« デンタルクリニックに行く-其の五-。 | トップページ | 「東京新聞杯(GIII)」と聞くと、ダイワカーリアン(1993.3.18)を思う。 »

2006年1月24日 (火)

「根岸S(GIII)」と聞くと、プロストライン(1989.2.21)を思う。

出てくる馬が古いなぁ(苦笑)。松山康久厩舎の所属だったプロストライン、1993年の根岸Sの勝ち馬です。当時は、秋の東京開催、ダート1200mのレース。ダート巧者としては薄手の454kgの栗毛馬が、59kgを背負って逃げ粘ったトモエリージェント(1988.4.3)をハナ差交わしての勝利でした。

今でこそ「母の父Mr.Prospector(1970.1.28)」は珍しくはありませんが、当時はまだ珍しかったものです。ましてや父がMt.Livermore(1981.4.21)というBlushing Groom(1974.4.8)の仔。その組み合わせが新鮮でした。

惜しむらくは、飛躍を狙った1994年の関越S(OP)で逝ってしまったこと。忙しくしていた17歳の夏、知らぬ間に帰らぬ馬になっていました。

|

« デンタルクリニックに行く-其の五-。 | トップページ | 「東京新聞杯(GIII)」と聞くと、ダイワカーリアン(1993.3.18)を思う。 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/8319980

この記事へのトラックバック一覧です: 「根岸S(GIII)」と聞くと、プロストライン(1989.2.21)を思う。:

« デンタルクリニックに行く-其の五-。 | トップページ | 「東京新聞杯(GIII)」と聞くと、ダイワカーリアン(1993.3.18)を思う。 »