« 「ピンクカメオ、ブラックホールの下、ブラックホークの下!!」。 | トップページ | 装蹄師についての新書を読む。 »

2007年5月 7日 (月)

米英のクラシック1冠目について。

という訳で、米英の1冠目を制した馬たちについて簡単に確認しておきます。 たまには海外に目を向けるのも良いでしょう。

【ケンタッキーダービー(米GI)の勝ち馬】

Street Sense 牡 黒鹿毛 2004.2.23生 米国・James Tafel氏生産 馬主・James B. Tafel, LLC 米国・C.Nafzger厩舎

  1. 4代血統構成(各父):『Street Cry×★Dixiland Band×★His Majesty×Reviewer』
  2. 4代血統構成(父系):『Mr.Prospector系×Northern Dancer系×Ribot系×Bold Ruler系』
  3. 5代血統表内のクロス:Native Dancer5×5、Natalma(♀)5×4
  4. 牝系:米国で継承されている22号族 4代母Lianga、3代母の仔Mr.Greeley
  5. 母の何番仔?:初仔?
  6. 8代残牡先祖数(潜在能力値):『11/128(3.63)』

BCジュベナイル(米GI)の勝ち馬がついにケンタッキーダービーを制しました、Street Sense。ダテにBCジュベナイルを10馬身差で圧勝していなかった、というところでしょうか。

【英2000ギニー(GI)の勝ち馬】

Cockney Rebel 牡 鹿毛 2004.3.16生 愛国・Oak Lodge Bloodstock生産 馬主・Phil Cunningham氏 英国・G.A.Huffer厩舎

  1. 4代血統構成(各父):『Val Royal×Known Fact×Miswaki×Cornish Prince』
  2. 4代血統構成(父系):『Nijinsky系×Intent系×Mr.Prospector系×Bold Ruler系』
  3. 5代血統表内のクロス:なし
  4. 牝系:米国で継承されている8号族 叔父ナリタダイドウ
  5. 母の何番仔?:7番仔?

10番人気を跳ね返して見事に勝利を収めたのは、オリビエ・ペリエ騎手騎乗のCockney Rebelでした。

血統的に見ると、父Val Royal(1996)はBCマイル(米GI)の勝ち馬、祖父ロイヤルアカデミー(1987.2.21)もBCマイルの勝ち馬、母父Known Fact(1977)は英2000ギニーの勝ち馬とマイルGI勝ち馬がずらっと並びますね。

【ケンタッキーオークス(米GI)の勝ち馬】

Rags to Riches 牝 栗毛 2004.2.27生 米国・Skara Glen Stables生産 馬主・Michael B.Tabor&Derrick Smith両氏 米国・T.Pletcher厩舎

  1. 4代血統構成(各父):『A.P. Indy×★Deputy Minister×Blushing Groom×Traffic Judge』
  2. 4代血統構成(父系):『Seattle Slew系×Vice Regent系×Red God系×Hyperion系』
  3. 5代血統表内のクロス:Nasrullah5×5、Bold Ruler5×4(父方)
  4. 牝系:米国で継承されている8号族 半兄Jazil
  5. 母の何番仔?:4番仔?(4連産目?)

昨年の半兄Jazil(2003.2.11)のベルモントS(米GI)に続いてのクラシック制覇となりました、Rags to Riches。

【英1000ギニー(GI)の勝ち馬】

Finsceal Beo 牝 栗毛 2004.2.19生 愛国・Rathbarry Stud生産 馬主・M.A.Ryan氏 愛国・J.S.Bolger厩舎

  1. 4代血統構成(各父):『Mr.Greeley×★ロイヤルアカデミー×★Dominion×Great Nephew』
  2. 4代血統構成(父系):『Mr.Prospector系×Nijinsky系×Dante系×Fairway系』
  3. 5代血統表内のクロス:Bold Ruler5×4(父方)、Native Dancer5×5(父方)
  4. 牝系:英愛で継承されている22号族 祖母Moutain Ash(伊GIII2勝)
  5. 母の何番仔?:3番仔?

英1000ギニーを1分34秒94というレースレコードで駆けました、Finsceal Beo。このタイムは英2000ギニーのレコードタイム1分35秒08よりも速い優秀なタイムです。

という訳で、米英のクラシック1冠目を確認致しました。4頭を中島理論的に見て気付くことは、

  1. 4頭いずれも、直祖父あるいは母父が0交配を与えている
  2. 上記1に付随して、ケンタッキーダービー馬と英1000ギニー馬は祖母父も0交配
  3. 英2000ギニー馬と英1000ギニー馬は、どちらもロイヤルアカデミーを祖父の代に持つ
  4. ケンタッキーダービー馬の直牝系の4代母がLianga、英1000ギニー馬の父Mr.GreeleyはLiangaの孫
  5. ケンタッキーダービー馬と英1000ギニー馬は牝系が22号族、英2000ギニー馬とケンタッキーオークス馬は牝系が8号族

というところでしょうか。不思議とケンタッキーダービー馬Street Senseと英1000ギニー馬Finsceal Beoの血統がシンクロしているように思います(笑)。両頭が持つLianga(1971)の血。Liangaの父は私も大好きなダンサーズイメージ(1965.4.10)です。あと、やはり近い代で0交配を受けている馬ばかりですね。

ではでは、今日はこんなところで。ありがとうございました。

|

« 「ピンクカメオ、ブラックホールの下、ブラックホークの下!!」。 | トップページ | 装蹄師についての新書を読む。 »

競馬(血統)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/14986939

この記事へのトラックバック一覧です: 米英のクラシック1冠目について。:

« 「ピンクカメオ、ブラックホールの下、ブラックホークの下!!」。 | トップページ | 装蹄師についての新書を読む。 »