« 空胎後に名馬あり(2007年版)-其の八-。 | トップページ | フロリースカップ(1904)系の底力-2歳馬編-とIntrepidity(1990)の孫。 »

2007年10月 1日 (月)

それにしても強い3歳牝馬たち。

第41回スプリンターズS(GI)。

1着アストンマーチャン(2004.3.5)アドマイヤコジーン(1996.4.8)の娘のGI制覇、成る。秋に昇るフォルティノ(1959.4.19)系の末えい、魅せてくれました。超抜のスタートを切ったローエングリン(1999.6.8)が控えた為、二の脚、三の脚で先頭に立ち、そのまま押し切ってしまいました。彼女のピッチ走法の繰り出す推進力は、雨ニモマケズ、不良馬場ニモマケズ、中山ノ急坂ニモ、負けませんでした。中山芝1200mを1分9秒4の電撃の逃げ、お見事でした。

鞍上の中舘英二騎手はヒシアマゾン(1991.3.26)のエリザベス女王杯(GI)以来、実に13年ぶりのGIレース勝利。久方ぶりに見た彼は、やはり壮年。すでに42歳ですから、マルコメ君も、そりゃ歳を取られるはずです。まま、なんにせよ、おめでとうございました。

管理される石坂正調教師は2000年のダイタクヤマト(1994.3.13)以来となるスプリンターズS2勝目。関西の厩舎ですが、GI勝ち馬たちの鞍上を見ると、江田照男、後藤浩輝、クリストフ・ルメール、中舘英二と、関東の騎手たちや外国人騎手の名前が挙がります。馬の適性に合わせて、所属の東西、洋の東西を問わずに人選されていることが伺えますね。こちらもおめでとうございました。

◎○▲△× ◎○▲△× ◎○▲△× ◎○▲△× ◎○▲△×

それにしても、現3歳牝馬勢は、これでGI(JpnI含む)勝ち馬が5頭目ですか。ウオッカ(2004.4.4)を筆頭として、ダイワスカーレット(2004.5.13)ピンクカメオ(2004.4.24)ローブデコルテ(2004.4.28)、そしてアストンマーチャン。豊かな才能が、よくぞこの1世代に揃ったものです。

競馬は時計がすべてではありませんが、今年の初頭にも示したように、芝1400m、芝1500m、芝1600mのJRA2歳レコードタイムはこの世代の牝馬たちによって更新されています。芝1400mはアストンマーチャンの1分20秒3、芝1500mはイクスキューズ(2004.4.30)の1分29秒3、そして芝1600mはウオッカの1分33秒1。また、ローブデコルテが制したオークス(JpnI)は、エイシンサニー(1987.3.29)が持っていた2分26秒1を17年ぶりに更新する2分25秒3のオークスレコードでした。全体的にレベルが高い故に、やはり走破するタイムも速くなるということでしょうか。

また、いま名前を挙げた世代を代表する馬たち5頭の血統を見ると、

  • ウオッカ
    →『タニノギムレット×ルション×トウショウボーイ×ダンディルート』
  • ダイワスカーレット
    →『アグネスタキオン×★ノーザンテースト×Crimson Satan×Beau Max』
  • ピンクカメオ
    →『フレンチデピュティ×Silver Hawk×Chieftain×◆Mahmoud』
  • ローブデコルテ
    →『Cozzene×Seeking the Gold×Northern Dancer×Creme Dela Creme』
  • アストンマーチャン
    →『アドマイヤコジーン×Woodman×Northfields×Tapioca』

と、バラエティに富んだ組み合わせの馬たちばかりですね。近年のSS系占拠の血統を見て来た人間にとっては、新鮮な感じがします。ハーレムの状態を敏感に感じ取った牝馬たち、と言ったところでしょうか。

そんな世代の旗頭として、昨年の阪神JF(現JpnI)では圧倒的1番人気だったアストンマーチャン。ウオッカとクビ差の勝負を演じた快速娘、やはりタダモノではありませんでした。

◎○▲△× ◎○▲△× ◎○▲△× ◎○▲△× ◎○▲△×

閑話休題。2着サンアディユ(2002.3.26)。勢いがある時のフレンチデピュティ(1992.1.30)産駒には逆らうな、ということでしょうか。1番人気の責務を果たすべく、懸命に脚を伸ばしての連対は立派でした。川田将雅騎手のGI初勝利はおあずけでしたが、また、近いうちに。

3着アイルラヴァゲイン(2002.4.5)エルコンドルパサー(1995.3.17)の種牡馬としての多彩さの一端を示す彼。あと、ひと押し。

今日はこんなところで。ではでは♪

追記。GI(JpnI含む)勝ち馬5頭に続く3歳牝馬たちの血統も示すと、

  • ベッラレイア(2004.2.27)
    →『ナリタトップロード×★Baldski×Argument×★Round Table』
  • ラブカーナ(2004.4.29)
    →『オース×Caerleon×Luthier×パーシア』
  • ミスベロニカ(2004.3.8)
    →『テイエムオペラオー×Darshaan×Nureyev×★Terrible Tiger』

などが続きます、あるいは続いていました。魅惑の血統馬たちが揃ったものです。

|

« 空胎後に名馬あり(2007年版)-其の八-。 | トップページ | フロリースカップ(1904)系の底力-2歳馬編-とIntrepidity(1990)の孫。 »

競馬(回顧)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/16633270

この記事へのトラックバック一覧です: それにしても強い3歳牝馬たち。:

« 空胎後に名馬あり(2007年版)-其の八-。 | トップページ | フロリースカップ(1904)系の底力-2歳馬編-とIntrepidity(1990)の孫。 »