« メンテナンスのお知らせ。 | トップページ | 「マーチS(GIII)」と聞くと、アイランドオオジャ(1996.2.8)を思う。 »

2006年3月23日 (木)

「高松宮記念(GI)」と聞くと、キングヘイロー(1995.4.28)を思う。

レース後の、坂口正大調教師の号泣が印象に残っています。

でも、キングヘイローは断じてスプリンターではありません(笑)。

1800mの東京スポーツ杯3歳S(現東京スポーツ杯2歳S、GIII)を当時の2歳レコード勝ち、2000mの皐月賞(GI)でセイウンスカイ(1995.4.26)に0秒1差の2着、2200mの京都新聞杯(GII)でスペシャルウィーク(1995.5.2)とタイム差なしの2着、3000mの菊花賞(GI)を3番人気で5着(走破時計3分3秒9)、引退レースとなった2500mの有馬記念(GI)も出走メンバー中最速の上がり36秒0で4着に入っています。

長い距離でもこんなに頑張れる馬が、スプリンターであるものか(笑)。

中島理論的には、「直父系が有数値の飽和父系であることにより、競走で勝てる距離が短距離にシフトしていた」ということは言えると思います。

日本のハーレムにおける、血の飽和に翻弄された、世界的良血馬でした。

|

« メンテナンスのお知らせ。 | トップページ | 「マーチS(GIII)」と聞くと、アイランドオオジャ(1996.2.8)を思う。 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/9228799

この記事へのトラックバック一覧です: 「高松宮記念(GI)」と聞くと、キングヘイロー(1995.4.28)を思う。:

« メンテナンスのお知らせ。 | トップページ | 「マーチS(GIII)」と聞くと、アイランドオオジャ(1996.2.8)を思う。 »