« 日曜日の3歳戦の結果(2006/03/12分)。 | トップページ | vol.15 土日の注目レースのお話と音楽配信。 »

2006年3月16日 (木)

「スプリングS(GII)」と聞くと、タニノギムレット(1999.5.4)を思う。

レースレコードタイムとなる1分46秒9で、大外をブン回して勝ちましたタニノギムレット

「タニノクリスタルから、こんなに強い馬が出るとは!!」と、思いました。

また、そのスプリングSの2着はトニービン(1983.4.7)産駒のテレグノシス(1999.5.11)

「おー、トニービンの仔なのに、中山のGIIで2着とはやるな」と、思いました。

果たせるかな、タニノギムレット、テレグノシス、共に後にGI馬となりました。

|

« 日曜日の3歳戦の結果(2006/03/12分)。 | トップページ | vol.15 土日の注目レースのお話と音楽配信。 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/9119154

この記事へのトラックバック一覧です: 「スプリングS(GII)」と聞くと、タニノギムレット(1999.5.4)を思う。:

« 日曜日の3歳戦の結果(2006/03/12分)。 | トップページ | vol.15 土日の注目レースのお話と音楽配信。 »