« 過去10年の天皇賞・秋(GI)連対馬について。 | トップページ | 春秋連覇。 »

2007年10月24日 (水)

いましめ。

先日、米国の名馬ジョンヘンリー(1975.3.9)が脱水症状などで体調を崩した結果、10月8日に安楽死処分が取られたというニュースがありました。

また、ジョンヘンリーと同い年の日本の名種牡馬ミルジョージ(1975.4.12)が、こちらは老衰により10月19日に逝去したという報せもありました。

共に32歳まで生きた、長命を誇った馬どうし。

「32歳」と聞いて、「ああ、0の年回りで逝ってしまったのか」と、私は思ってしまいました。

中島理論的な考え方というのは、生体エネルギーのダイナミズムを見ることに他なりません。

血統理論としての是非はともかくとして、人間の厄年にも通じるその考え方は、己がいのちへのいましめにもなるものです。

私は、これからも大切にしていきたいと思います。

◎○▲△× ◎○▲△× ◎○▲△× ◎○▲△× ◎○▲△×

余談。ジョンヘンリーの最終的な調教師は、ロナルド・マッカナリー調教師ですね。マニアックな引用をしておきますと、

 私の知るマッカナリー調教師は外国から活馬(現役競走馬)を移籍すると、8ヵ月間は競馬に出走させない。
 保手浜忠弘氏がフランスのGI勝ち馬アマジックマンを購入し、マッカナリー師に預託し、移籍後の第一走が安田記念である(4着)。
 安田記念が8ヵ月ぶりの競馬であった。

1997年の有馬記念(GI)前に発刊された「競馬最強の法則」誌、おそらく1998年1月号と思います。そちらの32ページに上の記事がありました。はは、中島御大、海外の調教師ともつながりがあるのでした。なお、アマジックマン(1992.5.1)の他、ヨハンクアッツ(1989.2.22)も保手浜忠弘氏の持ち馬で、マッカナリー師の管理馬でした。

それで、ジョンヘンリーからミルジョージにつなげるとなると、ミルジョージ産駒のGI3勝馬イナリワン(1984.5.7)。はい、保手浜忠弘氏の持ち馬ですね(笑)

という訳で、ジョンヘンリーとミルジョージから、グルッと巡って、中島御大の知己2名につながりました。

ではでは、今日はこんなところで。

|

« 過去10年の天皇賞・秋(GI)連対馬について。 | トップページ | 春秋連覇。 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/16862625

この記事へのトラックバック一覧です: いましめ。:

« 過去10年の天皇賞・秋(GI)連対馬について。 | トップページ | 春秋連覇。 »