« 改めて思う在来牝系の底力。 | トップページ | 「天皇賞・春(GI)」と聞くと、マヤノトップガン(1992.3.24)を思う。 »

2006年4月25日 (火)

空胎後に名馬あり。

ここまで2006年のJRAGIは4レースが行われました。↑のタイトルに沿って、ここまでのGIレースの複勝圏に絡んだ馬の、母の受胎条件を抜き出してみると、

2006年春のJRAGI4レースの複勝圏馬における母の受胎条件
レース名 1着馬 母の受胎条件 2着馬 母の受胎条件 3着馬 母の受胎条件
フェブラリーS カネヒキリ 空胎後の5番仔 シーキングザダイヤ 初仔 ユートピア 初仔
高松宮記念 オレハマッテルゼ 不受胎後の4番仔 ラインクラフト 3連産目の4番仔 シーイズトウショウ 初仔
桜花賞 キストゥヘヴン 2連産目の12番仔 アドマイヤキッス 不受胎後の3番仔 コイウタ 2連産目の2番仔
皐月賞 メイショウサムソン 初仔 ドリームパスポート 初仔 フサイチジャンク 少なくとも6連産目以降の仔

どのレースを見ても、母が空胎後の仔、あるいは不受胎後の仔、初仔が、必ず連対を果たしているんですね。特にフェブラリーS(GI)は強烈な結果でした。

現在の日本の競馬では、どうしても、出走馬の血統が似通ったものになりがちです。となると、あとはわずかな差異を求めるだけになるのかもしれません。健康な母親から、健康な仔が生まれる。道理です。

今度の日曜日も、あまり難しく考えず、グリグリの本命から、母の受胎条件が良い馬を相手に選びたいと思った、2006年ここまでのJRAGIレースの結果でした。

|

« 改めて思う在来牝系の底力。 | トップページ | 「天皇賞・春(GI)」と聞くと、マヤノトップガン(1992.3.24)を思う。 »

競馬(血統)」カテゴリの記事

コメント

出走馬の血統構成が似通っているからわずかな差を勝負を決めるというのはその通りかもしれません。

そして、サンデーサイレンス産駒最後の世代で優秀な在来牝系の血が復活しているのも、それと呼応する現象かもしれませんね。

また、来年のクラシックからは種牡馬としての能力が圧倒的であったサンデーサイレンスがいないので、この数年間は牝系の活力に注目するべきかもしれませんね。

投稿: much_better | 2006年4月25日 (火) 20時30分

◎much_better様
いつもお世話になっております。

いつになくまじめに調べた結果を記事でお届けしたのは、実は、メイショウサムソンの2冠の可能性について思ったからです。

「在来牝系」、「初仔」、そして「皐月賞がJRAGI初勝利となる騎手」。はは、サニーブライアンがオーバーラップしました(笑)。

わずかな差異のうち、アドバンテージを複数持ち合わせている馬が、重賞、ひいてはGIレースの勝ち馬になれるのかもしれませんね。

>この数年間は牝系の活力に注目するべきかもしれませんね。
これは、仰るとおりだと思います。いざという時は、やっぱり牝系の活力や底力が勝負の分かれ目となるのでしょうね。

以上でございまーす♪

投稿: オオハシ | 2006年4月26日 (水) 23時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/9762212

この記事へのトラックバック一覧です: 空胎後に名馬あり。:

« 改めて思う在来牝系の底力。 | トップページ | 「天皇賞・春(GI)」と聞くと、マヤノトップガン(1992.3.24)を思う。 »