« vol.32 函館2歳S(GIII)と関屋記念(GIII)と音楽配信。 | トップページ | 1999年生まれ世代。 »

2006年8月 6日 (日)

#014 「江田、ホンマに勝負!!」「江田、カンファー、江田!!」と叫ぶ-2006年8月6日(日)の結果-。

中島理論コラムのポッドキャスト小編集・第14回(サイズ:187.5KB、再生時間:約23秒、ビットレート:64kbps)。

変わらず、ただICレコーダーを持ちながら競馬中継を見ているだけですね。

「ダウンロードは、メンドクサイわ」とおっしゃる方は、いつもどおり、Flashプレイヤーとなりますが、

でお聞きになってください。 再生ボタンをクリックするだけで音声が流れます。Flashプレイヤー自体にはボリュームは付いておりません。PCの音響装置のボリュームにご注意ください。

◎○▲△× ◎○▲△× ◎○▲△× ◎○▲△× ◎○▲△×

第41回関屋記念(GIII)。

1着カンファーベスト(1999.5.16)。↑の私の絶叫にもあるとおりの激走。中距離路線からマイル戦に転じて初対馬ばかりとなり、挑戦者の気持ちを持って、改めてその能力を発揮してくれました。7歳にして芝マイル戦初挑戦で走破時計1分32秒5も立派。先の配信で「カンファーベスト、と言ったら笑われますか?」とお伝えしており、笑われずにすみました。ありがとう、カンファーベストと江田照男騎手。

また、カンファーベストと第38回函館2歳S(GIII)を勝ったニシノチャーミー(2004.3.8)の血統表を眺めると、以下の事柄に気付きました。

  1. カンファーベストの父アンバーシャダイとニシノチャーミーの父サクラバクシンオーは伯父と甥の関係
  2. カンファーベストの母父、ニシノチャーミーの祖母父は共にシンザン
  3. カンファーベストの祖母がタニノグレースフル、曾祖母がタニノソブリン、ニシノチャーミーの曾祖母父がタニノムーティエ
    (※ソブリン&グレースフル母仔とムーティエは近親ではありません。しかし、ソブリンとムーティエは函館3歳Sで1着2着、デイリー杯3歳Sで2着1着としのぎを削りました。つまりは同い年)

血統表に出てくる馬の名前を見て、「不思議な血の流れがあったのかなぁ」と思いました。

最後に。カンファーベストには怒られてしまうかもしれませんけれど、今回は、先月不意に逝ってしまった同じアンバーシャダイ(1977.3.10)産駒であるカナハラドラゴン(1998.4.9)も背中を押してくれたというのは、ロマンチストのセリフでしょうか?

カナハラドラゴンの最後の連対は、5月の新潟大賞典(GIII)2着。カンファーベストの前走が、その新潟大賞典13着でした。

「いのちのバトン」のやりとりを思った、ヒロシマの日の重賞結果でした。函館2歳Sを含めた2歳戦の回顧はまた改めて。

|

« vol.32 函館2歳S(GIII)と関屋記念(GIII)と音楽配信。 | トップページ | 1999年生まれ世代。 »

ポッドキャスト・PDFキャスト」カテゴリの記事

競馬(回顧)」カテゴリの記事

コメント

おお、カンファーベスト買ってたんですね。
恐ろしいぐらいに趣味が合いますな。
江田でこそのカンファーベスト。
上手く乗られた事が殆ど皆無な馬ですが、江田だけは毎回上手く乗ってくれます。
この馬には本当に物凄く思い入れがあります。追い駆け続けました。
素敵でした。末の1ハロン10秒って、ありえない粘り腰と加速です。
競馬で何年かぶりに涙ちょちょぎれました。
やはり強いぞカンファーベスト。並んでからは尋常じゃない。
カナハラドラゴンにもありがとう。
アンバーシャダイにもありがとう。

投稿: masa | 2006年8月 7日 (月) 09時05分

どうも。連続投稿ごめんなさい。
オオハシさんもそうですが、リンクされてる穴馬別館のblandfordさんも◎カンファーみたいですね。
そこに僕も、僕の友達のすり身ちゃんという子も◎でした。
なんたる狭い世界で4人が14番人気に◎という必然的な偶然でしょう。
これだからマニアックな理論の予想はたまりませんな。まぁ、「嵌れば」の話ですが(笑。
○テレグノ▲ローエンでしたが、もうこの場合カンファーが勝てばどうでもいい感じです。
冷静になると2週連続でものすごーく悔しいですけど。はい。
とにかく、嬉しかったです。自分じゃなく馬におめでとうと言いたいです。
読んでもらえるか微妙ですが、毛筆10段の達筆で関係者唯一の手がかりである生産牧場に手紙でも出そうかなと思っております。

投稿: masa | 2006年8月 7日 (月) 12時08分

◎masa様
毎度おおきにご機嫌さんでございます。

>カンファーベスト
先週の週刊競馬ブックで出走予定馬をパッと見たとき、光っていたんですね~。彼の名前が。

で、前日から当日にかけて近しい周囲の評価を確認すると、これまた高かったと(笑)。イケると思いました。

レースでは4コーナーから直線、外を回るカンファーベストの姿に胸が熱くなりました。吠えました。

ラストから2ハロン目のラップ10秒1は普通「ありえない」ですよね。目にも見よ「アンバーシャダイ×シンザン×ヴェンチア×Martial」の組み合わせから繰り出される、その底力。

ゴール後は、近年では味わったことの無い嬉しさに、右手が震えていたことを告白しておきます。

改めて、ありがとう。カンファーベストと江田照男騎手。そして、カナハラドラゴンとアンバーシャダイにも、ありがとう。

>毛筆10段の達筆で関係者唯一の手がかりである生産牧場に手紙でも出そうかなと思っております。
毛筆10段と言うのがスゴイのですが、トレセン宛に手紙を出すのはどうでしょうか?

〒300-0415
茨城県稲敷郡美浦村大字美駒2500-2
美浦トレーニングセンター総務課気付

で届くようです。佐藤吉勝厩舎宛で、どないでしょうか?

軽い返信になってしまい申し訳ないです。ほなほな♪

投稿: オオハシ | 2006年8月 7日 (月) 23時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/11304749

この記事へのトラックバック一覧です: #014 「江田、ホンマに勝負!!」「江田、カンファー、江田!!」と叫ぶ-2006年8月6日(日)の結果-。:

« vol.32 函館2歳S(GIII)と関屋記念(GIII)と音楽配信。 | トップページ | 1999年生まれ世代。 »