« 過去20年の天皇賞・春(GI)連対馬の4代血統構成について。 | トップページ | 改めてレースを見直して。 »

2007年4月29日 (日)

結果だけを携帯電話から確認して。

何故か東京の山の手線の車中から投稿しております。

第135回天皇賞・春。

結局、受胎条件の良い馬2頭、SSを持たない馬3頭が上位を占めました。

ああ、なんでこんなに予想下手なんでしょうか(笑)

せめて、メイショウサムソンを本命に押せただけでも幸いと言うのでしょうか。

我慢しての3分14秒1。いかな芝の状態が良いとは言え、史上2位の勝ち時計。サスガは2冠牡馬。ただただ立派。

怪力の士師、サムソン。昨秋は、あるいはデリラに髪を削がれていたのかもしれません。

という訳で、見事に復権がなされた、第135回天皇賞・春の結果でした。

|

« 過去20年の天皇賞・春(GI)連対馬の4代血統構成について。 | トップページ | 改めてレースを見直して。 »

競馬(回顧)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/14885956

この記事へのトラックバック一覧です: 結果だけを携帯電話から確認して。:

« 過去20年の天皇賞・春(GI)連対馬の4代血統構成について。 | トップページ | 改めてレースを見直して。 »