« 改めてレースを見直して。 | トップページ | アイポッパー(2000.3.21)とネヴァブション(2003.2.19)。 »

2007年5月 2日 (水)

空胎後に名馬あり(2007年版)-其の参-。

相も変わらず続けております、「空胎後に名馬あり」の企画。という訳で、2007年のJRAGI(JpnI含む)における母の受胎条件の表を、改めてアップしておきます。

2007年のJRAGI(JpnI含む)5レースの複勝圏馬における母の受胎条件
レース名 1着馬 母の受胎条件 2着馬 母の受胎条件 3着馬 母の受胎条件
フェブラリーS(GI) サンライズバッカス 空胎後の8番仔 ブルーコンコルド 2連産目の2番仔 ビッググラス 3連産目の3番仔
高松宮記念(GI) スズカフェニックス 2連産目の2番仔 ペールギュント 3連産目の5番仔 プリサイスマシーン 2連産目の2番仔
桜花賞(JpnI) ダイワスカーレット 4連産目の10番仔 ウオッカ 2連産目の2番仔 カタマチボタン 2連産目の3番仔
皐月賞(JpnI) ヴィクトリー 5連産目の5番仔 サンツェッペリン 初仔 フサイチホウオー 3連産目の4番仔
天皇賞・春(GI) メイショウサムソン 流産後の初仔 エリモエクスパイア 初仔 トウカイトリック 5連産目の5番仔

天皇賞・春は母の初仔である4歳牡馬のワンツーフィニッシュでした。昨今の中央競馬におけるGI(JpnI)のすう勢を見ると、この「空胎後に名馬あり」の確認記事も、それなりに意味があるのかなと思います。

という訳で、もう12回目を迎えたNHKマイルカップ(JpnI)。今回の出走予定馬のうち、受胎条件の良い馬を探ると……、

  1. キングスデライト(2004.2.12) 母の初仔
  2. スズカコーズウェイ(2004.3.22) 母の初仔
  3. ハイオン(2004.4.6) 母が不受胎後の3番仔
  4. マイネルフォーグ(2004.4.5) 母が不受胎後の13番仔
  5. マイネルレーニア(2004.2.24) 母が不受胎後の3番仔
  6. ムラマサノヨートー(2004.4.14) 母が不受胎後の2番仔
  7. ヤマニンエクレール(2004.4.17) 母が不受胎後の5番仔
  8. ローレルゲレイロ(2004.5.3) 母の初仔

以上8頭の馬について、母の受胎条件が良いことが分かりました。あと、詳細確認ができなかったのですが、

  1. ダノンムロー(2004.5.2)
  2. プラテアード(2004.4.27)

というところも、母の生年から考えると、初仔ではないかと思います。あと、シベリアンバード(2004.4.21)も分かりかねました。あー、マル外は確認できないことが多いなぁ。あいすみません。

まず、お伝えしなければならないことは、受胎条件が良い馬と確定できた8頭の内、キングスデライト以外の7頭は「SSの血を持っていない」ということです-確定できていない馬3頭を含めても、11頭中10頭がSSの血を持ち合わせていません-。

上位人気が予想されるローレルゲレイロ。彼の血統については、詳しくは↑の表のページへのリンクも参照願いたいのですが、自身は母の初仔、母も祖母の初仔、祖母は曾祖母が不受胎後の仔と、「母が前年無し後の世代交代が3世代続けて行われている」ということを、ここでもお伝えしておきます。連戦が続いても安定した成績を残している彼の秘密は、そういったところにあるのかも知れません。

府中芝1400mの京王杯2歳S(GII、現JpnII)で1着、2着としたマイネル勢2騎。かたやレーニア。その父グラスワンダー(1995.2.18)の0交配を受けた彼は、今のところ、左回り[3-0-1-0]の成績を収めています。上級重賞で人気薄を持ってくる松岡正海騎手の手腕にも期待したいところです。1600mの距離さえこなせれば。こなたフォーグ。重賞8勝を挙げたビーマイナカヤマ(1994.5.25)の半弟。京王杯2着とNZT(JpnII)2着。週刊「競馬ブック」の誌上ではまったく無印ですけれど、ダテにGII(JpnII)2着2回になっていません。

まま、今日はここまで。ではでは♪

|

« 改めてレースを見直して。 | トップページ | アイポッパー(2000.3.21)とネヴァブション(2003.2.19)。 »

競馬(血統)」カテゴリの記事

コメント

オオハシさんお久しぶりです。お元気ですか?
まーやんです(^^

社台グループ繁殖牝馬名簿によると
ダンノムローは初仔ですっ。

プラデアードは2番仔にあたります。
クイーンダム(Queendom 父Monarchos)未出走という姉がいます。

それにしても今年も初仔が活躍していますね。

それと、確かにサンデーサイレンスの血が減速していますね。
中島理論の先見の目の凄さを今更ながらに感じますです。


そのNHKマイル、私の注目はローレルゲレイロ(予定)です(^^
ではではっ♪

投稿: まーやん | 2007年5月 3日 (木) 17時28分

◎まーやん様
いつもお世話になっております♪

結局プリンシパルSに回ってしまいましたけれど、
そうですか、プラテアードは2番仔だったんですね。
わざわざのご指摘、ありがとうございました。

NHKマイルC、ローレルゲレイロは私も注目しています。
まま、本文の書き方からして、お察し頂けるかと思いますが(笑)

ではでは、ありがとうございました♪

投稿: オオハシ | 2007年5月 4日 (金) 14時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/14926802

この記事へのトラックバック一覧です: 空胎後に名馬あり(2007年版)-其の参-。:

« 改めてレースを見直して。 | トップページ | アイポッパー(2000.3.21)とネヴァブション(2003.2.19)。 »