« 日曜日の3歳戦の結果(2006/04/9分)。 | トップページ | 日曜日の3歳戦の結果(2006/04/16分)。 »

2006年4月19日 (水)

土曜日の3歳戦の結果(2006/04/15分)。

遅ればせながら、土曜日の3歳戦の回顧です。500万特別戦2クラ、500万平場戦2クラの計4レース。

中山の桜草特別(芝1200m)を制したのはサチノスイーティー(2003.4.4)。カリスタグローリ(1988.3.11)の仔、やりました。以下に2005年10月22日に未勝利戦を勝ち上がった際のコメントを再掲しておきます。

<再掲分>福島の未勝利戦(ダート1150m)を勝ち上がったのは(父)サチノスイーティー(2003.4.4、牝、鹿毛)。美浦・平井雄二厩舎の所属。その4代血統構成は『カリスタグローリ×アフリート×アサティス×イエローゴッド』で『Never Bend系×Mr.Prospector系×Northern Dancer系×Red God系』の配合です。5代血統表内ではNasrullah4×5(父方)のクロスがあります。サチノスイーティーの牝系は小岩井の7号族アストニシメント(1902)系。曾祖母ブロケード(1978.3.16)は中央6勝で桜花賞(現GI)、スプリンターズS(現GI)、4歳牝馬特別(現フィリーズレビュー、GII)、牝馬東京タイムズ杯(現府中牝馬S)の勝ち馬です。「金襴緞子」という意味の馬名、伊達秀和オーナーのネーミングセンスの良さが伺えます。サチノスイーティーは母ペルファヴォーレ(1997.2.24)が3連産目の3番仔。

阪神のれんげ賞(芝1200m)を制したのはプリムローズヒル(2003.2.9)。以下に2月12日に新馬戦を勝ち上がった際のコメントを再掲しておきます。

<再掲分>京都の新馬戦(芝1600m)を勝ち上がったのはプリムローズヒル(2003.2.9、牝、鹿毛)。栗東・松元省一厩舎の所属。その4代血統構成は『★サンデーサイレンス×ラストタイクーン×ロイヤルスキー×Raise a Native』で『Halo系×Northern Dancer系×Bold Ruler系×Native Dancer系』の配合です。5代血統表内ではTurn-to(1951)4×5のクロス、Cosmah(1953.4.4)3×5の牝馬クロスがあります。Cosmahのクロスが良い感じです。プリムローズヒルの牝系は曾祖母である米国産の牝馬マッチレスネイティヴ(1968.4.1)を日本の基礎繁殖とする2号族。祖母ロイヤルコスマー(1982.4.8)は中央3勝でトパーズS(OP)を勝ち桜花賞(GI)2着、4歳牝馬特別(現フィリーズレビュー、GII)2着があります。伯母フサイチユーキャン(1997.3.9)は中央5勝で4歳牝馬特別(現フローラS、GII)3着、京都牝馬S(GIII)3着、いとこグレイスティアラ(2003.5.11)は現役で全日本2歳優駿(統一GI)、エーデルワイス賞(統一GIII)の勝ち馬です。他にも従兄に現役のワンモアマイライン(1998.4.13)、シャドウビンテージ(2000.5.14)等がいます。プリムローズヒルは母フサイチワールド(1996.2.13)が3連産目の3番仔。

阪神の500万平場戦(ダート1800m)を制したのはスズノマグマ(2003.4.25)。遅れてやってきたエルコンドルパサー産駒、新馬と平場戦を連勝しました。以下に3月19日に新馬戦を勝ち上がった際のコメントを再掲しておきます。

<再掲分>中山の新馬戦(ダート1800m)を勝ち上がったのはスズノマグマ(2003.4.25、牡、黒鹿毛)。美浦・加藤征弘厩舎の所属。その4代血統構成は『エルコンドルパサー×Bob Back×Topsider×ラインゴールド』で『Mr.Prospector系×Roberto系×Northern Dancer系×Princely Gift系』の配合です。5代血統表内ではNorthern Dancer(1961.5.27)5×4×4、Nashua(1952.4.14)5×5のクロス、Special(1969)とLisadell(1971)5×5×4(父方)の全姉妹クロスがあります。スズノマグマの牝系は欧米で受け継がれている1号族。母レンII(1995.5.13)は伊仏米英3勝でドルメロ賞(伊GIII)の勝ち馬、半姉レンドフェリーチェ(2000.5.19)は中央5勝で紫苑S(OP)の勝ち馬です。スズノマグマは母が少なくとも4連産目の4番仔以降の仔。

阪神の500万平場戦(芝1200m)を制したのはバンブーエール(2003.4.5)。8ヶ月ぶりのレースを5馬身差勝ち、大したものです。以下に2005年8月27日に未勝利戦を勝ち上がった際のコメントを再掲しておきます。

<再掲分>小倉の未勝利戦(ダート1000m)を勝ち上がったのはバンブーエール(2003.4.5、牡、栗毛)。栗東・安達昭夫厩舎の所属。その4代血統構成は『アフリート×Rainbow Quest×Irish Castle×Commodore M.』で『Mr.Prospector系×Blushing Groom系×Bold Ruler系×Teddy系』の配合です。5代血統表内ではRaise a Native3×5、Nasrullah(1940.3.2)5×5×5のクロスがあります。バンブーエールの牝系は欧米で受け継がれている9号族。バンブーエールは母レインボーウッド(1991.4.30)が不受胎後の6番仔と推定。母の繁殖記録を確認すると、バンブーエールの1歳年下の弟は、父がバンブーメモリー(1985.5.14)になっていました。ナイス、バンブー牧場さん。

再掲分ばかりで申し訳ない。とりあえず、本日2本目の更新は以上です。ではでは♪

|

« 日曜日の3歳戦の結果(2006/04/9分)。 | トップページ | 日曜日の3歳戦の結果(2006/04/16分)。 »

競馬(回顧)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/9664372

この記事へのトラックバック一覧です: 土曜日の3歳戦の結果(2006/04/15分)。:

« 日曜日の3歳戦の結果(2006/04/9分)。 | トップページ | 日曜日の3歳戦の結果(2006/04/16分)。 »