« 日曜日の3歳戦の結果(2006/02/26分)。 | トップページ | タップダンスシチー(1997.3.16)。 »

2006年2月27日 (月)

「弥生賞(GII)」と聞くと、フジキセキ(1992.4.15)を思う。

刹那的に現れ去って行ったサンデーサイレンス(1986.3.25)産駒のGIホース第1号、フジキセキ

そのフジキセキの、競走馬としてのポテンシャリティの高さが、いちばん現れたレースが弥生賞だと思います。

直線、ホッカイルソー(1992.5.2)に詰め寄られたかと思ったら、ガツンと加速。

その加速だけで2馬身半、突き放しました。

「うわ、サンデーサイレンス産駒には敵わんなぁ」と思い知らされた、最初のレースでした。

|

« 日曜日の3歳戦の結果(2006/02/26分)。 | トップページ | タップダンスシチー(1997.3.16)。 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

POGでオートマチックを指名していた私としては、実力差を見せつけられて、良く覚えています。

それにしても、サンデーサイレンスがあと1年遅く輸入されていれば、オートマチックで2冠だったんですね(笑)。

投稿: いたづら | 2006年3月 1日 (水) 00時34分

◎いたづら様
いつもお世話になっております。

>オートマチック
おお、皐月賞3着、ダービー3着馬ですね。私も鞍上の加藤和宏騎手と合わせて覚えております。弥生賞は高崎のハシノタイユウにハナ差遅れて4着だったんですよね。な、懐かしい。

私は、オートマチックは「母父ダンサーズイメージの最後のGI好戦馬」として記憶しています。惜しかったですねぇ。

>2冠(もしSS産駒が不在だったら)
ということは、ホッカイルソーが2着、2着だったということですね(笑)。

以上でございます。

投稿: オオハシ | 2006年3月 1日 (水) 23時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/8867618

この記事へのトラックバック一覧です: 「弥生賞(GII)」と聞くと、フジキセキ(1992.4.15)を思う。:

« 日曜日の3歳戦の結果(2006/02/26分)。 | トップページ | タップダンスシチー(1997.3.16)。 »