« vol.14 お知らせと音楽配信。 | トップページ | 「中京記念(GIII)と聞くとメガスターダム(1999.4.2)とサンライズペガサス(1998.4.15)を思う」 »

2006年3月 2日 (木)

「チューリップ賞(GIII)」と聞くと、アグネスパレード(1991.5.9)とオグリローマン(1991.5.20)を思う。

コンビニ弁当についてくる割りばしの開封時、同梱されているつまようじの先で、右手人差し指を突いてしまったオオハシでございます(笑)。

余談はさておき、1994年のチューリップ賞。

つまりは重賞昇格の第1回目ということですね。

第1回が、いきなり「中京の芝1700m」という、本番とはまったく別コースで行われるトライアルでしたが(笑)。

という訳で、アグネスパレードとオグリローマン

直線。河内洋騎手が逃げ、田原成貴騎手が追う。

武豊騎手が現れる前に、関西首位騎手を争った名手2人の追い比べでした。

結果は、先輩が後輩をしのぎましたね。

◎○▲△× ◎○▲△× ◎○▲△× ◎○▲△× ◎○▲△×

アグネスパレード。バンブーアトラス(1979.4.27)の仔で、アグネスレディー(1976.3.25)の孫。オークス(GI)3着、エリザベス女王杯(GI)3着。ちょっと控え目に負けたところがいじらしかった。残念ながら1999年4月26日に夭折しています。最後の仔アグネスポイント(1999.4.5)が父ホワイトマズル(1990.3.21)の0交配馬で、その8代残牡先祖数が『0/128』になったと喜んでいたのが、4年前。今となっては、ちょっと懐かしいです。

また、中京という東海圏内に戻って快走した、笠松出身のオグリローマンを見て、「サスガはキャップの妹やな」と私は思いました。若い頃の記憶というのは鮮明ですね。オグリローマンの幼名である「アイカナ」も覚えていますわ(笑)。

ではでは。

|

« vol.14 お知らせと音楽配信。 | トップページ | 「中京記念(GIII)と聞くとメガスターダム(1999.4.2)とサンライズペガサス(1998.4.15)を思う」 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/8913546

この記事へのトラックバック一覧です: 「チューリップ賞(GIII)」と聞くと、アグネスパレード(1991.5.9)とオグリローマン(1991.5.20)を思う。:

« vol.14 お知らせと音楽配信。 | トップページ | 「中京記念(GIII)と聞くとメガスターダム(1999.4.2)とサンライズペガサス(1998.4.15)を思う」 »