« 「アルゼンチン共和国杯(GII)」と聞くと、「昔の名前で出ています」とおもわず思ってしまう。 | トップページ | たまには騎手について書いてみます。 »

2005年11月 5日 (土)

土曜日の2歳戦の結果(2005/11/05分)。

土曜日の2歳戦の結果です。500万特別1クラ、500万平場1クラ、新馬戦5クラ、未勝利戦6クラの合計13レース。ははは、頭がクラクラしてきそうです(笑)。

東京の百日草特別(芝1800m)を制したのはニシノウェーブ(2003.4.13)。横山典弘騎手の1日騎乗機会7連勝を阻んだのは、かつての相棒メジロライアン(1987.4.11)の仔だったというのも、何かの因縁でしょうか。合わせて、横山騎手が騎乗していたニシノアンサー(2003.4.29)は、メジロライアンを管理された奥平真治調教師の管理馬ですしね。ニシノウェーブの血統については、7月30日に未勝利戦を勝ち上がった際のコメントを再掲しておきます。

<再掲分>新潟の未勝利戦(芝1600m)を勝ち上がったのは(父)ニシノウェーブ(2003.4.13、♂、栗毛)。美浦・小西一男厩舎の所属。その4代血統構成は『メジロライアン×Miswaki×Devil's Bag×ノーザンアンサー』で『Northern Dancer系×Mr.Prospector系×Hail to Reason系×Northern Dancer系』の配合です。5代血統表内ではNorthern Dancer4×5のクロスがあります。ニシノウェーブの牝系は北米で受け継がれている4号族South Ocean(1967)系。South OceanからStorm Bird(1978.4.19)が輩出されました。ニシノウェーブは母ウェストビーチ(1994.4.15)の初仔。

京都の500万平場戦(芝1400m)を制したのはエムエスワールド(2003.4.22)。ステイゴールド(1994.3.24)産駒初の中央勝ち馬が、そのまま初の中央2勝馬となりました。評判馬のウインレジェンド(2003.3.4)を下しての勝利、やりましたね。エムエスワールドの血統については、8月20日に新馬戦を勝ち上がった際のコメントを再掲しておきます。

<再掲分>小倉の新馬戦(芝1200m)を勝ち上がったのは(父)(市)エムエスワールド(2003.4.22、牡、黒鹿毛)。栗東・湯窪幸雄厩舎の所属。その4代血統構成は『★ステイゴールド×マルゼンスキー×マダング×ノーレアセ』で『Halo系×Nijinsky系×Habitat系×Tracery系』の配合です。5代血統表内ではNorthern Dancer5×4のクロスがあります。エムエスワールドの牝系は1号族フラストレート(1900)系。エムエスワールドは母トップワールド(1989.3.29)が8連産目の8番仔。なお、この勝利によりステイゴールド(1994.3.24)産駒はJRA初勝利となりました。おめでとうございます。

東京の新馬戦(芝1600m)を勝ち上がったのはシークレットコード(2003.2.8、牝、栃栗毛)。栗東・森秀行厩舎の所属。その4代血統構成は『Fusaichi Pegasus×Lost Code×★Flying Paster×Never Bend』で『Mr.Prospector系×Ribot系×Nasrullah系×Nasrullah系』の配合です。5代血統表内ではNasrullah(1940.3.2)5×5(母方)のクロスがあります。シークレットコードの牝系は米国で受け継がれている10号族。母マジックコード(1995.4.19)は米9勝を挙げバレリーナBCH(GI)の勝ち馬で、1999年の加国古牝馬王者。シークレットコードは母の初仔。なお、このシークレットコードの勝利により、横山典弘騎手はJRA通算1600勝を達成されたということ。おめでとうございます。

東京の新馬戦(芝2000m)を勝ち上がったのは(外)ミレニアムウイング(2003.1.15、牡、鹿毛)。美浦・藤沢和雄厩舎の所属。その4代血統構成は『Sadler's Wells×Halo×Herbager×Cohoes』で『Northern Dancer系×Hail to Reason系×Son-in-Law系×Blenheim系』の配合です。5代血統表内にはHail to Reason(1958)4×3、Mahmoud(1933)5×5×5のクロス、Almahmoud(1947)4×4のクロスがあります。ミレニアムウイングの牝系は米国で受け継がれている12号族Soaring(1960)系。半姉レディバラード(1997.3.4)は中央5勝、地方2勝でTCK女王盃(統一GIII)、クイーン賞(統一GIII)、阿蘇S(OP)の勝ち馬で福島ダート1700mのレコードホルダーです。また、伯母Glorious Song(1976)、伯父Devil's Bag(1981)、叔父Saint Ballado(1989)と並ぶと「うわ」と思われるのではないでしょうか。ミレニアムウイングの母Angelic Song(1988)を含めて、この4兄弟はいずれも父Halo(1969.2.7)の全兄弟です。 他の近親としてグランドオペラ(1984.2.11)、Rahy(1985)、Singspiel(1992.2.25)というGlorious Songの仔たちがいます。名牝系を持つSadler's Wells(1981.4.11)の直仔、ミレニアムウイング。日本の馬場でどれくらい活躍を見せてくれるのか、楽しみです。

京都の新馬戦(芝1600m)を勝ち上がったのは(父)メイショウゲンジ(2003.3.13、牡、栗毛)。栗東・佐山優厩舎の所属。その4代血統構成は『マヤノトップガン×Lead On Time×Danizig×Kris』で『Roberto系×Nureyev系×Northern Dancer系×エタン系』の配合です。5代血統表内ではNorthern Dancer(1961.5.27)4×4のクロス、Vaguely Noble(1965)とVive La Reine(1969)4×4の全兄妹クロスがあります。メイショウゲンジの牝系は欧米で受け継がれいてる1号族。叔母ミスイロンデル(1999.3.10)は中央1勝、地方1勝で兵庫ジュニアグランプリ(統一GIII)の勝ち馬です。また、叔父フロンタルアタック(1996.3.14)は中央3勝で神戸新聞杯(GII)2着、中日新聞杯(GIII)2着があります。故障さえなければ重賞勝ち馬になれる力量はあった馬でした。メイショウゲンジは母ニューシャグラ(1995.2.17)が2連産目の4番仔(初産の生後直死を含む)。

京都の新馬戦(芝1200m)を勝ち上がったのはエアラホーヤ(2003.2.27、牝、青鹿毛)。栗東・藤原英昭厩舎の所属。その4代血統構成は『★ボストンハーバー×Storm Cat×Fappiano×Key to the Mint』で『Seattle Slew系×Storm Bird系×Mr.Prospector系×Ribot系』の配合です。5代血統表内ではNorthern Dancer4×4のクロスがあります。エアラホーヤの牝系は米国で受け継がれている13号族。母テンザンストーム(1994.4.15)は中央4勝で菩提樹S(OP)の勝ち馬。その菩提樹Sで2着だったのがタイキシャトル(1994.3.23)。テンザンストームは3頭しかいないタイキシャトルに先着した馬の1頭です。菩提樹Sの後、レースで再びタイキシャトルとあいまみえることはなかったのですが、繁殖に上がって初めてのお相手になったのが、タイキシャトルでした。そんな両頭の愛の結晶、初仔がテンザンアモーレ(2002.3.13)とはなかなかにシャレています。蛇足ですが、アモーレ(Amore)とは伊語で「愛人、恋人」という意味です。長くなりましたが、エアラホーヤは母が2連産目の2番仔。エアラホーヤ、芝1200mの勝ち時計1分8秒7は速いですね。

福島の新馬戦(芝1200m)を勝ち上がったのは(父)レッドスプレンダー(2003.1.23、牡、鹿毛)。美浦・小島太厩舎の所属。その4代血統構成は『サクラバクシンオー×ハウスバスター×Good Behaving×★フロリバンダ』で『Princely Gift系×Blushing Groom系×Tourbillon系×Princely Gift系』の配合です。5代血統表内ではPrincely Gift(1951)4×5、Ambiorix(1946)5×5のクロスがあります。レッドスプレンダーの牝系は欧米で受け継がれている8号族。レッドスプレンダーは母ルビーベイビー(1993.3.1)が少なくとも5連産目以上で5番仔以降の仔と推定。

東京の未勝利戦(ダート1300m)を勝ち上がったのは(市)アナナス(2003.3.14、牡、鹿毛)。美浦・佐藤吉勝厩舎の所属。その4代血統構成は『リンドシェーバー×ワッスルタッチ×ダイナゴー×Mill Reef』で『Alydar系×Northern Dancer系×Petition系×Never Bend系』の配合です。5代血統表内ではNearctic(1954.2.11)4×4、Native Dancer(1950.3.27)4×5のクロス、Almahmoud(1947)5×5の牝馬クロスがあります。アナナスの牝系は4代母である英国産の牝馬ナマラ(1974.3.11)を日本の基礎繁殖とする7号族。アナナスは母トキノモレノ(1993.5.13)が2連産目の2番仔。アナナス、初戦3着、2戦目から5戦目まで4連続2着、6戦目にして待望の初勝利を遂げました。 アナナス(Ananas)、馬名の意味は独語で「パイナップル」です。

東京の未勝利戦(ダート1400m)を勝ち上がったのはチェルケッティ(2003.4.2、牝、鹿毛)。美浦・坂本勝美厩舎の所属。その4代血統構成は『オペラハウス×ニホンピロウイナー×Clever Trick×Youth』で『Sadler's Wells系×Sir Gaylord系×Nearctic系×Ack Ack系』の配合です。曾祖母父Youth(1973)がシブいですね。5代血統表内ではNearctic4×5のクロスがあります。チェルケッティの牝系は米国で受け継がれている8号族Lady Be Good(1956)系。叔母トーワトレジャー(1997.4.28)は中央5勝で新潟記念(GIII)の勝ち馬です。チェルケッティは母シューシャ(1991.4.19)が9連産目の9番仔。

