« 「アーリントンC(GIII)」と聞くと、近年の出世レースと思う。 | トップページ | 仮投稿改め土曜日の3歳戦の結果(2006/02/25分)。 »

2006年2月24日 (金)

松永幹夫騎手(1967.4.10)。

40歳を迎えず、騎手引退。調教師への道を選ばれました。

男前のミッキー。中央のGI勝ちは、結局、すべて女馬とのコンビによるものでした。

イソノルーブル(1988.3.13)ファビラスラフイン(1993.4.13)キョウエイマーチ(1994.4.19)チアズグレイス(1997.3.30)ファレノプシス(1995.4.4)ヘヴンリーロマンス(2000.3.5)

最後の最後で、自厩舎、山本正司厩舎のヘヴンリーロマンスで天皇賞・秋(GI)を制した時、師弟愛の結実を見ました。

騎手生活の最終週は10クラの騎乗予定とのこと。現在、松永騎手は中央通算1396勝。4勝以上の勝ちクラを挙げられたら、中央通算1400勝を達成されることになります。

もし、最終週に1400勝達成となれば、痛快。何故か、簡単に成し遂げてしまわれそうな感じもしています。

でも、まずは無事に。長い騎手生活、本当にお疲れ様でした。

追記。本当は、もっと前の天皇賞・秋にて、男馬で、師弟愛の結実を見たかったものです。叶わぬ夢、分かっています。

|

« 「アーリントンC(GIII)」と聞くと、近年の出世レースと思う。 | トップページ | 仮投稿改め土曜日の3歳戦の結果(2006/02/25分)。 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/8818657

この記事へのトラックバック一覧です: 松永幹夫騎手(1967.4.10)。:

« 「アーリントンC(GIII)」と聞くと、近年の出世レースと思う。 | トップページ | 仮投稿改め土曜日の3歳戦の結果(2006/02/25分)。 »