« 遅ればせながら-その2-。 | トップページ | ちょ、腸炎とな。 »

2006年4月 9日 (日)

第66回桜花賞(GI)の結果。

1着キストゥヘヴン(2003.4.25)アドマイヤベガ(1996.3.12)の仔、やりましたね。第66代日本ダービー(GI)馬の仔が、第66回桜花賞を制しました。大外から418kgの小さな馬体、白いシャドーロールが揺れました。見事な差し脚でした。スイーブ(1968.2.23)の孫というシブい血統、社台グループっぽくない馬ですが、社台さんは、ちゃんと内国産牝系の活躍馬も見出されるんですよね。社台のお母様、吉田和子オーナーにとっては、ベガ(1990.3.8)の孫-競馬の血統では、普通は牝系のつながりだけを見ますが、孫には違いありませんよね-による、ベガ以来2回目の桜花賞制覇。キストゥヘヴン、レース後の写真撮影、表彰式でもチャカついていたように、余力たっぷり。小さな馬が頑張るオークス(GI)でも楽しみです。それにしても、近年のフラワーC(GIII)の勝ち馬は、やっぱり出世街道に乗るんですね。

#余談。吉田和子オーナーはマイルCS南部杯(統一GI)の勝ち馬ゴールドティアラ(1996.4.25)のオーナーでもありますが、キストゥヘヴンはゴールドティアラと同じ4月25日生まれなんですよね。「だからどうした」と言われればそれまでですが(笑)。

2着アドマイヤキッス(2003.2.8)。マイナス14kgでしたが、頑張りました。レース前に知ったのですが、アドマイヤキッスの担当厩務員はベガと同じ山口慶次さん。松田博資調教師と山口厩務員、そして武豊騎手という「ベガ・トリオ」の再度の桜冠取りを阻んだのが、アドマイヤベガの仔、つまりはベガの孫。しかも、キストゥヘヴンの馬主がベガの吉田和子オーナー。なんだか、色んな因縁が巡っていますね。ついで、こんな辺境ブログをご覧のお客様には言わずもがなと思いますが、武豊騎手のJRA登録番号は666番。第66回桜花賞でも見事に連対されました。そうそう、第66回日本ダービーを制したのは、アドマイヤベガと武豊騎手でしたね(笑)。近藤利一オーナーも、愛してやまなかったアドマイヤベガの愛娘に負けたとあらば、「仕方がない」と思われているのではないでしょうか。

#余談。JRA登録番号666番・武豊騎手の第66回となるクラシックの騎乗成績(上から施行の早い順)。

武豊騎手の第66回となるクラシックの成績
レース名 騎乗馬 着順
日本ダービー アドマイヤベガ 1着
オークス エアメサイア 2着
菊花賞 ディープインパクト 1着
桜花賞 アドマイヤキッス 2着
皐月賞 アドマイヤムーン(予定) ?着

はい、果たして来週はどうなりますやら(苦笑)。

3着コイウタ(2003.2.24)。オーナーの前川清さんもお見えでしたね。後ろから来た2頭に交わされましたが、致し方なし。頑張りました。

「キス」に「キッス」に「恋唄」とは、まさに夢見る乙女たちによる、第66回桜花賞の結果でした。個人的にも、上位3頭と騎手の皆さんには「3連複、多謝多謝」と述べておきます♪

|

« 遅ればせながら-その2-。 | トップページ | ちょ、腸炎とな。 »

競馬(回顧)」カテゴリの記事

コメント

オオハシさんこんばんは。ウィークエンドの05のnozowebです。

先日はご訪問とコメントまでいただきありがとうございました。

桜花賞は言われてみれば確かに色んな因縁の巡ったレースだったのかもしれませんね。

しかし皐月賞に関してはすごいデータを見てしまいました。「6の理論」

なんとかつけ入る隙のある馬をと思い探しておりましたが、無駄に終わりそうですね。

まさか着順が・・なんてことは無いでしょうから(笑)

また伺います。今後ともよろしくお願いします。

投稿: nozoweb | 2006年4月13日 (木) 03時04分

◎nozoweb様
おお、わざわざのご来訪誠にありがとうございます。

>6の理論
まま、ふと気付いただけですから、あまり深く気に留めないでくださいませ。私も、桜花賞の後に気付いただけでございます(苦笑)。

…と言いながら、アドマイヤムーンに本命を打ちそうな感じはしますが(笑)。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように

投稿: オオハシ | 2006年4月13日 (木) 22時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/9505701

この記事へのトラックバック一覧です: 第66回桜花賞(GI)の結果。:

« 遅ればせながら-その2-。 | トップページ | ちょ、腸炎とな。 »