« デンタルクリニックに行く-其の壱-。 | トップページ | 「京都金杯(GIII)」と聞くと、キョウエイマーチ(1994.4.19)を思う。 »

2006年1月 4日 (水)

「中山金杯(GIII)」と聞くと、ベストタイアップ(1992.3.29)を思う。

「中山金杯」と「京都金杯(GIII)」というメイショウ、いやいや名称の使い分けが始まったのが、1996年。でも、その1996年は東京の代替開催だったんですよね(笑)。

そんな1996年と翌1997年の中山金杯を連覇したのが、ベストタイアップ。アンバーシャダイ(1977.3.10)の仔、実は母系の血統からマイラー寄りの中距離型でした。

いつでも鋭く差し込んでくる、33秒台の末脚。1997年に中山金杯、東京新聞杯(GIII)を連覇した時、ついに本格化かと思われましたが、東京新聞杯後に故障発生。惜しかったですね。

種牡馬としてもジーナフォンテン(1998.4.19)を送り込んだところは、サスガでした。

|

« デンタルクリニックに行く-其の壱-。 | トップページ | 「京都金杯(GIII)」と聞くと、キョウエイマーチ(1994.4.19)を思う。 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/7995691

この記事へのトラックバック一覧です: 「中山金杯(GIII)」と聞くと、ベストタイアップ(1992.3.29)を思う。:

« デンタルクリニックに行く-其の壱-。 | トップページ | 「京都金杯(GIII)」と聞くと、キョウエイマーチ(1994.4.19)を思う。 »