« 「ダービー卿CT(GIII)」と聞くと、チェックメイト(1995.5.10)を思う。 | トップページ | 日曜日の3歳戦の結果(2006/04/02分)。 »

2006年4月 1日 (土)

土曜日の3歳戦の結果(2006/04/01分)。

土曜日の3歳戦の回顧です。500万特別戦1クラ、500万平場戦3クラ、合計4レース。

中山のミモザ賞(芝2000m)を制したのはマイネサンサン(2003.5.3) 。おお、スプライトパッサー(1987.6.6)の仔、やりました。距離が伸びて新味が出たのでしょうか。以下に2005年7月24日に新馬戦を勝ち上がった際のコメントも再掲しておきます。

<再掲分>新潟の新馬戦(芝1600m)を勝ち上がったのはマイネサンサン(2003.5.3、♀、黒鹿毛)。所属は美浦・谷原義明厩舎。その4代血統構成は『スペシャルウィーク×メイワパッサー×Bald Eagle×Princequillo』で『Hail to Reason系×Tom Fool系×Nasrullah系×Prince Rose系』の配合です。5代血統表内ではBuckpasser(1963.4.28)5×3のクロス、Busanda(1947)4×5(母方)の牝馬クロスがあります。マイネサンサンの牝系は7号族。母スプライトパッサー(1987.6.6)は関屋記念(GIII)などJRA5勝、伯父ウインザーノット(1980.3.3)は函館記念(GIII)2回などJRA7勝を挙げました。祖母サンサン(1969.4.9)は言わずと知れた凱旋門賞(仏GI)馬。マイネサンサンは母が2連産目の5番仔。

中山の500万平場戦(ダート1200m)を制したのはセレスダイナミック(2003.4.8)。 以下に2005年12月17日に未勝利戦を勝ち上がった際のコメントを再掲しておきます。

<再掲分>阪神の未勝利戦(ダート1200m)を勝ち上がったのは(外)セレスダイナミック(2003.4.8、牡、黒鹿毛)。栗東・福永甲厩舎の所属。その4代血統構成は『More Than Ready×Broad Brush×Secretariat×Fleet Nasrullah』で『Halo系×Himyar系×Bold Ruler系×Nasrullah系』の配合です。5代血統表内ではTurn-to(1951)5×5×5、Nasrullah(1940.3.2)5×5(母方)のクロスがあります。セレスダイナミックの牝系は米国で受け継がれているアメリカンファミリーの13号族。曾祖母Sister Fleet(1970)は米10勝でサンタモニカH(現GI、当時GII)、ロングビーチH(GII)の勝ち馬です。セレスダイナミックは母Jolly Ginny(1991)が少なくとも3連産目の6番仔以降の仔と推定。

阪神の500万平場戦(ダート1800m)を制したのは(市)ホーマンジュピター(2003.3.18、牡、鹿毛)。栗東・安田隆行厩舎の所属。その4代血統構成は『★サンデーサイレンス×Caerleon×Alydar×Drone』で『Halo系×Nijinsky系×Raise a Native系×Sir Gaylord系』の配合です。5代血統表内ではHail to Reason(1958)3×5のクロスがあります。ホーマンジュピターの牝系は米国で受け継がれている3号族。4代母Olmec(1966)の仔Navajo Princess(1974)は米16勝でモリーピッチャーH(GII)、フォールズシティH(GIII)の勝ち馬。そして、Navajo Princessの仔にダンシングブレーヴ(1983.5.11)。同馬は英仏米8勝で凱旋門賞(仏GI)、"キング・ジョージ"(英GI)、英2000ギニー(GI)、エクリプスS(英GI)、セレクトS(英GIII)、クレイヴンS(英GIII)と重賞6勝で、「1980年代欧州最強馬」の称号を頂く名馬にして名種牡馬です。同じくNavajo Princessの仔Jolypha(1989.4.20)は仏米4勝で仏オークス(GI)、ヴェルメイユ賞(仏GI)の勝ち馬です。なお、言わずもがなと思いますが、ダンシングブレーヴとJolyphaは父Lyphard(1969.5.10)の全兄妹です。ホーマンジュピターは母チアズエンジェル(1996.4.24)が不受胎後の初仔

阪神の500万平場戦(芝2500m)を制したのはアペリティフ(2003.2.1)。以下に2005年10月22日に未勝利戦を勝ち上がった際のコメントを再掲しておきます。

<再掲分>京都の未勝利戦(芝2000m)を勝ち上がったのは(市)アペリティフ(2003.2.1、牡、鹿毛)。栗東・坪憲章厩舎の所属。その4代血統構成は『エルコンドルパサー×サンデーサイレンス×ロイヤルスキー×ノーザンテースト』で『Mr.Prospector系×Halo系×Bold Ruler系×Northern Dancer系』の配合です。5代血統表内ではNorthern Dancer5×4×5のクロス、Special(1969)とLisadell(1971)5×5×4の全姉妹クロスがあります。アペリティフの牝系は4代母である米国産の牝馬サワーオレンジ(1973.4.6)を日本の基礎繁殖とする8号族。伯父エアジハード(1995.4.9)は中央7勝で安田記念(GI)、マイルCS(GI)、富士S(GIII)の勝ち馬、曾祖母シャダイアイバー(1979.2.23)は中央3勝でオークスの勝ち馬です。アペリティフは母アイシーサイレンス(1997.6.14)が2連産目の2番仔。

以上でございます。

|

« 「ダービー卿CT(GIII)」と聞くと、チェックメイト(1995.5.10)を思う。 | トップページ | 日曜日の3歳戦の結果(2006/04/02分)。 »

競馬(回顧)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/9376252

この記事へのトラックバック一覧です: 土曜日の3歳戦の結果(2006/04/01分)。:

« 「ダービー卿CT(GIII)」と聞くと、チェックメイト(1995.5.10)を思う。 | トップページ | 日曜日の3歳戦の結果(2006/04/02分)。 »