« 「18番枠ものかは」。 | トップページ | 空胎後に名馬あり(2007年版)-其の五-。 »

2007年5月13日 (日)

「あー、だめだ」「アサヒライジング、ロイヤルタッチ、コイウタ!!」「松岡ぁっ!!」

第2回ヴィクトリアマイル(JpnI)。

1着コイウタ(2003.2.24)。逃げるロイヤルタッチ(1993.3.24)の仔の内から、脚色よく抜け出しました。ゴール後、ジーワン初勝利となった松岡正海騎手の派手なガッツポーズが見られましたね。戦前まで、東京コースでは競走を中止したオークス(現JpnI)を除くと、[1-1-1-0]。同コースのクイーンC(現JpnIII)の勝ち馬。これで府中マイルは2戦2勝。前走、ダテに男馬を相手のダービー卿CT(GIII)で2着に入っていませんでした。

また、オーナーである(有)前川企画の前川清さん、そして奥平雅士調教師のご両名もジーワン初制覇とあいなりました。おめでとうございます。

血統的なことにちょっとだけ触れておくと、やはり「母父ドクターデヴィアス(1989.3.10)」というのは、良い働きをするなぁと改めて思いました。

2着アサヒライジング(2003.2.9)。逃げて改めて真価を発揮。彼女も、戦前まで東京コースでは[1-1-1-0]、アメリカン招待オークス(米GI)2着も含めると、左回りは[1-2-1-0]でした。左回りで3着を外していなかった地力を見せてくれました。

3着デアリングハート(2002.3.9)。一昨年のNHKマイルC(現JpnI)2着馬。戦前まで東京コースでは[1-1-0-2]。昨年の府中牝馬S(GIII)の勝ちっぷりを覚えていた方もいらっしゃったでしょう。

結局、昨年のクイーンCの1着、2着馬がそのまま1着、2着に入った、第2回ヴィクトリアマイルの結果でした。

 

↑おまけ。ヴィクトリアマイルのゴール前後で叫ぶオオハシ。

#2007/05/13 21:51追記。

前川清さんを中心として、向かって右に吉田照哉さん、左に奥平雅士調教師のバンザイ姿。ちょっと面白かったです(笑)

|

« 「18番枠ものかは」。 | トップページ | 空胎後に名馬あり(2007年版)-其の五-。 »

競馬(回顧)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/15056249

この記事へのトラックバック一覧です: 「あー、だめだ」「アサヒライジング、ロイヤルタッチ、コイウタ!!」「松岡ぁっ!!」:

» 前川清(馬主)の愛馬 コイウタがGⅠ制覇 [newsの星をめざして~ジャニーズじゃないよ~]
前川清(馬主)の愛馬 コイウタがGⅠで初優勝したね。 芸能人では高峰三枝子以来5... [続きを読む]

受信: 2007年5月18日 (金) 20時46分

« 「18番枠ものかは」。 | トップページ | 空胎後に名馬あり(2007年版)-其の五-。 »