東京の未勝利戦(芝1400m)を勝ち上がったのは(市)シュトラウス(2003.2.25、牡、黒鹿毛)。美浦・勢司和浩厩舎の所属。その4代血統構成は『エンドスウィープ×Rainbow Quest×Kris×Welsh Pageant』で『Mr.Prospector系×Blushing Groom系×エタン系×Owen Tudor系』の配合です。5代血統表内ではRaise a Native(1961)4×5のクロスがあります。シュトラウスの牝系は英国で受け継がれている16号族。曾祖母Fiesta Fun(1978)の直仔に仏英5勝で凱旋門賞(仏GI)を制したSaumarez(1987)がいます。シュトラウスは母カルニオラ(1993.4.23)が少なくとも4連産目以上の5番仔以降の仔と推定。

京都の未勝利戦(ダート1400m)を勝ち上がったのは(父)ナリタジューン(2003.4.4、牝、青鹿毛)。栗東・宮本博厩舎の所属。その4代血統構成は『フジキセキ×Woodman×Nureyev×★Big Spruce』で『Halo系×Mr.Prospector系×Northren Dancer系×Herbager系』の配合です。5代血統表内にはクロスはありません。ナリタジューンの牝系は米国で受け継がれている5号族。叔父コンラッド(2002.5.4)は現役でラジオたんぱ賞(GIII)の勝ち馬です。ナリタジューンは母オースミリンド(1996.1.18)の初仔。なお、母も祖母ダンシングアウンティー(1990.5.24)の初仔です。

京都の未勝利戦(芝2000m)を勝ち上がったのは(父)アグネスヨジゲン(2003.4.19、牡、鹿毛)。栗東・浜田光正厩舎の所属。その4代血統構成は『アグネスタキオン×★リンドシェーバー×モーニングフローリック×★セントクレスピン』で『Halo系×Alydar系×Herbager系×Aureole系』の配合です。5代血統表内にはクロスはありません。アグネスヨジゲンの牝系は5代母である伊国産の牝馬ワラバ(1959.3.28)を日本の基礎繁殖とする16号族。母サイコーキララ(1997.5.1)は中央4勝で4歳牝馬特別(現フィリーズレビュー、GII)、エルフィンS(OP)、紅梅S(OP)の勝ち馬です。アグネスヨジゲンは母の初仔。私は、アグネスタキオン(1998.4.13)産駒は「Flaring Top(1947)の牝馬クロスを生かす配合」で活躍馬が出て欲しいと思っておりますので、アグネスヨジゲンにはぜひ活躍して欲しいものです。というか、サイコーキララの仔、頑張って。

福島の未勝利戦(ダート1150m)を勝ち上がったのはプリンセスヨコハマ(2003.4.13、牝、鹿毛)。美浦・吉永正人厩舎の所属。その4代血統構成は『アサティス×ロドリゴデトリアーノ×ヴェンチア×ソロナウェー』で『Northern Dancer系×Northern Dancer系×Relic系×Fairway系』の配合です。5代血統表内ではNorthern Dancer3×4、Buckpasser(1963.4.28)4×5のクロスがあります。プリンセスヨコハマの牝系は小岩井の12号族ビューチフルドリーマー(1903)系。皆様よくご存知のビューチフルドリーマー、父Enthusiast(1886)が16歳時の0交配馬です。プリンセスヨコハマの伯父ノースシャトル(1984.5.6)は中央4勝でダイヤモンドS(GIII)の勝ち馬です。プリンセスヨコハマは母レーシングハート(1995.3.18)が2連産目の2番仔です。

あー、しんどかった(笑)。

|

« 「アルゼンチン共和国杯(GII)」と聞くと、「昔の名前で出ています」とおもわず思ってしまう。 | トップページ | たまには騎手について書いてみます。 »

競馬(回顧)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/6911244

この記事へのトラックバック一覧です: 土曜日の2歳戦の結果(2005/11/05分)。:

» ミレニアムウイング [うぉんばっとな毎日]
藤沢和厩舎からSadler's Wells産駒のミレニアムウイングが勝ち上がりました(サンスポ記事)。 母の全姉にGlorious Song、全兄にDevil's Bag、全弟にSaint Balladoがいる名牝系出身で、全兄にハリウッドターフCなどを勝ったSligo Bay(繋用先)がいます。 Sligo BayはGalileo、Imagineらと同じ1998年生まれ(!)。 ところでSligo BayもGalileoもImagineも、揃い�... [続きを読む]

受信: 2005年11月10日 (木) 22時31分

« 「アルゼンチン共和国杯(GII)」と聞くと、「昔の名前で出ています」とおもわず思ってしまう。 | トップページ | たまには騎手について書いてみます。 »