« 空胎後に名馬あり(2008年版)-其の参-。 | トップページ | 第137回天皇賞・春(GI)出走予定馬の4代血統構成について。 »

2008年4月30日 (水)

逝くにはまだまだ早かった馬たち。

帰宅途中に購入した大スポ(≒東スポ、九スポ等)の競馬欄で「トウショウナイト安楽死」の記事を見て、絶句してしまったオオハシでございます。

現在作成中の第137回天皇賞・春(GI)の記事において、トウショウナイト(2001.5.29)に関する内容もお目にかける予定でした。今年に入ってもAJC杯(JpnII)2着、日経賞(GII)2着と「老いてますます盛ん」であるところを見せていただけに、天皇賞でも期待をかけようと思っていた矢先の出来事でした。

また、トウショウ勢としては、2月の根岸S(GIII)におけるトウショウギア(2000.6.3)の予後不良についで、現役の旗頭的な男馬が立て続けに逝ったことになります……。

合わせて述べておくと、アドマイヤキッス(2003.2.8)、サンアディユ(2002.3.26)が3月に立て続けに逝った時は思わずを目を瞑り、先週は先週でアストンマーチャン(2004.3.5)が急死して目がテンになってしまいました……。

どの馬もまだまだ活躍できたはず。せめて冥福を祈りたいものです。ただただ、合掌。

トウショウナイト 牡 栗毛 2001.5.29生 静内・トウショウ産業株式会社トウショウ牧場生産 馬主・藤田衛成氏 美浦・保田一隆厩舎

  1. 4代血統構成(各父):『★ティンバーカントリー×★Java Gold×◆Northern Dancer×New Providence』
  2. 4代血統構成(父系):『Mr.Prospector系×Ribot系×Nearctic系×Teddy系』
  3. 5代血統表内のクロス:Northern Dancer5×3(母方)、Swaps5×4(父方)、Native Dancer5×5
  4. 牝系:4号族 祖母Northernette(加国牝馬王者)、祖母の全弟Storm Bird(デューハーストSの勝ち馬。名種牡馬)
  5. 母の何番仔?:3連産目の3番仔(?)
  6. 自身の主な戦績:アルゼンチン共和国杯(現JpnII)1着、GII(JpnII含)2着5回、3着2回

トウショウギア 牡 鹿毛 2000.6.3生 静内・トウショウ牧場生産 馬主・トウショウ産業株式会社 美浦・池上昌弘厩舎

  1. 4代血統構成(各父):『★オジジアン×ナイスダンサー×トウショウボーイ×Petingo』
  2. 4代血統構成(父系):『Damascus系×Northern Dancer系×Princely Gift系×Fairway系』
  3. 5代血統表内のクロス:Nearco5×5
  4. 牝系:14号族 伯母ヌエボトウショウ(JRA重賞5勝)
  5. 母の何番仔?:4連産目の4番仔(死産含)
  6. 自身の主な戦績:東京ダート1400mレコードホルダー(1分22秒3)、オープン特別5勝

アドマイヤキッス 牝 栗毛 2003.2.8生 早来・ノーザンファーム生産 馬主・近藤利一氏 栗東・松田博資厩舎

  1. 4代血統構成(各父):『★サンデーサイレンス×ジェイドロバリー×Lyphard×Riva Ridge』
  2. 4代血統構成(父系):『Halo系×Mr.Prospector系×Northern Dancer系×Turn-to系』
  3. 5代血統表内のクロス:Northern Dancer5×4(母方)
  4. 牝系:20号族 母キッスパシオン(JRAGIII2着)
  5. 母の何番仔?:不受胎後の3番仔
  6. 自身の主な戦績:ローズS(現JpnII)1着、他GIII(JpnIII含)3勝、桜花賞(現JpnI)2着

サンアディユ 牝 鹿毛 2002.3.26生 門別・下河辺牧場生産 馬主・松岡隆雄氏 栗東・音無秀孝厩舎

  1. 4代血統構成(各父):『フレンチデピュティ×Caerleon×Youth×ボールドリック』
  2. 4代血統構成(父系):『Deputy Minister系×Nijinsky系×Himyar系×Round Table系』
  3. 5代血統表内のクロス:Northern Dancer4×4、Round Table4×5(母方)
  4. 牝系:22号族 祖母Sharaya{ヴェルメイユ賞(仏GI)、ノネット賞(仏GIII)の勝ち馬}
  5. 母の何番仔?:7連産目の7番仔
  6. 自身の主な戦績:セントウルS(GII)1着、他GIII2勝、スプリンターズS(GI)2着

アストンマーチャン 牝 鹿毛 2004.3.5生 千歳・社台ファーム生産 馬主・戸佐眞弓氏 栗東・石坂正厩舎

  1. 4代血統構成(各父):『アドマイヤコジーン×Woodman×Northfields×Tapioca』
  2. 4代血統構成(父系):『フォルティノ系×Mr.Prospector系×Northern Dancer系×Son-in-Law系』
  3. 5代血統表内のクロス:Northern Dancer4×4
  4. 牝系:2号族 祖母フィールディ(加GII2勝、米GIII4勝)
  5. 母の何番仔?:6連産目の6番仔
  6. 自身の主な戦績:スプリンターズS1着、フィリーズレビュー(JpnII)1着、ファンタジーS(現JpnIII)1着、小倉2歳S(現JpnIII)

|

« 空胎後に名馬あり(2008年版)-其の参-。 | トップページ | 第137回天皇賞・春(GI)出走予定馬の4代血統構成について。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 逝くにはまだまだ早かった馬たち。:

« 空胎後に名馬あり(2008年版)-其の参-。 | トップページ | 第137回天皇賞・春(GI)出走予定馬の4代血統構成について。 »