« ココログさんのメンテナンスは終われど。 | トップページ | ベッラレイア(2004.2.27)。 »

2007年1月30日 (火)

ちょっとだけ反応。

すっかり更新が滞っておりまして、恐れ入ります。今しばらく、お待ちください。

Barbaro(2003.4.29)が安楽死、アンバーシャダイ(1977.3.10)が事故死と、死亡記事を立て続けに見ました。共に2007年1月29日に逝きました。

Barbaro。不肖オオハシ、PedNetに登録させて頂いた馬でした。中島理論使いとして、母方の累代3代がすべて0交配という強烈な配合馬。「サスガに米国産馬」と思ったものです。

満3年と9ヶ月の生涯。あのプリークネスS(米GI)の動画は、私も見ました。競走馬の運命とはいえ、競馬の神様は時折嫉妬をするのか、洋の東西を問わず、アイドルの身に不幸を投げかけます。それでも、Barbaroは、人々の願いをその身に受けて、それに応えるべく、精一杯に生きたのでしょう。今は、ただただ、安らかな眠りを。合掌。

アンバーシャダイ。年齢が彼と同い年の不肖オオハシ。Wikipediaの記事で「3月20日生まれ」になっていたのを「3月10日生まれ」に訂正させてもらいました。

満29年と10ヶ月と19日。長生きでしたね。よく頑張りました。なんだ言いながら、直仔メジロライアン(1987.4.11)、直孫メジロブライト(1994.4.19)メジロドーベル(1994.5.6)がGI勝ち馬になっているのですから、大したものです。父子3代で繋養されていたアロースタッドにて撮影された「3頭揃い踏み」の写真、なかなかにお目にかかれないものでした。

最後にアンバーシャダイについての記事を引いて、今日の日記は終わりとします。

「アンバーシャダイという馬は、親父という機関車の一部分なのです」
かつて吉田照哉氏(現、社台ファーム代表)が語ったことがある。

-月刊「優駿」、1994年5月号P77、横尾一彦著、サラブレッドヒーロー列伝96『琥珀色の機関車 アンバーシャダイ』より引用-

天国で、善哉さんと再びまみえたでしょうか、アンバーシャダイ。本当にお疲れ様でした。合掌。

|

« ココログさんのメンテナンスは終われど。 | トップページ | ベッラレイア(2004.2.27)。 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/13719443

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっとだけ反応。:

« ココログさんのメンテナンスは終われど。 | トップページ | ベッラレイア(2004.2.27)。 »