« 「CBC賞(GII)」と聞くと、エイシンワシントン(1991.5.5)を思う。 | トップページ | い、忙しい。 »

2005年12月14日 (水)

「フェアリーS(GIII)」と聞くと、サーガノヴェル(1999.3.17)を思う。

初出走がダート1200mの2歳未勝利戦という裏技を使ったサーガノヴェル。1戦1勝で挑んだフェアリーS。勝ち時計1分7秒8はJRA2歳レコードタイムでした。「うわ、この時期に1分7秒台で走る牝馬がいるとは!!」と驚いたものです。

明けて3歳春。クリスタルC(GIII)をこれまた1分7秒6の快時計勝ち、そしてNZT(GII)を1分32秒1で2着。「末恐ろしい牝馬やな」と思ったものです。

しかし、その後は3歳秋の秋風S(OP)を1分7秒1で制したのみでした。快速牝馬の気持ちは、我々人間には分からないものです。

「早熟」という言葉で片付けたくない、2歳時から3歳春までの速さ。どうか、連綿と子孫に伝わりますように。

|

« 「CBC賞(GII)」と聞くと、エイシンワシントン(1991.5.5)を思う。 | トップページ | い、忙しい。 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/7622551

この記事へのトラックバック一覧です: 「フェアリーS(GIII)」と聞くと、サーガノヴェル(1999.3.17)を思う。:

« 「CBC賞(GII)」と聞くと、エイシンワシントン(1991.5.5)を思う。 | トップページ | い、忙しい。 »