« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

2007年3月25日 (日)

微妙に。

何故か第37回高松宮記念(GI)でペールギュント(2002.4.13)の複勝を的中したので、久しぶりに更新を。

1着スズカフェニックス(2002.3.29)。GI初挑戦のフェニックス、結果的に1番人気に応えての快勝でした。母ローズオブスズカ(1992.4.18)がシンコウキング(1991.4.24)の全妹。中京芝1200m。コースゆかりの血、と言えるのかもしれません。

スズカフェニックスは栗毛のサンデーサイレンス(1986.3.25)産駒、稲原牧場さんの生産、永井啓弍オーナー、橋田満厩舎、武豊騎手という組み合わせです。

私は、どうしても、「あの快足馬」のことを思い起こしてしまいます。

「不死鳥」とは、象徴的な馬名なのかもしれません。スズカフェニックスのこれから、期待しましょう。

2着ペールギュント。私、何故この馬の馬券を買えていたのでしょうか(笑)。いや、「別路線からのメンバー一新効果」と「鞍上の上村洋行騎手を応援」という2点のみでした(笑)

また「泣きの昭ちゃん」こと、大崎昭一さんが、日刊スポーツの記事でペールギュントを対抗に押していらっしゃったのも、印象的でした。

ペールギュントの母ツィンクルブライド(1991.1.24)とのコンビで挑んだ第54回桜花賞(GI)。水色の帽子、社台レースホースの勝負服、芦毛の馬体。直線、先に抜け出した時は、大崎さん「やった」と思われたでしょうね。

ああ、そう言えば、あの桜花賞でも、1着になった馬の鞍上には武豊騎手がいらっしゃいました(笑)

という訳で、2007年3月25日、サンデーサイレンスが存命であれば21回目の誕生日、ディープインパクト(2002.3.25)と同じ世代のSS産駒2頭が、ディープインパクト満5歳の誕生日を祝った第37回高松宮記念の結果でした。

↑おまけ。久しぶりに叫ぶオオハシ。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年3月 6日 (火)

更新休止のお知らせ。

いつもお世話になっております。

さて、最近更新が滞っております拙ブログですが、

私の身体的、精神的不調もありまして、

いったん更新休止とさせて頂きたいと存じます。

競馬に対する「動機付け」が失われた訳ではありません。

必ず帰って来ますので、今しばらくお待ちください。

何卒よろしくお願い致します。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年3月 2日 (金)

自分のページの更新ではなくて。

なんとか生きています、オオハシです。

という訳で、中山競馬倶楽部さんにおける中島国治氏のページの更新について。

興味のある方はご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »