« 第13回NHKマイルカップ(JpnI)。 | トップページ | 第3回ヴィクトリアマイル(JpnI)出走予定馬の4代血統構成について。 »

2008年5月15日 (木)

空胎後に名馬あり(2008年版)-其の五-。

毎度おなじみの「空胎後に名馬あり」の記事でございます。

2008年のJRAGI(JpnI含む)レースの複勝圏馬における母の受胎条件
レース名 1着馬 母の受胎条件 2着馬 母の受胎条件 3着馬 母の受胎条件
フェブラリーS(GI) ヴァーミリアン 3連産目の3番仔 ブルーコンコルド 2連産目の2番仔 ワイルドワンダー 初仔
高松宮記念(GI) ファイングレイン 初仔 キンシャサノキセキ 双子流産後の仔 スズカフェニックス 2連産目の2番仔
桜花賞(JpnI) レジネッタ 4連産目の4番仔 エフティマイア 3連産目の3番仔 ソーマジック 2連産目の3番仔以降の仔
皐月賞(JpnI) キャプテントゥーレ 2連産目の2番仔 タケミカヅチ 2連産目の12番仔 マイネルチャールズ 3連産目の5番仔
天皇賞・春(GI) アドマイヤジュピタ 不受胎後の3番仔 メイショウサムソン 流産後の初仔 アサクサキングス 2連産目の2番仔
NHKマイルカップ(JpnI) ディープスカイ 不受胎後の4番仔 ブラックシェル 不受胎後の3番仔 ダノンゴーゴー 2連産目の5番仔以降の仔

ここまでの結果だけを見ると、連に絡む時は1着、2着共に母が前年産駒なし後の仔、という感じです(笑)

という訳で、ヴィクトリアマイル(JpnI)に出走予定馬のうち、母の受胎条件が良い馬を確認したいと思います。

  1. ヤマニンメルベイユ(2002.2.18)
    →母が不受胎後の4番仔

今回は1頭のみ。まま、ここ2年ほどの牝馬限定ジーワンを顧みると、別段受胎条件に拘泥する必要もありませんので、ね。

とは言うものの、ヤマニンメルベイユには一発大駆けをお願いしたいところです。父メジロマックイーン(1987.4.3)はもちろん、母ヤマニンアリーナ(1992.4.14)は「サンデーサイレンス(1986.3.25)×ティファニーラス(1983.2.28)」という「ケンタッキーダービー馬×ケンタッキーオークス馬」という豪華な配合馬。サンデーサイレンスの初年度産駒としてデビューしたアリーナは、実はSS産駒初のJRAオープン特別勝ち馬です-現年齢表記2歳8月のクローバー賞(OP)-。仏語で「素晴らしい」という意味を馬名に受けた愛娘メルベイユ、柴山雄一騎手を背にしていざ行かん、ジーワン制覇。期待しています。

ではでは、今日はこのへんで♪

|

« 第13回NHKマイルカップ(JpnI)。 | トップページ | 第3回ヴィクトリアマイル(JpnI)出走予定馬の4代血統構成について。 »

競馬(血統)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/41219088

この記事へのトラックバック一覧です: 空胎後に名馬あり(2008年版)-其の五-。:

« 第13回NHKマイルカップ(JpnI)。 | トップページ | 第3回ヴィクトリアマイル(JpnI)出走予定馬の4代血統構成について。 »