« ダテに逃げ切ってはいない。 | トップページ | ジーワン出走馬のSS保有情報-其の壱-。 »

2007年5月23日 (水)

空胎後に名馬あり(2007年版)-其の六-。

相も変わらず続けております、「空胎後に名馬あり」の企画。という訳で、2007年のJRAGI(JpnI含む)における母の受胎条件の表を、改めてアップしておきます。

2007年のJRAGI(JpnI含む)8レースの複勝圏馬における母の受胎条件
レース名 1着馬 母の受胎条件 2着馬 母の受胎条件 3着馬 母の受胎条件
フェブラリーS(GI) サンライズバッカス 空胎後の8番仔 ブルーコンコルド 2連産目の2番仔 ビッググラス 3連産目の3番仔
高松宮記念(GI) スズカフェニックス 2連産目の2番仔 ペールギュント 3連産目の5番仔 プリサイスマシーン 2連産目の2番仔
桜花賞(JpnI) ダイワスカーレット 4連産目の10番仔 ウオッカ 2連産目の2番仔 カタマチボタン 2連産目の3番仔
皐月賞(JpnI) ヴィクトリー 5連産目の5番仔 サンツェッペリン 初仔 フサイチホウオー 3連産目の4番仔
天皇賞・春(GI) メイショウサムソン 流産後の初仔 エリモエクスパイア 初仔 トウカイトリック 5連産目の5番仔
NHKマイルカップ(JpnI) ピンクカメオ 8連産目の12番仔 ローレルゲレイロ  初仔 ムラマサノヨートー 不受胎後の2番仔
ヴィクトリアマイル(JpnI) コイウタ 2連産目の2番仔 アサヒライジング 8連産目の8番仔 デアリングハート 不受胎後の6番仔
オークス(JpnI) ローブデコルテ 4連産目の4番仔 ベッラレイア 8連産目以降の8番仔以降の仔 ラブカーナ 不受胎後の3番仔以降の仔

牝馬限定ジーワンでも、不受胎後の仔が2戦連続で複勝圏に絡みましたね。ラブカーナと菊沢隆徳。いかにもシブいなぁ。

という訳で、今週は府中芝2400mにおける男馬17頭と紅一点の戦い、第74回日本ダービー(JpnI)です。では、日本ダービーの出走予定馬のうち、受胎条件の良い馬を確認すると、

  1. アドマイヤオーラ(2004.2.19) 不受胎後の5番仔
  2. ココナッツパンチ(2004.3.29) 2年連続不受胎後の5番仔
  3. サンツェッペリン(2004.4.15) 初仔
  4. ドリームジャーニー(2004.2.24) 初仔
  5. マイネルフォーグ(2004.4.5) 不受胎後の13番仔
  6. ヤマカツブライアン(2004.5.4) 初仔
  7. メイショウレガーロ(2004.3.4) 初仔
  8. ローレルゲレイロ(2004.5.3) 初仔

以上8頭の馬について、母の受胎条件が良いことが分かりました。シルシが付きそうなところにも、ちゃんと母が前年産駒なし後の仔がいますね。

アドマイヤオーラ、ココナッツパンチ、ドリームジャーニー、メイショウレガーロ。この4頭に共通するのは「SSの直孫」であるということですね。別の回に確認をしようと思いますが、今年に入ってから、距離が1600mを越えるJRAGI(JpnI含む)では、SSの血を持つ馬が複勝圏には絡んでいません。「活力を失った父系は活躍の場が短距離にシフトして行く」と、ある方が書かれた過去の記事から教わりました。今春のここまでの結果だけを見ると、その傾向が明らかになっているのかもしれません。

他方、ほかの4頭。サンツェッペリン、マイネルフォーグ、ヤマカツブライアン、ローレルゲレイロ。やはり目に付くのは皐月賞(JpnI)2着馬とNHKマイルカップ(JpnI)2着馬でしょう。こんな辺境ブログをご覧の方は、サンツェッペリンの皐月賞2着を目の当たりにされて、「ははんっ!!だから言っただろ!!」と思われているに違いありません(笑)。また、ローレルゲレイロ。距離が伸びて5着、6着かもしれませんが、その安定性はダテではないとも思います。

まま、今日はこの辺で。ではでは♪

|

« ダテに逃げ切ってはいない。 | トップページ | ジーワン出走馬のSS保有情報-其の壱-。 »

競馬(血統)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/15170455

この記事へのトラックバック一覧です: 空胎後に名馬あり(2007年版)-其の六-。:

« ダテに逃げ切ってはいない。 | トップページ | ジーワン出走馬のSS保有情報-其の壱-。 »