« 「京王杯2歳S(GII)」と聞くと、「京王杯?京成杯じゃなかったっけ?」と未だに思う。 | トップページ | vol.3 その花言葉は「君を愛す」。 »

2005年11月10日 (木)

「福島記念(GIII)」と聞くと、シルクグレイッシュ(1991.4.5)を思う。

イルカに襲われている夢を見た、かろむわんでございます(タイトルとはまったく関係なし)。

シルクグレイッシュが制した1994年の福島記念。軽量50kg、後藤浩輝騎手の重賞初制覇。小野次郎騎手の落馬負傷による乗り替わりでの重賞勝ちでした。合わせて、英愛リーディング2位の実績で期待された種牡馬イルドブルボン(1975.5.23)の、日本における産駒最初の重賞勝ちとなりました。また、大和田稔厩舎は前年のペガサス(1990.4.15)に続く、福島記念連覇でした。

記録をたどると、大和田稔調教師はスイートカーソン(1979.3.22)、ミスターブランディ(1982.4.9)、ペガサス、そしてシルクグレイッシュと4頭で福島記念を5勝(ミスターブランディは2勝)。「福島記念マイスター」の称号を差し上げたいですね。

|

« 「京王杯2歳S(GII)」と聞くと、「京王杯?京成杯じゃなかったっけ?」と未だに思う。 | トップページ | vol.3 その花言葉は「君を愛す」。 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/7025836

この記事へのトラックバック一覧です: 「福島記念(GIII)」と聞くと、シルクグレイッシュ(1991.4.5)を思う。:

« 「京王杯2歳S(GII)」と聞くと、「京王杯?京成杯じゃなかったっけ?」と未だに思う。 | トップページ | vol.3 その花言葉は「君を愛す」。 »