« 「共同通信杯(GIII)」と聞くと、ジャングルポケット(1998.5.7)を思う。 | トップページ | デンタルクリニックに行く-其の六-。 »

2006年1月31日 (火)

「シルクロードS(GIII)」と聞くと、シーキングザパール(1994.4.16)を思う。

1998年のシルクロードS。直線、あっという間の瞬発力で最内を抜け出してきたシーキングザパール。咽頭蓋エントラップメントによる手術明けもなんのその、スプリント能力の確かさを見せた一戦でした。

国内の重賞で4番人気以下に落ちたのは、このシルクロードSと、同じ年の安田記念(GI)の2レースのみ(共に4番人気)。いつでも人気を背負って走り、末脚鋭く駆けた様。鹿毛の美少女の姿、朱色の頭絡と朱色のバンテージと共に、懐かしく思い出します。

初仔シーキングザダイヤ(2001.3.1)も頑張っています。夭折した母の名前を血統表に残すためにも、何とかひとつ勲章を得て、種牡馬として後世に血をつないで欲しいと願います。

|

« 「共同通信杯(GIII)」と聞くと、ジャングルポケット(1998.5.7)を思う。 | トップページ | デンタルクリニックに行く-其の六-。 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/8438993

この記事へのトラックバック一覧です: 「シルクロードS(GIII)」と聞くと、シーキングザパール(1994.4.16)を思う。:

« 「共同通信杯(GIII)」と聞くと、ジャングルポケット(1998.5.7)を思う。 | トップページ | デンタルクリニックに行く-其の六-。 »