« スタンダードブレッド種の英雄に見る0遺伝。 | トップページ | クォーターホースに見る0遺伝。 »

2007年10月 6日 (土)

アテネオリンピックの金メダル獲得馬に見る0遺伝。

ほんのちょこっとだけ、書いておきます。

2004年のアテネオリンピックにおける馬術競技、障害飛越個人の部でブラジルのロドリゴ・ペソア選手と共に金メダルを獲得したBaloubet du Rouet(1989)。セルフランセ種である彼の血統を、あくまでサラブレッドにおける中島理論的に示すと、

Baloubet du Rouetの4代血統表

Galoubet A
1972
(セルフランセ)
Alme Z
1966
(セルフランセ)
Ibrahim
1952
(セルフランセ)
The Last Orange 1941
(セルフランセ)
Vaillante 1943
(セルフランセ)
Girondine
1950
(セルフランセ)
★Ultimate 1941
(サラブレッド)
Jvins Mars 1931
(アングロノルマン)
Viti
1965
(トロッター)
Nystag
1957
(トロッター)
Abner 1944
(トロッター)
Gustine 1950
(トロッター)
Ida de Bourgoin
1952
(トロッター)
Boum 1945
(トロッター)
Chouquette de Bourgoin 1946
(トロッター)
Mesange du Rouet
1978
(セルフランセ)
Starter
1962
(セルフランセ)
Rantzau
1946
(サラブレッド)
Foxlight 1935
(サラブレッド)
Rancune 1940
(サラブレッド)
Kaironnaise
1954
(セルフランセ)
1931
(セルフランセ)
Tamise 1941
(セルフランセ)
Badine
1967
(セルフランセ)
Bel Avenir
1945
(セルフランセ)
Lavenir 1934
(サラブレッド)
Nicaella 1935
(アングロノルマン)
Perle de Norval
1959
(セルフランセ)
Rantzau 1946
(サラブレッド)
Hautesse 1951
(セルフランセ)

です。ブラジル代表のBalouobet du Rouetですが、生産国はセルフランセ種の発祥国でもある仏国です。上の血統表の通り、父Galoubet A(1972)が満16歳時の交配で生産されています。また、Baloubet du Rouetの母方に現れるRantzau(1946)はSon-in-Law(1911)系のサラブレッドです。先祖を辿りましたが、Rantzau3×4のインブリードは、非0化のクロスとして残っています。

ついで、Baloubet du Rouetが金メダルを獲得したアテネオリンピックの障害飛越個人の部にて、1位だったもののドーピング検査で陽性を示した為に失格となったWaterford Crystal(1991)についても示しておきます。発祥国を独国とするホルシュタイン種である彼の血統を、調べられる範囲で調べてみると、

Waterford Crystalの4代血統表

LANDGRAF
1966
(ホルシュタイン)
Ladykiller
1961
(サラブレッド)
Sailing Light
1949
(サラブレッド)
Blue Peter 1936
(サラブレッド)
Soler Cygnet 1940
(サラブレッド)
Lone Beech
1939
(サラブレッド)
Loaningdale 1929
(サラブレッド)
Fartuch 1932
(サラブレッド)
Warthburg
1962
(ホルシュタイン)
Aldato
1958
(ホルシュタイン)
Anblick 1938
(サラブレッド)
Kreta 1951
(ホルシュタイン)
Schneenelke
1958
(ホルシュタイン)
Fangball 1946
(ホルシュタイン)
Bluemchen 1943
(ホルシュタイン)
Ulme
(ホルシュタイン)
Corvado
1976
(ホルシュタイン)
Cor De La Bryere
1968
(セルフランセ)
Rantzau 1946
(サラブレッド)
Quenotte 1960
(セルフランセ)
Gessy
1970
(ホルシュタイン)
Ramiro 1965
(ホルシュタイン)
Laterna 1960?
(ホルシュタイン)
Akazie
(ホルシュタイン)
Duellant
1943
(ハノーバー)
Dolman 1933
(ハノーバー)
Forstweihe 1937
(ハノーバー)
Linde
(ホルシュタイン)
Figaro 1929
(ホルシュタイン)
Geranie
(ホルシュタイン)

です。Waterford Crystalは、その父Ladgraf(1966)が満24歳時の交配で生産されています。ボトムラインの馬たちの生年が確認できなかったのは、申し訳ない。あと、5代血統表ではアウトクロスでした。

まま、他の種類の馬についても、その血統を確認すると面白い結果が得られますね。

ではでは、今日はこんなところで♪

|

« スタンダードブレッド種の英雄に見る0遺伝。 | トップページ | クォーターホースに見る0遺伝。 »

競馬(血統)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/16672386

この記事へのトラックバック一覧です: アテネオリンピックの金メダル獲得馬に見る0遺伝。:

« スタンダードブレッド種の英雄に見る0遺伝。 | トップページ | クォーターホースに見る0遺伝。 »