« 旅に出ます。 | トップページ | 第58回朝日杯FS(GI)の結果。 »

2006年12月 9日 (土)

空胎後に名馬あり(其の十五)。

永のご無沙汰、恐れ入ります。心の旅から舞い戻って参りました、オオハシでございます。という訳で、毎度おなじみ、受胎条件についての表を改めてアップしておきます。

2006年のJRAGI20レースの複勝圏馬における母の受胎条件
レース名 1着馬 母の受胎条件 2着馬 母の受胎条件 3着馬 母の受胎条件
フェブラリーS カネヒキリ 空胎後の5番仔 シーキングザダイヤ 初仔 ユートピア 初仔
高松宮記念 オレハマッテルゼ 不受胎後の4番仔 ラインクラフト 3連産目の4番仔 シーイズトウショウ 初仔
桜花賞 キストゥヘヴン 2連産目の12番仔 アドマイヤキッス 不受胎後の3番仔 コイウタ 2連産目の2番仔
皐月賞 メイショウサムソン 初仔 ドリームパスポート 初仔 フサイチジャンク 少なくとも6連産目以降の仔
天皇賞・春 ディープインパクト 7連産目の7番仔 リンカーン 初仔 ストラタジェム 3連産目の3番仔
NHKマイルカップ ロジック 2連産目の7番仔 ファイングレイン 初仔 キンシャサノキセキ 双子流産後の仔
ヴィクトリアマイル ダンスインザムード 2連産目の12番仔 エアメサイア 2連産目の2番仔 ディアデラノビア 初仔
オークス カワカミプリンセス 3連産目の3番仔 フサイチパンドラ 3連産目の6番仔以降の仔 アサヒライジング 8連産目の8番仔
日本ダービー メイショウサムソン 初仔 アドマイヤメイン 3連産目の3番仔 ドリームパスポート 初仔
安田記念 ブリッシュラック 4連産目以降の仔 アサクサデンエン 初仔 ジョイフルウィナー 2連産目以降の仔
宝塚記念 ディープインパクト 7連産目の7番仔 ナリタセンチュリー 初仔 バランスオブゲーム 4連産目の4番仔
スプリンターズS テイクオーバーターゲット 死産後の1番仔 メイショウボーラー 3連産目の3番仔 タガノバスティーユ 3連産目の7番仔
秋華賞 カワカミプリンセス 3連産目の3番仔 アサヒライジング 8連産目の8番仔 フサイチパンドラ 3連産目の6番仔以降の仔
菊花賞 ソングオブウインド 初仔 ドリームパスポート 初仔 アドマイヤメイン 3連産目の3番仔
天皇賞・秋 ダイワメジャー 空胎後の7番仔 スウィフトカレント 3連産目の3番仔 アドマイヤムーン 2連産目の2番仔
エリザベス女王杯 フサイチパンドラ 3連産目の6番仔以降の仔 スイープトウショウ 3連産目の3番仔 ディアデラノビア 初仔
マイルCS ダイワメジャー 空胎後の7番仔 ダンスインザムード 2連産目の12番仔 シンボリグラン 3連産目の3番仔
ジャパンカップダート アロンダイト 4連産目の6番仔以降の仔 シーキングザダイヤ 初仔 フィールドルージュ 3連産目の3番仔
ジャパンカップ ディープインパクト 7連産目の7番仔 ドリームパスポート 初仔 ウィジャボード 前年産駒なし後(!?)の10番仔
阪神JF ウオッカ 2連産目の4番仔 アストンマーチャン 6連産目以降の子 ルミナスハーバー 2連産目の6番仔

阪神JF(GI)までの20レースを振り返ると、「スプリンターズSを除く牡牝混合GI(牝馬が出ていないレースも含む)では、母が前年産駒なし後の仔となる牡馬が、2着までには必ず入っている」ということに気付きますね。

阪神JFについては、タニノギムレット(1999.5.4)の娘の鮮やかな末脚が見事でした。牝系も3号族フロリースカップ(1904)系。叔父にスカイアンドリュウ(1997.4.7)がいますね。応援していましたよ、スカイアンドリュウ。ウオッカ(2004.4.4)を管理される角居勝彦調教師をして、初めて「重賞を勝てるかもしれない」という意識を持たれた馬こそ、定年解散の二分久男厩舎から転厩して来たスカイアンドリュウだったそうです。菊沢隆徳騎手を鞍上にスティンガー(1996.5.15)の2着だった4歳春の京王杯SC(GII)。試金石の一戦で頑張りましたが、その後に残ったのは脚部不安との戦いでした。素質は高かったですよ、ポリッシュパトリオット(1988.3.24)の0遺伝馬。

