« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月

2005年11月30日 (水)

「阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)」と聞くと、タムロチェリー(1999.4.2)を思う。

私は表のページで「GIレースの馬柱」を作成しています。中には楽しみに待ってくださっている閲覧者様もいらっしゃいまして、恐悦至極でございます。

その馬柱にはヘタクソな予想も上梓しているのですが、2001年の阪神JFでは、「▲」に「ペリエ騎手」と、馬名ではなく騎手名を書きました(笑)。後にも先にもこんな書き方はこのレースの予想だけですが、前々週のマイルCS(GI)をゼンノエルシド(1997.3.26)で、前週のジャパンカップ(GI)をジャングルポケット(1998.5.7)で制されており、「2度あることは3度ある」「まだはもう、もうはまだ」と、再々度のペリエマジックを思ったのでした。

そして、その再々度のペリエマジックに導かれた馬こそ、タムロチェリー。7番人気という評価でしたが、阪神JFの時点では、小倉2歳S(GIII)の勝ち馬で実績上位だったのです。青森の名門、諏訪牧場の生産馬。その諏訪牧場の先輩であるグリーングラス(1973.4.5)以来22年ぶりの、青森産馬によるGI(級)レースの勝利を収めた、偉い牝馬です。

タムロチェリーは、残念ながら3歳以降は良い成績を残せませんでした。けれど、重賞2勝、2歳牝馬王者の繁殖成績にかかる期待は、想像に難くありません。実はピルサドスキー(1992.4.23)&ファインモーション(1999.1.27)兄妹の近親という、牝系の活力の後押しもあります。産駒が姿を見せたら、もちろん応援しますよ。頑張れ、青森の馬産。

◎○▲△× ◎○▲△× ◎○▲△× ◎○▲△× ◎○▲△× 

余談。実はタムロチェリーの阪神JFの前日に、ファインモーションがデビューしているんですよね。はは、やはり牝系は連動して活躍するものです(笑)。卑近な例を引くと、この間のジャパンカップダート(GI)ではサカラート(2000.4.21)は残念な結果に終わりましたが、その弟ヴァーミリアン(2002.4.10)が本日行われた浦和記念(統一GII)を制しました。JCDでは前週のマイルCSの結果を受けてスカーレットインク(1971.5.5)の牝系を狙っていた訳ですが、血の勢いや流れというものは、見えない紐や鎖でつながっているものだと、改めて思った次第です。

余談その2。タムロチェリーが阪神JFを制した後、月刊『優駿』2002年3月号で故郷の諏訪牧場を訪ねた記事が掲載されました。訪ねられたのは、今は亡き横尾一彦さん。その独特のタッチ、私は以前の優駿の「サラブレッド・ヒーロー列伝」が大好きでしてね。唐詩選から、よく詩を選んでいらっしゃったのを思い出します。っと、余談の余談になりましたが、その記事にはタムロチェリーの母ミスグローリー(1990.6.9)が不受胎後の2002年の配合相手も記されていました。相手の名は、ピルサドスキー。「はは、Gaily4×3の牝馬クロスですか。やるなぁ、諏訪牧場さん」と思ったものです。ピルサドスキーの種は止まり、2003年4月3日に牝馬が生まれました。ミスグローリーの娘、すなわちタムロチェリーの妹はすでに中央に馬名登録されていますが、まだデビューしていません。えっ、「その馬名は?」ですって?それが皆様「キタノヤマンバ」なんです。ヤ、ヤマンバって(苦笑)。

ではでは、今日はこんなところで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月29日 (火)

日曜日の2歳戦の結果(2005/11/27分)。

日曜日の2歳戦の回顧です。500万特別1クラ、500万平場1クラ、新馬戦2クラ、未勝利戦6クラ、合計10レース。

京都のあけび賞(芝1600m)を制したのはファイングレイン(2003.3.7)。これでデビュー2連勝となりました。9月19日の新馬戦を勝ち上がった際のコメントを再掲しておきます。

<再掲分>札幌の新馬戦(芝1200m)を勝ち上がったのは(父)ファイングレイン(2003.3.7、牡、黒鹿毛)。栗東・長浜博之厩舎の所属。その4代血統構成は『フジキセキ×Polish Precedent×★Mill Reef×High Line』で『Halo系×Danzig系×Never Bend系×Hyperion系』の配合です。5代血統表内ではMilan Mill(1962)5×4の牝馬クロスがあります。ファイングレインの牝系は英国で受け継がれている14号族。伯母ピュアグレイン(1992.2.23)は英愛5勝で愛オークス(GI)、ヨークシャーオークス(英GI)など重賞4勝を挙げジャパンカップ(GI)にも出走した活躍馬、ピュアグレインの仔Goncharova(1998.1.14)は英仏3勝でフィユドレール賞(仏GIII)の勝ち馬、祖母Quay Line(1976)は英6勝で『牝馬版セントレジャー』と言われるパークヒルS(英GII)の勝ち馬です。ファイングレインは母ミルグレイン(1997.5.5)の初仔

東京の500万平場戦(ダート1600m)を制したのはピサノバンキッシュ(2003.4.11)。デビュー戦は芝で敗れましたが、未勝利戦、500万戦と連勝を飾りました。11月13日に未勝利戦を勝ち上がった際のコメントを再掲しておきます。

<再掲分>東京の未勝利戦(ダート1600m)を勝ち上がったのはピサノバンキッシュ(2003.4.11、牡、鹿毛)。美浦・藤沢和雄厩舎の所属。その4代血統構成は『ブライアンズタイム×Seattle Slew×Danzig×Speak John』で『Roberto系×Bold Ruler系×Northern Dancer系×Prince John系』の配合です。5代血統表内ではHail to Reason(1958)3×5のクロスがあります。ピサノバンキッシュの牝系は米国で受け継がれている1号族。曾祖母Belle de Jour(1973)の仔にSpend a Buck(1982)がいます。同馬は米10勝でケンタッキー・ダービー(GI)、モンマスH(GI)、アーリントン・ワシントン・フューチュリティ(当時GI)の勝ち馬です。ピサノバンキッシュは母ジャウンティング(1994.3.30)が少なくとも5連産目の5番仔以降の仔と推定(生後直死含む)。

東京の新馬戦(芝1400m)を勝ち上がったのは(外)ダノンブリエ(2003.3.20、牡、鹿毛)。美浦・小島太厩舎の所属。その4代血統構成は『Mister Baileys×Interrex×Brigadier Gerard×★シルバーシャーク』で『Roberto系×Northern Dancer系×Fairway系×Relic系』の配合です。曾祖母父シルバーシャーク(1963)、ナイス。5代血統表内ではBold Ruler(1954.4.6)5×5のクロスがあります。ダノンブリエの牝系は英国で受け継がれている3号族。4代母Sunol(1956)の孫にドルメロ賞(伊GII)の勝ち馬Stemegna(1980)がいます。たまたまWebで牝系のブラックタイプを確認できたのですが、ダノンブリエの牝系は、かなり地味に世代交代がなされているようです。

#余談。netkeiba.comシルバーシャークのページを確認したところ、掲示板にて、中島理論使いにとって、面白いやりとりがなされていました。よろしければ、ご参照ください。えー、シルバーシャークがG●●● S●●●●●●●●(1948)のダミーってホントですか、中島御大(笑)。

京都の新馬戦(芝1800m)を勝ち上がったのは(市)チェリーストーム(2003.3.22、牡、栗毛)。栗東・梅田康雄厩舎の所属。その4代血統構成は『ピルサドスキー×アイシーグルーム×◆Northern Dancer×★Raise a Native』で『Danzig系×Blushing Groom系×Nearctic系×Native Dancer系』の配合です。5代血統表内ではNorthern Dancer(1961.5.27)4×5×3、Native Dancer(1950.3.27)5×5のクロスがあります。チェリーストームの牝系は米国で受け継がれている2号族。曾祖母Shake a Leg(1970)は米英愛9勝でミスウッドフォードS(米GIII)の勝ち馬です。Shake a Legの仔Danzatore(1980)は愛4勝でべレスフォードS(GII)、アシュフォードカースルS(GIII)の勝ち馬、孫Danarani(1991)は豪4勝でフライトS(GI)の勝ち馬です。また、4代母Fleeting Doll(1961)からの別分枝馬には輸入種牡馬クリスタルグリッターズ(1980.5.30)が出ています。チェリーストームは母ケイワンビーナス(1991.4.19)が5連産目の5番仔。ピルサドスキー(1992.4.23)の忘れ形見、坂路50秒0の動きはダテではありませんでした。父の代表産駒になれるように、激しく頑張れ。頼む。

東京の未勝利戦(芝1800m)を勝ち上がったのは(父)サクラマジェスティ(2003.3.27、牡、栗毛)。美浦・田中清隆厩舎の所属。その4代血統構成は『サクラローレル×コマンダーインチーフ×パーソロン×Alcide』で『Blushing Groom系×Lyphard系×My Babu系×Alycidon系』の配合です。5代血統表内ではWhere You Lead(1970)4×4の牝馬クロスがあります。うーむ、私には配合の組み合わせも、Where You Leadの牝馬クロスも、良い感じに見えますね。サクラマジェスティの牝系は16号族スワンズウッドグローヴ(1960)系。言わずもがなの、サクラ軍団伝来の牝系のひとつですね。母サクラアカツキ(1995.4.4)は中央6勝でターコイズS(OP)を勝ち中山牝馬S(GIII)3着、伯父サクラエイコウオー(1991.6.1)は中央5勝で弥生賞(GII)、七夕賞(GIII)の勝ち馬、同じく伯父サクラケイザンオー(1993.4.4)は中央2勝でセントライト記念(GII)2着があります。他にも近い近親にサクラセカイオー(1989.5.3)、サクラセンチュリー(2000.4.3)がいます。活力充分。サクラマジェスティは母が不受胎後の初仔。不思議と、サクラローレル(1991.5.8)の代表産駒になれそうな予感がします。

東京の未勝利戦(芝1400m)を勝ち上がったのはウエスタンビーナス(2003.4.18、牝、黒鹿毛)。美浦・鈴木康弘厩舎の所属。その4代血統構成は『★ボストンハーバー×サンデーサイレンス×Cure the Blues×Cornish Prince』で『Seattle Slew系×Halo系×Hail to Reason系×Bold Ruler系』の配合です。5代血統表内ではHail to Reason(1958)4×5(母方)のクロスがあります。ウエスタンビーナスの牝系は欧米で受け継がれている9号族。母ウエスタンシャープ(1993.6.17)は中央2勝でフェアリーS(GIII)3着があります。曾祖母Sparkalark(1970)からの別分枝馬には愛2000ギニー(GI)馬フラッシュオブスティール(1983.3.10)、中央6勝で七夕賞(GIII)2着のタイキフラッシュ(1991.1.23)等がいます。なお、後述する京都の未勝利戦勝ち馬トーホウドンファンも同牝系馬です。ウエスタンビーナスは母が6連産目の6番仔。

東京の未勝利戦(芝2000m)を勝ち上がったのはゴーファイトウィン(2003.4.6、牝、鹿毛)。美浦・尾形充弘厩舎の所属。その4代血統構成は『エンドスウィープ×Mtoto×Great Nephew×Graustark』で『Mr.Prospector系×Donatello系×Fairway系×Ribot系』の配合です。組み合わせがイカしてますね。5代血統表内ではRibot(1952.2.27)5×5のクロスがあります。ゴーファイトウィンの牝系は欧米で受け継がれている9号族。母ライラアラウィ(1991.1.19)は英諾瑞10勝でスカンディナヴィア古牝馬王者。むりやり漢字にしてスミマセン(笑)。「諾威」で「ノルウェー」、「瑞典」で「スウェーデン」ということです。半姉フィヨルドクルーズ(2001.4.20)は現役で愛知杯(GIII)3着があります。なるほど、フィヨルドクルーズは母の成績から連想された馬名なんですね。曾祖母Oh So Fair(1967)の仔にOh So Sharp(1982)。同牝馬は英7勝で英オークス(GI)、英1000ギニー(GI)、英セントレジャー(GI)の変則3冠馬です。ゴーファイトウィンは母が5連産目の5番仔以降の仔。

京都の未勝利戦(芝1800m)を勝ち上がったのはヴィクトリーラン(2003.4.2、牡、鹿毛)。栗東・田所清広厩舎の所属。その4代血統構成は『ヴィクトリースピーチ×タマモクロス×アンバーシャダイ×イースタンフリート』で『Deputy Minister系×フォルティノ系×ノーザンテースト系×Nasrullah系』の配合です。5代血統表内ではNorthern Dancer4×5のクロスがあります。ヴィクトリーランの牝系は4代母である英国産の牝馬エリモシラユリ(1970)を日本の基礎繁殖とする1号族。ヴィクトリーランは母ウイニングフェロー(1998.4.13)の初仔

京都の未勝利戦(ダート1200m)を勝ち上がったのはトーホウドンファン(2003.4.27、牡、栗毛)。栗東・崎山博樹厩舎の所属。その4代血統構成は『トーホウキング×Lear Fan×★Known Fact×Run the Gantlet』で『Northern Dancer系×Roberto系×Intent系×Ribot系』の配合です。5代血統表内ではHail to Reason5×4、Northern Dancer3×4(父方)のクロス、Thong(1964)とLt.Stevens(1961)の全兄妹クロス5×4があります。トーホウドンファンの牝系は欧米で受け継がれている9号族。上述のウエスタンビーナスの項でも述べましたが、伯父タイキフラッシュは中央6勝で七夕賞2着があります。他の近親馬にはフラッシュオブスティールがいます。トーホウドンファンは母タイキスプラッシュ(1996.3.25)が3連産目の3番仔。

京都の未勝利戦(芝1400m)を勝ち上がったのは(父)(市)プリティタヤス(2003.3.11、牝、栗毛)。栗東・池添兼雄厩舎の所属。その4代血統構成は『マーベラスサンデー×Majestic Light×Tatan×War Admiral』で『Halo系×Raise a Native系×Fairway系×Man o'War系』の配合です。曾祖母父War Admiral(1934.5.2)、ナイス。プリティタヤスの牝系は米国で受け継がれている1号族。叔父ポリッシュネイビー(1984.5.14)は米7勝でウッドワードS(GI)などGI3勝。曾祖母Busanda(1947)は米10勝でサバーバンH(現GI)の勝ち馬。Busandaの仔に名馬Buckpasser(1963.4.28)がいます。プリティタヤスは母ライトシップ(1983.5.5)が不受胎後の6番仔以降の仔。なお、母は2003年10月に用途変更されており、プリティタヤスが最後の仔です。

今日はこんなところで。ではでは。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年11月28日 (月)

土曜日の2歳戦の結果(2005/11/26分)。

土曜日の2歳戦の回顧です。オープン特別1クラ、500万特別1クラ、新馬戦4クラ、未勝利戦6クラ、合計12レース。

京都の京都2歳S(芝2000m)を制したのはマルカシェンク(2003.3.19)。残念ながら、日曜日に右橈骨遠位端骨折が発表されました。起こってしまったことは、仕方がない。十二分に休養をとって、また元気な姿をターフで見せてください。

東京のベゴニア賞(芝1600m)を制したのはブラックバースピン(2003.4.6)。以下に11月6日に未勝利戦を勝ち上がった際のコメントを再掲しておきます。

<再掲分>東京の未勝利戦(芝1600m)を勝ち上がったのは(外)ブラックバースピン(2003.4.6、牡、青毛)。美浦・手塚貴久厩舎の所属。その4代血統構成は『Put It Back×Dixieland Band×Pleasant Colony×Sir Ivor』で『Intent系×Northern Dancer系×Ribot系×Sir Gaylord系』の配合です。In Reality(1964)系の直父系、ナイス。5代血統表内にはクロスはありません。ブラックバースピンの牝系は米国で受け継がれている13号族。ジャージーアクトの対象牝系としても知られる、Frizette(1905)の系統ですね。半兄Southern Image(2000.4.7)は米6勝でサンタアニタH(GI)、ピムリコスペシャル(GI)、マリブS(GI)の勝ち馬です。ブラックバースピンは母Pleasant Dixie(1995)の少なくとも4番仔以降の仔。

東京の新馬戦(ダート1600m)を勝ち上がったのは(市)ロックアウト(2003.2.17、牡、芦毛)。美浦・鈴木康弘厩舎の所属。その4代血統構成は『クロフネ×★Danzig×Forli×Round Table』で『Deputy Minister系×Northern Dancer系×Hyperion系×Princequillo系』の配合です。5代血統表内ではNorthern Dancer(1961.5.27)5×3、Nearctic(1954.2.11)5×4のクロスがあります。ロックアウトの牝系は米国で受け継がれている1号族。曾祖母Foresser(1969)の直仔にCaerleon(1980.3.27)、ヴィジョン(1981.4.5)、Merce Cunningham(1984)、孫にスキャン(1988.3.10)等が出ています。なお、スキャンの母Video(1983)も含めて、名前を挙げたForesserの仔4頭は、いずれもNijinsky(1967.2.21)との仔です。他の近親馬として祖母Far(1979)からの別分枝馬にロードプラチナム(1996.3.11)がいます。同馬は中央5勝で函館記念(GIII)の勝ち馬です。ロックアウトは母クローズ(1994.5.20)が3連産目の5番仔以降の仔と推定。なお、母は2003年8月に豪州へ輸出されているため、ロックアウトが日本での最後の仔です。

東京の新馬戦(芝1400m)を勝ち上がったのはエフセイコー(2003.3.16、牡、鹿毛)。美浦・鈴木康弘厩舎の所属。その4代血統構成は『★サンデーサイレンス×Seeking The Gold×Pass Catcher×Night Invader』で『Halo系×Mr.Prospector系×Turn-to系×Princequillo系』の配合です。5代血統表内ではTurn-to(1951)4×5のクロスがあります。エフセイコーの牝系は米国で受け継がれている5号族。全兄セイコーアカデミー(1991.1.31)は現役で共同通信杯(GIII)3着があります。エフセイコーは母が5連産目の5番仔。

京都の新馬戦(ダート1400m)を同着で勝ち上がったのは(外)フローレンスガール(2003.2.16、牝、鹿毛)。栗東・藤原英昭厩舎の所属。その4代血統構成は『El Corredor×Relaunch×Copelan×Visualizer』で『Mr.Prospector系×Intent系×Tom Fool系×My Babu系』の配合です。5代血統表内ではMr.Prospector(1970.1.28)4×5(父方)のクロスがあります。ダミー系2系、Man o'War(1917.3.29)系1系、Tourbillon(1928)系1系という組み合わせの馬を持って来るとは、サスガに平井豊光オーナー。フローレンスガールの牝系は米国で受け継がれている11号族。4代母Excellently(1972)の仔にPrecisionist(1981)。同馬は北米20勝でBCスプリント(GI)、チャールズH.ストラブS(GI)などGI5勝を含む重賞13勝を挙げた名馬です。

