何はともあれ、来週はダービーです。

投稿: ゴリ | 2008年5月26日 (月) 21時54分

ご無沙汰しております。
ちょっと前にリンクが切れたときはびっくりしました(笑。中島理論・裏・コラムで検索かけたら一発でしたが。
オークスは決着血統を見ただけでレベルがうかがい知れますねぇ。
今週はショウナンアルバが貴重な父系を延ばせるかに注目。

追記:
うちもHPの移転をしまして、そこにデータベースを構えるのですが、もしよろしければオオハシさんの分析データもそこに引っ張っていかせて貰えませんか?

投稿: masa | 2008年5月27日 (火) 18時15分

◎ご両名
いつもお世話になっております。折り返しが遅くなってしまい、恐れ入ります。

○ゴリ様
お気遣い感謝感謝です。

>黄黒縦縞勝負服
道中の中段後方は同じ勝負服が5頭で並んでいましたね。私が応援していた黄、黒縦縞、袖青一本輪は7着に沈みましたが、同じ勝負服の桜花賞馬の差し脚は見事なものでした。


○masa様
おお、こちらこそご無沙汰しておりました。

急にリンクが切れてしまい申し訳ありませんでした。お手数をお掛け致しました。

>ショウナンアルバ
皐月賞では本命に押しました(笑)。まま、人気が落ちて、蛯名騎手の一発が先週に続いてあるか、楽しみです。

>分析データもそこに引っ張っていかせて貰えませんか?
どうぞどうぞ。私はWeb資源は共有してナンボと思っていますので、以後もご自由に。

ところで、先週はヤマトプリティの娘が頑張りましたね。サスガに砂で強い(ニヤリ)


ではでは、ご両名、わざわざのコメント、誠にありがとうございました♪

投稿: オオハシ | 2008年5月29日 (木) 22時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/41319837

この記事へのトラックバック一覧です: 第69回オークス(JpnI)。:

» トールポピー、オークス馬に!でも・・・ [君に出逢って]
トールポピーが混戦のオークスを制覇。 兄とは違ったようですね、 少しでありながらも 馬体重が増えていた事も これは厩舎の努力だった様に思えます。 トールポピーおめでとう! ただ・・・ ちょっと後味の悪い レースだった様に思えます。 テレビ観戦で見ていましたが... [続きを読む]

受信: 2008年5月26日 (月) 00時13分

« 第69回オークス(JpnI)出走予定馬の4代血統構成について。 | トップページ | 空胎後に名馬あり(2008年版)-其の七-。 »