【朝日杯FS】

  • ドリームジャーニー 初仔
  • マイネルレーニア 不受胎後の仔
  • マイネルサニベル 初仔
  • ローレルゲレイロ 初仔
  • マイネルフォーグ 不受胎後の仔 

4頭出しのマイネル勢のうち、3頭が受胎条件の良い馬ですね。なんだ言いながら、そういうところを狙っていらっしゃいます。手前味噌ながら、かつて「【ラフィアンターフマンクラブ 会員募集 1歳馬一覧より(2004年産馬)】htm版(68KB)」というファイルも作っていました。

2004年産のお勧めの馬として選んでいたのが、「エナジートウショウの04」と「ヌエボトウショウの04」でした。前者がマイネルダイナモ(2004.4.28)、後者がマイネルモデルノ(2004.3.10)ですね。エナジートウショウの04ことマイネルダイナモ、すなわちウオッカの叔父で、スカイアンドリュウの半弟ですね。意外なところでつながりました(笑)。

まま、本日はこんなところでご勘弁ください。ではでは♪

|

« 旅に出ます。 | トップページ | 第58回朝日杯FS(GI)の結果。 »

競馬(血統)」カテゴリの記事

コメント

スカイアンドリュウ、期待してます。
何せ自分が配合の相談を受けて、そこで選んだ馬だったので・・・

http://k-ba.data-hotel.net/cgi-bin/ped/match.pl?fdata=66995&mdata=77983

ちなみに生まれたのは2006年ですので
0遺伝、バリバリ意識した配合でしょ?(笑)

投稿: すみのえ | 2006年12月 9日 (土) 23時29分

さっきの馬の兄になりますが
これも結構すごい配合。

http://k-ba.data-hotel.net/cgi-bin/ped/match.pl?fdata=22881&mdata=77983

既に他の馬主から引き合い来てます。
体がでかいんだこの馬!しかも気性悪いです。
でも自分にだけはなついてますが(笑)

投稿: すみのえ | 2006年12月 9日 (土) 23時35分

オオハシさんこんにちはっ☆

朝日杯は初仔のワンツーでしたねっ♪
オオハシさんは馬券ゲットでしたか?

私はごっつく外しました。
母父サンデーの12番◎マイネルシーガルでした(^^;
+10キロと太かったのかな?

投稿: まーやん | 2006年12月10日 (日) 16時12分

◎すみのえ様
おお、いつもお世話になっております♪

うぉ、浦和桜花賞馬にアメリカンボス、スカイアンドリュウとはシブすぎるチョイスですね。
しかも、スカイアンドリュウの0交配って。いいなぁ、サスガですねぇ。
両馬共に「いざ、デビュー」となったら、激烈に応援してしまいそうです。

ちょいと調べましたら、アメリカンボスの仔は、不受胎後の仔なんですね。
「プラス要素、見っけ」という感じです。
すみのえさんにだけなつくのも、ナイス(笑)

わざわざの情報提供、ありがとうございました。
またこれからもよろしくお願い致します。

ではでは♪

投稿: オオハシ | 2006年12月11日 (月) 20時05分

◎まーやん様
おお、いつもお世話になっております♪

馬券。いろいろ忙しくて買う暇がありませんでした(笑)。あーあ、こういう時に限って、ガッチリ走るんだ、初仔。まま、今年は牡牝混合GIは受胎条件の良い仔がバンバン走っていますけれど(笑)

マイネルシーガル。レース前に「あぁ、そういえばこのコースのレコードホルダーにして、JRAレコードを持っているのはシーガルの父、ゼンノエルシドやなぁ」と思いました。今回は残念でしたけれど、次以降に期待しましょう。なにせ出世レースであるいちょうSの勝ち馬ですからね。

足を運んで頂き恐悦至極です。これからもよろしくお願い致します。

ではでは♪

投稿: オオハシ | 2006年12月11日 (月) 20時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/12990624

この記事へのトラックバック一覧です: 空胎後に名馬あり(其の十五)。:

« 旅に出ます。 | トップページ | 第58回朝日杯FS(GI)の結果。 »