京都の新馬戦(ダート1400m)を同着で勝ち上がったのは(外)ブイトール(2003.1.28、牡、栗毛)。栗東・清水出美厩舎の所属。その4代血統構成は『Langfuhr×Golden Act×★Raise a Native×Royal Charger』で『Danzig系×Nasrullah系×Native Dancer系×Nearco系』の配合です。5代血統表内ではGummo(1962)4×3、Nearco(1935.1.24)5×5×5、Native Dancer(1950.3.27)5×4、Nearctic4×4(父方)のクロス、Your Host(1947)とYour Hostess(1949)の全兄妹クロス5×4があります。前田幸治オーナー、エライ血統を持って来られますね。ブイトールの牝系は米国で受け継がれている4号族。曾祖母Gay Hostess(1957)の仔に米2冠馬Majestic Prince(1966)、デューハーストS(英GI)の勝ち馬クラウンドプリンス(1969.1.31)、曾孫に英ダービー(GI)馬セクレト(1981.2.12)がいます。

京都の新馬戦(芝1200m)を勝ち上がったのは(父)タッチザピーク(2003.2.10、牝、青鹿毛)。栗東・田中章博厩舎の所属。その4代血統構成は『スペシャルウィーク×Mr.Prospector×Deputy Minister×◆Buckpasser』で『Halo系×Raise a Native系×Northern Dancer系×Tom Fool系』の配合です。5代血統表内ではNorthern Dancer5×5×5、Buckpasser(1963.4.28)5×4のクロスがあります。タッチザピークの牝系は北米で受け継がれている2号族。祖母Daijin(1992)はシリーンS(加GI)の勝ち馬。曾祖母Passing Mood(1978)は1989年の加国最優秀繁殖牝馬。前述のDaijinのほかに加国3冠馬With Approval(1986)、ベルモントS(GI)の勝ち馬Touch Gold(1994)がいます。タッチザピークは母タッチフォーゴールド(1997.2.3)が不受胎後の初仔

東京の未勝利戦(ダート1400m)を勝ち上がったのは(父)ニシノインピッシュ(2003.4.5、牝、黒鹿毛)。美浦・菅原泰夫厩舎の所属。その4代血統構成は『サクラチトセオー×Capote×Alydar×Icecapade』で『ゼダーン系×Seattle Slew系×Raise a Native系×Nearctic系』の配合です。5代血統表内ではNearctic5×5のクロスがあります。ニシノインピッシュの牝系は米国で受け継がれている22号族。曾祖母Great Lady M.(1975)の仔Lady's Secret(1982)は米25勝でBCディスタフ(GI)などGI11勝を含む重賞15勝の超名牝、また孫ビリーヴ(1998.4.26)は中央10勝で高松宮記念(GI)、スプリンターズS(GI)などスプリント重賞4勝の快速牝馬でした。ニシノインピッシュは母ニシノグレート(1995.5.19)が4連産目の4番仔。

東京の未勝利戦(芝1600m)を勝ち上がったのはトーセンエックス(2003.5.4、牡、栗毛)。美浦・後藤由之厩舎の所属。その4代血統構成は『フレンチデピュティ×ドクターデヴィアス×Sadler's Wells×Vaguely Noble』で『Deputy Minister系×Ahonoora系×Northern Dancer系×Aureole系』の配合です。5代血統表内ではNorthern Dancer4×5×4のクロスがあります。トーセンエックスの牝系は英国で受け継がれている3号族。曾祖母プリンセスデリーデ(1981.4.15)の孫ナリタセンチュリー(1999.3.20)は現役で京都大賞典(GII)、京都記念(GII)の勝ち馬、同じく孫ニシノナースコール(2002.4.24)は現役で秋華賞(GI)3着です。遡れば輸入種牡馬ラッキーソブリン(1974.1.28)も同牝系です。トーセンエックスは母プリミティブアート(1994.3.5)が3連産目の3番仔。

東京の未勝利戦(芝1400m)を勝ち上がったのは(父)(市)コスモワイズマン(2003.3.24、牡、黒鹿毛)。美浦・阿部新生厩舎の所属。その4代血統構成は『ニューイングランド×トウショウペガサス×ボールドコンバタント×コダマ』で『Halo系×Luthier系×Bold Ruler系×Prince Chevalier系』の配合です。母父トウショウペガサス(1979.5.16)、曾祖母父コダマ(1957.4.15)、ナイス。5代血統表内にはクロスはありません。コスモワイズマンの牝系は5代母である英国産の牝馬ミアンダー(1948)を日本の基礎繁殖とする1号族。4代母カツフジクイン(1956.5.7)の別分枝に目黒記念(GII)の勝ち馬マルタカタイソン(1986.5.18)がいます。コスモワイズマンは母トウカンミネルバ(1991.4.28)が4連産目の7番仔。なお、母は2003年9月に用途変更となっており、コスモワイズマンが最後の仔です。

京都の未勝利戦(ダート1400m)を勝ち上がったのはビッグムサシ(2003.5.5、牡、鹿毛)。栗東・中尾正厩舎の所属。その4代血統構成は『アフリート×マルゼンスキー×トライバルチーフ×ファラモンド』で『Mr.Prospector系×Nijinsky系×Princely Gift系×Sicambre系』の配合です。5代血統表内ではTom Fool(1949.3.31)4×5、Princequillo(1940)5×5、Nasrullah(1940.3.2)5×5のクロスがあります。ビッグムサシの牝系は小岩井の7号族アストニシメント(1902)系。半兄ナリタプロテクター(1993.3.16)は中央7勝、地方2勝で谷川岳S(OP)、ポートアイランドS(OP)、札幌日経OP(OP)の勝ち馬です。また、叔母ファイトガリバー(1993.3.17)は中央3勝で桜花賞(GI)馬、叔父ナリタタイセイ(1989.3.20)は中央4勝でNHK杯(旧GII)を勝ち皐月賞(GI)2着があります。ビッグムサシは母ナリタレッドバード(1988.3.15)が2連産目の10番仔。

京都の未勝利戦(芝1600m)を勝ち上がったのは(市)ミスズエリコン(2003.5.1、牡、鹿毛)。栗東・加藤敬二厩舎の所属。その4代血統構成は『エリシオ×ノーザンテースト×レイズアボーイ×Globemaster』で『Northern Dancer系×Northern Dancer系×Raise a Native系×Hyperion系』の配合です。5代血統表内ではNorthern Dancer3×3、Native Dancer5×5×5のクロス、Lady Angela(1944)5×5×4の牝馬クロスがあります。ミスズエリコンの牝系は4代母である愛国産の牝馬アンカリア(1958)を日本の基礎繁殖とする22号族。母グレートアサシー(1986.5.9)の初仔となる半兄マイティーフォース(1992.5.4)は中央3勝で京成杯(GIII)の勝ち馬。個人的な思い出ですが、マイティーフォースが日本ダービー(GI)の後1年6ヶ月ぶりに出走したポートアイランドSでいきなり2着に逃げ粘った時、「おお、コイツさすがに強いな」と思いました。ミスズエリコンは母が12連産目の12番仔。

京都の未勝利戦(芝1200m)を勝ち上がったのは(父)ソニックベロシティ(2003.3.29、牡、鹿毛)。栗東・増本豊厩舎の所属。その4代血統構成は『フサイチソニック×サクラショウリ×★ノーザリー×バーボンプリンス』で『Danzig系×My Babu系×Northern Dancer系×Princequillo系』の配合です。組み合わせもさることながら、母父サクラショウリ(1975.3.1)が泣かせます。5代血統表内ではNorthern Dancer4×4のクロス、Natalma(1957)5×5×5の牝馬クロスがあります。ソニックベロシティの牝系は5代母である新国産の牝馬ロゼッタ(1954)を日本の基礎繁殖とする13号族。祖母パワーシーダー(1981.6.3)は中央5勝で中京記念(GIII)の勝ち馬、伯父ヴァイスシーダー(1988.5.8)は中央3勝でNZT4歳S(現NZT、GII)の勝ち馬、叔母ルシールシーダー(1990.5.16)は中央5勝で田原成貴元騎手のJRA1000勝目のお相手、さらにルシールシーダーの仔サミーミラクル(2000.5.23)は現役でマーチS(GIII)2着、ガーネットS(GIII)3着があります。ソニックベロシティは母セレサシーダー(1989.4.30)が2連産目の7番仔。

今日はこんなところで。ではでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月27日 (日)

見応えのあるレースでした-日曜日の重賞の結果(2005/11/27分)-。

第25回ジャパンカップ(GI)。

とりあえず帰宅して、レースだけ見ました。2分22秒1ですか~。芝2400mのJRAレコード。昨日のジャパンカップダート(GI)が今年のダートレースのベストバウトならば、今日のジャパンカップは今年の芝レースのベストバウトでしょうか。ラップタイムを見ると、タップダンスシチー(1997.3.16)は行き過ぎな感じは致しますが。えー?1000m58秒3、1800m1分45秒8(!)、2000m1分57秒7(!!)って(笑)。まま、この行きっぷりがJRAレコードを生んだとも言えます(それでいて、10着ながら1秒差に収めたタップダンスシチーも、やっぱりすごい馬です)。

1着アルカセット(2000.2.19)。「父Kingmambo」「サンクルー大賞の勝ち馬」「L.デットーリ騎手」「芝12F9戦4勝2着5回」という組み合わせで、シルシを打てたのは良かったのですが(笑)。鞍上の後押しがあったにせよ、2着馬を凌いだ根性は大したものです。また、距離適正というものはやはり大事だなと改めて思いました。あと、やはりデットーリ騎手の接戦における勝負強さ。これはシングスピール(1992.2.25)ファルブラヴ(1998.2.28)、そしてアルカセット。このジャパンカップ3レースで、充分に示されていますね。

今日はこれだけでお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月26日 (土)

無題。

実は身内に不幸があって、今から実家に帰ります。という訳で、今日土曜日の2歳戦の回顧は、明日以降に行います。恐れ入りますが、ご了解頂きます様、よろしくお願い致します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

素晴らしいレースでした-土曜日の重賞の結果(2005/11/26分)-。

第6回ジャパンカップダート(GI)。

上位3頭の素晴らしい叩き合い。名手3人の、気合の入った、平成17年の中央競馬GIレースのベストバウトと思わせた戦いでした。ライヴで見られなかったのが残念。

1着カネヒキリ(2002.2.26)。そこのけそこのけ、雷神様のお通りだ。よくぞ最後の最後で交わし切りました。古馬混合GIを制したのですから大したもの。しかも現府中ダート2100mのレコードのオマケつきでした。夢が広がる、3歳のダート王。どうか無事に過ごして、同馬主の先輩クロフネ(1998.3.31)の分も合わせて、来年はドバイでもBCでもどこへでも行ってらっしゃい。

2着シーキングザダイヤ(2001.3.1)。レース当初から先団を行き、最後の最後まで頑張りました。良家のお坊ちゃん、お母さんに並ぶまであと「ハナ」だけ足りませんでした。惜しかった。でも、また次の機会があるはず。頑張れ。

3着スターキングマン(1999.4.14)。やっぱりデザーモ騎手はすごいなぁ。内ラチ沿いの間隙を突き、一瞬勝ったかと思わせましたもの。でも、最後は若い2頭に譲ってしまったのかな。でもでも、頑張りました。6歳馬、エライ。

◎○▲△× ◎○▲△× ◎○▲△× ◎○▲△× ◎○▲△× 

「あー、馬券を買っていたら悔しかったやろうな」と、レースを見ず結果だけを見た時は思っていました。でも、3頭の叩き合いを見て、そんな思いが吹っ飛びました。

馬券を離れて、こういう勝負があるからこそ、競馬はやめられないのでしょう。

競馬が好きで、良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月25日 (金)

vol.4 ジャパンカップ(GI)ウィーク。

中島理論コラムのポッドキャスト・音声配信版・第4回をダウンロード(サイズ:3.877MB、再生時間:約6分36秒)。

※音声配信版ではFTK CREATIVE SYSTEM様のループ素材、およびFra's Forum様のループ素材を使用させて頂いております。どうもありがとうございました。

音声配信も行う競馬blog、中島理論コラムの裏ページ。2週間ぶりのポッドキャストでございます。で、『中島理論コラムの裏ページ・ポッドキャスティング版』から、『中島理論コラムのポッドキャスト』に微妙に名前を改めました(笑)。

また、今回からmp3に変換する際のビットレートを128kbpsから80kbpsに落としています。これでファイルサイズを小さくできました。128kbpsレートのファイルに比べると、大体62.5%のサイズになっているはずです。

よろしければ、↑のリンクからmp3ファイルをダウンロードの後に、mp3形式に対応するソフトウェア(例:Windows Media Playerなど)でお聞きください。 また、iTunesのver6.0をお使いのPCにインストールして頂くと、←のサイドバーの中にある「RSS Podcastingのバナー」をドラッグ&ドロップして頂くだけで、ポッドキャスティングの更新をした際に自動的に最新版が配信されて便利です。

なお、「お前の声なんか聞きたくないわい」という方もいらっしゃるかと思います。心配ご無用。今回のポッドキャストは今週のblogの記事について話しているのと、表のページの予想(JCおよびJCD)について話しているだけです(笑)。

ではでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月24日 (木)

たまには事前に血統確認を。

ジャパンカップ(GI)に出走する外国勢の中で気になる馬をピックアップしました。

(1)ウィジャボード(2001.3.6、牝、鹿毛)。2004年カルティエ賞年度代表馬、並びに同賞最優秀3歳牝馬。第19代ダービー卿、唯1頭の持ち馬。馬名の意味は心霊術で用いる占い用の盤ということ。ここまで11戦6勝、2着1回、3着3回。その主な勝ち鞍は英オークス(GI)、愛オークス(GI)、BCフィリー&メアターフ(米GI)、プリンセスロイヤルS(英GIII)。ダービー卿の持ち馬、ダービーディスタンスに強いのは理の当然なのでしょうか、12Fのレースはここまで4戦3勝、3着1回です。

ウィジャボードの4代血統構成は『Cape Cross×Welsh Pageant×★Silly Season×Alycidon』で『Danzig系×Owen Tudor系×Tom Fool系×Blandford系』の配合です。5代血統表内にクロスはありません。ウィジャボードの牝系は欧州で受け継がれている12号族。伯父Teleprompter(1980)はアーリントンミリオン(米GI)など重賞6勝、いとこイブンベイ(1984.3.22)は愛セントレジャー(GI)を含むGI4勝、同じくいとこでイブンベイの妹Roseate Tern(1986.3.12)はヨークシャーオークス(英GI)など重賞3勝。近いところに10ハロン以上の距離で好成績を残す活躍馬が見られる、活気ある牝系です。また、母の受胎条件については、確証を得られた訳ではありませんが、ウィジャボードは母Selection Board(1982)が前年産駒なし後の10番仔のようです。

ウィジャボードの血統構成は、欧州でよく見られる「スタミナを保有した牝系に短距離系の種牡馬を付ける」というパターンになっています。Danzig(1977)系種牡馬の仔が、代を経て思った以上に距離をこなすのは、ちゃんとした裏付けがあってのことですね。中島理論的には4代血統構成が『A C ★y F』と見事に分かれて資質の固定がなされており、また5代アウトクロス馬という申し分ない配合になっています。潜在能力値は『4.00』と推定。私の本命候補。

(2)バゴ(2001.2.3、牡、黒鹿毛)。2004年カルティエ賞最優秀3歳牡馬。ここまで15戦8勝、2着1回、3着5回。その主な勝ち鞍に凱旋門賞(仏GI)、ガネー賞(仏GI)、パリ大賞(仏GI)、ジャンプラ賞(仏GI)、クリテリウムアンテルナシオナル(仏GI)、シェーヌ賞(仏GIII)。

バゴの4代血統構成は『Nashwan×Nureyev×Mr.Prospector×Halo』で『Blushing Groom系×Northern Dancer系×Raise a Native系×Hail to Reason系』の配合です。5代血統表内ではNearco(1935.1.24)5×5、Native Dancer(1950.3.27)5×5(父方)のクロス、Natalma(1957)4×5(母方)の牝馬クロスがあります。バゴの牝系は北米で受け継がれている2号族。祖母Coup de Genie(1991.5.7)はモルニ賞(仏GI)、サラマンドル賞(仏GI)、カブール賞(仏GII)と重賞3勝で仏2歳牝馬王者、叔母Denebola(2001.4.6)はマルセルブサック賞(仏GI)を勝ち仏2歳牝馬王者、曾祖母Coup de Folie(1982)はオマール賞(仏GIII)の勝ち馬、4代母Raise the Standard(1978)はNatalmaの仔、つまりはNorthern Dancer(1961.5.27)の半妹です。この牝系からはMachiavellian(1987)、Exit to Nowhere(1988)、El Moxie(1986)、ウェイオブライト(1996.3.8)、シンコウカリド(1998.5.7)などが輩出されています。言わずもがなの名繁殖系。また、母の受胎条件については、確証を得られた訳ではありませんが、バゴは母Moonlight Box(1996.2.2)の初仔のようです。

最近は欧米の2400mあるいは12Fレースで3着ばかりですが、若年期は1600mから2000mで6連勝を飾っていました。ミドルディスタンスで好成績を残している欧州馬は却って怖い。昨年の凱旋門賞を2分25秒0で制したように、高速馬場ならば活路は見出せそうです。ピルサドスキー(1992.4.23)が「伊達に種牡馬にはなりません!!」と叫ばれたように、箔を付けることができればよいのですが。私はシルシを回す予定です。

ではでは、今日はこんなところで。 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

お知らせ。

このblogのアップ先であるココログさんが、今日11月24日の午前9時から午後3時までメンテナンスを行われるということ。ココログ(blog)の閲覧もメンテナンス中は停止する、ということです。恐れ入りますが、あしからずご了承ください。まま、ボンクラblogですから、大勢に影響は無いと思いますが(笑)。

追記。メンテナンス、終わったようです。合わせて、「ココログフリー」という新しいblogサービスが始まった模様。しかし、有料プランよりも内容が充実しているとはどういうこと?(笑)わたしゃ、いちおう毎月小額でもニフティさんにお支払いしているのですが(笑)。まま、来年の3月をメドに現行のプランもココログフリーのサービスに合わせられるということです。気長に待ちますか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月23日 (水)

「京阪杯(GIII)」と聞くと、エリモダンディー(1994.5.11)とナムラホームズ(1993.4.26)を思う。

京阪杯。淀の芝1800mとして行われるのは、もしかしたら、今年で最後かもしれません。もっとも、私が競馬を見始めた時は芝2000mでしたし、春に行われていました。

さて、年間の淀開催の掉尾を飾る重賞として行われる現在の京阪杯。その初年となった1997年のレースを制したのがエリモダンディー、2着がナムラホームズでした。雨と濃いもやでテレビの映像も判然とせず、ゴール前になって、やっと勝ち馬が馬場中央を勇んで駆け、2着馬が大外を猛然と追い込んで来たのが確認できたことを思い出します。

かたや父ブライアンズタイム(1985.5.28)の0遺伝馬、こなた父フォティテン(1984.2.22)の0遺伝馬。どちらも好きな馬でしたが、共に競走馬として志半ばに逝ってしまったのは、残念なことでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暖かくして過ごしましょう。

今年の春、長年愛用してきたコタツを老朽化のために廃棄しました。それにより、私の部屋には暖房器具がなくなってしまいました。エアコン?ファンヒーター?What are those?なお、夏は扇風機でしのいでいます(笑)。

冬もね、上半身は着込んだら大丈夫なんですよ。でも、やっぱり下半身の足元が寒いんです。という訳で、

ハロゲンヒーターとファブリーズ。

小さなハロゲンヒーターを2480円で購入しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月22日 (火)

「ジャパンカップダート(GI)」と聞くと、ウイングアロー(1995.3.25)の4角の迫力を思う。

やっぱり第1回の印象というのは強いですね。ウイングアローの黒頭巾、岡部幸雄騎手の赤い帽子が4コーナーを回って来た時の迫力、強烈に印象に残っています。「俺が勝つ!!」と言わんがばかりに抜け出し、直線は差を開ける一方。ゴールした時、2着のサンフォードシチー(1995.5.9)には3と2分の1馬身差をつけていました。ダート2100mを2分7秒2のレコードタイムで圧勝。ウイングアローは春秋のダートGI制覇を遂げると共に、フェブラリーS(GI)では工藤嘉見調教師の引退の花道を飾ったのと同じように、ジャパンカップダートでは南井克巳調教師に初GIをプレゼントしました。エルコンドルパサー(1995.3.17)グラスワンダー(1995.2.18)スペシャルウィーク(1995.5.2)セイウンスカイ(1995.4.26)等と同期の、本当に強い馬でした。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

本当に怖いのは、地球の重力に魂を引かれたカーペットたちだ!!

貝印のヒゲソリ(ガンダムMk-IIのオマケ付き)とファブリーズ。今回のタイトルは機動戦士Zガンダムの主人公、カミーユ・ビダンのセリフよりパロディ。素人なのに申し訳ない。

いや、職場でたまたまオフィスにて用いるフロアカーペットを整理する機会がありましてね。1辺50cm四方で厚さが5mmくらいなのですが、1枚が結構重いんですよ。それが自分の身長より高く積まれていて、傾いて来たら、どうします(笑)。傾いたよ~、怖かったよ~。 でも、今回は何とか事なきを得ました。良かった、良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月21日 (月)

日曜日の2歳戦の結果(2005/11/20分)。

順番が前後してしまいましたが、日曜日の2歳戦の回顧です。500万平場2クラ、新馬戦3クラ、未勝利戦6クラ、合計11レース。

東京の500万平場(芝1400m)を制したのはアポロノサトリ(2003.4.10)。以下に10月8日に新馬戦を勝ち上がった際のコメントを再掲しておきます。

<再掲分>東京の新馬戦(芝1400m)を勝ち上がったのは(外)アポロノサトリ(2003.4.10、牡、芦毛)。美浦・堀井雅広厩舎の所属。その4代血統構成は『Cozzene×Dixieland Band×Fappiano×Great Above』で『フォルティノ系×Northern Dancer系×Mr.Prospector系×Himyar系』の配合です。曾祖母父Great Above(1972)がナイスですね。5代血統表内にはクロスはありません。アポロノサトリの牝系は米国で受け継がれている1号族。母Mississippi Queen(1995)は米3勝でミスグリロS(GIII)2着、曾祖母Nany(1980)は米14勝でGIII2勝を挙げている模様。アポロノサトリは母が少なくとも2連産以上の仔。

京都の500万平場(芝1400m)を制したのはロジック(2003.3.17)。以下に10月8日に新馬戦を勝ち上がった際のコメントを再掲しておきます。

<再掲分>京都の新馬戦(芝1400m)を勝ち上がったのは(父)(市)ロジック(2003.3.17、牡、黒鹿毛)。栗東・橋口弘次郎厩舎の所属。その4代血統構成は『アグネスタキオン×サクラユタカオー×シンザン×トサミドリ』で『Halo系×Princely Gift系×Bois Roussel系×Blandford系』の配合です。祖母父シンザン(1961.4.2)、曾祖母父トサミドリ(1946.5.20)とは泣かせます。5代血統表内にはクロスはありません。ロジックの牝系は豪州産の牝馬スイートヘレン(1951.11.14)を日本の基礎繁殖とする2号族。母エイプリルドラマ(1989.4.17)は中央4勝。祖母ファインドラマ(1974.4.15)の分枝からは中央で堅実に勝ち上がる産駒が多く出ているようです。ロジックは母が2連産目の7番仔。

東京の新馬戦(芝1400m)を勝ち上がったのはジョウノナンシー(2003.4.15、牝、栗毛)。栗東・森秀行厩舎の所属。その4代血統構成は『フレンチデピュティ×サンデーサイレンス×ノーザンテースト×エルセンタウロ』で『Deputy Minister系×Halo系×Northern Dancer系×Fairway系』の配合です。5代血統表内ではNorthern Dancer(1961.5.27)4×4のクロスがあります。ジョウノナンシーの牝系は4代母である米国産の牝馬リリーオブザナイル(1966.4.13)を日本の基礎繁殖牝馬とする10号族。母シーズグレイス(1993.5.21)は中央3勝で萩S(OP)、芙蓉S(OP)の勝ち馬。また、半兄シャドウスケイプ(1999.4.21)は現役で根岸S(GIII)、クラスターC(統一GIII)の勝ち馬です。ジョウノナンシーは母が空胎後の3番仔。

京都の新馬戦(ダート1200m)を勝ち上がったのはコマノルカン(2003.2.21、牡、鹿毛)。栗東・鮫島一歩厩舎の所属。その4代血統構成は『★ボストンハーバー×リアルシャダイ×ミルジョージ×キタノカチドキ』で『Seattle Slew系×Roberto系×Mill Reef系×Princely Gift系』の配合です。5代血統表内にはクロスはありません。コマノルカンの牝系は下河辺孫一氏が豪州から輸入されたシュリリー(1925)を日本の基礎繁殖とする7号族。祖母リンデンリリー(1988.3.16)は中央4勝でエリザベス女王杯(GI)、ローズS(GII)の勝ち馬です。「冬枯れの 淀のターフに 散りし夢 永遠に忘れじ 君の面影」。不意に逝ってしまった故・岡潤一郎騎手の唯一のGIパートナー、それがリンデンリリーでした。コマノルカンは母リンデンジョオー(1993.3.23)が2連産目の2番仔(初仔は生後直死の模様)。

京都の新馬戦(芝2000m)を勝ち上がったのはを勝ち上がったのは(父)タマモサポート(2003.3.9、牡、鹿毛)。栗東・藤岡健一厩舎の所属。その4代血統構成は『タマモクロス×ジョリーズヘイロー×Green Desert×★Connaught』で『フォルティノ系×Halo系×Danzig系×Aureole系』の配合です。5代血統表内ではSir Ivor(1965)4×5(母方)のクロスがあります。タマモサポートの牝系は欧州で受け継がれている12号族。タマモサポートは母アンサーミー(1998.2.27)の初仔。なお、母アンサーミーは祖母ヒミコ(1988.3.10)が不受胎後の仔(4番仔と推定)です。リフレッシュされた世代交代が、良い結果に結びついているようです。タマモクロス(1984.5.23)の仔、頑張れ。

東京の未勝利戦(ダート1300m)を勝ち上がったのは(市)セイウンマル(2003.5.28、牡、黒鹿毛)。美浦・武藤善則厩舎の所属。その4代血統構成は『★エブロス×ワッスルタッチ×ヴィミー×ソロナウェー』で『Mr.Prospector系×Northern Dancer系×Wild Risk系×Fairway系』の配合です。5代血統表内ではNative Dancer(1950.3.27)4×5、Nasrullah(1940.3.2)5×5(父方)のクロス、Almahmoud(1947)5×5(母方)の牝馬クロスがあります。セイウンマルの牝系は4代母である英国産の牝馬サニア(1952)を日本の基礎繁殖とする1号族。セイウンマルは母ロングポルカ(1989.4.17)が8連産目の8番仔。なお、母は2003年10月に用途変更されており、セイウンマルが最後の仔です。

東京の未勝利戦(ダート1600m)を勝ち上がったのは(外)エイワナギ(2003.3.30、牡、鹿毛)。美浦・松山康久厩舎の所属。その4代血統構成は『Pulpit×Devil's Bag×Tom Rolfe×Roberto』で『Seattle Slew系×Halo系×Ribot系×Hail to Reason系』の配合です。5代血統表内ではHail to Reason(1958)4×5のクロスがあります。エイワナギの牝系は米国で受け継がれている4号族。伯父Take Me Out(1988)は米8勝でキングズビショップS(当時GIII、現GI)、トロピカルパークH(GIII)の勝ち馬です。

東京の未勝利戦(芝1600m)を勝ち上がったのは(外)シベリアンヒート(2003.4.23、牡、芦毛)。美浦・堀井雅広厩舎の所属。その4代血統構成は『Unbridled's Song×サンシャインフォーエヴァー×Northern Dancer×Barbizon』で『Mr.Prospector系×Roberto系×Nearctic系×Sickle系』の配合です。5代血統表内にはクロスはありません。シベリアンヒートの牝系は米国で受け継がれている12号族。半姉マルターズヒート(2001.2.3)は現役でフェアリーS(GIII)の勝ち馬です。また、伯父Eillo(1980)は米12勝でBCスプリント(GI)の勝ち馬です。シベリアンヒートは母Heat Is On(1996)が3連産目の3番仔です。

京都の未勝利戦(ダート1200m)を勝ち上がったのはサザンビューティー(2003.4.4、牝、芦毛)。栗東・小島貞博厩舎の所属。その4代血統構成は『クロフネ×Mr.Prospector×Topsider×Ack Ack』で『Deputy Minister系×Raise a Native系×Northern Dancer系×Himyar系』の配合です。5代血統表内ではNorthern Dancer5×4、Nearctic(1954.2.11)5×5のクロスがあります。サザンビューティーの牝系は米国で受け継がれている1号族。祖母North Sider(1982)は米15勝でサンタマルガリータ招待H(GI)、アップルブロッサムH(GI)、マスケットS(GI)等を制し、1982年の米古牝馬王者に選ばれた名牝です。また、いとこに現役で函館2歳S(GIII)3着のアドマイヤカリブ(2003.2.13)がいます。サザンビューティーは母マイケルズヒーザー(1992.1.11)が少なくとも6連産目以上の6番仔以降の仔と推定。

京都の未勝利戦(芝1400m)を勝ち上がったのは(父)ナイスソニック(2003.4.13、牡、黒鹿毛)。栗東・田所秀孝厩舎の所属。その4代血統構成は『フサイチソニック×ダンスインザダーク×ノーザンテースト×Fleet Nasrullah』で『Danzig系×Halo系×Northern Dancer系×Nasrullah系』の配合です。5代血統表内ではNorthern Dancer4×5×4のクロス、Natalma(1957)5×5×5のクロスがあります。ナイスソニックの牝系は米国で受け継がれている7号族。4代母Sail Navy(1958)の仔にサンサン(1969.4.9)がいます。同牝馬は仏米5勝で凱旋門賞(仏GI)、ヴェルメイユ賞(仏GI)、プシケ賞(仏GIII)の勝ち馬です。ナイスソニックは母ナイスエンジェル(1998.5.7)が2連産目の2番仔。

京都の未勝利戦(ダート1800m)を勝ち上がったのは(市)マルブツリード(2003.3.1、牡、栗毛)。栗東・大根田裕之厩舎の所属。その4代血統構成は『アフリート×★Sadler's Wells×Vaguely Noble×★Lyphard』で『Mr.Prospector系×Northern Dancer系×Aureole系×Northern Dancer系』の配合です。5代血統表内ではNative Dancer4×5、Northern Dancer3×5(母方)、Nearco(1935.1.24)5×5(母方)のクロスがあります。マルブツリードの牝系は欧米で受け継がれている1号族。曾祖母サング(1978.3.30)は仏米13勝でイエローリボン招待H(米GI)、メイトリアークS(米GI)、ヴァニティH(米GI)等を制した名牝です。サングの孫にトキオパーフェクト(1995.5.20)。同馬は中央7勝の後、岩手へ転出し現在も現役です。中央時代は中日スポーツ賞4歳S(現ファルコンS、GIII)、クリスタルC(GIII)を制しました。他にも60kgを背負って制した銀嶺S(OP)、ペリエ騎手に「フランスに連れて帰りたい」と言わさしめた淀短距離S(OP)勝ち等もあります。マルブツリードは母シェーラザード(1998.4.26)の初仔

トキオパーフェクトに関するコメントに若干気合が入っていると思ったあなた、正解です(笑)。ではでは。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「ジャパンカップ(GI)」と聞くと、トウカイテイオー(1988.4.20)の復活を思う。

自宅で、意識して初めて見たGIレースが、1992年のジャパンカップでした。

鼻が日焼けしたトウカイテイオーのぬいぐるみと詰め替え用ファブリーズ。 

トウカイテイオーについては「顔に綺麗な白い筋の入っている馬がいるなぁ」と思ったのが最初でしょう。レースが始まって、最初の第1コーナーに向かう際、テレビ画面で1頭大写しになったトウカイテイオー。桃色の帽子で、服地は白を基調として袖が桃色の服をまとった騎手を背にした、茶色の毛並みの綺麗な馬が、馬群のいちばん外を軽やかに駆けていました。

最後の直線、先頭を行く黄色い帽子の騎手を乗せた外国の馬(ナチュラリズム)を外から追って来たのがトウカイテイオーと分かった時、競馬について何も知らないまったくの素人だった私が、なぜか「お前は勝たな、あかんねん!!」と叫んでいました。東海帝王。その名前の響きそのままに、日本の馬だったからでしょうか。ナチュラリズムならぬ、ナショナリズムに燃えたのかもしれません(笑)。果たして、トウカイテイオーは見事にクビ差ナチュラリズム(1988.10.19)を退けて、「岡部やった!!トウカイテイオーです!!」と、フジTV堺正幸アナウンサーに叫ばせたのでした。

あんなに綺麗で、強くて、そしてドラマチックな馬には、もう2度と会えないかもしれないと思う、かろむわんでした。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年11月20日 (日)

日曜日の重賞の結果(2005/11/20分)。

第22回マイルチャンピオンシップ(GI)。

1着ハットトリック(2001.4.26)。今回の勝利で淀4戦4勝。コース適正、やっぱり素直に信じておくべきでした。あーあ、なんで相手に選んでいなかったのでしょう。表のページの予想で、当初はシルシの対象としていたアドマイヤマックス(1999.4.10)を外して、ハットトリックとビッグプラネット(2002.5.2)、どちらを選ぼうかと思った段階で、人気薄のビッグプラネットを選んでしまったんですね(笑)。差された瞬間に「ペリエ~(泣)」とガックリしましたが、勝利ジョッキーインタヴューの最後の「マイド、オオキニ」で、すべて洗い流されましたわ(わはは)。不調をささやかれていても、やはり、ペリエ騎手はペリエ騎手。上手いものは上手い。

2着ダイワメジャー(2001.4.8)。最後の直線、「ルメール、頑張れ!!」と、テレビの前で大声が出ました(笑)。前半の半マイル45秒7を2番手追走で最後ハナ差ですから、やっぱり地力はあります。というか、3歳春に皐月賞(GI)を1分58秒6で勝った馬ですからね。そりゃ、格的には上の馬です。また、今日は関西テレビ解説者の大坪元雄さんが下見所で良いことを仰いました。「ノド鳴りの馬は淀の池の周りでよく走る」。さすが40年以上のキャリア。新たな競馬格言、覚えておきます。あぁ、でもルメール騎手、最後なんとかならんかった?わたしゃ、単勝を買っていたのよ(わはは)。

3着ラインクラフト(2002.4.4)。マイルGI3連勝はならず、ここでは3着でした。まま、今日は男馬が相手でしたからね。でも、サスガに3歳マイル女王。意地は見せてくれました。来春のヴィクトリアマイル(GI)ではスイープトウショウ(2001.5.9)との勝負でしょうか。秋3戦よく頑張りましたから、しばし休んでください。お疲れ様でした。

結局、デュランダル(1999.5.25)と初対戦となる地力のある馬たちが上位3頭を占めた、第22回マイルチャンピオンシップの結果でした。

#追記。ハットトリックの4代血統表は、しばしお待ちを。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年11月19日 (土)

コマーシャル。

表題は、関西在住の方には、往年のTV番組『素人名人会』の、コマーシャルに行く前の素人さんの口調で読み上げて頂ければ幸いです(笑)。

アホな枕はさておき、本日4本目の投稿となります。我ながら、メイショウドトウ(1996.3.25)の投稿ぶりですね。

さてさて、左のサイドバーの『My Favorites(Horse Race)』欄にもリンクを追加したのですが、『習慣K馬通信』というサイトで、今秋、ちょこちょこっと重賞回顧の記事を書かせて頂いています。私の担当は、現在のところ、府中牝馬S(GIII)、富士S(GIII)、武蔵野S(GIII)、福島記念(GIII)の4レースです。まま、凡才の私にできることは、残念ながら定型的な回顧記事のみです(苦笑)。

私のボンクラ記事はともかく、住之江琵琶子様をはじめ、他ライター様の記事は秀逸なのものばかり。特に、もしかしたら皆様お目にかかられたことがあるやも知れませんが、森本健様の『サラブレッド・オリジナル・プロジェクト』はすべからく一見すべし。先達の素晴らしい文章に出会うと、嬉しいものですね。

ではでは、今日はこの辺でおいとま致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土曜日の2歳戦の結果(2005/11/19分)。

土曜日の2歳戦の回顧です。重賞1クラ、500万特別1クラ、新馬戦4クラ、未勝利戦6クラ、合計12レース。

第10回東京スポーツ杯2歳S(GIII)。

1着フサイチリシャール(2003.4.6)。スッと前に行って自分でレースを作って芝1800m1分46秒9のレコード勝ちとは、やるな。前半1000mが60秒5、ラスト2ハロン目が最速の11秒0、ラスト1ハロンが11秒4の完封ラップ。それにしても、母フサイチエアデール(1996.3.26)はエライ牝馬ですね。自身が重賞4勝、初仔ライラプス(2002.2.19)は重賞勝ち馬、そして2番仔フサイチリシャールも重賞勝ち馬となりました。

2着メイショウサムソン(2003.3.7)。野路菊S(OP)の勝ち馬、力は示しましたね。道中、2番手で続くメイショウの勝負服がやけに気になりました。石橋守騎手が挑んだ府中芝1800mの2歳重賞というと、ゴッドスピード(1994.4.6)の府中3歳S(現東京スポーツ杯2歳S)を思い浮かべたのは、私だけでしょうか。

3着オンファイア(2003.3.26)。良血は大変やね。よく頑張りました。お疲れ様。

◎○▲△× ◎○▲△× ◎○▲△× ◎○▲△× ◎○▲△× ◎○▲△× ◎○▲△× 

京都のもちの木賞(ダート1400m)を制したのはレソナル(2003.2.4)。来春は、大久保龍志厩舎へ転厩でしょうか。以下に10月29日に未勝利戦を勝ち上がった際のコメントを再掲しておきます。

<再掲分>京都の未勝利戦(ダート1200m)を勝ち上がったのは(市)レソナル(2003.2.4、牡、鹿毛)。栗東・大久保正陽厩舎の所属。その4代血統構成は『グラスワンダー×Seattle Slew×Deputy Minister×★Stage Door Johnny』で『Roberto系×Bold Ruler系×Northern Dancer系×Princequillo系』の配合です。5代血統表内ではHail to Reason(1958)4×5、Northern Dancer4×5のクロスがあります。レソナルの牝系は米国で受け継がれている3号族。レソナルは母ポニーガール(1998.3.16)の初仔

#ちなみに、レソナル(Resonar)とは、スペイン語で「鳴り響く」という意味だそうです。

東京の新馬戦(ダート1400m)を勝ち上がったのは(外)ボストンキコウシ(2003.5.4、牡、鹿毛)。美浦・松山康久厩舎の所属。その4代血統構成は『Songandaprayer×Dr.Blum×Sea-Bird×Royal Charger』で『Mr.Prospector系×Rough'n Tumble系×Native Dancer系×Nearco系』の配合です。5代血統表内にはクロスはありません。ボストンキコウシの牝系は米国で受け継がれている1号族。半兄Phone the King(1995)は米5勝でアケダクトH(GIII)2着がある模様です。また、祖母Royal Cygnet(1967)の仔に米31勝でヴォスバーグS(GI)の勝ち馬Kings Swan(1980)がいます。また、Royal Cygnetからの別分枝馬に現役でダイヤモンドS(GIII)2着のハイフレンドトライ(2000.4.17)がいます。それにしても、ボストンキコウシですか。私はてっきりノーザンテースト(1971.3.15)産駒かと思いましたよ(笑)。という訳で、2代目も先代ボストンキコウシ(1986.4.10)に負けず、オープンクラスまで出世して欲しいものですね。

東京の新馬戦(芝1600m)を勝ち上がったのは(市)エイシンキャプテン(2003.5.7、牡、栗毛)。美浦・久保田貴士厩舎の所属。その4代血統構成は『キャプテンスティーヴ×ロドリゴデトリアーノ×ミスターシービー×リマンド』で『Damascus系×Northern Dancer系×Princely Gift系×Alycidon系』の配合です。5代血統表内ではNorthern Dancer(1961.5.27)4×4のクロスがあります。エイシンキャプテンの牝系は小岩井の7号族アストニシメント(1902)系。曾祖母テンモン(1978.2.23)は中央5勝でオークス(現GI)、朝日杯3歳S(現朝日杯FS、GI)、京成杯(現GIII)と重賞3勝の名牝です。また、叔父マイネルシアター(1996.5.9)は中央3勝で青葉賞(当時GIII、現GII)2着、弥生賞(GII)3着があります。エイシンキャプテンは母ナスノヴィーナス(1995.5.17)が3連産目の3番仔。なお、エイシンキャプテンも2代目のようです。

京都の新馬戦(芝1400m)を勝ち上がったのは(父)エアデュシェス(2003.3.21、牝、鹿毛)。栗東・長浜博之厩舎の所属。その4代血統構成は『アグネスタキオン×Fairy King×ゴライタス×★イングリッシュプリンス』で『Halo系×Northern Dancer系×Nijiinsky系×Fairway系』の配合です。5代血統表内ではHail to Reason(1958)4×5、Northern Dancer3×5(母方)のクロス、Almahmoud(1947)5×5の牝馬クロスがあります。エアデュシェスの牝系は欧州で受け継がれている1号族。曾祖母Sun Princess(1980)は英仏3勝で英オークス(GI)、英セントレジャー(GI)、ヨークシャーオークス(英GI)の勝ち馬です。フサイチコンコルド(1993.2.11)ボーンキング(1998.5.13)リンカーン(2000.3.18)なども同系ですね。エアデュシェスは母エアレンヌ(1996.2.5)が2連産目の2番仔。

京都の新馬戦(芝1600m)を勝ち上がったのは(父)(市)トップオブツヨシ(2003.3.27、牡、鹿毛)。栗東・鶴留明雄厩舎の所属。その4代血統構成は『タヤスツヨシ×トニービン×エルギャロー×Barbizon』で『Halo系×ゼダーン系×The Boss系×Sickle系』の配合です。5代血統表内にはクロスはありません。トップオブツヨシの牝系は曾祖母である米国産の牝馬ミートミレイター(1962.5.22)を日本の基礎繁殖とする9号族。半兄カラメルアート(2000.2.20)は現役で京王杯2歳S(GII)3着があります。また、祖母ヨシオカザン(1974.3.28)は中央7勝で短距離S(旧OP)の勝ち馬。ヨシオカザンは、1977年の短距離Sでマルゼンスキー(1974.5.19)のテンを叩いた馬としても知られています。トップオブツヨシは母ラテルネ(1990.5.28)が6連産目の7番仔。

東京の未勝利戦(ダート1400m)を勝ち上がったのは(父)(市)エーピーレジェンド(2003.3.26、牡、栗毛)。美浦・加藤修甫厩舎の所属。その4代血統構成は『★ステイゴールド×Mt.Livermore×Foolish Pleasure×Graustark』で『Halo系×Blushing Groom系×Bold Ruler系×Ribot系』の配合です。5代血統表内にはクロスはありません。エーピーレジェンドの牝系は米国で受け継がれている4号族。曾祖母Kelley's Day(1977)の仔にブライアンズタイム(1985.5.28)がいます。エーピーレジェンドは母センブランス(1991.5.4)が8連産目の8番仔と推定(生後直死含む)。

東京の未勝利戦(芝2000m)を勝ち上がったのは(市)マイネルグロリアス(2003.4.12、牡、鹿毛)。美浦・柄崎孝厩舎の所属。その4代血統構成は『アラジ×キンググローリアス×★シンボリルドルフ×セダン』で『Blushing Groom系×Mr.Prospector系×My Babu系×Prince Bio系』の配合です。5代血統表内ではRaise a Native(1961)5×5、Wild Risk(1940)4×5(父方)、Nearco(1935.1.24)5×5(父方)のクロスがあります。マイネルグロリアスの牝系は小岩井の3号族フロリースカップ(1904)系りんだセニョリータ(1966.4.12)分枝。ミサキネバアー(1979.4.22)、サンエイソロン(1978.5.5)、サマニベッピン(1990.4.15)、ダンツキッチョウ(2002.2.25)、ミスズシャルダン(1995.3.11)などと同牝系ですね。マイネルグロリアスは母レイホーグロリアス(1996.4.3)が3連産目の3番仔。

東京の未勝利戦(芝1400m)を勝ち上がったのは(父)ダンスフォーウィン(2003.4.27、牡、青鹿毛)。美浦・古賀史生厩舎の所属。その4代血統構成は『ダンスインザダーク×ハウスバスター×★In Reality×Le Fabuleux』で『Halo系×Blushing Groom系×Intent系×Wild Risk系』の配合です。5代血統表内ではIn Reality(1964)3×5(母方)のクロスがあります。祖母Orseno(1989)はIn Reality1×3という強烈なインブリードを持っていることになりますね。しかし、中島理論的にはOrsenoはIn Reality24歳時の0交配で生産されています。さて、ダンスフォーウィンの牝系は米国で受け継がれている1号族。曾祖母Gana Facil(1981)から、ケンタッキーダービー(米GI)、BCクラシック(米GI)、フロリダダービー(米GI)などを制したUnbridled(1987)、ウッドメモリアル招待S(米GI)の勝ち馬Cahill Road(1988.3.8)が出ています。ダンスフォーウィンは母エムジーピッコロ(1994.4.22)が4連産目の4番仔。

京都の未勝利戦(ダート1400m)を勝ち上がったのは(外)エイシンダンベリー(2003.4.17、牡、栗毛)。栗東・北橋修二厩舎の所属。その4代血統構成は『Five Star Day×Secretariat×Nervous Energy×Father John』で『Mr.Prospector系×Bold Ruler系×Teddy系×Man o'War系』の配合です。Secretariat(1970.3.30)以外、「誰?」という血統構成ですね。5代血統表内にはクロスはありません。エイシンダンベリーの牝系は米国で受け継がれている8号族。母Fine Spirit(1982)は米4勝でBCジュヴェナイルフィリーズ(GI)3着があります。

京都の未勝利戦(芝1600m)を勝ち上がったのはタガノバスティーユ(2003.4.10、牡、鹿毛)。栗東・池添兼雄厩舎の所属。その4代血統構成は『ブライアンズタイム×サクラユタカオー×サウンドトラック×シンオンワード』で『Roberto系×Princely Gift系×The Boss系×Blandford系』の配合です。母方がシブいなぁ。5代血統表内ではNasrullah(1940.3.2)5×5のクロスがあります。タガノバスティーユの牝系は7代母である豪州産の牝馬ラグレシア(1931)を日本の基礎繁殖とする10号族。母ウィーンコンサート(1989.4.3)は中央2勝でフラワーC(GIII)2着があります。タガノバスティーユは母が3連産目の7番仔。

京都の未勝利戦(芝2000m)を勝ち上がったのはセレーノカント(2003.2.27、牡、鹿毛)。栗東・岡田稲男厩舎の所属。その4代血統構成は『ハイライズ×アジュディケーティング×イースタンフリート×タマナー』で『Mill Reef系×Danzig系×Nasrullah系×Teddy系』の配合です。5代血統表内にはクロスはありません。セレーノカントの牝系は小岩井の7号族アストニシメント系エベレスト(1945.3.23)分枝。伯父ホクセイシプレー(1988.4.3)は中央4勝で阪急杯(GIII)の勝ち馬、同じく伯父パッシングルート(1987.4.19)は中央6勝、地方1勝で平安S(当時OP)、栗東S(OP)の勝ち馬です。セレーノカントは母アヤノフェロー(1992.3.29)が流産及び不受胎後の4番仔。

東京の新馬戦2クラはともに「馬名の2代目」が、京都の新馬戦2クラはともに「所属厩舎の調教師がかつて管理していた牡馬クラシック馬の仔」が勝ち上がった、土曜日の2歳戦の結果でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふと。

第22回マイルCS(GI)が行われる明日が、11月20日であることに気付きました。

この辺境blogに足を運んでくださっているお客様であればご存知かと思いますが、昨年の11月20日に第12回マイルCSの勝ち馬であるトロットサンダー(1989.5.10)が亡くなっています。特に大きなニュースにならず、私も後になってWebを散見して知りました。

トロットサンダーを愛した横山典弘騎手が、1周忌に、一発かましてくれないかと、密かに思っています。横山騎手はトロットサンダーの1周忌までは意識していらっしゃらないでしょうけれど、今回の騎乗馬であるローエングリン(1999.6.8)もラストチャンスではないでしょうか。右回りの芝マイル戦では3着を外していないローエングリン。白鳥の騎士が、白鳥の舞う淀でひと花咲かせるのも、また良し。

また、トロットサンダーは府中のマイル戦を制してマイルCSに挑んだローテーションでしたが、同様のローテーションであるウインラディウス(1998.3.7)。彼は、トロットサンダーと同じく小岩井の1号族フラストレート(1900)系で、トロットサンダーと同様に母が不受胎後の仔でもあります。表のページの予想ではシルシを回しませんでしたが、田中勝春騎手がそろそろ一発かましてくれるのも、また良し。

以上、今日11月19日はトロットサンダーがマイルCSを制してちょうど10年目の日であるとも気付いた、かろむわんでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒット数を見て驚愕。

ヒット数を見て驚愕。また、累計アクセス数の頭4桁が、アップ日である11月19日の数字の並びになっているのにも、後で気付きました(笑)。 

いや、確かに第66回菊花賞(GI)の結果で『6にまつわるお話』はしましたけれど(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月18日 (金)

オー、ハッピーデイ。

「ウーピー・ゴールドバーグ最高」と思いながら、『天使にラブ・ソングを2』を見ている、ローリン・ヒルと同じ誕生日のかろむわんでございます。俺ゃ、黒人スターはシドニー・ポワチエが好きだ、デンゼル・ワシントンも好きだ。という訳で、

飲み干したボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォーとファブリーズ。

ボジョレー・ヌーヴォーは飲み干しました(笑)。支離滅裂。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月17日 (木)

11月の第3木曜日といえば。

ボジョレー・ヌーヴォーの解禁日ですね。という訳で、

ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォーとファブリーズ。

買ってみました。

でも、今日は飲みませんよ。明日、今週の仕事が終わってから飲みます。赤ワインは悪酔いするんだ(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月16日 (水)

なかなか分かってる若者やな。

と、11月14日分の『Hey3!』に出演されていた宇多田ヒカルさん(22歳)を見て思ったかろむわんでございます。

若干さだまさしさん(53歳)好きな私としては、「あー、宇多田もさだの良さが分かったんか」と思ったのでした(笑)。

趣味に走る話題になってしまいました、あいすみませんm(__)m(えー、顔文字?)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月15日 (火)

「東京スポーツ杯2歳S(GIII)」と聞くと、アドマイヤマックス(1999.4.10)を思う。

思いっきり現役馬ですが。っていうか、今度の日曜日のマイルCS(GI)に出走予定ですが(笑)。

アドマイヤマックス、東京スポーツ杯2歳Sを制した当時は、クラシックタイプの本格派と思われていました。骨折休養明けのセントライト記念(GII)でも2着だったのですから、あながち間違いではないでしょう。

しかし、末はスプリントGIの勝ち馬でした。古馬になるにつれて、ガッチリとした体型となりましたね。

果たして、マイルCSの結果やいかに。楽しみにしたいと思います。

以上、「実は菊花賞(GI)ではアドマイヤマックスを本命にしていた」かろむわんでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年11月14日 (月)

「マイルCS(GI)」と聞くと、ダイタクヘリオス(1987.4.10)の連覇を思う。

スポーツ新聞の競馬記事で、初めて意識して読んだ話題が、ダイタクヘリオスのマイルCS連覇でした。ニホンピロウイナー(1980.4.27)でも、ニッポーテイオー(1983.4.21)でも、オグリキャップ(1985.3.27)でも破ることができなかった京都芝外回り1600mのレコードタイム-ダイタクヘリオス以前はアイノクレスピン(1974.4.15)が1977年に出した1分33秒5-。コースレコードを15年ぶりに更新する1分33秒3の快時計で連覇を果たしたのは、ビゼンニシキ(1981.4.26)の仔でした。

100ピースのジグソーパズルによるダイタクヘリオスと岸滋彦騎手。このマイルCSが岸騎手にとって最後のGI勝ちになろうとは。 

地味な血統でも、2歳から5歳まで能力の減退無く、常に一線級であり続けたダイタクヘリオス。「気まぐれ」と言われましたが、ことマイル戦に限っては[4-4-0-2]。連対率8割。連を外したのは3歳秋に春からぶっつけで挑んだマイルCS、5歳春に1番人気で挑んだ安田記念(GI)の2レースだけ。また、1600mから1800mでも、[6-5-0-3]の成績です。マイルCS連覇、マイラーズC(GII)連覇、毎日王冠(GII)2年連続連対で2年目は日本レコードとなる1分45秒6での逃げ切り勝ち。2歳冬の阪神3歳S(現阪神JF、GI)2着以降は、ずっとオープンクラス。オープン特別には3回出走しただけで、後は全て重賞に出走。そんな中で残したこの成績。改めて振り返ると、凄みを見せます。ダイタクヘリオス、1990年代初頭を代表する、稀代の名マイラーでした。

歯をむき出しにして、笑いながら駆けていたダイタクヘリオス。その姿は、真の能力、真の適正に気付いてくれない人間に対する、彼なりの反逆だったのかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月13日 (日)

日曜日の重賞の結果(2005/11/13分)。

第30回エリザベス女王杯(GI)。

実は私、ジャパンネット銀行の口座を持っておりまして、今までJRAの在宅投票の手続きを踏んでいなかったのですが、本日手続きを踏みました。いわゆる即PATというものです。で、その初投票が本日のエリザベス女王杯でした。シルシは表のページで付けたとおり。

アドマイヤグルーヴ  
○  ヤマニンアラバスタ  
▲  スイープトウショウ 
エアメサイア 
× オースミハルカ 
ヤマニンシュクル
ベストアルバム


シルシをつけた馬7頭、その内5頭がちゃんと掲示板に乗っているのに、なんで馬券を外すかな(大笑)。買った馬券はアドマイヤグルーヴの単勝、後はアドマイヤグルーヴの2枠から、1枠(オースミハルカ)、4枠(スイープトウショウ)、6枠(ヤマニンアラバスタエアメサイア)、7枠(ヤマニンシュクル)、8枠(ベストアルバム)への枠連流し。ははは、本当に馬券ベタ。まま、シルシを付けた馬がちゃんと上位に来てくれただけでも良しとします。

◎○▲△× ◎○▲△× ◎○▲△× ◎○▲△× ◎○▲△× ◎○▲△× ◎○▲△×  

1着スイープトウショウ(2001.5.9)。今日は鮮やかにスイープしましたね。その破壊力、サスガに現役No.1牝馬。言うことなし。強い。

2着オースミハルカ(2000.4.2)。私、金曜日に京阪電車に乗ったのですが、吊り広告のJRAのポスターで、タレントの平山あやさんが京都競馬場に来場されるという記事を見たんですよね。サイン馬券を読む方々は「平山あやのTV主演となった代表作は『はるか17』、だからオースミハルカ」ということで、狙われていたのではないでしょうか(笑)。私がオースミハルカにシルシをまわしたのは、重賞4勝の力量を見直したこと、フサイチコンコルド(1993.2.11)産駒はやはり非根幹距離のレースに強いこと、調教内容が良かったこと、合わせてダンスパートナー(1992.5.25)やフサイチエアデール(1996.3.26)、そしてアドマイヤグルーヴ(2000.4.30)など現行のエリザベス女王杯では同じ馬が2年連続で連対する傾向にあることですね。また、1枠1番に入ったことにより、NTRが後押しをしてくれるのではないかとも思ったんですよね。川島伸二騎手の思い切った逃げっぷりも良かったですし、力を出し切りました。それにしても、惜しかったなぁ。

#追記。ちなみに、来週のマイルCS(GI)のゲストは、森下千里さんということです。森下さんは、岡部幸雄元騎手の親戚である岡部玲子さんと同じ事務所でもあります(笑)。

3着アドマイヤグルーヴ。3番枠から発進して第30回で3着という結果でした。直線、差し脚を伸ばそうとした時、「ウエムラッ!!ウエムラッ!!」と、久しぶりに大声が出ましたよ(笑)。ディフェンディングチャンピオンとしての威厳をかけての走り。3連覇はならず、3着でしたが、その矜持は見せてくれました。末脚に胸が熱くなりました。上村洋行騎手も、GI勝利はもうすぐ目の前と感じました。

最後に、表のページの記事より。

>ちなみに、私はアドマイヤグルーヴの母エアグルーヴがエリザベス女王杯に出走してきた5歳時、バイト代の給料1か月分をメジロドーベルとの馬連につぎ込み、はかなく散った思い出があります(笑)。なお、エアグルーヴとランフォザドリームの馬連も持っていたのですが、ドーベルとドリームのタテ目を買っていませんでした(大笑)。

あーあ、結局母の時と同じように、はかなく散ってしまいました(笑)。でも、アドマイヤグルーヴが頑張ってくれたので良い良い。馬券は外れましたが、何だかさわやかな気持ちで回顧が行えた、第30回エリザベス女王杯の結果でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日曜日の2歳戦の結果(2005/11/13分)。

日曜日の2歳戦の回顧です。500万特別2クラ、新馬戦5クラ、未勝利戦7クラ、合計14レース。

東京の赤松賞(芝1600m)を制したのはアイスドール(2003.2.15)。以下に10月1日に未勝利戦を勝ち上がった際のコメントを再掲しておきます。

<再掲分>阪神の未勝利戦(芝1400m)を勝ち上がったのはアイスドール(2003.2.15、牝、栗毛)。栗東・池江泰寿厩舎の所属。その4代血統構成は『キャプテンスティーヴ×サンデーサイレンス×Nureyev×★Sharpen Up』で『Damascus系×Halo系×Northern Dancer系×エタン系』です。5代血統表内ではNorthern Dancer4×4のクロスがあります。アイスドールの牝系は米国で受け継がれている9号族。伯母トゥザヴィクトリー(1996.2.22)は中央6勝でエリザベス女王杯(GI)、阪神牝馬特別(現阪神牝馬S、GII)、府中牝馬S(GIII)、クイーンS(GIII)の勝ち馬。併せて、ドバイWC(UAEGI)2着の健闘が光ります。なお、トゥザヴィクトリーが2着時のドバイWCの勝ち馬が、アイスドールの父であるキャプテンスティーヴ(1997.3.1)です。叔母ビーポジティブ(1999.3.10)は中央2勝+地方1勝でクイーン賞(統一GIII)の勝ち馬。さらに叔父サイレントディール(2000.3.19)は中央の現役馬でシンザン記念(GIII)、武蔵野S(GIII)の勝ち馬です。アイスドールは母ビスクドール(1998.3.19)の初仔

京都の黄菊賞(芝1800m)を制したのはグロリアスウィーク(2003.5.16)。以下に7月31日に新馬戦を勝ち上がった際のコメントを再掲しておきます。

<再掲分>小倉の新馬戦(芝1800m)を勝ち上がったのは(父)グロリアスウィーク(2003.5.16、♂、鹿毛)。栗東・音無秀孝厩舎の所属。その4代血統構成は『スペシャルウィーク×フレンチグローリー×Lord Avie×Lyphard』で『Hail to Reason系×Northern Dancer系×Sir Gaylord系×Northern Dancer系』の配合です。5代血統表内ではNorthern Dancer(1961.5.27)5×4×5のクロスがあります。グロリアスウィークの牝系は欧州で受け継がれている14号族。半兄にJRA2勝で現役のエアフォルツァ(2002.5.15)がおり、曾祖母セイリングビューティ(1976.3.30)の直仔にJRA7勝を挙げたビューティーメイク(1989.3.21)がいます。グロリアスウィークは母グロリオーサ(1992.4.17)が7連産目の7番仔。

東京の新馬戦(芝1600m)を勝ち上がったのはマッチレスバロー(2003.2.15、牡、栗毛)。美浦・萩原清厩舎の所属。その4代血統構成は『フレンチデピュティ×ジェイドロバリー×リアルシャダイ×ノーザンテースト』で『Deputy Minister系×Mr.Prospector系×Roberto系×Northern Dancer系』の配合です。5代血統表内ではNorthern Dancer(1961.5.27)4×5×5のクロスがあります。マッチレスバローの牝系は5代母である英国産の牝馬パロクサイド(1959)を日本の基礎繁殖とする8号族。叔父トウカイポイント(1996.5.18)は中央6勝、地方1勝でマイルCS(GI)、中山記念(GII)の勝ち馬、同じく叔父パープルエビス(1997.5.8)は現役でスプリングS(GII)2着、アーリントンC(GIII)2着があります。マッチレスバローは母マッチザピース(1995.3.11)が2連産目の2番仔。

東京の新馬戦(ダート1300m)を勝ち上がったのは(市)ロードクライマー(2003.3.4、牡、鹿毛)。美浦・菊川正達厩舎の所属。その4代血統構成は『スキャン×ハギノカムイオー×ヴィミー×トサミドリ』で『Mr.Prospector系×Princely Gift系×Wild Risk系×Blandford系』の配合です。組み合わせがシブすぎますね。ロードホースクラブの持ち馬とは思えません(笑)。さて、5代血統表内ではNasrullah(1940.3.2)5×5のクロスがあります。ロードクライマーの牝系は4代母である新国産の牝馬ミスブゼン(1952.9.5)を日本の基礎繁殖とする18号族。伯父ヤシマソブリン(1991.4.10)は中央6勝でラジオたんぱ賞(GIII)を勝ち、菊花賞(GI)2着、日本ダービー(GI)3着があります。ロードクライマーは母ニアネスオブユー(1992.3.31)が8連産目の8番仔。

京都の新馬戦(ダート1400m)を勝ち上がったのは(外)セイウンワキタツ(2003.4.17、牡、鹿毛)。栗東・田所秀孝厩舎の所属。その4代血統構成は『Forest Camp×★Clever Trick×Tobin Bronze×Y Flash』で『Deputy Minister系×Icecapade系×Prince Chevalier系×Teddy系』の配合です。5代血統表内ではNearctic(1954.2.11)5×4のクロスがあります。セイウンワキタツの牝系は米国で受け継がれている1号族。セイウンワキタツは母Loveswept(1985)の少なくとも11番仔以降の仔。

京都の新馬戦(芝1400m)を勝ち上がったのはプレザントウインド(2003.5.31、牡、鹿毛)。栗東・古川平厩舎の所属。その4代血統構成は『クロフネ×Pleasant Colony×Kings Lake×Hail to Reason』で『Deputy Minister系×Ribot系×Nijinsky系×Turn-to系』の配合です。5代血統表内ではNorthern Dancer5×5のクロスがあります。プレザントウインドの牝系は欧米で受け継がれている3号族。祖母Lake Champlain(1983)は愛米6勝で愛1000ギニー(GI)2着があります。また、曾祖母Sensibility(1971)からの別分枝にTheatrical(1982.3.13)、タイキブリザード(1991.3.12)、パラダイスクリーク(1989.2.4)などがいます。プレザントウインドは母レディウィンダーメア(1992.2.29)が少なくとも7連産目の7番仔と推定。

福島の新馬戦(芝1200m)を勝ち上がったのはフサイチプルミエ(父)(市)フサイチプルミエ(2003.4.16、牝、鹿毛)。美浦・池上昌弘厩舎の所属。その4代血統構成は『フサイチソニック×Private Account×Cool Moon×★Donut King』で『Danzig系×Damascus系×Nearctic系×Hyperion系』の配合です。5代血統表内ではDamascus(1964.4.14)5×3、Buckpasser(1963.4.28)5×4、Nearctic5×4のクロス、Natalma(1957)5×5(父方)の牝馬クロスがあります。フサイチプルミエの牝系は米国で受け継がれている23号族。伯父リンドシェーバー(1988.3.3)は中央4勝で朝日杯3歳S(現朝日杯FS、GI)の勝ち馬。フサイチプルミエは母パーソナルファイル(1991.5.18)が少なくとも8連産目の8番仔以降の仔と推定(死産含む)。なお、母は2003年8月に豪州に輸出されており、フサイチプルミエが母の日本における最後の仔です。

東京の未勝利戦(ダート1600m)を勝ち上がったのはピサノバンキッシュ(2003.4.11、牡、鹿毛)。美浦・藤沢和雄厩舎の所属。その4代血統構成は『ブライアンズタイム×Seattle Slew×Danzig×Speak John』で『Roberto系×Bold Ruler系×Northern Dancer系×Prince John系』の配合です。5代血統表内ではHail to Reason(1958)3×5のクロスがあります。ピサノバンキッシュの牝系は米国で受け継がれている1号族。曾祖母Belle de Jour(1973)の仔にSpend a Buck(1982)がいます。同馬は米10勝でケンタッキー・ダービー(GI)、モンマスH(GI)、アーリントン・ワシントン・フューチュリティ(当時GI)の勝ち馬です。ピサノバンキッシュは母ジャウンティング(1994.3.30)が少なくとも5連産目の5番仔以降の仔と推定(生後直死含む)。

東京の未勝利戦(芝1400m)を勝ち上がったのは(市)スーパーキャノン(2003.3.15、牡、鹿毛)。美浦・高松邦男厩舎の所属。その4代血統構成は『★ブラックホーク×サッカーボーイ×サクラシンゲキ×アイアンリージ』で『Nureyev系×Fiine Top系×Grey Sovereign系×Teddy系』の配合です。5代血統表内ではNorthern Dancer3×5のクロスがあります。スーパーキャノンの牝系は4代母である亜国産の牝馬ジョーガー(1954.11.14)を日本の基礎繁殖とする4号族。スーパーキャノンは母ナスノホイッスル(1997.3.24)の初仔。なお、母は2003年9月に用途変更されており、スーパーキャノンが最初で最後の仔となりました。

東京の未勝利戦(芝1800m)を勝ち上がったのはマチカネゲンジ(2003.4.2、牡、黒鹿毛)。美浦・藤沢和雄厩舎の所属。その4代血統構成は『★サンデーサイレンス×Woodman×Nijinsky×◆Buckpasser』で『Halo系×Mr.Prospector系×Northern Dancer系×Tom Fool系』の配合です。5代血統表内ではBuckpasser4×4(母方)のクロスがあります。マチカネゲンジの牝系は米国で受け継がれている1号族。曾祖母Sex Appeal(1970)の仔El Gran Senor(1981)は英愛7勝で愛ダービー(GI)、英2000ギニー(GI)、デューハーストS(英GI)の勝ち馬、トライマイベスト(1975.4.28)は英4勝でデューハーストSの勝ち馬、Solar(1976)は英3勝でレイルウェイS(GIII)の勝ち馬です。昨日の新馬戦を勝ち上がったフサイチパンドラ(2003.2.27)と近親になりますね。マチカネゲンジは母マチカネササメユキ(1993.1.20)が5連産目の5番仔。なお、1歳年上の半兄マチカネダイキチ(2002.3.11)はマチカネフクキタル(1994.5.22)の仔です。細川益男オーナーの愛が見えます。

京都の未勝利戦(ダート1200m)を勝ち上がったのは(外)アロットオブラブ(2003.5.4、牝、鹿毛)。栗東・角居勝彦厩舎の所属。その4代血統構成は『Grand Slam×★Miswaki×Star de Naskra×Dorileo』で『Mr.Prospector系×Mr.Prospector系×Nasrullah系×Hyperion系』の配合です。5代血統表内ではMr.Prospector(1970.1.28)3×3、Buckpasser5×4、Bold Ruler(1954.4.6)5×5(父方)のクロスがあります。アロットオブラブの牝系は亜国で受け継がれている3号族。祖母パンパードスター(1987.2.3)は米5勝でモンマスオークス(GII)、フェアグラウンズオークス(GIII)の勝ち馬です。また、叔父シルヴァコクピット(1997.1.30)は中央4勝できさらぎ賞(GIII)、毎日杯(GIII)の勝ち馬、同じく叔父スターシャンデリア(1996.2.21)は中央3勝でユニコーンS(GIII)3着。スターシャンデリアは2000年2月11日の山元トレセンの火事により亡くなってしまった22頭の内の1頭です。その火事の2日後、2000年2月13日にきさらぎ賞が行われたのですが、不思議な流れがあるのか、半弟シルヴァコクピットが見事に重賞初制覇を遂げました。余談となりますが、山元トレセンの火事ではエガオヲミセテ(1995.5.27)も亡くなりました。きさらぎ賞の同日に行われたダイヤモンドS(GIII)では、エガオヲミセテと同厩舎のユーセイトップラン(1993.4.25)が、4角ひとまくりの豪快なレース運びで勝利を収めました。「神様というのは、一度にいろんなことをするものですね」というのが、管理されていた音無秀孝調教師のコメントでした。

京都の未勝利戦(芝1400m)を勝ち上がったのは(父)ナムラカブラヤ(2003.5.15、牡、鹿毛)。栗東・野村彰彦厩舎の所属。その4代血統構成は『サクラバクシンオー×Riverman×Dance Spell×Boldnesian』で『Princely Gift系×Never Bend系×Northern Dancer系×Bold Ruler系』の配合です。5代血統表内ではNorthern Dancer4×4、Nasrullah5×4のクロス、Gallant Man(1954)とMehrabi(1951)の全姉弟クロス5×5があります。ナムラカブラヤの牝系は米国で受け継がれている5号族。3代母Bold Bikini(1969)の仔Law Society(1982)は愛英5勝で愛ダービー(GI)、愛ナショナルS(当時GII)、アングルシーS(愛GIII)、チェスターヴェイス(英GIII)の勝ち馬です。ナムラカブラヤは母オーミディア(1990.3.18)が2連産目の少なくとも7番仔以降の仔と推定。

京都の未勝利戦(芝1600m)を勝ち上がったのはシェルズレイ(2003.5.23、牝、芦毛)。栗東・松田国英厩舎の所属。その4代血統構成は『クロフネ×ウイニングチケット×トウショウボーイ×タリヤートス』で『Deputy Minister系×ゼダーン系×Princely Gift系×Bois Roussel系』の配合です。5代血統表内ではテスコボーイ(1963)5×4(母方)のクロスがあります。シェルズレイの牝系は小岩井の3号族フロリースカップ(1904)系第三スターリングモア(1944.3.31)分枝。母オイスターチケット(1998.3.27)は中央2勝ですずらん賞(OP)を勝ちファンタジーS(GIII)3着があります。シェルズレイは母が2連産目の2番仔。なお、父も母も同い年で松田国英厩舎所属の金子真人オーナーの持ち馬でした。そんな両頭の愛の結晶も、しっかりマツクニ厩舎で金子オーナーの持ち馬です。

福島の未勝利戦(芝1200m)を勝ち上がったのは(外)スリーセブンスピン(2003.4.15、牡、鹿毛)。美浦・堀井雅広厩舎の所属。その4代血統構成は『Carson City×★Storm Cat×Caro×Royal Union』で『Mr.Prospector系×Storm Bird系×フォルティノ系×Princequillo系』の配合です。5代血統表内ではNorthern Dancer5×4、Nasrullah5×5(父方)のクロスがあります。スリーセブンスピンの牝系は米国で受け継がれている10号族。母Cat Appeal(1992)は米10勝でサラブレッドクラブオブアメリカS(GIII)の勝ち馬です。スリーセブンスピンは母が少なくとも6連産目の6番仔以降の仔と推定。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年11月12日 (土)

土曜日の2歳戦の結果(2005/11/12分)。

土曜日の2歳戦の回顧です。重賞1クラ、500万平場戦2クラ、新馬戦4クラ、未勝利戦8クラ、合計15レース。

第41回京王杯2歳S(GII)。

1着デンシャミチ(2003.4.9)。絶好のスタートをいったん中団に控え、直線は少し早めに抜け出して、差し合戦を制しました。良い末脚でしたね。今年の2歳戦は、牝馬のコスモミール(2003.4.4)と合わせて、ホースメンテスコ(1976.2.29)の子孫が頑張っていますね。それにしても、電車ですか。誰ですか「電車路、来たー!!」と叫んでいるのは(笑)。

2着イースター(2003.2.10)。惜しいレースでしたが、それでも2着で賞金加算ができました。エルコンドルパサー(1995.3.17)のラストクロップ、楽しみな仔です。ただ、母系がちょっとツメが甘いのが、気になります。

3着コイウタ(2003.2.24)。牡牝混合重賞でよく頑張りました。一番外から追い込んできたのですから、かなり良い脚を使っています。次走も注目です。

「あー、また結果を見たら第41回で4-1だよ。しかも、4番人気と1番人気って(笑)」と思った、第41回京王杯2歳Sの結果でした。

■□◆◇ ■□◆◇ ■□◆◇ ■□◆◇ ■□◆◇ ■□◆◇ ■□◆◇ ■□◆◇ ■□◆◇  

東京の500万平場戦(ダート1300m)を制したのはタガノエクリプス(2003.4.8)。以下に9月10日に未勝利戦を勝ち上がった際のコメントを再掲しておきます。

<再掲分>阪神の未勝利戦(ダート1400m)を勝ち上がったのは(父)(市)タガノエクリプス(2003.4.8、牡、青毛)。栗東・川村禎彦厩舎の所属。その4代血統構成は『フジキセキ×ヘクタープロテクター×★ノーザンテースト×ヒッティングアウェー』で『Halo系×Mr.Prospector系×Northern Dancer系×Tourbillon系』の配合です。5代血統表内ではクロスはありません。タガノエクリプスの牝系はファンシミン(1967.4.21)を日本の基礎繁殖とする9号族。祖母ダイナマイン(1980.4.30)はJRA7勝を挙げ新潟記念、牝馬東京タイムズ杯(現府中牝馬S、GIII)の勝ちました。同牝系馬にアドマイヤマックス(1999.4.9)ラインクラフト(2002.4.4)、ダイナシュート(1982.5.13)、ブロードマインド(1988.4.17)など。タガノエクリプスは母サマープロテクター(1994.5.24)が4連産目の4番仔。

京都の500万平場戦(芝1200m)を制したのはフィールドカイザー(2003.5.19)。以下に10月2日に未勝利戦を勝ち上がった際のコメントを再掲しておきます。

<再掲分>阪神の未勝利戦(芝1600m)を勝ち上がったのはフィールドカイザー(2003.5.19、牡、栗毛)。栗東・山内研二厩舎の所属。その4代血統構成は『クロコルージュ×ロドリゴデトリアーノ×Seattle Slew×Mr.Prospector』で『Blushing Groom系×Northern Dancer系×Bold Ruler系×Raise a Native系』の配合です。5代血統表内ではRaise a Native(1961)5×5、Nasrullah(1940.3.2)5×5(父方)のクロスがあります。フィールドカイザーの牝系は米国で受け継がれている3号族。叔父に中央3勝ですみれS(OP)を制したサスガ(1999.2.21)、エリカ賞を制した時にはクラシック候補と思われた中央2勝のヒダカサイレンス(1997.2.14)がいます。また、4代母Davona Dale(1976)は米11勝を挙げ米国3歳牝馬王者になった名牝です。その主な勝ち鞍にケンタッキーオークス(GI)、ファンタジーS(GI)、そしてエイコーンS(GI)、マザーグースS(GI)、CCAオークス(GI)の「ニューヨーク牝馬3冠」があります。Davona Daleの功績はたたえられ、米国では毎年2月に3歳牝馬限定のGII戦としてダヴォナデールSが行われています。フィールドカイザーは母シンモーション(1996.2.4)が3連産目の3番仔。

東京の新馬戦(ダート1600m)を勝ち上がったのはモンサラーシュ(2003.3.2、牡、栗毛)。美浦・清水利章厩舎の所属。その4代血統構成は『チーフベアハート×★カコイーシーズ×Vaguely Noble×In Reality』で『Danzig系×Alydar系×Aureole系×Intent系』の配合です。うーむ、なかなかの構成ですね。5代血統表内ではNasrullah(1940.3.2)5×5、Bold Ruler(1954.4.6)5×4(父方)のクロスがあります。モンサラーシュの牝系は米国で受け継がれている8号族。モンサラーシュは母アンテリージェ(1995.3.16)が3連産目の3番仔。 なお、馬名のモンサラーシュ(Monsaraz)の由来は、「ポルトガルで最も美しい村の一つ」ということです。

東京の新馬戦(芝1800m)を勝ち上がったのは(父)ルビーレジェンド(2003.3.5、牝、栗毛)。美浦・萩原清厩舎の所属。その4代血統構成は『アグネスタキオン×Rubiano×★Dixieland Band×In Reality』で『Halo系×Mr.Prospector系×Northern Dancer系×Intent系』の配合です。5代血統表内ではNorthern Dancer(1961.5.27)5×4(母方)、In Reality(1964)5×4(母方)のクロスがあります。ルビーレジェンドの牝系は米国で受け継がれている9号族。ルビーレジェンドは母ルビア(1995.1.24)が3連産目の3番仔と推定。

京都の新馬戦(ダート1200m)を勝ち上がったのはヤマニンエマイユ(2003.5.18、牝、鹿毛)。栗東・浅見秀一厩舎の所属。その4代血統構成は『ホワイトマズル×トニービン×★Danzig×Creme dela Creme』で『Lyphard系×ゼダーン系×Northern Dancer系×Hyperion系』の配合です。5代血統表内ではNorthern Dancer4×4のクロスがあります。ヤマニンエマイユの牝系は米国で受け継がれている10号族。母ヤマニンザナドゥ(1994.5.25)は中央3勝で4歳牝馬特別(現フィリーズレビュー、GII)3着、祖母ワンオブアクライン(1986.4.15)は米2勝でオークリーフS(GI)の勝ち馬、曾祖母Barely Even(1969)は米17勝でアシュランドS(現GI)、アスタリタS(現GII)、パッカーアップS(現GIII)等の勝ち馬です。ヤマニンエマイユは母が流産後の3番仔。

京都の新馬戦(芝1800m)を勝ち上がったのは(市)フサイチパンドラ(2003.2.27、牝、栗毛)。栗東・白井寿昭厩舎の所属。その4代血統構成は『★サンデーサイレンス×Nureyev×Buckpasser×Traffic Judge』で『Halo系×Northen Dancer系×Tom Fool系×Hyperion系』の配合です。5代血統表内ではAlmahmoud(1947)4×5の牝馬クロスがあります。フサイチパンドラの牝系は米国で受け継がれている8号族。伯父El Gran Senor(1981)は英愛7勝で愛ダービー(GI)、英2000ギニー(GI)、デューハーストS(英GI)の勝ち馬、同じく伯父トライマイベスト(1975.4.28)は英4勝でデューハーストSの勝ち馬、伯母Solar(1976)は英3勝でレイルウェイS(GIII)の勝ち馬です。言わずもがなの良牝系ですね。フサイチパンドラは母ロッタレース(1992.3.3)が3連産目の6番仔と推定。輸入後ずっとサンデーサイレンス(1986.3.25)を配合されてきたロッタレース、0交配となるSSラストクロップで、ついに大物を輩出したようです。角田晃一騎手も、乗り替わりにならないように頑張って。

東京の未勝利戦(ダート1300m)を勝ち上がったのはメジロファルカル(2003.5.27、牡、鹿毛)。美浦・栗田博憲厩舎の所属。その4代血統構成は『グラスワンダー×Fairy King×Caerleon×タップオンウッド』で『Roberto系×Northern Dancer系×Nijinsky系×Fairway系』の配合です。5代血統表内ではNorthern Dancer4×3×5、Hail to Reason(1958)4×5、Nearco(1935.1.24)5×5のクロスがあります。メジロファルカルの牝系は欧州で受け継がれている13号族。メジロファルカルは母タフラ(1996.5.26)が3連産目の3番仔と推定。

東京の未勝利戦(芝1600m)を勝ち上がったのは(父)マダムメガミ(2003.5.3、牝、鹿毛)。美浦・和田正道厩舎の所属。その4代血統構成は『マヤノトップガン×★テュデナムキング×ヴェンチア×Sicambre』で『Roberto系×Owen Tudor系×Relic系×Prince Bio系』の配合です。うーむ、全体の構成もシブいのですが、母父テュデナムキング(1980.6.4)の0交配が輪をかけてシブいですね。5代血統表内にはクロスはありません。また、『Northern Dancer&Native Danceer Free』の血統構成でもあります。マダムメガミの牝系は3代母である白国(ベルギー)産の牝馬フェアリーテイル(1961.5.21)を日本の基礎繁殖とする4号族。祖母ホクセーミドリ(1976.3.24)は中央4勝でラジオたんぱ賞(現GIII)の勝ち馬でオークス(現GI)3着もあります。また、従姉アインブライド(1995.4.14)は中央3勝で阪神3歳牝馬S(現阪神JF、GI)の勝ち馬です。マダメメガミは母ホクセイファースト(1989.5.29)が5連産目の9番仔。

東京の未勝利戦(ダート1400m)を勝ち上がったのはエルカミニート(2003.5.25、牡、栗毛)。美浦・田中清隆厩舎の所属。その4代血統構成は『フォーティナイナー×★セクレト×Key to the Mint×★On-and-On』で『Mr.Prospector系×Northern Dancer系×Ribot系×Nasrullah系』の配合です。5代血統表内ではNasrullah5×5×5、Native Dancer(1950.3.27)4×5、Ribot(1952.2.27)4×5のクロスがあります。エルカミニートの牝系は米国で受け継がれている9号族。曾祖母Sweet Tooth(1965)の仔にAlydar(1975.3.23)がいます。同馬は米14勝でトラヴァーズS(GI)、フロリダダービー(GI)、フラミンゴS(GI)、ブルーグラスS(GI)、サプリングS(GI)、シャンペンS(GI)など重賞10勝です。エルカミニートは母イクテリーナ(1990.5.15)が空胎後の5番仔と推定。

京都の未勝利戦(ダート1400m)を勝ち上がったのは(父)ゼンノグッドウッド(2003.3.23、牡、鹿毛)。栗東・武邦彦厩舎の所属。その4代血統構成は『エアジハード×ホワイトマズル×◆ノーザンテースト×Secretariat』で『Princely Gift系×Lyphard系×Northern Dancer系×Bold Ruler系』の配合です。5代血統表内ではノーザンテースト(1971.3.15)4×3、Northern Dancer5×5×4、Bold Ruler(1954.4.6)5×5のクロスがあります。ゼンノグッドウッドの牝系は曾祖母メッシーナ(1975.3.25)を日本の基礎繁殖とする5号族。叔父テレグノシス(1999.5.11)は現役でNHKマイルカップ(GI)、毎日王冠(GII)、京王杯SC(GII)の勝ち馬。ゼンノグッドウッドは母ブレスマイスターズ(1996.5.17)の初仔

京都の未勝利戦(ダート1200m)を勝ち上がったのは(父)(市)キーンゲイル(2003.4.13、牡、黒鹿毛)。栗東・太宰義人厩舎の所属。その4代血統構成は『スペシャルウィーク×グルームダンサー×ノーザンテースト×Crimson Satan』で『Halo系×Blushing Groom系×Northern Dancer系×Black Toney系』の配合です。5代血統表内ではNorthern Dancer5×5×4のクロスがあります。 キーンゲイルの牝系は曾祖母である米国産の牝馬スカーレットインク(1971.5.5)を日本の基礎繁殖とする4号族。祖母スカーレットリボン(1985.6.4)は中央3勝で4歳牝馬特別(現フィリーズレビュー)の勝ち馬です。近親にはダイワメジャー(2001.4.8)ダイワルージュ(1998.5.4)、スカーレットブーケ(1988.4.11)などがいます。キーンゲイルは母グレイトグレイス(1997.3.8)が2連産目の2番仔。

京都の未勝利戦(芝1800m)を勝ち上がったのはサクラメガワンダー(2003.3.25、牡、栗毛)。栗東・友道康夫厩舎の所属。その4代血統構成は『グラスワンダー×サンデーサイレンス×ノーザンテースト×Quadrangle』で『Roberto系×Halo系×Northern Dancer系×Blenheim系』の配合です。5代血統表内ではHail to Reason4×4、Northern Dancer4×4のクロスがあります。サクラメガワンダーの牝系は曾祖母である米国産の牝馬クレアーブリッジ(1967.4.16)を日本の基礎繁殖とする13号族。伯父サクラチトセオー(1990.5.11)は中央9勝で天皇賞・秋(GI)、中山記念(GII)、AJCC(GII)、京王杯AH(現京成杯AH、GIII)の勝ち馬、伯母サクラキャンドル(1992.4.9)は中央5勝でエリザベス女王杯(GI)、クイーンS(GIII)、府中牝馬S(GIII)の勝ち馬です。サクラメガワンダーは母サクラメガ(1998.4.6)の初仔

福島の未勝利戦(芝1200m)を勝ち上がったのは(市)ダイワパッション(2003.5.14、牝、鹿毛)。美浦・増沢末夫厩舎の所属。その4代血統構成は『フォーティナイナー×シェイディハイツ×Northern Dancer×ピットカーン』で『Mr.Prospector系×Mill Reef系×Nearctic系×Fairway系』の配合です。5代血統表内ではNative Dancer4×5、Nasrullah5×5のクロスがあります。ダイワパッションの牝系は欧米で受け継がれている1号族。ダイワパッションは母サンルージュ(1992.5.3)が8連産目の8番仔(死産含む)。

福島の未勝利戦(ダート1700m)を勝ち上がったのはスズカイーグル(2003.4.10、牡、栗毛)。美浦・伊藤圭三厩舎の所属。その4代血統構成は『アサティス×Exuberant×Proudest Roman×Admiral Vee』で『Northern Dancer系×Bold Ruler系×Never Bend系×Man o'War系』の配合です。5代血統構成内ではNasrullah5×5×5のクロスがあります。スズカイーグルの牝系は米国で受け継がれている8号族。母ケイジーイグザーベランス(1984.3.1)は米18勝でアスタリタS(GII)、ファーストフライトS(GIII)、インターボローS(GIII)の勝ち馬です。牝系をたどると6代母まではいずれも競走で5勝以上を挙げているようです。スズカイーグルは母が2連産目の8番仔以降の仔と推定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月11日 (金)

vol.3 その花言葉は「君を愛す」。

ポッドキャスティング版・中島理論コラムの裏ページ・第3回をダウンロード(サイズ:7.225MB、再生時間:約7分42秒)。

※ポッドキャスティング版ではpropan_mode[プロパンモード]様のループ素材を利用しております。すばらしいループ素材、ありがとうございました。

音声配信も行う競馬blog、中島理論コラムの裏ページ。1ヶ月以上ぶりの音声配信でございます。よろしければ、↑のリンクからmp3ファイルをダウンロードの後に、mp3形式に対応するソフトウェア(例:Windows Media Playerなど)でお聞きください。 また、iTunesのver6.0をお使いのPCにインストールして頂くと、←のサイドバーの中にある「RSS Podcastingのバナー」をドラッグ&ドロップして頂くだけで、ポッドキャスティングの更新をした際に自動的に最新版が配信されて便利です。

なお、「お前の声なんか聞きたくないわい」という方もいらっしゃると思います。文章によるlogは、↓の「追記」をご覧ください。

続きを読む "vol.3 その花言葉は「君を愛す」。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月10日 (木)

「福島記念(GIII)」と聞くと、シルクグレイッシュ(1991.4.5)を思う。

イルカに襲われている夢を見た、かろむわんでございます(タイトルとはまったく関係なし)。

シルクグレイッシュが制した1994年の福島記念。軽量50kg、後藤浩輝騎手の重賞初制覇。小野次郎騎手の落馬負傷による乗り替わりでの重賞勝ちでした。合わせて、英愛リーディング2位の実績で期待された種牡馬イルドブルボン(1975.5.23)の、日本における産駒最初の重賞勝ちとなりました。また、大和田稔厩舎は前年のペガサス(1990.4.15)に続く、福島記念連覇でした。

記録をたどると、大和田稔調教師はスイートカーソン(1979.3.22)、ミスターブランディ(1982.4.9)、ペガサス、そしてシルクグレイッシュと4頭で福島記念を5勝(ミスターブランディは2勝)。「福島記念マイスター」の称号を差し上げたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 9日 (水)

「京王杯2歳S(GII)」と聞くと、「京王杯?京成杯じゃなかったっけ?」と未だに思う。

どんだけ対応できてへんねん(苦笑)。

近年印象に残っているのは、一昨年のコスモサンビーム(2001.3.28)の勝利ですね。メイショウボーラー(2001.4.16)と合わせて、「今年の小倉2歳S勢は、ひと味違うなぁ」と、思ったものです。果たせるかな、両馬共に後にGI馬となりました。朝日杯FS(GI)はワンツーフィニッシュでしたしね。

今日は軽くこんなところで。ではでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 8日 (火)

「エリザベス女王杯(GI)」と聞くと、ホクトベガ(1990.3.26)とヒシアマゾン(1991.3.26)の揃い踏みを思う。

古馬開放初年度、1996年の第21回エリザベス女王杯。中野隆良厩舎の名牝2頭、生涯初めての揃い踏みでした。かたやダートの女王、こなた前年の最優秀古馬牝馬、そのまた前年の最優秀3歳牝馬、そのまた前年の最優秀2歳牝馬(笑)。

ホクトベガ、ダートの女王は芝GI馬でもあります。5着入線でしたが、上がり3ハロン33秒7の鬼脚は、出走馬中最速の上がりでした。記録によると、この上がりタイムは、全レースにおけるホクトベガ自身の最速上がりタイムでした。

ヒシアマゾン、初めての揃い踏みが嬉しかったのでしょうか。ゲートにもぐりこんで、外枠発走。それでも、キッチリと「2着入線」を果たしました。レース前からアピールを続けて、女王はしっかりと女王であり続けました。

厩舎にいる時は、鼻面を並べ、いっしょに水浴びをしていた両頭。放牧に出された時は、くつわを並べ、いっしょに並足で歩みを進めた両頭。すごい2頭が、時を同じくして、よくぞ同じ厩舎にいたものです。

皆様お気付きですよね、ホクトベガとヒシアマゾン、両頭は同じ3月26日生まれでもあります。仲良しだったという名牝2頭は、生まれ日から結び付きがありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 7日 (月)

無題。

目の前で最後に見たGIレースがいつだったろうかと、思わず振り返ってしまいました。思い返すと、長い間、GIレースの行われている競馬場に足を運んでいなかったんですね。私が最後にライヴで見たGIレース。それは6年前、1999年の菊花賞(GI)でした。勝ち馬は、ナリタトップロード(1996.4.4)

その、ナリタトップロードが逝ってしまいました。死因は急性心不全。享年9歳。男盛りの、早すぎる死。

1999年11月7日、菊花賞当日。ゴール板前に陣取った私。握り締めていた馬券は、ナリタトップロードの単勝でした。最後の直線、「ワタナベー、ワタナベー!!」と何度も叫びました。テイエムオペラオー(1996.3.13)を「クビ」差しのいだその姿を見て、私は改めて「ワタナベー、ワタナベー!!」と叫びました。周りにいた人たちは、馬券を取られた方ばかりではないはずなのに、同じように喜んでくれました。ゴール板前は笑顔があふれていました。あの菊花賞ほど、勝ち馬と騎手が祝福に包まれたGIレースは、他に無いと思います。

いま、気付くと、ナリタトップロード。その菊花賞からちょうど丸6年経った、2005年11月7日に天に召されました。

神様は、時に、意地悪な気まぐれを起こすものなのですね。渡辺薫彦騎手は、この11月7日という日が巡る度に、ナリタトップロードの思い出を、すべて自身で受け止めなければならない。嬉しかったことも、悲しかったことも……。

 

「泣くまい」と思って見た、2001年の阪神大賞典(GII)のVTR。最後の直線、他馬を引き離して大写しになったナリタトップロードを見て、思わず感極まってしまいました。栗毛の流星、ステイヤーらしい胴長の体型、大きなストライドで駆けるその姿。芝3000mの世界レコードとなる3分2秒5、8馬身差の圧勝劇。ゴール後、軽やかなステップで駆ける栗毛馬と渡辺騎手。とても愛されていたそのコンビが、キラキラと輝いていた瞬間でした。

 

上手く言えないことばかりですけれど、今はただ、合掌。大好きだった馬、ナリタトップロード。さようなら、ナリタトップロード。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2005年11月 6日 (日)

日曜日の重賞の結果(2005/11/06分)。

第43回アルゼンチン共和国杯(GII)。

1着サクラセンチュリー(2000.4.3)。57.5kgのハンデもいとやせず。と言っても、今回は59kgを背負ったGI馬、58kgを背負ったGII勝ち馬2頭も走っていましたからね。それでも末の切れ味と差し合いを制した根性は、久々にサクラセンチュリーらしさを見られたという思いがします。

2着マーブルチーフ(2000.3.31)。難しい馬ですね(笑)。いつ飛んでくるのか分からない。京都の外回り専用馬かと思いきや、日本ダービー(GI)以来となった久々の東京にて、14番人気で一発かましました。新聞が読めるのか気まぐれなのか。ひとつ言えるのは、関西馬も多数出走していたこのレースでしたが、割合に新顔が多く、リフレッシュした気持ちで臨めたのかもしれませんね。

3着コイントス(1998.3.20)。「ぷらすにじゅっきろって、なに?」と思われた方、きっと多数(笑)。でも、レースぶりはいつものコイントスでした。

結局、「一番最近の連対が京都の芝2400m重賞」という3頭で決まった、2005年のアルゼンチン共和国杯でした。難しい抽出条件やな(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日曜日の2歳戦の結果(2005/11/06分)。

日曜日の2歳戦の回顧です。重賞1クラ、オープン特別1クラ、新馬戦4クラ、未勝利戦8クラ、合計14レース。ははは、ちょっと大変かも(笑)。

第10回ファンタジーS(GIII)。

1着アルーリングボイス(2003.1.23)。大外を豪快に駆けましたねぇ。ユタカマジックだけでは、なかなか4連勝はできません。出世レースを制して、いざ行かん阪神JF(GI)。母アルーリングアクト(1997.2.20)の初仔、あと1ハロンの距離延長が、勝負の分かれ目です。

2着ラッシュライフ(2003.5.17)。伊坂幸太郎さんの小説のタイトルを馬名にしたのかなと、たまに思うことがあります。蛯名正義騎手の攻めの騎乗で勝ちに行きましたが、最後の最後で交わされました。でも、これが3戦目ということを考えれば、この馬はかなりの能力を秘めているのでしょう。次走以降も楽しみです。

3着ニシノタカラヅカ(2003.2.10)。おお、来たなニシノフラワー(1989.4.19)の妹。母デュプリシト(1985.5.7)が空胎後に生まれたサンデーサイレンス(1986.3.25)の0交配馬。血統的には注目の1頭ですね。

*** *** *** *** *** *** *** *** *** 

福島の福島2歳S(芝1200m)を制したのはプラチナローズ(2003.5.13)。クロフネ(1998.3.31)の娘、頑張りました。お母さんもスギノキューティー(1995.5.24)ですから、血統馬ですね。後ほど血統表もアップしますが、まずは6月19日に新馬戦を勝ち上がった際のコメントを再掲しておきます。

<再掲分>阪神の勝ち馬、プラチナローズ(2003.5.13、♀)。浅見秀一厩舎所属。その4代血統構成は『クロフネ×Majestic Light×Raja Baba×ヴァイスリーガル』。母はフラワーC(GIII)を勝ちNHKマイルC(GI)3着のスギノキューティー(1995.5.24)。父は今年2歳が初年度産駒のクロフネ(1998.3.31)。昨日のメイショウドトウ(1996.3.25)に続き、クロフネも初年度首位種牡馬の争いで良いスタートダッシュを見せました。

#この再掲分を見ると、初期に比べると、コメントもどんどん詳細になっているのが分かりますね(笑)。

東京の新馬戦(ダート1400m)を勝ち上がったのは(市)モンテチェリー(2003.4.24、牝、鹿毛)。美浦・小島茂之厩舎の所属。その4代血統構成は『ホワイトマズル×スティールハート×テスコボーイ×★インディアナ』で『Lyphard系×Habitat系×Princely Gift系×Sayajirao系』の配合です。5代血統表内ではSir Gaylord(1959)5×4のクロス、Dante(1942)とSayajirao(1944)5×5(母方)の全兄弟クロスがあります。モンテチェリーの牝系は4代母である英国産の牝馬テーシルダ(1963)を日本の基礎繁殖とする16号族。そのテーシルダの仔にタイテエム(1969.4.17)。同馬は中央8勝で天皇賞・春(現GI)、京都新聞杯(現GII)、神戸新聞杯(現GII)、スプリングS(現GII)、マイラーズC(現GII)の勝ち馬です。モンテチェリーは母ルベールターフ(1987.4.7)が5連産目の11番仔。

東京の新馬戦(芝1400m)を勝ち上がったのは(父)リネンアピール(2003.3.17、せん、鹿毛)。美浦・南田美知雄厩舎の所属。その4代血統構成は『★サニーブライアン×ミルジョージ×Nijinsky×Hoist the Flag』で『Roberto系×Mill Reef系×Northern Dancer系×Ribot系』の配合です。5代血統表内ではNorthern Dancer(1961.5.27)4×4、Ribot(1952.2.27)5×5のクロスがあります。リネンアピールの牝系は米国で受け継がれている1号族。4代母Continue(1958)の仔に米11勝でワイドナーH(GI)、クラークH(GIII)の勝ち馬で輸入種牡馬のヤマニン(1972.5.14)がいます。リネンアピールは母リネンサプライ(1996.4.20)の初仔

京都の新馬戦(芝2000m)を勝ち上がったのはマジックアワー(2003.3.14、牡、青鹿毛)。栗東・山本正司厩舎の所属。その4代血統構成は『★サンデーサイレンス×Seeking the Gold×Nureyev×Graustark』で『Halo系×Mr.Prospector系×Northern Dancer系×Ribot系』の配合です。5代血統表内ではBuckpasser(1963.4.28)4×5(母方)のクロスがあります。マジックアワーの牝系は米国で受け継がれている1号族、La Troiene(1926)系Numbered Account(1969)分枝。曾祖母Secret Asset(1977)の仔アサティス(1985.3.28)は英仏伊日6勝でジョッキークラブ大賞(伊GI)、ハードウィックS(英GII)2回を勝ち輸入種牡馬。他の近親にはPrivate Account(1976)やリズム(1987.3.31)がいる活力ある牝系です。マジックアワーは母フランカ(1997.3.5)が少なくとも2連目以上の2番仔以降の仔。

京都の新馬戦(ダート1200m)を勝ち上がったのは(父)ナムラオシリス(2003.5.3、牡、鹿毛)。栗東・矢作芳人厩舎の所属。その4代血統構成は『フサイチコンコルド×ブレイヴェストローマン×Topsider×Graustark』で『Nijinsky系×Never Bend系×Northern Dancer系×Ribot系』の配合です。5代血統表内ではNorthern Dancer4×4×4、Round Table(1954.4.6)4×5、Hail to Reason(1958)5×5のクロスがあります。ナムラオシリスの牝系は米国で受け継がれている4号族。5代母がGolden Trail(1958)ですから、ブライアンズタイム(1985.5.28)やサンシャインフォーエバー(1985.3.14)等と同牝系ですね。ナムラオシリスは母フジミソレント(1995.3.26)が3連産目の3番仔。

東京の未勝利戦(ダート1600m)を勝ち上がったのはスズカイエロー(2003.3.22、牡、鹿毛)。美浦・伊藤圭三厩舎の所属。その4代血統構成は『スキャッターザゴールド×パークリージェント×★トウショウボーイ×Never Say Die』で『Mr.Prospector系×Vice Regent系×Princely Gift系×Nasrullah系』の配合です。5代血統表内ではNorthern Dancer4×4、Nasrullah(1940.3.2)5×5のクロス、Victoriana(1952)5×5(母方)の牝馬クロスがあります。スズカイエローの牝系は4代母である英国産の牝馬ルーシーロケット(1958)を日本の基礎繁殖とする16号族。母イエローブルーム(1989.3.13)は中央2勝で4歳牝馬特別(現フィリーズレビュー、GII)2着、半姉ホワイトカーニバル(2000.3.6)は中央2勝でフェアリーS(GIII)の勝ち馬です。スズカイエローは母が5連産目の8番仔。

東京の未勝利戦(芝1600m)を勝ち上がったのは(外)ブラックバースピン(2003.4.6、牡、青毛)。美浦・手塚貴久厩舎の所属。その4代血統構成は『Put It Back×Dixieland Band×Pleasant Colony×Sir Ivor』で『Intent系×Northern Dancer系×Ribot系×Sir Gaylord系』の配合です。In Reality(1964)系の直父系、ナイス。5代血統表内にはクロスはありません。ブラックバースピンの牝系は米国で受け継がれている13号族。ジャージーアクトの対象牝系としても知られる、Frizette(1905)の系統ですね。半兄Southern Image(2000.4.7)は米6勝でサンタアニタH(GI)、ピムリコスペシャル(GI)、マリブS(GI)の勝ち馬です。ブラックバースピンは母Pleasant Dixie(1995)の少なくとも4番仔以降の仔。

東京の未勝利戦(芝2000m)を勝ち上がったのは(父)ネヴァブション(2003.2.19、牡、黒鹿毛)。美浦・伊藤正徳厩舎の所属。その4代血統構成は『マーベラスサンデー×★Mill Reef×Vaguely Noble×ガンボウ』で『Halo系×Never Bend系×Aureole系×Hyperion系』の配合です。5代血統表内ではNearco(1935.1.24)5×5のクロスがあります。ネヴァブションの牝系は欧米で受け継がれている14号族。半兄オラクルハワイアン(1992.5.18)は平地5勝、障害4勝で中央9勝。ハワイアンイメージ(1977.5.22)等の馬主としても知られる(株)大関の最後の活躍馬でした。曾祖母Pistol Packer(1968)は仏オークス(GI)、ヴェルメイユ賞(仏GI)、サンタラリ賞(仏GI)の勝ち馬です。ネヴァブションは母パールネックレース(1985.3.28)が不受胎後の10番仔と推定(死産含む)。

京都の未勝利戦(ダート1400m)を勝ち上がったのは(外)ワンダールビアノ(2003.3.5、牡、芦毛)。栗東・領家政蔵厩舎の所属。その4代血統構成は『Rubiano×Caerleon×Riverman×★Sir Ribot』で『Mr.Prospector系×Nijinsky系×Never Bend系×Ribot系』の配合です。5代血統表内ではNijinsky(1967.2.21)3×3のクロスがあります。ワンダールビアノの牝系は欧米で受け継がれている2号族。従兄ゴールデンキャスト(2000.3.1)は現役でセントウルS(GIII)を連覇しています。ワンダールビアノの母クリヨン(1988.4.22)はマル外馬として中央4勝を挙げた後、日本で繁殖入り。3番仔までは日本で産み、1997年11月に渡米しました。ワンダールビアノは母が少なくとも2連産目以上で7番仔以降の仔。

京都の未勝利戦(ダート1200m)を勝ち上がったのはエリモインプレス(2003.3.20、牝、鹿毛)。栗東・五十嵐忠男厩舎の所属。その4代血統構成は『エルコンドルパサー×サクラユタカオー×アーティアス×Majestic Prince』で『Mr.Prospector系×Princely Gift系×Round Table系×Raise a Native系』の配合です。5代血統表内ではRaise a Native(1961)4×5、Northern Dancer5×4(父方)、Princequillo(1940)5×5(母方)のクロス、Special(1969)とLisadel(1971)5×5×4(父方)の全姉妹クロスがあります。エリモインプレスの牝系は4代母である米国産の牝馬ビーズアンドバード(1962.5.10)を日本の基礎繁殖とする2号族。叔母エリモセントラル(1995.3.30)は中央6勝で京都金杯(GIII)2着、従姉エリモファイナル(2002.5.25)は現役で紅梅S(OP)の勝ち馬です。エリモインプレスは母エリモエキスプレス(1994.3.25)が空胎後の4番仔。なお、母は2003年10月に転売不明となっており、おそらく、エリモインプレスが最後の仔と思います。

京都の未勝利戦(芝1200m)を勝ち上がったのは(父)ラプタル(2003.4.11、牝、鹿毛)。栗東・岡田稲男厩舎の所属。その4代血統構成は『サクラバクシンオー×マルゼンスキー×フロリバンダ×ソロナウェー』で『Princely Gift系×Nijinsky系×Princely Gift系×Fairway系』の配合です。5代血統表内ではNorthern Dancer4×4、Princely Gift(1951)4×4のクロスがあります。ラプタルの牝系は小岩井のフロリースカップ(1904)系シラオキ(1946.4.7)分枝。半姉シアリアスバイオ(1999.4.17)は現役で秋華賞(GI)3着。ラプタルは母コミニュケーション(1985.4.8)が5連産目の10番仔。

京都の未勝利戦(芝1600m)を勝ち上がったのはドリブン(2003.5.23、牡、黒鹿毛)。栗東・坂口正大厩舎の所属。その4代血統構成は『ウェイオブライト×ドクターデヴィアス×グランディ×フォルティノ』で『Mr.Prospector系×Ahonoora系×Fairway系×Grey Sovereign系』の配合です。5代血統表内ではNorthern Dancer4×5、Hoist the Flag(1968)5×5のクロス、Natalma(1957)5×5(父方)の牝馬クロスがあります。ドリブンの牝系は小岩井の3号族フロリースカップ系健宝(1959.2.20)分枝。曾祖母スノーショット(1973.4.23)の仔シンウルフ(1979.5.5)は中央8勝でスプリンターズS(現GI)の勝ち馬です。ドリブンは母トップバナナ(1994.5.14)が5連産目の5番仔。

福島の未勝利戦(芝1200m)を勝ち上がったのは(父)(市)ダンツバクシンオー(2003.3.4、牡、鹿毛)。美浦・伊藤伸一厩舎の所属。その4代血統構成は『サクラバクシンオー×タケシバオー×フェリオール×イーストパレード』で『Princely Gift系×Hyperion系×Pharos系×Gainsborough系』の配合です。母方の累代種牡馬が現代となってはシブすぎます。5代血統表内ではHyperion(1930.4.18)5×5のクロスがあります。ダンツバクシンオーの牝系は5代母である米国産の牝馬メイビイソウ(1941)を日本の基礎繁殖とする27号族。半兄ロンガーワンダー(1995.3.5)は地方7勝でグランシャリオC(統一GIII)3着があります。また、曾祖母パレーカブト(1955.4.5)の仔にカブトシロー(1962.3.24)。同馬は中央14勝で天皇賞・秋(現GI)、有馬記念(現GI)、カブトヤマ記念(旧GIII)の勝ち馬です。ダンツバクシンオーは母アオイパレー(1988.3.30)が11連産目の11番仔(生後直死含む)。なお、母は祖母ライトパレー(1966.3.28)が不受胎、空胎後の最後の仔です。

#追記。実は、いま寺山修司の著作『馬敗れて草原あり』を読んでおりまして、カブトシローがたびたび文章に登場するんですよね。また、ライトパレーからの別分枝馬にオパキャマラード(1997.3.18)という馬がいます。彼は中央3勝を挙げたにすぎませんが、私にとって初めてのPO馬でした。

長い駄文にお付き合いくださり、ありがとうございました。ではでは。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年11月 5日 (土)

たまには騎手について書いてみます。

今日の東京競馬では、横山典弘騎手が2レースから7レースまで「騎乗機会6連勝」というJRA新記録を打ち立てられました。さらにメインのブラジルカップ(準OP)もタイキエニグマ(2001.4.20)で勝利を収め、1日7勝の荒稼ぎをされました。勝てなかった2クラの騎乗も2着、3着。今日の騎乗はすべて馬券に絡むという結果でした。もうなんというか、勢いに乗った時の彼は、本当に天才ですね。今日は神が降臨しているようでした。

東京ではその横山騎手が目立ちましたが、京都では上村洋行騎手がアグネスヨジゲン(2003.4.19)、ホッコーランチャー(2001.3.27)、クリノワールド(2001.5.3)により3勝を挙げられました。今日の騎乗は全部で4レース。そのうち3回を勝利したのですから、大したものです。9レースと10レースを連勝した時には、テレビ画面に「上村!!」と思わず叫んでしまいましたよ。

「今年、上村騎手は上手くなった」という声を聞きますが、もともと上手かったんですよね。デビュー初年度から3年目まで、40勝、53勝、50勝ですから。デビュー初年度の1992年にトシグリーン(1987.5.5)で京王杯AH(現京成杯AH、GIII)を勝ち関西新人騎手賞を受賞、2年目の1993年にはナムラコクオー(1991.5.6)という大物に早くも出会い、6年目の1997年にはサイレンススズカ(1994.5.1)に騎乗。近年では平地時代初期のロードプリヴェイル(1998.4.21)、日本ダービー(GI)出走時のゴールドアリュール(1999.3.3)等にも騎乗されていました。

ずっとコンスタントに年間2ケタの勝利を収める堅実なジョッキーですが、昨年はわずかに6勝。これには理由があります。「黄斑上膜角膜炎」という目の病気により長期間戦列を離れられた結果でした。昨年9月4日に7ヵ月半ぶりに競馬場に戻ってこられた際には、4度の目の手術を乗り越えての復帰だったそうです。並外れた動体視力が必要とされるであろう、騎手という職業。目の手術、怖かったでしょうね。しかし、上村騎手は打ち克って戻ってこられました。

そして、今年は今日の3勝を含めてすでに41勝。ご本人の今年の目標は50勝ということ。今の上村騎手ならば、十分に射程圏内にある数字です。童顔でダービーに騎乗していた上村騎手もすでに32歳。今の輝きを持続させれば、同期の後藤浩輝騎手に負けないくらいの活躍ができるはずです。また、ナムラコクオーやサイレンススズカに負けない強い馬と出会って、ロイヤルスズカ(1993.5.13)による1998年のスワンS(GII)以来の重賞勝ちを、ファンの前で早く見せて欲しいものです。

まずは、明日のファンタジーS(GIII)。クリノスペシャル(2003.3.4)で頑張ってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土曜日の2歳戦の結果(2005/11/05分)。

土曜日の2歳戦の結果です。500万特別1クラ、500万平場1クラ、新馬戦5クラ、未勝利戦6クラの合計13レース。ははは、頭がクラクラしてきそうです(笑)。

東京の百日草特別(芝1800m)を制したのはニシノウェーブ(2003.4.13)。横山典弘騎手の1日騎乗機会7連勝を阻んだのは、かつての相棒メジロライアン(1987.4.11)の仔だったというのも、何かの因縁でしょうか。合わせて、横山騎手が騎乗していたニシノアンサー(2003.4.29)は、メジロライアンを管理された奥平真治調教師の管理馬ですしね。ニシノウェーブの血統については、7月30日に未勝利戦を勝ち上がった際のコメントを再掲しておきます。

<再掲分>新潟の未勝利戦(芝1600m)を勝ち上がったのは(父)ニシノウェーブ(2003.4.13、♂、栗毛)。美浦・小西一男厩舎の所属。その4代血統構成は『メジロライアン×Miswaki×Devil's Bag×ノーザンアンサー』で『Northern Dancer系×Mr.Prospector系×Hail to Reason系×Northern Dancer系』の配合です。5代血統表内ではNorthern Dancer4×5のクロスがあります。ニシノウェーブの牝系は北米で受け継がれている4号族South Ocean(1967)系。South OceanからStorm Bird(1978.4.19)が輩出されました。ニシノウェーブは母ウェストビーチ(1994.4.15)の初仔。

京都の500万平場戦(芝1400m)を制したのはエムエスワールド(2003.4.22)。ステイゴールド(1994.3.24)産駒初の中央勝ち馬が、そのまま初の中央2勝馬となりました。評判馬のウインレジェンド(2003.3.4)を下しての勝利、やりましたね。エムエスワールドの血統については、8月20日に新馬戦を勝ち上がった際のコメントを再掲しておきます。

<再掲分>小倉の新馬戦(芝1200m)を勝ち上がったのは(父)(市)エムエスワールド(2003.4.22、牡、黒鹿毛)。栗東・湯窪幸雄厩舎の所属。その4代血統構成は『★ステイゴールド×マルゼンスキー×マダング×ノーレアセ』で『Halo系×Nijinsky系×Habitat系×Tracery系』の配合です。5代血統表内ではNorthern Dancer5×4のクロスがあります。エムエスワールドの牝系は1号族フラストレート(1900)系。エムエスワールドは母トップワールド(1989.3.29)が8連産目の8番仔。なお、この勝利によりステイゴールド(1994.3.24)産駒はJRA初勝利となりました。おめでとうございます。

東京の新馬戦(芝1600m)を勝ち上がったのはシークレットコード(2003.2.8、牝、栃栗毛)。栗東・森秀行厩舎の所属。その4代血統構成は『Fusaichi Pegasus×Lost Code×★Flying Paster×Never Bend』で『Mr.Prospector系×Ribot系×Nasrullah系×Nasrullah系』の配合です。5代血統表内ではNasrullah(1940.3.2)5×5(母方)のクロスがあります。シークレットコードの牝系は米国で受け継がれている10号族。母マジックコード(1995.4.19)は米9勝を挙げバレリーナBCH(GI)の勝ち馬で、1999年の加国古牝馬王者。シークレットコードは母の初仔。なお、このシークレットコードの勝利により、横山典弘騎手はJRA通算1600勝を達成されたということ。おめでとうございます。

東京の新馬戦(芝2000m)を勝ち上がったのは(外)ミレニアムウイング(2003.1.15、牡、鹿毛)。美浦・藤沢和雄厩舎の所属。その4代血統構成は『Sadler's Wells×Halo×Herbager×Cohoes』で『Northern Dancer系×Hail to Reason系×Son-in-Law系×Blenheim系』の配合です。5代血統表内にはHail to Reason(1958)4×3、Mahmoud(1933)5×5×5のクロス、Almahmoud(1947)4×4のクロスがあります。ミレニアムウイングの牝系は米国で受け継がれている12号族Soaring(1960)系。半姉レディバラード(1997.3.4)は中央5勝、地方2勝でTCK女王盃(統一GIII)、クイーン賞(統一GIII)、阿蘇S(OP)の勝ち馬で福島ダート1700mのレコードホルダーです。また、伯母Glorious Song(1976)、伯父Devil's Bag(1981)、叔父Saint Ballado(1989)と並ぶと「うわ」と思われるのではないでしょうか。ミレニアムウイングの母Angelic Song(1988)を含めて、この4兄弟はいずれも父Halo(1969.2.7)の全兄弟です。 他の近親としてグランドオペラ(1984.2.11)、Rahy(1985)、Singspiel(1992.2.25)というGlorious Songの仔たちがいます。名牝系を持つSadler's Wells(1981.4.11)の直仔、ミレニアムウイング。日本の馬場でどれくらい活躍を見せてくれるのか、楽しみです。

京都の新馬戦(芝1600m)を勝ち上がったのは(父)メイショウゲンジ(2003.3.13、牡、栗毛)。栗東・佐山優厩舎の所属。その4代血統構成は『マヤノトップガン×Lead On Time×Danizig×Kris』で『Roberto系×Nureyev系×Northern Dancer系×エタン系』の配合です。5代血統表内ではNorthern Dancer(1961.5.27)4×4のクロス、Vaguely Noble(1965)とVive La Reine(1969)4×4の全兄妹クロスがあります。メイショウゲンジの牝系は欧米で受け継がれいてる1号族。叔母ミスイロンデル(1999.3.10)は中央1勝、地方1勝で兵庫ジュニアグランプリ(統一GIII)の勝ち馬です。また、叔父フロンタルアタック(1996.3.14)は中央3勝で神戸新聞杯(GII)2着、中日新聞杯(GIII)2着があります。故障さえなければ重賞勝ち馬になれる力量はあった馬でした。メイショウゲンジは母ニューシャグラ(1995.2.17)が2連産目の4番仔(初産の生後直死を含む)。

京都の新馬戦(芝1200m)を勝ち上がったのはエアラホーヤ(2003.2.27、牝、青鹿毛)。栗東・藤原英昭厩舎の所属。その4代血統構成は『★ボストンハーバー×Storm Cat×Fappiano×Key to the Mint』で『Seattle Slew系×Storm Bird系×Mr.Prospector系×Ribot系』の配合です。5代血統表内ではNorthern Dancer4×4のクロスがあります。エアラホーヤの牝系は米国で受け継がれている13号族。母テンザンストーム(1994.4.15)は中央4勝で菩提樹S(OP)の勝ち馬。その菩提樹Sで2着だったのがタイキシャトル(1994.3.23)。テンザンストームは3頭しかいないタイキシャトルに先着した馬の1頭です。菩提樹Sの後、レースで再びタイキシャトルとあいまみえることはなかったのですが、繁殖に上がって初めてのお相手になったのが、タイキシャトルでした。そんな両頭の愛の結晶、初仔がテンザンアモーレ(2002.3.13)とはなかなかにシャレています。蛇足ですが、アモーレ(Amore)とは伊語で「愛人、恋人」という意味です。長くなりましたが、エアラホーヤは母が2連産目の2番仔。エアラホーヤ、芝1200mの勝ち時計1分8秒7は速いですね。

福島の新馬戦(芝1200m)を勝ち上がったのは(父)レッドスプレンダー(2003.1.23、牡、鹿毛)。美浦・小島太厩舎の所属。その4代血統構成は『サクラバクシンオー×ハウスバスター×Good Behaving×★フロリバンダ』で『Princely Gift系×Blushing Groom系×Tourbillon系×Princely Gift系』の配合です。5代血統表内ではPrincely Gift(1951)4×5、Ambiorix(1946)5×5のクロスがあります。レッドスプレンダーの牝系は欧米で受け継がれている8号族。レッドスプレンダーは母ルビーベイビー(1993.3.1)が少なくとも5連産目以上で5番仔以降の仔と推定。

東京の未勝利戦(ダート1300m)を勝ち上がったのは(市)アナナス(2003.3.14、牡、鹿毛)。美浦・佐藤吉勝厩舎の所属。その4代血統構成は『リンドシェーバー×ワッスルタッチ×ダイナゴー×Mill Reef』で『Alydar系×Northern Dancer系×Petition系×Never Bend系』の配合です。5代血統表内ではNearctic(1954.2.11)4×4、Native Dancer(1950.3.27)4×5のクロス、Almahmoud(1947)5×5の牝馬クロスがあります。アナナスの牝系は4代母である英国産の牝馬ナマラ(1974.3.11)を日本の基礎繁殖とする7号族。アナナスは母トキノモレノ(1993.5.13)が2連産目の2番仔。アナナス、初戦3着、2戦目から5戦目まで4連続2着、6戦目にして待望の初勝利を遂げました。 アナナス(Ananas)、馬名の意味は独語で「パイナップル」です。

東京の未勝利戦(ダート1400m)を勝ち上がったのはチェルケッティ(2003.4.2、牝、鹿毛)。美浦・坂本勝美厩舎の所属。その4代血統構成は『オペラハウス×ニホンピロウイナー×Clever Trick×Youth』で『Sadler's Wells系×Sir Gaylord系×Nearctic系×Ack Ack系』の配合です。曾祖母父Youth(1973)がシブいですね。5代血統表内ではNearctic4×5のクロスがあります。チェルケッティの牝系は米国で受け継がれている8号族Lady Be Good(1956)系。叔母トーワトレジャー(1997.4.28)は中央5勝で新潟記念(GIII)の勝ち馬です。チェルケッティは母シューシャ(1991.4.19)が9連産目の9番仔。

東京の未勝利戦(芝1400m)を勝ち上がったのは(市)シュトラウス(2003.2.25、牡、黒鹿毛)。美浦・勢司和浩厩舎の所属。その4代血統構成は『エンドスウィープ×Rainbow Quest×Kris×Welsh Pageant』で『Mr.Prospector系×Blushing Groom系×エタン系×Owen Tudor系』の配合です。5代血統表内ではRaise a Native(1961)4×5のクロスがあります。シュトラウスの牝系は英国で受け継がれている16号族。曾祖母Fiesta Fun(1978)の直仔に仏英5勝で凱旋門賞(仏GI)を制したSaumarez(1987)がいます。シュトラウスは母カルニオラ(1993.4.23)が少なくとも4連産目以上の5番仔以降の仔と推定。

京都の未勝利戦(ダート1400m)を勝ち上がったのは(父)ナリタジューン(2003.4.4、牝、青鹿毛)。栗東・宮本博厩舎の所属。その4代血統構成は『フジキセキ×Woodman×Nureyev×★Big Spruce』で『Halo系×Mr.Prospector系×Northren Dancer系×Herbager系』の配合です。5代血統表内にはクロスはありません。ナリタジューンの牝系は米国で受け継がれている5号族。叔父コンラッド(2002.5.4)は現役でラジオたんぱ賞(GIII)の勝ち馬です。ナリタジューンは母オースミリンド(1996.1.18)の初仔。なお、母も祖母ダンシングアウンティー(1990.5.24)の初仔です。

京都の未勝利戦(芝2000m)を勝ち上がったのは(父)アグネスヨジゲン(2003.4.19、牡、鹿毛)。栗東・浜田光正厩舎の所属。その4代血統構成は『アグネスタキオン×★リンドシェーバー×モーニングフローリック×★セントクレスピン』で『Halo系×Alydar系×Herbager系×Aureole系』の配合です。5代血統表内にはクロスはありません。アグネスヨジゲンの牝系は5代母である伊国産の牝馬ワラバ(1959.3.28)を日本の基礎繁殖とする16号族。母サイコーキララ(1997.5.1)は中央4勝で4歳牝馬特別(現フィリーズレビュー、GII)、エルフィンS(OP)、紅梅S(OP)の勝ち馬です。アグネスヨジゲンは母の初仔。私は、アグネスタキオン(1998.4.13)産駒は「Flaring Top(1947)の牝馬クロスを生かす配合」で活躍馬が出て欲しいと思っておりますので、アグネスヨジゲンにはぜひ活躍して欲しいものです。というか、サイコーキララの仔、頑張って。

福島の未勝利戦(ダート1150m)を勝ち上がったのはプリンセスヨコハマ(2003.4.13、牝、鹿毛)。美浦・吉永正人厩舎の所属。その4代血統構成は『アサティス×ロドリゴデトリアーノ×ヴェンチア×ソロナウェー』で『Northern Dancer系×Northern Dancer系×Relic系×Fairway系』の配合です。5代血統表内ではNorthern Dancer3×4、Buckpasser(1963.4.28)4×5のクロスがあります。プリンセスヨコハマの牝系は小岩井の12号族ビューチフルドリーマー(1903)系。皆様よくご存知のビューチフルドリーマー、父Enthusiast(1886)が16歳時の0交配馬です。プリンセスヨコハマの伯父ノースシャトル(1984.5.6)は中央4勝でダイヤモンドS(GIII)の勝ち馬です。プリンセスヨコハマは母レーシングハート(1995.3.18)が2連産目の2番仔です。

あー、しんどかった(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年11月 4日 (金)

「アルゼンチン共和国杯(GII)」と聞くと、「昔の名前で出ています」とおもわず思ってしまう。

いや、小林旭さんを想起するとか、そういう訳ではありません(笑)。

アルゼンチン共和国杯は今年で第43回を数えるハンデ戦の伝統重賞ですが、「ひと昔前に強かった馬が重いハンデを背負わされて敗れてしまう」という印象が、どことなくありまして。記録を振り返れば、ホワイトストーン(1987.4.2)が60kgで15着(1991年)に敗れていたり、メイショウビトリア(1987.4.5)が59kgで13着(1992年)に敗れていたり、再びホワイトストーンが59kgで16着(1993年)に敗れていたり、ムッシュシェクル(1988.3.31)が60kgで11着(1994年)に敗れていたりしています。

そんな中、昔の名前で出て、軽いハンデで一発をかましてくれた馬もいました。1996年のアルゼンチン共和国杯を制したエルウェーウィン(1990.2.24)。53kgのハンデは、2歳時の朝日杯3歳S(現朝日杯FS、GI)以来、3年11ヶ月も勝利から見放されていた馬に対して妥当なハンデだったのでしょう。その朝日杯以来の騎乗となった南井克巳騎手(現調教師)が、軽いハンデも味方に付けて、エルウェーウィンの眠っていた末脚を復活させました。ちなみに、レース当日はナリタブライアン(1991.5.3)の引退式もありました。はは、エルウェーウィン、朝日杯では兄ビワハヤヒデ(1990.3.10)から主役の座を奪い、アルゼンチン共和国杯では弟ナリタブライアンから(一応)主役の座を奪いましたね。なかなかの役者ぶり。翌1997年春のブラッドストーンS(OP)もキッチリと勝って、晩年に再び花を咲かせたのは、サスガに2歳王者の意地だったのでしょう。

という訳で、エルウェーウィンの仔キープウイン(2002.5.30)が中央2頭目の勝ち上がり産駒になったことを祝して、logを書いてみました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年11月 3日 (木)

「ファンタジーS(GIII)」と聞くと、シーズプリンセス(1994.4.1)を思う。

えー、今週もすでに後半ですが、重賞レース名を聞くと思い出す馬シリーズ、行ってみます。

KBS京都賞ファンタジーS(GIII)。KBS京都は東海・関西以西の広い地域に競馬中継を行っている放送局で、東海・関西以西の競馬ファンにはおなじみのはずです。KBS京都の支局は滋賀県にもあり、もともと滋賀県民である私もKBS京都にはお世話になってきました。ある時はTV、ある時はラジオ。野球少年だった幼い頃は、学校に行く前に朝7時30分から始まるアニメ『巨人の星II』を見て、出掛けたものです(笑)。

さてさて、KBS京都賞の冠は1995年までは紅梅賞(現紅梅S)に付けられていました。そして、1996年の競走体系改革に伴い新設されたファンタジーSに対して、新たに冠として付けられることになりました。

記念すべき第1回を制したのが、シーズプリンセス。四位洋文騎手を鞍上に、京都芝1400mを1分21秒2のレコードで制しました。名伯楽・伊藤修司調教師に見出され、200万円ほどで落札されたシーズプリンセス。この重賞制覇により、自身の購買価格の10倍以上を楽に稼ぎ出しました。

第1回を振り返る『優駿』1997年1月号のコメントを記述されたのは、KBS京都の久保房郎アナ。コメントを読んだ当時、「ナイス」と思ったところを引いて、今日のlogの幕引きと致します。

勝ったのはシーズプリンセス、「四位のお姫様」でした。

-月刊『優駿』、1997年1月号、P146より抜粋。-

| | コメント (2) | トラックバック (0)

日曜日の2歳戦の結果(2005/10/30分)-其の弐-。

PC復旧にいそしむ、かろむわん@HDDがイブキクラッシュ(1990.3.19)Twiceでございます。

いまさらながらですが、前週の日曜日の未勝利戦の結果です。未勝利戦は東京で2クラ、京都で2クラ、福島で1クラの合計5レースでした。

東京の未勝利戦(ダート1600m)を勝ち上がったのはチェアマン(2003.3.31、牡、鹿毛)。美浦・二ノ宮敬宇厩舎の所属。その4代血統構成は『エルコンドルパサー×Polish Precedent×Habitat×Kythnos』で『Mr.Prospector系×Danzig系×Sir Gaylord系×Nasrullah系』の配合です。5代血統表内ではNorthern Dancer(1961.5.27)5×4×4のクロス、Special(1969)とLisadel(1971)5×5×4(父方)の全姉妹クロスがあります。チェアマンの牝系は欧州で受け継がれている23号族。いとこモエレジーニアス(2003.3.10)は地方現役で函館2歳S(GIII)の勝ち馬、伯父クリエイターは(1986.6.1)は仏英米7勝でイスパーン賞(仏GI)、ガネー賞(仏GI)の勝ち馬、祖母Chalon(1979)は英7勝でコロネーションS(当時英GII、現英GI)など重賞3勝。チェアマンは母マズリア(1991.5.31)が3連産目の4番仔以降の仔と推定。

東京の未勝利戦(芝1600m)を勝ち上がったのは(父)ドリームパラソル(2003.3.12、牝、鹿毛)。美浦・勢司和浩厩舎の所属。その4代血統構成は『キングヘイロー×フジキセキ×スリルショー×ラバージョン』で『Lyphard系×Halo系×Northern Dancer系×Damascus系』の配合です。5代血統表内ではHalo(1969.2.7)3×4、Northern Dancer4×5、Sir Gaylord(1959)5×5(父方)のクロスがあります。ドリームパラソルの牝系は小岩井のビューチフルドリーマー(1903)系。曾祖母が千代田牧場さんの誇るチヨダマサコ(1977.4.3)です。つまりは近親にGI3勝のニッポーテイオー(1983.4.21)、エリザベス女王杯(GI)を制したタレンティドガール(1984.4.27)がいるということですね。ドリームパラソルは母ユウワンチョイス(1997.5.17)が不受胎後の初仔

京都の未勝利戦(芝1400m)を勝ち上がったのは(外)イイデチェロキー(2003.4.24、牡、黒鹿毛)。栗東・大久保正陽厩舎の所属。その4代血統構成は『Cherokee Run×Theatrical×★The Axe×Promised Land』で『Blushing Groom系×Nureyev系×Blenheim系×Teddy系』の配合です。5代血統表内ではNasrullah(1940.3.2)5×5のクロスがあります。イイデチェロキーの牝系は米国で受け継がれている4号族。従兄フサイチアウステル(2002.3.15)は現役でセントライト記念(GII)2着、いとこオナーザヒーロー(1988.3.8)は米、日本で25勝。1994年のスプリンターズS(GI)に来日し、岡部幸雄騎手を鞍上にサクラバクシンオー(1989.4.14)の8着でした。イイデチェロキーは母Mini Series(1994)が少なくとも4連産目以上で5番仔以降の仔と推定。

京都の未勝利戦(芝1800m)を勝ち上がったのは(父)(市)メイショウジーゲン(2003.3.18、牡、鹿毛)。栗東・南井克巳厩舎の所属。その4代血統構成は『メジロライアン×Miswaki×Bold Bidder×Ribot』で『ノーザンテースト系×Mr.Prospector系×Bold Ruler系×Rabelais系』の配合です。5代血統表内にはクロスはありません。メイショウジーゲンの牝系は米国で受け継がれている2号族。4代母がCosmah(1953.4.4)です。つまりはHalo(1969.2.7)やファーザーズイメージ(1963.4.7)などが近親ですね。メイショウジーゲンは母エマーズロッカ(1988.2.29)が不受胎後の9番仔以降の仔と推定。

福島の未勝利戦(芝1200m)を勝ち上がったのは(市)エイシンラビアン(2003.3.21、牝、青鹿毛)。栗東・川村禎彦厩舎の所属。その4代血統構成は『マイネルラヴ×ノーザンテースト×パーソロン×Hornbeam』で『Mr.Prospector系×Northern Dancer系×My Babu系×Hyperion系』の配合です。5代血統表内ではNorthern Dancer5×3、Native Dancer(1950.3.27)5×5、Sing Sing(1957)5×5、Hyperion(1930.4.18)5×5(母方)のクロス、Lady Angela(1944)5×4(母方)の牝馬クロスがあります。エイシンラビアンの牝系は3代母である瑞国(スウェーデン)産の牝馬ホールドアップ(1969)を日本の基礎繁殖とする1号族。伯父タガジョオー(1982.3.23)は北九州記念(GIII)の勝ち馬です。エイシンラビアンは母ラビアンテースト(1990.4.27)が3連産目の5番仔。

イイデチェロキーを除く内国産の4頭は、父がいずれも活性値1.75ポイントの種付けで生産された産駒という共通点があった、日曜日の未勝利戦の結果でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 2日 (水)

Message from SkyMail

諸般の事情により、本日はこの携帯電話からの更新のみです。大変申し訳ありません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月 1日 (火)

やはり青が散った。

転ばぬ先の杖が使えなかった私のメインWindowsPC。やっぱり駄目でした。悪あがきは悪あがきにすぎず。くぅ、だめだー。という訳で、再度クリーンインストールでございます……。

当分はサブノートPCによる更新作業を行います。作業環境自体はそれほど変わりません。今のシステムの安定具合から言えば、このサブノートの方が元気ですしね。

かろうじて、各種データのバックアップが取れたことが、せめてもの救いでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青が再び散った、と思った。

「だめだー」という、岡部幸雄元騎手のマティリアル(1984.4.4)によるダービー敗戦後のコメントの如く、サバサバした気持ちではありました。

むりやりQuick Time Playerをアンインストールしようとした私が馬鹿だったんですよ。他のソフトが起動している状態でね。

という訳で、メインWindowsPCの起動途中に「エンドポイントの形式が無効です」というエラーメッセージが再び出てしまい、また逝ってしまったと思ったんです。

その時の私の心境として、今年の初頭に読んだマイケル・J・フォックスさんの自叙伝より以下の文言を引いておきます。

神様、自分では変えられないことを受け入れる平静さと
自分に変えられることは変える勇気と
そして、そのちがいがわかるだけの知恵をお与えください。

-マイケル・J・フォックス、『ラッキーマン』、P395より。-

「エンドポイント~」のエラーについては、もう自分では変えられないことと思っていましたし、後は自分に変えられること、すなわちクリーンインストールを行う勇気を出すだけでした。

しかし、平静さと勇気の間にさいなまれた巳年の私は、あきらめ悪くあれこれとあがいたところ、なんと通常の起動状態に戻ってくれました(嬉々)。 「エンドポイント~」のエラーが出ず、通常の起動画面に向かう途中「頑張れ、頑張れ」って、PCに声をかけてしまいましたよ(笑)。

何はともあれ、そんな私は、間違いなくラッキーマンでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »