« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

2006年12月24日 (日)

vol.44 第51回有馬記念(GI)と音楽配信。

中島理論コラムのポッドキャスト・音声配信版・第44回(サイズ:6.81MB、再生時間:約9分38秒、ビットレート:96kbps)。

音声配信も行う競馬blog、中島理論コラムの裏ページ。11月26日のジャパンカップ(GI)以来、およそ1ヶ月ぶりのポッドキャスト配信です。

よろしければ、↑のリンクからmp3ファイルをダウンロードの後に、mp3形式に対応するソフトウェア(例:Windows Media Playerなど)でお聞きください。

「ダウンロードは、メンドクサイわ」とおっしゃる方は、Flashプレイヤーとなりますが、

でお聞きになってください。 再生ボタンをクリックするだけで音声が流れます。PCの音響装置のボリュームにご注意ください。なお、↑のFlashプレイヤーは非公式ケロログカスタマイズ講座 『EVAプレイヤー』の巻より。

また、iTunes ver7.0等のアグリゲータソフトをお使いのPCにインストールして頂くと、←のサイドバーの「Podfeed」というコンテンツの中にある「RSS Podcastingのバナー」をドラッグ&ドロップして頂くだけで、ポッドキャストの更新をした際、自動的に最新版が配信されて便利です-ソフトのインストール等は自己責任でお願い致します-。

なお、「お前の声なんか聞きたくないわい」という方もいらっしゃるかと思います。 今回は「◎ディープインパクト、○メイショウサムソン、▲ダイワメジャー、△ドリームパスポート、×トウショウナイト、注スイープトウショウ」とお話しているだけです。表のページの馬柱のとおりです(笑)。

◎○▲△× ◎○▲△× ◎○▲△× ◎○▲△× ◎○▲△×

あと、競馬ポッドキャストなのに音楽配信もしています。今回は以下の内容にて、配信のラストにフルコーラスでお届けしております。

Jingle Bells / Natalie Brown (リンクはA'sf Podsafe Musicのエントリー)

です。今回のポッドキャスト配信はBGM、楽曲共にクリスマス尽くしです(笑)。

ではでは、メリークリスマス♪

※音声配信版のBGMにはFTK CREATIVE SYSTEM様のループ素材を使用させて頂いております。どうもありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年12月22日 (金)

アップ出来ましたわ。

表のページ第51回有馬記念の馬柱を。

あ、御大の記事もアップされていました。12月20日付で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月20日 (水)

空胎後に名馬あり(其の十六)。

今年最後になろうかと思います。受胎条件についての表をアップしておきます。

2006年のJRAGI21レースの複勝圏馬における母の受胎条件
レース名 1着馬 母の受胎条件 2着馬 母の受胎条件 3着馬 母の受胎条件
フェブラリーS カネヒキリ 空胎後の5番仔 シーキングザダイヤ 初仔 ユートピア 初仔
高松宮記念 オレハマッテルゼ 不受胎後の4番仔 ラインクラフト 3連産目の4番仔 シーイズトウショウ 初仔
桜花賞 キストゥヘヴン 2連産目の12番仔 アドマイヤキッス 不受胎後の3番仔 コイウタ 2連産目の2番仔
皐月賞 メイショウサムソン 初仔 ドリームパスポート 初仔 フサイチジャンク 少なくとも6連産目以降の仔
天皇賞・春 ディープインパクト 7連産目の7番仔 リンカーン 初仔 ストラタジェム 3連産目の3番仔
NHKマイルカップ ロジック 2連産目の7番仔 ファイングレイン 初仔 キンシャサノキセキ 双子流産後の仔
ヴィクトリアマイル ダンスインザムード 2連産目の12番仔 エアメサイア 2連産目の2番仔 ディアデラノビア 初仔
オークス カワカミプリンセス 3連産目の3番仔 フサイチパンドラ 3連産目の6番仔以降の仔 アサヒライジング 8連産目の8番仔
日本ダービー メイショウサムソン 初仔 アドマイヤメイン 3連産目の3番仔 ドリームパスポート 初仔
安田記念 ブリッシュラック 4連産目以降の仔 アサクサデンエン 初仔 ジョイフルウィナー 2連産目以降の仔
宝塚記念 ディープインパクト 7連産目の7番仔 ナリタセンチュリー 初仔 バランスオブゲーム 4連産目の4番仔
スプリンターズS テイクオーバーターゲット 死産後の1番仔 メイショウボーラー 3連産目の3番仔 タガノバスティーユ 3連産目の7番仔
秋華賞 カワカミプリンセス 3連産目の3番仔 アサヒライジング 8連産目の8番仔 フサイチパンドラ 3連産目の6番仔以降の仔
菊花賞 ソングオブウインド 初仔 ドリームパスポート 初仔 アドマイヤメイン 3連産目の3番仔
天皇賞・秋 ダイワメジャー 空胎後の7番仔 スウィフトカレント 3連産目の3番仔 アドマイヤムーン 2連産目の2番仔
エリザベス女王杯 フサイチパンドラ 3連産目の6番仔以降の仔 スイープトウショウ 3連産目の3番仔 ディアデラノビア 初仔
マイルCS ダイワメジャー 空胎後の7番仔 ダンスインザムード 2連産目の12番仔 シンボリグラン 3連産目の3番仔
ジャパンカップダート アロンダイト 4連産目の6番仔以降の仔 シーキングザダイヤ 初仔 フィールドルージュ 3連産目の3番仔
ジャパンカップ ディープインパクト 7連産目の7番仔 ドリームパスポート 初仔 ウィジャボード 前年産駒なし後(!?)の10番仔
阪神JF ウオッカ 2連産目の4番仔 アストンマーチャン 6連産目以降の子 ルミナスハーバー 2連産目の6番仔
朝日杯FS ドリームジャーニー 初仔 ローレルゲレイロ 初仔 オースミダイドウ 3連産目の3番仔

朝日杯FS(GI)までの21レースを振り返ると、「スプリンターズSを除く牡牝混合GI(牝馬が出ていないレースも含む)では、母が前年産駒なし後の仔となる牡馬が、2着までには必ず入っている」ということに気付きますね。

果たして、この傾向は最後の最後まで継続されるのか。第51回有馬記念の出走予定馬について確認してみます。 

【朝日杯FS】

  • ダイワメジャー 空胎後の仔
  • チャクラ 初仔
  • ドリームパスポート 初仔
  • トーセンシャナオー 不受胎後の仔
  • メイショウサムソン 初仔

色気のありそうなところが3頭いますね。というか「GI3勝馬」、「もはや3歳最強格」、「3歳の2冠馬」という3頭ですからね(笑)。

今回は奇をてらわずに、素直に行くのが吉のような気がします。あと、受胎条件以外からは、「別路線からのチャレンジャー」を狙いたいところです。

ではでは♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月19日 (火)

#027 自宅のダイニングで「3着まででいい!!」と叫び、「リシャール、偉い偉い」と言った後に拍手する。

中島理論コラムのポッドキャスト小編集・第26回(サイズ:314.0KB、再生時間:約40秒、ビットレート:64kbps)。

変わらず、ただICレコーダーを持ちながら競馬中継を見ているだけですね。

「ダウンロードは、メンドクサイわ」とおっしゃる方は、Flashプレイヤーとなりますが、

でお聞きになってください。 再生ボタンをクリックするだけで音声が流れます。PCの音響装置のボリュームにご注意ください。なお、↑のFlashプレイヤーは非公式ケロログカスタマイズ講座 『EVAプレイヤー』の巻より。

◎○▲△× ◎○▲△× ◎○▲△× ◎○▲△× ◎○▲△×

第1回阪神カップ(GII)。

1着フサイチリシャール(2003.4.6)。2歳王者、3歳最終戦で復権なる。彼は父であるクロフネ(1998.3.31)の「写し絵」ではなく、「フサイチリシャール」として、生きる道を見つければ良いのです。これから彼が歩む道に、幸多からんことを祈ります。ただただ、それだけです。

2着プリサイスマシーン(1999.3.13)。7歳馬、1400mで再び頑張りました。私にとっては、馬券の呼吸が合う、ありがたい存在です(笑)。感謝感謝です。このレースの3着馬もそうですが、Reberto(1969)系の短距離馬は、1400mの呼吸が合っている感じが致します。

3着マイネルスケルツィ(2003.2.17)。3歳馬、よく逃げ粘りましたが、最後はちょっと差されてしまいました。それにしてもスケルツィは右回りの短距離戦では安定していますね。グラスワンダー(1995.2.18)の仔どもらしくて、良い。

なお、私が購入していた勝馬投票券は、プリサイスマシーンの単複と、プリサイスマシーンとマイネルスケルツィのワイド。以上3点、購入金額は300円でした(笑)。

ではでは♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月17日 (日)

更新。

いや、私の記事ではなくて。

http://www.nakayamakeiba-club.com/nakajima/index.html

御大の記事でございます。12月16日付で。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月11日 (月)

第58回朝日杯FS(GI)の結果。

1着ドリームジャーニー(2004.2.24)。いわゆる「ESP」が発動したにも拘らず(ゴメンナサイ)、見事に差し切りました。416kgの小さな身体から繰り出されたその末脚の破壊力、大したものです。

この馬の血統についてはすでに多くのところで述べられていると思いますが、中島理論的な見解もお伝えしておきます。

  1. 4代血統構成(各父):『ステイゴールド×メジロマックイーン×◆ノーザンテースト×Lt.Stevens』
  2. 4代血統構成(父系):『Halo系×My Babu系×Northern Dancer系×Nasrullah系』
  3. 5代血統表内のクロス:ノーザンテースト4×3
  4. 牝系:8号族 近親特に目立たず
  5. 母の何番仔?:初仔
  6. 8代残牡先祖数(潜在能力値):『12/128(7.92)』

ステイゴールド(1994.3.24)、母父メジロマックイーン(1987.4.3)。池江泰郎厩舎の後輩と先輩のタッグ、しびれますね。現年齢表記7歳でGI初制覇を遂げた父と、3歳から6歳まで4年連続でGI制覇を遂げた母父。血統から受ける単純な印象は「晩成」で「2000m超級の長距離向き」なのですが、ドリームジャーニー、よくぞ「2歳GI」の「マイル戦」を制したものです。

ステイゴールド。1号族ロイヤルサッシュ(1966)系馬の種牡馬としての能力の確かさを改めて思いました。そしてまた、鬼っ子種牡馬の一族であることも思いました(笑)。2歳戦でGI勝ち馬を送り込めたのは、これからの種牡馬生活にとってもプラスですね。なにはともあれ、伯父サッカーボーイ(1985.4.28)と共に、本当に大した遺伝力です。偉い。

#という訳で、同牝系のバランスオブゲーム(1999.4.22)にも期待したくなります。なんとかカマシたれ、BOG。

メジロマックイーン。やっと一矢報いたというところでしょうか、異系であるTourbillon(1928)系の血。母方に入って良い働きをすることを見せつけることができました。マックも草場の陰から喜んでいてくれていることを祈りましょう。これからもガンガン走れ、母父にメジロマックイーンを持つ馬たち。もちろん、数は少なくなったものの、まだまだ走っている直仔も頑張れ。

また、ドリームジャーニーは、ノーザンテースト(1971.3.15)のクロスを持つ馬として、初めてGIを勝った馬でもありますね。世代交代が進んで4×3。わずか14年のキャリアの競馬人ですが、時の流れを思いました。

この血統でGI勝利を収めることができて、一番喜んでいらっしゃるのは、もしかしたら、管理される池江泰寿調教師の実父、池江泰郎調教師かもしれませんね。父、母父共に思い出深い名馬2頭。時間が連綿とつながった時、人はとめどなく、優しく、嬉しくなれるものです。

「黄金旅程の第2章、始まる」という感じでしょうか。ドリームジャーニー、夢の旅路は、これからまだまだ続きます。

◎○▲△× ◎○▲△× ◎○▲△× ◎○▲△× ◎○▲△×

2着ローレルゲレイロ(2004.5.3)。「栴檀は双葉より芳し」という言葉もありますが、その年の2歳戦で初めて勝ち上がった馬というのは、ちゃんと走るものですね。「ゲレイロ」とはポルトガル語で「戦士」という意味。鞍上の本田優騎手の「闘志」を一身に受けて、積極果敢なレースで「勝ち戦」かと思いましたが、惜しくも2着でした。

今回は叫びの音声がありませんが、TV観戦していた私はちゃんと叫んでいました。

積極果敢なレース運び。本田優とキングヘイローの仔!!本田、だから、辞めるなんて言うな!!

ああいう「勝負」をちゃんとしてくれる騎手がいないと、やっぱりダメですよ。強気の発言で知られる本田騎手。けれど、強い女馬の重賞勝ちが印象に残るところから、本質は当たりの柔らかい乗り方なのだと思います。テン乗りにも強く、頼れる兄貴。40代を迎えて改めて脚光を浴びたその騎乗技術、まだまだ見ていたいと思います。だから、辞めるなんて言うな、優さん。

結局、「初仔のワンツーフィニッシュ」「マル父馬の1着から3着独占」で終わった、第58回朝日杯FSの結果でした。

ではでは♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 9日 (土)

空胎後に名馬あり(其の十五)。

永のご無沙汰、恐れ入ります。心の旅から舞い戻って参りました、オオハシでございます。という訳で、毎度おなじみ、受胎条件についての表を改めてアップしておきます。

2006年のJRAGI20レースの複勝圏馬における母の受胎条件
レース名 1着馬 母の受胎条件 2着馬 母の受胎条件 3着馬 母の受胎条件
フェブラリーS カネヒキリ 空胎後の5番仔 シーキングザダイヤ 初仔 ユートピア 初仔
高松宮記念 オレハマッテルゼ 不受胎後の4番仔 ラインクラフト 3連産目の4番仔 シーイズトウショウ 初仔
桜花賞 キストゥヘヴン 2連産目の12番仔 アドマイヤキッス 不受胎後の3番仔 コイウタ 2連産目の2番仔
皐月賞 メイショウサムソン 初仔 ドリームパスポート 初仔 フサイチジャンク 少なくとも6連産目以降の仔
天皇賞・春 ディープインパクト 7連産目の7番仔 リンカーン 初仔 ストラタジェム 3連産目の3番仔
NHKマイルカップ ロジック 2連産目の7番仔 ファイングレイン 初仔 キンシャサノキセキ 双子流産後の仔
ヴィクトリアマイル ダンスインザムード 2連産目の12番仔 エアメサイア 2連産目の2番仔 ディアデラノビア 初仔
オークス カワカミプリンセス 3連産目の3番仔 フサイチパンドラ 3連産目の6番仔以降の仔 アサヒライジング 8連産目の8番仔
日本ダービー メイショウサムソン 初仔 アドマイヤメイン 3連産目の3番仔 ドリームパスポート 初仔
安田記念 ブリッシュラック 4連産目以降の仔 アサクサデンエン 初仔 ジョイフルウィナー 2連産目以降の仔
宝塚記念 ディープインパクト 7連産目の7番仔 ナリタセンチュリー 初仔 バランスオブゲーム 4連産目の4番仔
スプリンターズS テイクオーバーターゲット 死産後の1番仔 メイショウボーラー 3連産目の3番仔 タガノバスティーユ 3連産目の7番仔
秋華賞 カワカミプリンセス 3連産目の3番仔 アサヒライジング 8連産目の8番仔 フサイチパンドラ 3連産目の6番仔以降の仔
菊花賞 ソングオブウインド 初仔 ドリームパスポート 初仔 アドマイヤメイン 3連産目の3番仔
天皇賞・秋 ダイワメジャー 空胎後の7番仔 スウィフトカレント 3連産目の3番仔 アドマイヤムーン 2連産目の2番仔
エリザベス女王杯 フサイチパンドラ 3連産目の6番仔以降の仔 スイープトウショウ 3連産目の3番仔 ディアデラノビア 初仔
マイルCS ダイワメジャー 空胎後の7番仔 ダンスインザムード 2連産目の12番仔 シンボリグラン 3連産目の3番仔
ジャパンカップダート アロンダイト 4連産目の6番仔以降の仔 シーキングザダイヤ 初仔 フィールドルージュ 3連産目の3番仔
ジャパンカップ ディープインパクト 7連産目の7番仔 ドリームパスポート 初仔 ウィジャボード 前年産駒なし後(!?)の10番仔
阪神JF ウオッカ 2連産目の4番仔 アストンマーチャン 6連産目以降の子 ルミナスハーバー 2連産目の6番仔

阪神JF(GI)までの20レースを振り返ると、「スプリンターズSを除く牡牝混合GI(牝馬が出ていないレースも含む)では、母が前年産駒なし後の仔となる牡馬が、2着までには必ず入っている」ということに気付きますね。

阪神JFについては、タニノギムレット(1999.5.4)の娘の鮮やかな末脚が見事でした。牝系も3号族フロリースカップ(1904)系。叔父にスカイアンドリュウ(1997.4.7)がいますね。応援していましたよ、スカイアンドリュウ。ウオッカ(2004.4.4)を管理される角居勝彦調教師をして、初めて「重賞を勝てるかもしれない」という意識を持たれた馬こそ、定年解散の二分久男厩舎から転厩して来たスカイアンドリュウだったそうです。菊沢隆徳騎手を鞍上にスティンガー(1996.5.15)の2着だった4歳春の京王杯SC(GII)。試金石の一戦で頑張りましたが、その後に残ったのは脚部不安との戦いでした。素質は高かったですよ、ポリッシュパトリオット(1988.3.24)の0遺伝馬。

【朝日杯FS】

  • ドリームジャーニー 初仔
  • マイネルレーニア 不受胎後の仔
  • マイネルサニベル 初仔
  • ローレルゲレイロ 初仔
  • マイネルフォーグ 不受胎後の仔 

4頭出しのマイネル勢のうち、3頭が受胎条件の良い馬ですね。なんだ言いながら、そういうところを狙っていらっしゃいます。手前味噌ながら、かつて「【ラフィアンターフマンクラブ 会員募集 1歳馬一覧より(2004年産馬)】htm版(68KB)」というファイルも作っていました。

2004年産のお勧めの馬として選んでいたのが、「エナジートウショウの04」と「ヌエボトウショウの04」でした。前者がマイネルダイナモ(2004.4.28)、後者がマイネルモデルノ(2004.3.10)ですね。エナジートウショウの04ことマイネルダイナモ、すなわちウオッカの叔父で、スカイアンドリュウの半弟ですね。意外なところでつながりました(笑)。

まま、本日はこんなところでご勘弁ください。ではでは♪

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年12月 2日 (土)

旅に出ます。

えーと、今日は朝8時から仕事があり、14時終了予定。そして、15時に飛行機で東京へ向かう予定です。

東京へは遊びに行ってきます。という訳で、土日は競馬に関する更新はありません。ゴメンなさい。

↓は今日12月2日の17時から稼動します。日本最大のポッドキャストイベントである「Podcast Summit #2 powered by ケロログ」の様子をライブで確認できます。不肖オオハシ、競馬ポッドキャスターの代表として行って参ります。あと、画面をクリックすると、ポップアップが立ち上がり、大きな画面でも見られます。よろしければ、どうぞ。

ブログパーツはStickam!

ではでは♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »