« vol.23 第67回オークス(GI)と音楽配信。 | トップページ | ダービーウィークというのに。 »

2006年5月21日 (日)

#006 自宅のダイニングで「だから無事にっていつも言ってるのに」と叫ぶ~第67回オークス(GI)の結果~。

中島理論コラムのポッドキャスト小編集・第6回(サイズ:108.0KB、再生時間:約13秒、ビットレート:64kbps)。

引き続き、ただICレコーダーを持ちながら競馬中継を見ているだけですね。

「ダウンロードは、メンドクサイわ」とおっしゃる方は、いつもどおり、Flashプレイヤーとなりますが、

でお聞きになってください。 再生ボタンをクリックするだけで音声が流れます。Flashプレイヤー自体にはボリュームは付いておりません。PCの音響装置のボリュームにご注意ください。

◎○▲△× ◎○▲△× ◎○▲△× ◎○▲△× ◎○▲△×

1着カワカミプリンセス(2003.6.5)。4戦4勝、無敗での戴冠。無敗のオークス馬はミスオンワード(1954.3.8)以来49年ぶりとのことです。西浦勝一調教師と本田優騎手、5年前、ダンシングブレーヴ(1983.5.11)の仔で3着に敗れた借り、ダンシングブレーヴの孫でお返ししました。お見事。本当におめでとうございます。

2着フサイチパンドラ(2003.2.27)。角田晃一騎手から手が替わって、府中芝2400mのGIレースに挑む馬は、皆連対するのかなと思ってしまいましたよ。母父Nureyev(1977.5.2)ですしねぇ。密かに単勝を買っていたのは内緒です。しかし、府中芝2400mのクラシックレースで、福永祐一騎手の前にいたのが、キングヘイロー(1995.4.28)の仔というのはアイロニー。

3着アサヒライジング(2003.2.9)。ロイヤルタッチ(1993.3.24)の娘、ミナガワマンナ(1978.5.15)の外孫。先に抜け出してきた時は、「これか!!」と思いましたが、あと一歩でした。でも、左回りはやはり得手なのでしょうね。

これから走る馬、人すべてが無事でありますように。この祈りのフレーズ、今日ほど強く思ったこともありません。府中の杜の神様、華やかな日に現実を思い知らせてくれました。コイウタ(2003.2.24)、頼むから、生きていて。

|

« vol.23 第67回オークス(GI)と音楽配信。 | トップページ | ダービーウィークというのに。 »

ポッドキャスト・PDFキャスト」カテゴリの記事

競馬(回顧)」カテゴリの記事

コメント

コイウタは楽勝で生きているようです(笑)
まあ、乗ってる人が良かったのかなぁ、と。

それよりはバーバロですよ・・・
あの中継、テンポイントの日経新春杯なみに悲惨な映像になってます。

投稿: すみのえ | 2006年5月22日 (月) 19時00分

◎すみのえ様
いつもお世話になっております。

>コイウタ
ホントに良かったです。「ハ行」で済んでいて何よりでした。

>バーバロ
見ました。あれは、目の前で見ていた人は、ショッキングだったでしょう。

止まると知っていながらVTRを見ても、
「あぁ、あぁ!!」と、やっぱり言ってしまいました……。

華やかなはずのクラシックレースで、
いのちの厳しさの現実を知らされます。


相も変わらず、祈りのフレーズ、捧げます。

これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

投稿: オオハシ | 2006年5月22日 (月) 20時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/10171540

この記事へのトラックバック一覧です: #006 自宅のダイニングで「だから無事にっていつも言ってるのに」と叫ぶ~第67回オークス(GI)の結果~。:

« vol.23 第67回オークス(GI)と音楽配信。 | トップページ | ダービーウィークというのに。 »