« pdf.003 インパーフェクト(2004.5.6)-其の参-。 | トップページ | この間、実家に帰ったとき。 »

2006年7月24日 (月)

土曜日の2歳戦の結果(2006/07/22分)。

土曜日の2歳戦の回顧です。オープン特別2クラ、新馬戦4クラ、合計6レース。はは、急に忙しい感じになってきましたよ(笑)。

【函館・ラベンダー賞(芝1200m)の勝ち馬】

インパーフェクト 牡 栗毛 2004.5.6生 青森・荒谷牧場生産 馬主・岡田繁幸氏 北海道・田部和則厩舎

  1. 4代血統構成(各父):『ナリタトップロード×アイシーグルーム×シルバーシャーク×★ゲイタイム』
  2. 4代血統構成(父系):『Fine Top系×Blushing Groom系×Relic系×Hyperion系』
  3. 5代血統表内のクロス:Northern Dancer5×5、Nasrullah5×5
  4. 牝系:8号族ステファニア系 祖母ダークロード、祖母の兄コウイチサブロウ
  5. 母の何番仔?:6番仔(不受胎後)

[Notes]詳しくは昨日のlogをご参照ください(笑)。

【新潟・マリーゴールド賞(芝1400m)の勝ち馬】

(父)(市)ハロースピード 牝 栗毛 2004.4.19生 三石・山際牧場生産 馬主・福島実氏 美浦・相沢郁厩舎

  1. 4代血統構成(各父):『マヤノトップガン×Secretariat×Bailjumper×Bryan G.』
  2. 4代血統構成(父系):『Roberto系×Bold Ruler系×Damascus系×Blenheim系』
  3. 5代血統表内のクロス:Nasrullah5×4
  4. 牝系:米国で継承されている9号族 曾祖母Cicadaは米23勝の超名牝
  5. 母の何番仔?: 9番仔以降の仔(2連産目)

[Notes]新潟のマリーゴールド賞を2馬身差で快勝しました、ハロースピード。

中島理論的には、ハロースピードの最優性先祖は母父Secretariat(1970.3.30)、形相の対象はNasrullah(1940.3.2)と判断しました。Secretariatは現役時代に北米で21戦16勝。その主な勝ち鞍にケンタッキーダービー(米GI)、プリークネスS(米GI)、ベルモントS(米GI)という米三冠のほか重賞多数。10Fのケンタッキーダービーの走破タイム1分59秒4、12FのベルモントSの走破タイム2分24秒0は、彼がこれらのレースを制してから33年経った今もなお、レコードタイムとしてさん然と輝いています。種牡馬としての代表産駒にはプリークネスS、ベルモントSを制して親仔制覇を遂げたRisen Star(1985)、ブリーダーズカップ・ディスタフ(米GI)を勝ち米年度代表馬にも選ばれたLady's Secret(1982.4.8)、トラヴァースS(GI)の勝ち馬General Assembry(1976)、フューチュリティS(米GI)の勝ち馬Dactylographer(1975)、イエローリボン招待S(米GI)の勝ち馬Super Staff(1988)、メイトロンS(米GI)を勝ったFiesta Lady(1982)、サンフェリペH(米GI)を制したImage of Greatness(1982)等がいます。また、日本で走った産駒ではヒシマサル(1989.2.20)がGIIIを3勝しました。

ハロースピードの鞍上は、デビュー3年目の吉田隼人騎手。隼人騎手の兄である豊騎手が、新潟の新馬戦でメジロドーベル(1994.5.6)と共に勝ち上がったのも、デビュー3年目のことでした。「父内国産馬」「牝馬」「新潟で勝利」「デビュー3年目」。飛躍のキーワード、弟にもそろいましたか。ハロースピードと吉田隼人騎手、これからも楽しみにしましょう。

【函館・新馬戦(芝1200m)の勝ち馬】

ビービーガルダン 牡 青鹿毛 2004.3.10生 平取・坂東牧場生産 馬主・(有)坂東牧場 栗東・領家政蔵厩舎

  1. 4代血統構成(各父):『チーフベアハート×Westminster×Rory's Jester×Karayar』
  2. 4代血統構成(父系):『Danzig系×Sir Tristram系×Nasrullah系×Relic系』
  3. 5代血統表内のクロス:Bold Ruler5×4(父方)
  4. 牝系:新国で継承されている1号族 母オールザチャット
  5. 母の何番仔?: 4番仔(2年連続不受胎後)

[Notes]函館の新馬戦を勝ち上がりました、ビービーガルダン。

ビービーガルダンの牝系は新国で受け継がれている1号族。母オールザチャット(1994.10.20)は新豪2勝でスイートエンブレスS(豪GIII)を勝ちエクリプスS(新GIII)2着があります。また、叔父Wahid(2002.11.7)は新4勝でレビンクラシック(GI)、ウェイクフィールドチャレンジS(GII)の勝ち馬です。簡単に調べた限りでは、4代母Helen of Troy(1967)の別分枝として、仔に豪4勝でウェイクフルS(GII)、プリンセスH(GIII)の勝ち馬Calera(1972)、孫に豪4勝でスプリングチャンピオンS(GI)、ダイナースクラブC(GIII)の勝ち馬Imprimatur(1983)、同じく孫に豪7勝でSAJCオーストラリアンオークス(GI)、コーフィールドC(GI)、ウェイクフルS、サラブレッドクラブS(GIII)の勝ち馬Imposera(1984.10.30)がいます。なお、ImprimaturとImposeraは、共に父がImposing(1975)、母が前述のCaleraの全兄妹です。

#追記。ビービーガルダンの曾祖母父Karayar(1968)の父は、シルバーシャーク(1963)です。スゴイところからシルバーシャークが現れました(苦笑)。

【新潟・新馬戦(芝1000m)の勝ち馬】

メジロアダーラ 牝 鹿毛 2004.3.1生 洞爺・メジロ牧場生産 馬主・(有)メジロ牧場 美浦・大久保洋吉厩舎

  1. 4代血統構成(各父):『フレンチデピュティ×Green Desert×Affirmed×Irish River』
  2. 4代血統構成(父系):『Deputy Minister系×Danzig系×Raise a Native系×Riverman系』
  3. 5代血統表内のクロス:Northern Dancer4×4
  4. 牝系:米国で継承されている4号族 母メジロダーリング 伯父Limpid
  5. 母の何番仔?:初仔

[Notes]新潟の芝1000m、直線コースで行われた新馬戦を勝ち上がりました、メジロアダーラ。母メジロダーリング(1996.5.28)となれば、至極当然の結果なのでしょうか(笑)。

メジロアダーラの牝系は米国で受け継がれている4号族。母メジロダーリングは中央8勝で函館SS(GIII)、アイビスサマーダッシュ(GIII)を勝ち、スプリンターズS(GI)2着がある名牝です。なお、メジロダーリングが制したアイビスサマーダッシュは施行の第1回目。その勝ち時計53秒9は、芝1000mの日本レコードという新設重賞を飾るに相応しい内容でした。娘アダーラも、母が得意とした舞台で負ける訳にはいかなかった、というところでしょうか。あと、近親活躍馬として、伯父Limpid(1995)は仏英2勝でパリ大賞(仏GI)の勝ち馬です。

えー、与太話となりますが、メジロダーリングといえば、ダイタクヤマト(1994.3.13)との「仲良しコンビ」ですよね(笑)。ダーリングの初仔アダーラの父はフレンチデピュティ(1992.1.30)ですが、2番仔の父はサクラバクシンオー(1989.4.14)、3番仔の父はマイネルラヴ(1995.3.8)です。えーと、2番仔、3番仔の父をかんがみるに、スプリンターズSの勝ち馬つながりということで、メジロさん、花婿候補の1頭として、ヤマトはどうでしょうか。……む、無理っぽいですね。

という訳で「新潟芝1000mの新馬戦」「メジロ」「牝馬」「大久保洋吉厩舎」「吉田豊騎手」がそろいました。あれ、またドーベルのデジャヴーですか(笑)。何はともあれ、アダーラも頑張って。

【小倉・新馬戦(ダート1000m)の勝ち馬】

(市)アインファスター 牡 鹿毛 2004.3.2生 門別・日高大洋牧場生産 馬主・荒木美代治氏 栗東・宮徹厩舎

  1. 4代血統構成(各父):『アフリート×トニービン×ノーザンテースト×ヒッティングアウェー』
  2. 4代血統構成(父系):『Mr.Prospector系×ゼダーン系×Northern Dancer系×Tourbillon系』
  3. 5代血統表内のクロス:なし
  4. 牝系:9号族ファンシミン系 近親ダイナシュート、ダイナマイン
  5. 母の何番仔?: 5番仔(4連産目)

[Notes]小倉の新馬戦を勝ち上がりました、アインファスター。

アインファスターの牝系は、4代母である米国産の牝馬ファンシミン(1967.4.21)を日本の基礎繁殖とする9号族。曾祖母シャダイマイン(1973.4.9)の仔ダイナマイン(1980.4.30)は中央7勝で新潟記念(GIII)、牝馬東京タイムズ杯(現府中牝馬S、GIII)の勝ち馬。ダイナマインの仔ブロードマインド(1988.4.17)は中央13勝(平地4勝+障害9勝)で中山大障害・春(現中山グランドジャンプ、J・GI)、中山大障害・秋(現中山大障害、J・GI)など障害重賞合計4勝を挙げ、最優秀障害馬に2回(1993年&1994年)選出されました。また、ダイナマインの全妹となるダイナシュート(1982.5.13)は中央4勝で京成杯3歳S(現京王杯2歳S、GII)、七夕賞(GIII)、新潟3歳S(現新潟2歳S、GIII)の勝ち馬。ダイナシュートの仔アドマイヤマックス(1999.4.10)は中央4勝で高松宮記念(GI)、富士S(GIII)、東京スポーツ杯2歳S(GIII)の勝ち馬、ダイナシュートの孫ラインクラフト(2002.4.4)は中央現役で桜花賞(GI)、NHKマイルC(GI)、阪神牝馬S(GII)、フィリーズレビュー(GII)、ファンタジーS(GIII)の勝ち馬です。

荒木美代治オーナー、宮徹厩舎とくれば、アインブライド(1995.4.14)。改めて、古川吉洋騎手もよろしくお願いします、荒木オーナーと宮先生。

【小倉・新馬戦(芝1200m)の勝ち馬】

(父)シャルマンレーヌ 牝 鹿毛 2004.5.18生 三石・山際牧場生産 馬主・吉田和子氏 栗東・中尾正厩舎

  1. 4代血統構成(各父):『ダンスインザダーク×★ミルジョージ×ノーザンテースト×レアリーリーガル』
  2. 4代血統構成(父系):『Halo系×Mill Reef系×Northern Dancer系×Royal Charger系』
  3. 5代血統表内のクロス:Northern Dancer4×4
  4. 牝系:1号族フラストレート系 母ジョージビューティ、近親ホウヨウボーイ
  5. 母の何番仔?: 6番仔(5連産目)

[Notes]小倉の新馬戦、芝1200mを1分8秒2の快時計で制しました、シャルマンレーヌ。その馬名の意味は「魅力的な女性」という意味の仏語とのことです。なお、三石の山際牧場さんの生産馬ということで、上述のハロースピードとは牧場の同期生ですね。

シャルマンレーヌの牝系は、小岩井の1号族フラストレート(1900)系。母ジョージビューティ(1992.3.25)は中央1勝で4歳牝馬特別(現フローラS、GII)2着、フラワーC(GIII)2着があります。また、曾祖母ホウヨウクイン(1969.4.12)の仔にホウヨウボーイ(1975.4.15)。同馬は中央19戦11勝、2着5回。その主な勝ち鞍に天皇賞・秋(現GI)、有馬記念(現GI)、日経賞(現GII)、AJC杯(現GII)と重賞4勝があり、1980年と1981年に2年連続で年度代表馬に選出された名馬です。また、「抱擁ボーイ」という馬名に違わず、生涯5回の2着のうち、3レースで牝馬が1着になっていました。順に述べると、美駒特別のシンセイギク(1974.2.11)、香取特別のボストンメリー(1974.3.29)-初代ボストンキコウシ(1986.4.10)の母-、オープンのスイートネイティブ(1977.3.18)の3頭ですね。また、着外3回の折の勝ち馬も、天皇賞・秋のプリティキャスト(1975.3.20)、オールカマー(現GII)のハセシノブ(1977.3.30)、ジャパンカップ(現GI)のメアジードーツ(1976.4.2)と、いずれも牝馬です。まさに「フェミニスト」。

な、長っ(笑)。皆様、ここまで読んで頂きまして、ありがとうございました。お疲れ様でした。

ではでは♪

|

« pdf.003 インパーフェクト(2004.5.6)-其の参-。 | トップページ | この間、実家に帰ったとき。 »

競馬(回顧)」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ。
「コウイチサブロウ」について検索していて
ここへ来ました。
「コウイチサブロウ」は生存しているのですか?

投稿: レオン | 2006年11月21日 (火) 13時00分

◎レオン様
コメントありがとうございました。オオハシと申します。
以後お見知りおき頂ければ幸いです。

>コウイチサブロウ
私が調べられる範囲で調べてみましたが、
残念ながら生死の情報は得られませんでした。
大変申し訳ありません。

生きながらえているとしたら、33歳。
同じ「桂土地(株)」が馬主である
カツラノハイセイコはまだ生存中ですけれど、
コウイチサブロウ、生きていてくれたら、
ちょいと嬉しいですね。

お力になることができず、あいすみませんでした。

ではでは♪

投稿: オオハシ | 2006年11月22日 (水) 23時41分

ありがとうございました。
本当に偶然だったのですが
僕の名前が「コウイチ」で
父の名前が「サブロウ」だったんですよ。

投稿: レオン | 2006年11月27日 (月) 15時30分

◎レオン様
返答コメントが遅くなって恐れ入ります。
お世話になっております、オオハシです。

>「コウイチ」「サブロウ」
おお、なんという名前の偶然!!
それは、コウイチサブロウについて、
気になるはずですね。

どなたかご存知の方がいらっしゃれば
良いのですが……。

もし、レオン様が生存の情報について
お分かりになった際には、ぜひ教えて
頂きますよう、よろしくお願い致します。

ではでは♪

投稿: オオハシ | 2006年11月29日 (水) 20時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/11085875

この記事へのトラックバック一覧です: 土曜日の2歳戦の結果(2006/07/22分)。:

« pdf.003 インパーフェクト(2004.5.6)-其の参-。 | トップページ | この間、実家に帰ったとき。 »