« 土曜日の3歳戦の結果(2006/03/11分)。 | トップページ | 日曜日の3歳戦の結果(2006/03/12分)。 »

2006年3月16日 (木)

「阪神大賞典(GII)」と聞くと、ムッシュシェクル(1988.3.31)を思う。

「中京芝2800m」という条件で行われた1994年の阪神大賞典。

その勝ち馬がムッシュシェクルでした。

重賞制覇は全弟シクレノンシェリフ(1990.4.21)-1993年の毎日杯(GIII)-が早かったのですが、競走成績は、結局、兄が上回りました。

アルゼンチン共和国杯(GII)、日経新春杯(GII)、阪神大賞典とGIIを3連勝でブッコ抜いたのは立派。

重賞勝ち馬2頭を送り込んだ母ダイナシュガー(1981.5.27)は、自身もGII勝ち馬ですし、エライ牝馬です。

ちなみに、ダイナシュガーの4歳牝馬特別(現フィリーズレビュー、GII)が、高橋祥泰調教師の重賞初制覇でもありました。

ではでは。

|

« 土曜日の3歳戦の結果(2006/03/11分)。 | トップページ | 日曜日の3歳戦の結果(2006/03/12分)。 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/9110752

この記事へのトラックバック一覧です: 「阪神大賞典(GII)」と聞くと、ムッシュシェクル(1988.3.31)を思う。:

« 土曜日の3歳戦の結果(2006/03/11分)。 | トップページ | 日曜日の3歳戦の結果(2006/03/12分)。 »