« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月

2005年10月31日 (月)

日曜日の2歳戦の結果(2005/10/30分)-其の壱-。

日曜日の2歳戦の結果です。500万特別戦2クラ、新馬戦3クラ、未勝利戦5クラの合計10レース。10レースすべてを振り返りたいところですが、時間の都合上、本日は特別戦と新馬戦のみお送り致します。未勝利戦はまた明日ということでお願い致します。

東京のくるみ賞(芝1400m)を制したのはスーパーホーネット(2003.3.20)。さすがに重賞で3着していただけはあります。管理される矢作芳人調教師は、調教助手時代に担当していたイワテニシキ(1992.4.21)を題材にした『ニシキ』という作品で2000年の優駿エッセイ賞で次席を受賞されたことでも知られています。また、父に大井の矢作和人調教師、伯父に坂田正行元調教師という「良血」でもいらっしゃいます。という訳で、スーパーホーネットについては9月24日に未勝利戦を勝ち上がった際のコメントを再掲しておきます。

<再掲分>札幌の未勝利戦(芝1500m)を勝ち上がったのはスーパーホーネット(2003.3.20、牡、鹿毛)。栗東・矢作芳人厩舎の所属。その4代血統構成は『ロドリゴデトリアーノ×エルセニョール×Elocutionist×◆Nearctic』で『Northern Dancer系×Exclusive Native系×Gallant Man系×Nearco系』の配合です。5代血統表内ではNearctic(1954.2.11)4×4のクロスがあります。スーパーホーネットの牝系は北米で受け継がれている8号族。4代母Flaring Top(1947)の孫にNijinsky(1967.2.21)、曾孫にThe Minstrel(1974)が出ています。スーパーホーネットは母ユウサンポリッシュ(1997.5.25)が2連産目の2番仔。

福島のきんもくせい特別(芝1700m)を制したのはリメインオブザサン(2003.1.15)。おお、特別戦も勝ち上がりましたね、サンプレイス(1995.5.26)の忘れ形見。リメインオブザサンについては10月9日に未勝利戦を勝ち上がった際のコメントを再掲しておきます。

<再掲分>京都の未勝利戦(芝1800m)を勝ち上がったのは(父)リメインオブザサン(2003.1.15、牡、鹿毛)。栗東・池江泰寿厩舎の所属。その4代血統構成は『サンプレイス×サンダーガルチ×El Basco×Baldski』で『Halo系×Mr.Prospector系×Grey Dawn系×Nijinsky系』の配合です。5代血統表内ではNijinsky5×5のクロスがあります。リメインオブザサンの牝系は米国と南米で受け継がれている9号族。祖母トコピジャ(1990.10.15)は亜国7勝でコパデプラタ大賞典(GI)、ラミシオン大賞典(GI)など重賞4勝を挙げ亜国古牝馬王者に選出された名牝です。リメインオブザサンは母ヴェイルデラルナ(1998.3.21)が不受胎後の初仔。なお、新種牡馬サンプレイス(1995.5.26)は産駒初のJRA勝利となりました。リメインオブザサンは産駒の中で最も早い1月15日生まれであり、サンプレイスにとって本当の初仔です。サンプレイスは今年の6月20日に疝痛で亡くなってしまいましたが、「太陽の日差しの名残り」が、「太陽の場所」を思い出させてくれるような活躍を見せてくれると嬉しいですね。ちょっと気合の入ったコメントになっていますけれど、実はサンプレイスは私と同じ誕生日なんですよ。池江泰郎厩舎からデビューして2連勝を飾った時、「SSの0交配やし、頑張って」と思いました。結果的に引退レースとなった、雨降りの中で行われた新潟記念(GIII)。1分57秒0の好時計で制したそのレース。芝2000mで行われるJRA重賞競走では最速の勝ち時計として、今も記録が残っています。

東京の新馬戦(芝1600m)を勝ち上がったのは(父)カイシュウタキオン(2003.4.4.、牡、栗毛)。美浦・田中清隆厩舎の所属。その4代血統構成は『アグネスタキオン×ヘクタープロテクター×Lomond×Busted』で『Halo系×Mr.Prospector系×Northern Dancer系×Donatello系』の配合です。5代血統表内にはクロスはありません。カイシュウタキオンの牝系は欧州で受け継がれている2号族。曾祖母Burghclere(1977)の直仔に欧州3勝でアラルポカル(独GI)の勝ち馬ウインドインハーヘア(1991.2.20)がいます。ということは、ディープインパクト(2002.3.25)ブラックタイド(2001.3.28)、レディブロンド(1998.3.20)などの近親ということですね。カイシュウタキオンは母ペトラ(1994.5.31)が3連産目の3番仔。

京都の新馬戦(ダート1400m)を勝ち上がったのは(父)(市)テンザンオトヒメ(2003.4.6、牝、鹿毛)。栗東・藤原英昭厩舎の所属。その4代血統構成は『フジキセキ×Nureyev×ジェネラルアセンブリー×プリメラ』で『Halo系×Northern Dancer系×Bold Ruler系×My Babu系』の配合です。5代血統表内ではNative Dancer(1950.3.27)5×5(母方)のクロス、Almahmoud(1947)5×5の牝馬クロスがあります。テンザンオトヒメの牝系は欧州で受け継がれている21号族。伯父にレーシングポストトロフィー(英GI)の勝ち馬Saratoga Springs(1995.1.21)がいます。テンザンオトヒメは母パパラッシオが2連産目の2番仔と推定。ちなみに、「テンザン」の冠名で知られる平野三郎オーナー。同氏は藤原牧場現場主、藤原悟郎氏の実父としても知られています。あれ、藤原の姓から察するに、藤原英昭調教師も藤原牧場さんの血縁者でしょうか?

京都の新馬戦(芝1600m)を勝ち上がったのは(市)アマノトレンディー(2003.4.19、牡、栗毛)。栗東・湯窪幸雄厩舎の所属。その4代血統構成は『クロコルージュ×★ノーザンテースト×トライバルチーフ×ダイハード』で『Blushing Groom系×Northern Dancer系×Princely Gift系×Never Say Die系』の配合です。5代血統表内ではNasrullah(1940.3.2)5×5×5のクロス、Lady Angela(1944)5×4(母方)の牝馬クロスがあります。アマノトレンディーの牝系はユートピア牧場伝来の1号族セレタ(1923)系ケンタッキー(1947.4.9)分枝。曾祖母クリハード(1968.4.16)からの別分枝馬に中央5勝で青葉賞(現GII、当時GIII)の勝ち馬タヤスアゲイン(1995.3.23)がいます。アマノトレンディーは母ホリノセレタ(1988.3.30)が11連産目の11番仔。

ちょっとした小ネタをはさみつつ、お送り致しました。ではでは。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年10月30日 (日)

日曜日の重賞の結果(2005/10/30分)。

第132回天皇賞・秋(GI)。

1着ヘヴンリーロマンス(2000.3.5)関西テレビのドリーム競馬司会者、宮川一郎太さんがおっしゃっていました。「今年は天皇一家にもロマンスがありました」。紀宮様のご成婚。はは、ニュースになっているところには気付いていたのになぁ。詰めが甘かった。とまあ、私の詰めが甘いのはいつものことですけれど、ヘヴンリーロマンスの差し脚は鋭かったですね。直線を内ラチから縫うように抜け出して来ました。上り4ハロン45秒4、3ハロン33秒6の差し合いを制したのですから、大したもの。ヘヴンリーロマンス自身の上り3ハロンは32秒7だったそうです。

山本正司調教師と松永幹夫騎手の師弟コンビによるGI制覇は初めてのことでした。思えばこの師弟による重賞初勝利も、同じ府中の芝2000mの舞台でした。あれから12年、干支がひと回りして掴んだ天皇盾。山本調教師はハッピープログレス(1978.4.15)による1984年の安田記念(GI)以来、松永騎手はファレノプシス(1995.4.4)による2000年のエリザベス女王杯(GI)以来のGI制覇でした。松永騎手は牡牝混合のJRAGIは初勝利でしたが、鞍下にはやっぱり牝馬がいました。男前には美女が似合う。よかった、よかった。

2着ゼンノロブロイ(2000.3.27)。馬場の中央を抜け出して来た時、横山典弘騎手は「やった」と一瞬思われたのではないでしょうか。ところが内側から差して来た同級生の乗る牝馬に、すんでのところで差し切られてしまいました。あの瞬間、横山騎手は「幹夫、なにすんねん」と思われたと、私は勝手に思いました(笑)。

3着ダンスインザムード(2001.4.10)。前走の府中牝馬S(GIII)でも差し脚は鋭かったので気配は良くなっていたのでしょう。道中4番手、エエ感じで走っているなと思いました。粘り腰で3着、よく頑張りました。天才少女のささやかな復活劇でした。

牝馬が頑張りそうと思い、シルシを付けた2頭が馬券の対象から消え、シルシを外した2頭が馬券の対象になりました。また、勝ち馬は、いつもあれ程強調している「母が不受胎後の仔」です(笑)。

天皇賞の確定を知らせる電光掲示板の馬番の数字を上から見て「1、13、12」。1の位の並びが「1、3、2」で「あー、そういうことやったのね」と思った、第132回天皇賞・秋の結果でした。いつもの通り、後の祭り。

#追記。WEBを散見していましたら、皇太子のご息女、敬宮愛子様の生年月日が「平成13121日」ということ。女性天皇問題のニュースが飛び交う昨今、愛子様馬券ですって(笑)。お誕生日の日付が12月1日というのは知っていたのですが、平成13年のお生まれとは気付きませんでした(わはは)。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

土曜日の2歳戦の結果(2005/10/29分)。

土曜日の2歳戦の結果です。オープン特別1クラ、新馬戦4クラ、未勝利戦7クラで合計12レース。ははは。

京都の萩S(芝1800m)を勝ち上がったのはを制したのはフサイチリシャール(2003.4.6)。重馬場の中、1分49秒1で2着以降に3馬身差をつけて快勝しました。血統表は近々アップしますが、まずは9月25日に未勝利戦を勝ち上がった際のコメントでお茶を濁しておきます。

<再掲分>阪神の未勝利戦(芝2000m)を勝ち上がったのは(市)フサイチリシャール(2003.4.6、牡、芦毛)。栗東・松田国英厩舎の所属。その4代血統構成は『クロフネ×サンデーサイレンス×Mr.Prospector×Francis S.』で『Deputy Minister系×Halo系×Raise a Native系×Royal Charger系』の配合です。5代血統表内ではRaise a Native(1961)4×5(母方)のクロスがあります。フサイチリシャールの牝系は米国で受け継がれている20号族。母フサイチエアデール(1996.3.26)はJRA5勝を挙げ、4歳牝馬特別(現フィリーズレビュー、GII)、シンザン記念(GIII)、ダービー卿CT(GIII)、マーメイドS(GIII)と重賞4勝の名牝です。半姉ライラプス(2002.2.19)はJRA現役でクイーンC(GIII)の勝ち馬です。フサイチリシャールは母が2連産目の2番仔。フサイチリシャールは「クロフネ(1998.3.31)×フサイチエアデール」という事で、完全にマツクニ厩舎血統ですね。

東京の新馬戦(ダート1600m)を勝ち上がったのはゼンノスカイブルー(2003.3.24、牡、鹿毛)。美浦・土田稔厩舎の所属。その4代血統構成は『エリシオ×アジュディケーティング×Specutacular Bid×Solo Landing』で『Fairy King系×Danzig系×Bold Ruler系×Turn-to系』の配合です。5代血統表内ではNorthern Dancer(1961.5.27)3×4、Native Dancer(1950.3.27)5×5、Bold Ruler(1954.4.6)5×5のクロスがあります。ゼンノスカイブルーの牝系は米国で受け継がれている4号族。叔母ヘルスウォール(1999.3.6)は中央3勝でチューリップ賞(GIII)の勝ち馬、伯母サラトガビューティ(1995.4.22)は中央2勝でラベンダー賞(OP)の勝ち馬です。ゼンノスカイブルーは母ウインベローナ(1998.3.18)の初仔

東京の新馬戦(芝1400m)を勝ち上がったのは(外)フォルタレーザ(2003.4.5、牡、鹿毛)。美浦・国枝栄厩舎の所属。その4代血統構成は『Siphon×Shy Groom×Busted×Princely Gift』で『Sicambre系×Blushing Groom系×Donatello系×Nasrullah系』の配合です。滅多にお目にかかれない血統構成ですね。また、マル外でありながら5代血統表内にガーサント(1949.4.5)、ダンサーズイメージ(1965.4.10)、ヴィミー(1952)、アンゴラ(1955)と輸入種牡馬&繁殖牝馬の名前が見えるところも良いですね。5代血統表内ではMaki(1947)5×5(父方)、Nasrullah(1940.3.2)5×5(母方)のクロス、UdaipurとUrisca5×5(父方)の全姉妹クロスがあります。クロスもシブいなぁ。フォルタレーザの牝系は欧州で受け継がれている6号族。母MissDemure(1986)は欧米1勝で、その1勝がロウザーS(英GII)です。母の繁殖成績の詳細は不明も、少なくとも2連産目以上で9番仔以降の仔のようです。

京都の新馬戦(芝1200m)を勝ち上がったのはロングフラワー(2003.5.25、牝、鹿毛)。栗東・大根田裕之厩舎の所属。その4代血統構成は『チーフベアハート×アレミロード×ラバージョン×アイアンリージ』で『Daizig系×Ribot系×Damascus系×Teddy系』の配合です。5代血統表内ではRibot(1952.2.27)4×4、Nashua(1952.4.14)5×5、Bold Ruler5×4(父方)のクロスがあります。ロングフラワーの牝系は社台牧場が1930年に米国から輸入した4号族ソネラ(1919)系。半姉ロングカイソウ(1997.4.26)は中央5勝、地方2勝でさくらんぼ記念(統一GIII)、サマーチャレンジ(統一GIII)を勝ちました。また、4代母ハイビスカス(1964.5.22)からの別分枝馬にメジロブライト(1994.4.19)メジロベイリー(1998.5.30)がいます。ロングフラワーは母ロングマサユメ(1989.3.11)が2連産目の7番仔。

福島の新馬戦(芝1800m)を勝ち上がったのは(父)(市)コスモスペシャリー(2003.4.4、牡、鹿毛)。美浦・稲葉隆一厩舎の所属。その4代血統構成は『スペシャルウィーク×★スターオブコジーン×ノーザリー×テスコボーイ』で『Halo系×フォルティノ系×Northern Dancer系×Princely Gift系』の配合です。5代血統表内ではNorthern Dancer5×4のクロスがあります。コスモスペシャリーの牝系は小岩井の1号族キーンドラー(1898)系。母エンゼルカロ(1997.4.7)は中央2勝、地方2勝でカク地馬として函館3歳S(現函館2歳S、GIII)を制しました。また、4代母キタノリュウ(1965.5.13)の直仔に『青き女王』テスコガビー(1972.4.14)がいます。同牝馬は中央7勝で桜花賞(現GI)を大差のレコード勝ち、オークス(現GI)を8馬身差勝ちした稀代の名牝でした。コスモスペシャリーは母の初仔

東京の未勝利戦(ダート1400m)を勝ち上がったのは(市)アリマエクセレント(2003.4.8、牡、鹿毛)。美浦・加藤和宏厩舎の所属。その4代血統構成は『マイネルラヴ×タマトップ×ノーザンネイティヴ×★リュウフォーレル』で『Mr.Prospector系×Bold Ruler系×Nearctic系×BoisRoussel系』の配合です。シブい。5代血統表内ではBold Ruler5×4、Native Dancer5×5のクロス、Northern Dancerとノーザンネイティヴ(1966.5.2)5×3の全兄弟クロスがあります。アリマエクセレントの牝系は小岩井の10号族ボニーナンシー(1903)系。アリマエクセレントは母モガミタマー(1987.5.21)が3連産目の13番仔。なお、母は1995年に双子死産、2001年にギャロップダイナ(1980.4.25)産駒の双子を産み落としているようです。今回の産駒数にはそれら4頭が含まれています。なお、このアリマエクセレントの勝利により、加藤和宏調教師はJRA初勝利を遂げられました。おめでとうございます。

東京の未勝利戦(芝1400m)を勝ち上がったのはリネンヤクシン(2003.3.22、牡、鹿毛)。美浦・南田美知雄厩舎の所属。その4代血統構成は『★カコイーシーズ×マルゼンスキー×ダンサーズイメージ×ゲイサン』で『Alydar系×Nijinsky系×Native Dancer系×Fine Top系』の配合です。5代血統表内ではNative Dancer4×4、Tom Fool(1949.3.31)4×5、Nasrullah5×4(父方)のクロスがあります。リネンヤクシンの牝系は小岩井の12号族ビューチフルドリーマー(1903)系。リネンヤクシンは母リネンティアラ(1992.3.1)が7連産目の7番仔。

東京の未勝利戦(芝1800m)を勝ち上がったのはオンファイア(2003.3.26、牡、鹿毛)。美浦・藤沢和雄厩舎の所属。その4代血統構成は『★サンデーサイレンス×Alzao×Busted×Queen'sHussar』で『Halo系×Lyphard系×Donatello系×Fairway系』の配合です。5代血統表内にはクロスはありません。オンファイアの牝系は欧州で受け継がれている2号族。言わずもがなと思いますが、全兄ディープインパクト(2002.3.25)は現役で中央競馬史上2頭目の無敗の牡馬クラシック三冠馬、同じく全兄ブラックタイド(2001.3.28)は現役でスプリングS(GII)の勝ち馬、半姉レディブロンド(1998.3.20)は5歳デビューで5連勝を飾った快速馬。そして母ウインドインハーヘア(1991.2.20)は欧州3勝でアラルポカル(独GI)の勝ち馬です。オンファイアは母が8連産目の8番仔。

京都の未勝利戦(芝1600m)を勝ち上がったのは(父)キシュウティアラ(2003.3.19、牝、鹿毛)。栗東・安達昭夫厩舎の所属。その4代血統構成は『フジキセキ×Woodman×Northern Dancer×Forli』で『Halo系×Mr.Prospector系×Nearctic系×Hyperion系』の配合です。5代血統表内ではNative Dancer5×5(母方)のクロス、Almahmoud(1947)5×5の牝馬クロスがあります。キシュウティアラの牝系は米国で受け継がれている14号族。キシュウティアラは母ビワプリムラ(1994.4.3)が3連産目の3番仔。

京都の未勝利戦(ダート1200m)を勝ち上がったのは(市)レソナル(2003.2.4、牡、鹿毛)。栗東・大久保正陽厩舎の所属。その4代血統構成は『グラスワンダー×SeattleSlew×Deputy Minister×★Stage Door Johnny』で『Roberto系×Bold Ruler系×Northern Dancer系×Princequillo系』の配合です。5代血統表内ではHail to Reason(1958)4×5、Northern Dancer4×5のクロスがあります。レソナルの牝系は米国で受け継がれている3号族。レソナルは母ポニーガール(1998.3.16)の初仔

京都の未勝利戦(ダート1400m)を勝ち上がったのはブルーアイガー(2003.3.30、牡、黒鹿毛)。栗東・武田博厩舎の所属。その4代血統構成は『エルコンドルパサー×フジキセキ×トウショウボーイ×テューダーペリオッド』で『Mr.Prospector系×Halo系×Princely Gift系×Owen Tudor系』の配合です。5代血統表内ではNorthern Dancer5×4(父方)のクロス、Special(1969)とLisadel(1971)5×5×4(父方)の全姉妹クロスがあります。ブルーアイガーの牝系は5代母である英国産の牝馬メラルダ(1962)を日本の基礎繁殖とする5号族。ブルーアイガーは母ブルーフレア(1997.4.13)の初仔

福島の未勝利戦(芝1200m)を勝ち上がったのはクリスタルローズ(2003.3.15、牝、栗毛)。美浦・内藤一雄厩舎の所属。その4代血統構成は『グラスワンダー×★サンデーサイレンス×ラッキーソブリン×インディアナ』で『Roberto系×Halo系×Nijinsky系×Sayajirao系』の配合です。5代血統表内ではHail to Reason4×4、Northern Dancer4×5のクロスがあります。クリスタルローズの牝系は6代母である新国産の牝馬フォックスンダウン(1945)を日本の基礎繁殖とする5号族。クリスタルローズは母ビッグラブ(1995.3.30)が4連産目の4番仔。

うーむ、やっぱり12レース分は疲れたび~。ではでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月29日 (土)

土曜日の重賞の結果(2005/10/29分)。

夜が明ける前から出社し、日が落ちてから帰宅するかろむわんでございます。まま、普通ですね~。

今日はコスモサンビーム(2001.3.28)がスワンS(GII)で劇的な復活を遂げましたね。帰宅後、JRAのサイトで結果を見て、思わず歓声を上げてしまいました。やったなぁ、コスモサンビーム。種子骨骨折からよくぞ立ち直ったものです。サイドワインダー(1998.4.2)との追い比べに勝ったのだから、大したもの。偉い。鞍上の本田勝騎手、さすが。やっぱり上手い。テイエムオーシャン(1998.4.9)と出会った2000年以降、40歳を過ぎてから花を咲かせ続けられていますね。あと、我慢強く復帰を信じられた佐々木晶三厩舎陣営、そして岡田美佐子オーナー。本当に良かったですね。

とてもくたびれた休日出勤でしたが、コスモサンビームの勝利のおかげで疲れも吹っ飛びました。ありがとう、そしておめでとう。

追伸。連闘でしたので、どうか脚元だけは気をつけてください。

#追記。表のページ第132回天皇賞・秋の馬柱をアップしました。よろしければご笑覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年10月28日 (金)

告知。

翌朝4時起きなのに、まだ起きているかろむわんでございます。

表のページにおける第132回天皇賞・秋(GI)の馬柱は土曜日の夜まで、今しばらくお待ちください。恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月27日 (木)

Phalaenopsis.

ファレノプシスと言っても、GI3勝の黒鹿毛の名牝ではありません。

胡蝶蘭とファブリーズ。

なぜか我が家の花瓶に飾られている胡蝶蘭。ファブリーズとともに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月26日 (水)

経過報告3。

なかなか、メインWindowsPCさんが言うことを聞いてくれません。なんで、グラフィックドライバの読み込みが上手くいかへんねん(笑)。1028×768の解像度で色表現が32ビットのレートなのに、640×480で4ビットで起動するって、どういうこと。まま、上手くいかない時も楽しいものではありますが。まま、徐々に直して行きますわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月25日 (火)

エンペラーズカップ100年記念。

たまたまのめぐり合わせですが、エンペラーズカップ100年記念の今年の天皇賞・秋(GI)は、天皇・皇后両陛下が来場されるということ。中央競馬で天皇賞が設けられてから、天皇が天皇賞を観戦されるのは初めてということです。天覧競馬ですね。

これは、サイン馬券理論派の方は、意地でもサインを見つけ出そうとされますでしょうね(笑)。中島理論使いの私も、サインがないか見つけようとしていますもの(大笑)。例えば、皇族ゆかりの御料牝系の馬が出走していないかとかですね。残念ながら、0頭です...。

もうこうなったら、直接天皇賞に関わりのある馬を探すのみ。自身が天皇賞馬のゼンノロブロイ(2000.3.27)スズカマンボ(2001.4.28)、あと母が天皇賞馬のアドマイヤグルーヴ(2000.4.30)。この3頭で、どうでしょう?

案外、あったりして。

#追記。ちなみに、ゼンノロブロイの母ローミンレイチェル(1990.4.18)は、昨今の皇族関連のニュースにおける中心人物である紀宮様と同じ4月18日生まれです。ははは、ゼンノロブロイの東京コースの成績である[3-1-0-0]と合わせて、ゼンノロブロイの本命は鉄板?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「天皇賞・秋(GI)」と聞くと、ヤマニンゼファー(1988.5.27)とセキテイリュウオー(1989.4.30)の叩き合いを思う。

メインPCがイブキクラッシュ(1990.3.19)する前は、天皇賞・秋についてはテイエムオペラオー(1996.3.13)で書こうと思っていたのですが、下書きがなくなってしまったので、変えました。ははは...。

1993年の天皇賞・秋。府中の直線で見せた、根性比べの1戦。今もまぶたに焼き付いているのは、2頭の叩き合いになって内のヤマニンゼファーが外のセキテイリュウオーに対して、自ら、馬体を併せに行ったことですね。鞍上の柴田善臣騎手の意図ではなく、ヤマニンゼファー自身の意思によって内から詰め寄って行ったように見えました。天皇賞までにGI2勝のチャンピオンホースの意地が、そうさせたように見えました。ボスになろうという競走意欲に燃えるヤマニンゼファー。456kgの豆タンクは、同じ456kgとは思えないスマートな竜王を「ハナ」だけ抑えて、父ニホンピロウイナー(1980.4.27)が成し得なかった天皇賞制覇を遂げました。

いつも一生懸命に走るヤマニンゼファー、「そよ風、というには強烈すぎた。」馬でした。

#追記。誰ですか、「今ではヨシトミとカツハルのGIワンツーなんて見られないよな」って言っているのは(苦笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年10月24日 (月)

日曜日の2歳戦の結果(2005/10/23分)。

第66回菊花賞(GI)の余韻冷めやらぬ日曜日の夕間暮れに書き始めました、日曜日の2歳戦の回顧です。500万特別戦1クラ、新馬戦3クラ、未勝利戦5クラの計9レース。

京都のかえで賞(芝1400m)を制したのはテイエムプリキュア(2003.4.8)。これで新馬~特別のデビュー2連勝となりました。以下に9月3日に新馬戦を勝ち上がった際のコメントを再掲しておきます。

<再掲分>小倉の新馬戦(芝1200m)を勝ち上がったのは(市)テイエムプリキュア(2003.4.8、牝、黒鹿毛)。栗東・五十嵐忠男厩舎の所属。その4代血統構成は『パラダイスクリーク×ステートリードン×Caro×Icecapade』で『Riverman系×Nureyev系×フォルティノ系×Nearctic系』の配合です。5代血統表内ではNorthern Dancer4×4、Nearctic(1954.2.11)5×5×5のクロスがあります。テイエムプリキュアの牝系は米国で受け継がれている11号族。伯父エムアイブラン(1992.4.22)は武蔵野S(GIII)2回、平安S(GIII)、アンタレスS(GIII)などJRA12勝を挙げた活躍馬です。テイエムプリキュアは母フェリアード(1996.5.5)が3連産目の3番仔。しかし、竹園正繼オーナー、プリキュアですかぁ。

東京の新馬戦(芝1800m)を勝ち上がったのは(父)(市)ハネダテンシ(2003.2.25、牝、鹿毛)。美浦・秋山雅一厩舎の所属。その4代血統構成は『フジキセキ×シンボリルドルフ×モガミ×ネヴァービート』で『Halo系×My Babu系×Lyphard系×Never Say Die系』の配合です。5代血統表内にはクロスはありません。ハネダテンシの牝系は米国産の牝馬アマゾンウォリアー(1960.5.6)を日本の基礎繁殖とする9号族。半兄ブルートルネード(2001.3.13)は現役で函館記念(GIII)2着があり、伯母メジロランバダ(1993.4.8)は中央6勝で日経新春杯(GII)、中山牝馬S(GIII)の勝ち馬です。ハネダテンシは母ブルーサヴァンナ(1996.4.7)が3連産目の3番仔。

京都の新馬戦(ダート1200m)を勝ち上がったのはスズノケーティング(2003.3.6、牡、鹿毛)。栗東・五十嵐忠男厩舎の所属。その4代血統構成は『アジュディケーティング×トウショウボーイ×ダイアトム×トサミドリ』で『Danzig系×Princely Gift系×Sicambre系×Blandford系』の配合です。5代血統表内ではNasrullah(1940.3.2)5×5のクロスがあります。スズノケーティングの牝系は下河辺牧場さんが輸入されたことで知られる7号族シュリリー(1925)系。4代母クインナルビー(1949.4.13)は中央17勝で天皇賞・秋(現GI)の勝ち馬です。天皇賞を勝った際の鞍上は若き日の境勝太郎さんでした。スズノケーティングは母スズノナルビー(1992.5.16)が不受胎後の4番仔。

京都の新馬戦(芝2000m)を勝ち上がったのは(父)ダークメッセージ(2003.2.14、牡、栃栗毛)。栗東・佐々木晶三厩舎の所属。その4代血統構成は『ダンスインザダーク×ノーザンテースト×Crafty Prospector×★Secretariat』で『Halo系×Northern Dancer系×Mr.Prospector系×Bold Ruler系』の配合です。5代血統表内ではNorthern Dancer(1961.5.27)4×3、Raise a Native(1961)5×5のクロス、Almahmoud(1947)5×5、Lady Angela(1944)5×4(母方)の牝馬クロスがあります。ダークメッセージの牝系は米国で受け継がれている9号族。伯父にビッグショウリ(1991.4.5)、伯母にキョウエイフォルテ(1994.3.15)、叔父にビッグテースト(1998.3.9)、スパイキュール(2000.4.4)。いとこにレニングラード(1999.4.29)、ニューベリー(1998.5.8)、カンパニー(2001.4.24)と活躍馬がズラリそろっています。ダークメッセージは母エヴリウィスパー(1997.3.13)が2連産目の2番仔。

東京の未勝利戦(ダート1300m)を勝ち上がったのはチャームダンス(2003.3.20、牝、鹿毛)。美浦・伊藤圭三厩舎の所属。その4代血統構成は『アフリート×Nijinsky×◆Nashua×Tantieme』で『Mr.Prospector系×Northern Dancer系×Nasrullah系×Teddy系』の配合です。5代血統表内ではNashua(1952.4.14)4×3、Native Dancer(1950.3.27)4×5、Menow(1935)5×5、Nearco(1935.1.24)5×5(母方)のクロスがあります。チャームダンスの牝系は欧米で受け継がれている8号族。母ダンシングゴッデス(1985.3.27)は英愛2勝で愛1000ギニー(GI)2着馬です。また、半姉にNHK連続テレビ小説「ファイト」に出演していた「サイゴウジョンコ」ことダンスアワルツ(2000.6.5)がおり、甥に中央8勝で神戸新聞杯(GII)、オールカマー(GII)、札幌記念(GII)、函館記念(GIII)と重賞4勝のエアエミネム(1998.5.21)、中央9勝でステイヤーズS(GII)2着のアラバンサ(1993.4.21)がいます。チャームダンスは母が不受胎後の11番仔と推定。

東京の未勝利戦(芝1400m)を勝ち上がったのは(父)ブルーパピヨン(2003.5.11、牡、芦毛)。美浦・佐々木亜良厩舎の所属。その4代血統構成は『★サニーブライアン×トウホーカムリ×マルゼンスキー×シルバーシャーク』で『Roberto系×Red God系×Nijinsky系×Relic系』の配合です。5代血統表内ではNorthern Dancer4×5のクロスがあります。ブルーパピヨンの牝系は小岩井の16号族ヘレンサーフ(1903)系。実は半兄オネットーム(1999.3.27)をとあるPOGで指名していました。4代母トサハヤテ(1968.6.5)の仔に中央4勝で桜花賞(現GI)馬のオヤマテスコ(1975.3.19)がいます。ブルーパピヨンは母ハウンドトゥース(1992.3.16)が2連産目の4番仔。

東京の未勝利戦(芝1600m)を勝ち上がったのは(父)ブラックシャドウ(2003.4.8、牡、青毛)。美浦・田中清隆厩舎の所属。その4代血統構成は『アドマイヤボス×Green Desert×Seattle Slew×ダンサーズイメージ』で『Halo系×Danzig系×Bold Ruler系×Native Dancer系』の配合です。5代血統表内ではNorthern Dancer4×4のクロスがあります。ブラックシャドウの牝系は米国で受け継がれいてる22号族。3代母Lianga(1971)は欧州11勝でジャック・ル・マロワ賞(仏GI)など重賞6勝の名牝です。ブラックシャドウは母トーヨーラクーン(1988.3.9)が3連産目の7番仔。

京都の未勝利戦(ダート1200m)を勝ち上がったのは(父)アグネストラベル(2003.5.18、牡、栗毛)。栗東・白井寿昭厩舎の所属。その4代血統構成は『アグネスタキオン×Topsider×Never Bend×Bull Lea』で『Halo系×Northern Dancer系×Nasrullah系×Teddy系』の配合です。5代血統表内ではNasrullah5×4(母方)、Nearco5×5(母方)のクロス、Almahmoud5×5の牝馬クロスがあります。アグネストラベルの牝系は米国で受け継がれている8号族。半姉アイノグレース(2002.5.25)は現役で頑張っています。アグネストラベルは母ソヨカゼ(1990.5.14)が実質7連産目の6番仔(死産含む)。

京都の未勝利戦(芝1600m)を勝ち上がったのはビッグカポネ(2003.4.22、牡、鹿毛)。栗東・中尾正厩舎の所属。その4代血統構成は『ブライアンズタイム×ドクターデヴィアス×Danzig×Damascus』で『Roberto系×Ahonoora系×Northern Dancer系×Sword Dancer系』の配合です。5代血統表内ではNorthern Dancer5×4(母方)のクロスがあります。ビッグカポネの牝系は米国で受け継がれている22号族。母ロンドンブリッジ(1995.5.6)は中央3勝でファンタジーS(GIII)の勝ち馬、半姉ダイワエルシエーロ(2001.5.11)は現役でオークス(GI)、クイーンC(GIII)、京阪杯(GIII)、マーメイドS(GIII)と重賞4勝、全兄ビッグプラネット(2002.5.2)は現役でアーリントンC(GIII)の勝ち馬です。ビッグカポネは母が4連産目の4番仔。

福島の未勝利戦(芝1200m)を勝ち上がったのはシンボリカッシーニ(2003.2.20、牡、黒鹿毛)。美浦・境征勝厩舎の所属。その4代血統構成は『シンボリスウォード×ウォーニング×Nureyev×Arctic Tern』で『Danzig系×Intent系×Northern Dancer系×Native Dancer系』の配合です。5代血統表内ではNorthern Dancer4×4、Hail to Reason(1958)5×5(母方)のクロスがあります。シンボリカッシーニの牝系は欧米で受け継がれている5号族。曾祖母Escaline(1980)は仏オークス(GI)馬です。シンボリカッシーニは母スイートエスカリン(1995.2.12)が3連産目の3番仔。なお、シンボリカッシーニの勝利により新種牡馬シンボリスウォード(1995.2.5)の産駒は中央初勝利となりました。また、母は2004年2月に死亡しており、シンボリカッシーニが最後の仔となります。

バラエティに富んだ面々が勝ち上がった、日曜日の2歳戦でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月23日 (日)

日曜日の重賞の結果(2005/10/23分)。

パドックを見ている時から自分の鼓動が速くなっている事に驚いた、かろむわんでございます。

第66回菊花賞(GI)。

1着ディープインパクト(2002.3.25)。史上2頭目の無敗の三冠馬、成る。ゴール後「お見事!!」と叫んでしまいました。ゲートの出が抜群だった為、却って道中引っかかり加減になってしまいましたね。あれだけ道中苦労していながら、自身の上がり3ハロンはナント33秒3の鬼脚(!!)。ハロン毎のタイムを追うと、2ハロン目と最後の15ハロン目が最速の11秒6。過去の菊花賞を確認しましたが、最後の1ハロンが最速になったレースは、過去10年では見当たらず、過去20年でも超スローペースで流れてヨーイドンの競馬になった1991年のレオダーバン(1988.4.25)の菊花賞があるのみです。前を追いかけて、自身が叩き出したラスト1ハロンの11秒6。恐るべしはディープインパクト、史上に残るその末脚。なお、勝ち時計3分4秒6は、奇しくも11年前に三冠を達成したナリタブライアン(1991.5.3)と同じタイムでした。

2着アドマイヤジャパン(2002.4.16)。横山典弘騎手の好騎乗。やはり先に行くしかなかったですね。あーあ、下手にコンプレックスのことを考えなければ良かった(笑)。ディープインパクトの隣枠に入った時に「切ろう」と思ったのが敗因でした。横山騎手が見えないように、見えないように走らせました。独国の16号族、シュレンダーハン牧場のSライン。思えばマンハッタンカフェ(1998.3.5)の近親馬です。お母さんは淀の重賞、京都牝馬特別(現京都牝馬S、GIII)を勝っているんですよね...。

3着ローゼンクロイツ(2002.4.6)。淀に合う印象のある牝系ではありますが、Phalaris(1913)4段重ねの一本調子の配合なので消しちゃったんです。あーあ、これも失敗。お母さんは淀の重賞、デイリー杯3歳S(現デイリー杯2歳S、GII)を勝っているんですよね...。

うすうす気付き加減だったのですが、直前の太秦S(準OP)における馬連の配当が6660円(しかも馬番が菊花賞と同じ7番6番の決着)、武豊騎手のJRA騎手登録番号が666番、菊花賞の2着馬が6番人気の馬番6番馬。そして、ディープインパクト自身が中央競馬史上6頭目の牡馬三冠馬。密かに6に関連する数字が並んだ、第66回菊花賞の1日でした。

ディープインパクトと武豊騎手、金子真人オーナー、ノーザンファーム、池江泰郎厩舎陣営。本当におめでとうございました。そして、本当にお疲れ様でした。ひと休みして、また次の戦いに挑んでください。英雄でもあり、宝物でもあるディープインパクト。あなたと同じ時代に生きることができて、本当に良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土曜日の2歳戦の結果(2005/10/22分)。

土曜日の2歳戦の回顧です。オープン特別1クラ、新馬戦4クラ、未勝利戦6クラの計11レース。はは、PCがノックダウンした時に限って、多いなぁ(笑)。

東京のいちょうS(OP)を制したのはジャリスコライト(2003.2.22)。これは強いですね。直線で2回ほど前が詰まりましたが、抜け出してからの脚の速い事。血統構成については4代血統表をご参照ください。

東京の新馬戦(ダート1300m)を勝ち上がったのはカナハラグロリア(2003.4.5、牡、黒鹿毛)。美浦・山田要一厩舎の所属。その4代血統構成は『アジュディケーティング×ミナガワビクトリー×Exclusive Native×Bagdad』で『Danzig系×Princely Gift系×Raise a Native系×Black Toney系』の配合です。母父ミナガワビクトリー(1980.4.15)って。5代血統表内ではBold Ruler(1954.4.6)4×5、Native Dancer(1950.3.27)5×5のクロス、Flitabout(1945)5×5の牝馬クロスがあります。カナハラグロリアの牝系は米国で受け継がれている5号族。 カナハラグロリアは母カナハラカレン(1995.4.28)が2連産目の2番仔。

東京の新馬戦(芝1400m)を勝ち上がったのは(父)スイートピルエット(2003.4.4、牝、黒鹿毛)。美浦・坂本勝美厩舎の所属。その4代血統構成は『★ステイゴールド×ダンスホール×Desert Wine×Vaguely Noble』で『Halo系×Northern Dancer系×Damascus系×Aureole系』の配合です。5代血統表内ではHail to Reason(1958)4×5、Northern Dancer(1961.5.27)5×5のクロスがあります。スイートピルエットの牝系は欧米で受け継がれている4号族。半兄ハードクリスタル(2000.4.27)は現役でマリーンS(OP)の勝ち馬、叔母クロカミ(1993.2.25)は中央7勝で京王杯AH(現京成杯AH、GIII)、府中牝馬S(GIII)の勝ち馬です。スイートピルエットは母スイートミルド(1992.1.20)が不受胎後の4番仔。

京都の新馬戦(芝1400m)を勝ち上がったのはウインレジェンド(2003.3.4、牡、黒鹿毛)。栗東・瀬戸口勉厩舎の所属。その4代血統構成は『★サンデーサイレンス×★Nashwan×Northern Dancer×★Raise a Native』で『Halo系×Blushing Groom系×Nearctic系×Native Dancer系』の配合です。うーむ、4系のうち3系が0交配とは。5代血統表内ではNative Dancer5×5(母方)のクロス、Almahmoud(1947)4×5の牝馬クロスがあります。ウインレジェンドの牝系は欧米で受け継がれている14号族。母シンコウノビー(1995.3.2)は中央1勝でファンタジーS(GIII)2着、フラワーC(GIII)3着があります。阪神3歳牝馬S(現阪神JF、GI)では1番人気にも押されました。また、ウインレジェンドの3代母はWhere You Lead(1970)です。うわ、出て来ましたよ、お客様。孫にRainbow Quest(1981)、ウォーニング(1985.4.13)、コマンダーインチーフ(1990.5.18)が出ている、欧州でも屈指の名牝系のひとつです。ウインレジェンドは母が4連産目の4番仔。

福島の新馬戦(芝1200m)を勝ち上がったのは(父)パセティックゴール(2003.4.6、牝、黒鹿毛)。美浦・栗田博憲厩舎の所属。その4代血統構成は『★ステイゴールド×★St.Jovite×Danzig×◆Halo』で『Halo系×Ribot系×Northern Dancer系×Hail to Reason系』の配合です。うーむ、4系のうち3系が0化とは。5代血統表内ではHalo(1969.2.7)3×4、Northern Dancer5×5×4のクロスがあります。パセティックゴールの牝系は北米で受け継がれている22号族。パセティックゴールは母ワンモアワード(1998.2.7)の初仔

東京の未勝利戦(ダート1400m)を勝ち上がったのは(父)(市)ヒシカード(2003.5.22、牡、黒鹿毛)。美浦・小林常泰厩舎の所属。その4代血統構成は『ジェニュイン×ヤマニンスキー×ダンサーズイメージ×タニノチカラ』で『Halo系×Nijinsky系×Native Dancer系×Clarion系』の配合です。曾祖母父タニノチカラ(1969.4.14)が泣かせます。5代血統表内ではNorthern Dancer5×4のクロスがあります。ヒシカードの牝系は4代母である英国産の牝馬アベイブリッジ(1958)を日本の基礎繁殖とする14号族。アベイブリッジの孫に、カツラギエース(1980.4.24)がいます。言わずと知れた日本馬初のジャパンカップ(GI)勝ち馬ですね。ヒシカードは母パレス(1993.5.5)が実質7連産目の6番仔(死産含む)。

東京の未勝利戦(芝2000m)を勝ち上がったのはクラフトミラージュ(2003.2.23、牡、鹿毛)。美浦・後藤由之厩舎の所属。その4代血統構成は『フレンチデピュティ×★パドスール×ノーザンテースト×マリーノ』で『Deputy Minister系×Mill Reef系×Northern Dancer系×Wild Risk系』の配合です。5代血統表内ではNorthern Dancer4×4、Nasrullah(1940.3.2)5×5のクロスがあります。クラフトミラージュの牝系は22号族ナイトライト(1953)系。半兄クラフトマンシップ(1995.3.21)は中央5勝で函館記念(GIII)の勝ち馬、同じく半兄クラフトワーク(2000.4.2)は現役でAJC杯(GII)、中山金杯(GIII)、函館記念(GIII)と重賞3勝、伯父ダイナコスモス(1983.3.25)は中央4勝で皐月賞(GI)、ラジオたんぱ賞(GIII)の勝ち馬です。活力充分。クラフトミラージュは母ワーキングガール(1988.4.5)が9連産目の9番仔。

京都の未勝利戦(ダート1400m)を勝ち上がったのは(市)メイショウブルドー(2003.3.25、牡、青毛)。栗東・田島良保厩舎の所属。その4代血統構成は『★キンググローリアス×ヤマニンスキー×ハイセイコー×ミンシオ』で『Mr.Prospector系×Nijinsky系×Hyperion系×Relic系』の配合です。5代血統表内ではTom Fool(1949.3.31)5×5×5、Palestinian(1946)5×5のクロスがあります。メイショウブルドーの牝系は4代母である英国産の牝馬ダイヤモンドリング(1960)を日本の基礎繁殖とする21号族。叔父マイネルコンドル(1997.4.30)は中央2勝で札幌3歳S(現札幌2歳S、GIII)の勝ち馬です。メイショウブルドーは母ダイモンジ(1989.4.27)が9連産目の9番仔。

京都の未勝利戦(芝1200m)を勝ち上がったのはシエロアスール(2003.4.3、牡、栗毛)。栗東・新川恵厩舎の所属。その4代血統構成は『★タイキシャトル×ラッキーソブリン×タップオンウッド×ハードリドン』で『Halo系×Nijinsky系×Fairway系×Pharos系』の配合です。5代血統表内ではNijinsky(1967.2.21)4×3のクロスがあります。シエロアスールの牝系は小岩井の16号族ヘレンサーフ(1903)系。曾祖母リニアクイン(1974.4.8)は中央5勝でオークス(現GI)、金杯(現京都金杯、GIII)の勝ち馬です。シエロアスールは母エンジェルターフ(1995.5.11)が3連産目の3番仔。

京都の未勝利戦(芝2000m)を勝ち上がったのは(市)アペリティフ(2003.2.1、牡、鹿毛)。栗東・坪憲章厩舎の所属。その4代血統構成は『エルコンドルパサー×サンデーサイレンス×ロイヤルスキー×ノーザンテースト』で『Mr.Prospector系×Halo系×Bold Ruler系×Northern Dancer系』の配合です。5代血統表内ではNorthern Dancer5×4×5のクロス、Special(1969)とLisadell(1971)5×5×4の全姉妹クロスがあります。アペリティフの牝系は4代母である米国産の牝馬サワーオレンジ(1973.4.6)を日本の基礎繁殖とする8号族。伯父エアジハード(1995.4.9)は中央7勝で安田記念(GI)、マイルCS(GI)、富士S(GIII)の勝ち馬、曾祖母シャダイアイバー(1979.2.23)は中央3勝でオークスの勝ち馬です。アペリティフは母アイシーサイレンス(1997.6.14)が2連産目の2番仔。

福島の未勝利戦(ダート1150m)を勝ち上がったのは(父)サチノスイーティー(2003.4.4、牝、鹿毛)。美浦・平井雄二厩舎の所属。その4代血統構成は『カリスタグローリ×アフリート×アサティス×イエローゴッド』で『Never Bend系×Mr.Prospector系×Northern Dancer系×Red God系』の配合です。5代血統表内ではNasrullah4×5(父方)のクロスがあります。サチノスイーティーの牝系は小岩井の7号族アストニシメント(1902)系。曾祖母ブロケード(1978.3.16)は中央6勝で桜花賞(現GI)、スプリンターズS(現GI)、4歳牝馬特別(現フィリーズレビュー、GII)、牝馬東京タイムズ杯(現府中牝馬S)の勝ち馬です。「金襴緞子」という意味の馬名、伊達秀和オーナーのネーミングセンスの良さが伺えます。サチノスイーティーは母ペルファヴォーレ(1997.2.24)が3連産目の3番仔。

新馬戦を勝ち上がった4頭はいずれも黒鹿毛という、土曜日の2歳戦の結果でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月22日 (土)

経過ほうこく2。

なんとか表のページ第66回菊花賞(GI)の馬柱を掲載することができました。

メインWindowsPCも、徐々にではありますが、復旧しつつあります。

なお、本日の2歳戦の回顧は明日以降ということでご容赦ください。

それにしても、ジャリスコライト(2003.2.22)は強いですね。私がこの馬の馬名を初めて見た時、「ジャスコリライト。はぁ、ジャスコがリライトか。なんのこっちゃ」と思ったのは内緒です(ゴメンナサイ、ゴメンナサイ)。

あと、オパールS(OP)。7歳馬オースミステイヤー(1998.2.28)の勝利は良かったのですが、私はヤマノブリザード(1999.3.27)ばかり応援していました。オープン特別で「頑張れ、頑張れ、頑張れ!!」と、テレビに向かって叫んだのは初めてだったかもしれません。先日、父タイキブリザード(1991.3.12)の種牡馬引退が発表されたのは残念でしたが、父の分も、もう一丁息子に頑張ってほしいものです。

今日のところは以上でございま~す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

菊花賞(GI)連対馬について。

仲良くさせて頂いている『穴馬発見☆別館』様の記事にトラックバックをしてみます。

過去22年間の菊花賞で、Phalaris(1913)系の4段重ねによる配合で連対しているのは以下の5頭ということ(馬名の後の『』内は4代血統構成馬を示しています)。

  1. 1993年 2着 ステージチャンプ(1990.5.17)  『リアルシャダイ×ノーザンテースト×モデルフール×Red God』
  2. 1996年 2着 ロイヤルタッチ(1993.3.24) 『サンデーサイレンス×マルゼンスキー×テスコボーイ×★ハロウェー』
  3. 1999年 2着 テイエムオペラオー(1996.3.13) 『オペラハウス×Blushing Groom×Key to the Kingdom×Drone』
  4. 2000年 2着 トーホウシデン(1997.3.26) 『ブライアンズタイム×Blushing Groom×Nijinsky×Sir Ivor』
  5. 2003年 2着 リンカーン(2000.3.18) 『サンデーサイレンス×トニービン×Sadler's Wells×★イングリッシュプリンス』

血統的な側面は穴馬発見☆別館様で記されているとおりです。あと、上記5頭のうち3頭、ステージチャンプ、テイエムオペラオー、リンカーンに共通する点があります。それは、3頭いずれもが「母が前年産駒なし後の仔」ということですね。ステージチャンプとリンカーンは母の初仔、テイエムオペラオーは母が不受胎後の仔です。リフレッシュされた母体が、良駒を産み出したとも思います。

#より中島理論的な側面から血統構成を確認すると、ステージチャンプの祖母父モデルフール(1963.4.2)はTom Fool(1949.3.31)系でアメリカンダミー、ロイヤルタッチの祖母父テスコボーイ(1963)は氏曰くFair Play(1905)系のダミー、テイエムオペラオーの父オペラハウス(1988.2.24)、リンカーンの祖母父Sadler's Wells(1981.4.11)はBlandford(1919.5.26)系のダミーということ。ここまで区分けすると、トーホウシデンのみが4代血統構成の単調な馬として残ります。でも、中島理論使いの方は「Blushing Groom(1974.4.8)はダミーじゃないの?」と思われているのではないでしょうか(笑)。

では、ここでは今年の菊花賞出走馬でPhalaris系の4段重ねによる配合になっている馬について見てみましょう。

  1. ローゼンクロイツ(2002.4.6) 『サンデーサイレンス×Shirley Heights×Lyphard×Secretariat』 母が3連産目の4番仔
  2. シャドウゲイト(2002.3.23) 『ホワイトマズル×サンデーサイレンス×★ファバージ×ノーザンテースト』 母が2連産目の2番仔
  3. エイシンサリヴァン(2002.2.18) 『El Prado×Nashwan×Nureyev×Kris』 母の初仔 
  4. シックスセンス(2002.3.5) 『サンデーサイレンス×デインヒル×Niniski×Tyrant』 母が空胎後の3番仔
  5. ピサノパテック(2002.1.20) 『サンデーサイレンス×マルゼンスキー×★Roberto×Northern Dancer』  母が3連産目の3番仔
  6. マルブツライト(2002.2.4) 『メジロライアン×ブレイヴェストローマン×テスコボーイ×インディアナ』 母が7連産目の7番仔

母の受胎条件により助けられているのは、エイシンサリヴァンとシックスセンス。中島理論的なダミー系として判断される馬を持っている馬は、シャドウゲイト(祖母父ファバージ)、エイシンサリヴァン(曾祖母父Kris)、マルブツライト(祖母父テスコボーイ)ですね。とすると、ローゼンクロイツ、ピサノパテックのみがどちらにも当てはまらない馬で残ります。ローゼンクロイツは金曜日時点で4番人気ですが、過去の血統的なデータからは切りの対象になりますね。ピサノパテックは叔母スティルインラブ(2000.5.2)という血統馬ですが、やはり切りの対象になりますね。

果たして、歴史は繰り返されるのでしょうか。底力のない血統構成の馬では乗り切れない、京都の坂越え芝3000m。いずれにせよ淀の決戦、今から楽しみですね。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年10月21日 (金)

けーかほーこく1。

こんなひょうだいでも、ばーにぃきょうじゅがでてくるわけではありません。
とりあえず徐々にではありますがPCは復調しつつあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月20日 (木)

馬柱。

表のページの菊花賞(GI)の馬柱は、しばしお待ちください。メインPCの復旧作業に手一杯のため、土曜日にはアップしたいと思っています。恐れ入りますが、よろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年10月19日 (水)

青が散る。

ノートサブPCから投稿しております。かろむわんでございます。

メインPC、逝ってしまいました。

いま、リカバリCDでハードディスクの初期化が終了いたしました。

表や裏のページのデータ自体はノートサブPCに移行できましたので、なんとか週末の更新等は可能と思います。

しかし、精神的ショックは如何とも大きく。

2年3ヶ月間、大切に育てて来たのに。

無念。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年10月18日 (火)

ピンチ。

自宅のメインWindowsPCが「エンドポイントの形式が無効です」というエラーが出てOSがセーフモードでしか起動出来ない状態になってしまいました。ネットには繋ぐ事が出来ず、logの更新は携帯電話でしか出来ない現状です。こ、これはダメだ。さ、再インストールだけは勘忍して。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月17日 (月)

「菊花賞(GI)」と聞くと、ライスシャワー(1989.3.5)の小柄な馬体と地を這うような走法を思う。

生まれて初めて、競馬というものを意識して見たGIレースが、第53回菊花賞でした。忘れもしませんよ、1992年11月8日。この日付は生涯忘れることはないでしょう。競馬人としてのスタートの日ですからね。もっとも、もうひとつ忘れられない理由があるのですが、それは内緒です(笑)。

ライスシャワーのぬいぐるみとファブリーズの画像。

すっかり汚れてしまったライスシャワーのぬいぐるみ。なぜか『ファブリーズ』とともに。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年10月16日 (日)

日曜日の重賞の結果(2005/10/16分)。

第10回秋華賞。

1着エアメサイア(2002.2.4)。最後の最後で見事に差し切りましたね。サスガに淀の魔術師、武豊騎手。思えば、叔父エアシャカール(1997.2.26)が菊花賞(GI)を制した時も、トーホウシデン(1997.3.26)の田中勝春騎手が100点の騎乗だったにもかかわらず、ユタカさんは120点の騎乗で答えを覆してしまわれました。恐るべしは、武豊。エアメサイアは母エアデジャヴー(1995.3.27)を越え、同馬主のエアグルーヴ(1993.4.6)の悪夢をはらいましたね。おめでとうございます。

2着ラインクラフト(2002.4.4)。やっぱりかかり気味でしたね~。それでもクビ差の勝ち負けに持ち込むのですから、地力は相当なものです。マイル戦ならばメチャ強そう。路線を変えて気分転換をしたら、ポーンと勝ってしまいそうです。ところで、私はこの馬の長所は「瞬発力」だと思っています。自在脚で先行もOKですけれど、良ければ、差しももう一度試してみてほしいものです。でも、この馬もなんにせよ強いですね。

3着ニシノナースコール(2002.4.24)。下見所では発汗が目立ちました。印を付けていましたが、正直「あー、これでは用なしかも」と思ってしまいました。でもでも、横山典弘騎手に操られて、直線で最内を伸びました。距離のロスなしできっちり2000mを走らせるのは、サスガに横典。父ブライアンズタイム(1985.5.28)の0交配馬、2強には離されましたが、頑張りました。

「上位3頭の生年月日を見ると、数字は『0と2と4』しか使われていないなぁ」と思った、秋華賞の結果でした。

第53回府中牝馬S(GIII)。

1着ヤマニンアラバスタ(2001.3.30)。秋に昇るフォルティノ(1959.4.19)系。そのフォルティノを3×4で持つ、アラバスタ。連勝街道に乗って、勢いを持って本番に挑みます。江田照男騎手のJRA600勝達成も、合わせておめでとうございます。

今日は、以上でございます。ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日曜日の2歳戦の結果(2005/10/16分)。

日曜日の2歳戦の結果をば。500万特別戦1クラ、新馬戦3クラ、未勝利戦4クラの計8レース。

東京のサフラン賞(芝1400m)を制したのはアサヒライジング(2003.2.9)。やるな、母父ミナガワマンナ(1978.5.15)。以下に10月1日に未勝利戦を勝ち上がった際のコメントを再掲しておきます。

<再掲分>中山の未勝利戦(芝1600m)を勝ち上がったのは(父)アサヒライジング(2003.2.9、牝、鹿毛)。美浦・加藤修甫厩舎の所属。その4代血統構成は『ロイヤルタッチ×ミナガワマンナ×ボンモー×タマナー』で『Halo系×Bois Roussel系×Wild Risk系×Teddy系』の配合です。5代血統表内ではWild Risk(1940)5×5(母方)のクロスがあります。アサヒライジングの牝系は4代母である愛国産の牝馬ジェッタ(1960)を日本の基礎繁殖とする1号族。伯父にアサヒジュピター(1990.4.12)。同馬は中央5勝を挙げアルゼンチン共和国杯(GII)3着があります。ミナガワマンナ(1978.5.15)の仔、懐かしい。アサヒライジングは母アサヒマーキュリー(1991.3.29)が8連産目の8番仔。なお、余談となりますが、アサヒライジングの祖母タニワーデン(1978.4.19)には1985年から1990年まで6年連続でミナガワマンナが、1991年のクリスタルグリッターズ(1980.5.30)をはさんで、1992年にはミホシンザン(1982.4.16)が種付けされています。「シンザンの血を!」という生産者さんの心意気を感じました。

東京の新馬戦(ダート1400m)を勝ち上がったのは(市)ゲイルワン(2003.5.26、牡、栗毛)。美浦・久保田貴士厩舎の所属。その4代血統構成は『フォーティナイナー×ドクターデヴィアス×Linkage×Secretariat』で『Mr.Prospector系×Ahonoora系×Ribot系×Bold Ruler系』の配合です。5代血統表内ではTom Rolfe(1962.4.14)3×5、Hoist the Flag(1968)4×5、Nasrullah(1940.3.2)5×5(母方)のクロスがあります。ゲイルワンの牝系は米国で受け継がれている21号族。伯母ヤエノジョオー(1990.4.18)は中央7勝で、タイムス杯(OP)を勝ちシーサイドS(現エルムS、GIII)2着があります。ゲイルワンは母イーベルリンクス(1997.5.21)が3連産目の3番仔。ゲイルワンの直父系、母父系先祖であるMr.Prospector(1970.1.28)とTourbillon(1928)は、それぞれの直牝系をさかのぼれば、同じFrizetta(1905)という牝馬に行き着く13号族です。名繁殖系ですね。

東京の新馬戦(芝1600m)を勝ち上がったのは(父)クラシックスタイル(2003.3.16、牡、鹿毛)。美浦・菊川正達厩舎の所属。その4代血統構成は『ジェニュイン×Northern Baby×In Reality×◆Hail to Reason』で『Halo系×Northern Dancer系×Intent系×Turn-to系』の配合です。5代血統表内ではNorthern Dancer(1961.5.27)5×3、Hail to Reason(1958)4×4、Intentionally(1956)5×4、Native Dancer(1950.3.27)5×5(母方)のクロス、Almahmoud(1947)5×5の牝馬クロスがあります。クラシックスタイルの牝系は米国で受け継がれている4号族。3代母Mrs. Warren(1974)は米7勝でメイトロンS(GI)、スピナウェイS(GI)の勝ち馬です。クラシックスタイルは母が流産後の5番仔。

京都の新馬戦(芝1600m)を勝ち上がったのはイースター(2003.2.10、牡、青鹿毛)。栗東・瀬戸口勉厩舎の所属。その4代血統構成は『エルコンドルパサー×★サンデーサイレンス×アンバーシャダイ×レイズアボーイ』で『Mr.Prospector系×Halo系×ノーザンテースト系×Raise a Native系』の配合です。5代血統表内ではNorthern Dancer5×4×5、Raise a Native(1961)4×5のクロス、Special(1969)とLisadel(1971)5×5×4(父方)の全姉妹クロスがあります。イースターの牝系は英国産の牝馬ネヴアーキヤツチ(1972.5.15)を日本の基礎繁殖とする4号族。母バプティスタ(1995.3.31)は中央3勝でフローラS(旧OP)を勝ち4歳牝馬特別(現フィリーズレビュー、GII)3着、祖母ビーバップ(1987.3.2)は中央5勝で関屋記念(GIII)2着2回、クイーンS(GIII)2着があり、叔父ジャズアップ(2000.3.13)は現役で兵庫CS(統一GIII)2着があります。重賞になると、ちょっと詰めの甘い印象がある牝系です。イースターは母が2連産目の2番仔。『エルコンドルパサー×SSの0交配を受けた牝馬』の組み合わせは、昨日のエニフS(OP)を制したヴァーミリアン(2002.4.10)と同じです。

東京の未勝利戦(ダート1600m)を勝ち上がったのはブライアンズエッセ(2003.2.21、牡、栗毛)。美浦・境征勝厩舎の所属。その4代血統構成は『ブライアンズタイム×Conquistador Ciero×★Bold Bidder×Gallant Man』で『Roberto系×Mr.Prospector系×Bold Ruler系×Bois Roussel系』の配合です。5代血統表内ではTurn-to(1951)4×5、Nashua(1952.4.14)4×5、Ribot(1952.2.27)4×5、Nasrullah5×5、Bold Ruler(1954.4.6)5×4(母方)のクロスがあります。ブライアンズエッセの牝系は米国で受け継がれている2号族。3代母Kennelot(1974)の直仔にStephans Odyssey(1982)。同馬は米6勝でハリウッドフューチュリティ(GI)、ドワイヤーS(GI)の勝ち馬です。また、5代母がファーザーズイメージ(1963.4.7)やHalo(1969.2.7)の母であるCosmah(1953.4.4)です。ブライアンズエッセは母シェラムール(1992.5.10)が不受胎後の4番仔。

東京の未勝利戦(芝1400m)を勝ち上がったのは(父)キャンディーストア(2003.2.25、牝、鹿毛)。美浦・手塚貴久厩舎の所属。その4代血統構成は『スペシャルウィーク×トニービン×ノーザンテースト×ヒッティングアウェー』で『Halo系×ゼダーン系×Northern Dancer系×Tourbillon系』の配合です。5代血統表内ではNorthern Dancer5×4のクロスがあります。キャンディーストアの牝系は米国産の牝馬ロイヤルレジナ(1969.3.17)を日本の基礎繁殖とする3号族。祖母ダイナシュガー(1981.5.27)は中央4勝で4歳牝馬特別(現フィリーズレビュー)の勝ち馬、伯父ムッシュシェクル(1988.3.31)は中央7勝で阪神大賞典(GII)、日経新春杯(GII)、アルゼンチン共和国杯(GII)と重賞3勝、同じく伯父シクレノンシェリフ(1990.4.21)は中央3勝で毎日杯(GIII)の勝ち馬です。キャンディーストアは母フサイチハッスルが不受胎後の2番仔。

京都の未勝利戦(ダート1400m)を勝ち上がったのはホシシャトル(2003.4.7、牡、黒鹿毛)。栗東・増本豊厩舎の所属。その4代血統構成は『★タイキシャトル×タイテエム×テスコボーイ×◆ヴェンチア』で『Halo系×Aureole系×Princely Gift系×Relic系』の配合です。5代血統表内ではヴェンチア(1957)4×4(母方)、Hyperion(1930.4.18)5×5(母方)のクロスがあります。ホシシャトルの牝系は小岩井の7号族アストニシメント(1902)系。半兄サンフォードシチー(1995.5.9)は中央8勝で武蔵野S(GIII)を勝ち、ジャパンカップダート(GI)2着があるヤマニンゼファー(1988.5.27)の代表産駒です。ホシシャトルは母テイムズシチー(1985.4.17)が不受胎後の10番仔。

京都の未勝利戦(芝1400m)を勝ち上がったのはオースミシャトル(2003.5.27、牡、鹿毛)。栗東・武邦彦厩舎の所属。その4代血統構成は『★タイキシャトル×トウショウボーイ×ヴェンチア×フェリオール』で『Halo系×Princely Gift系×Relic系×Pharos系』の配合です。5代血統表内にはクロスはありません。オースミシャトルの牝系は新国産の牝馬ミスバンブトン(1950)を日本の基礎繁殖とする2号族。オースミシャトルは母スーパーユニーク(1989.5.10)が実質3連産目(死産後)の8番仔。

#オースミシャトルの4代血統構成を振り返っていて、ホシシャトルの構成との既視感を覚えた私です(笑)。共に馬名にシャトルが付きますし、父タイキシャトル(1994.3.23)が同じですし、父系4系のうち3系が同系ですしね。うーむ、デジャヴー。

以上、「ゲイルワンという『5文字でワンが最後に付く名前』の馬が勝ち上がり、自分のHNとの近親感を覚えたら、実は誕生日が同じ5月26日ということに驚いた」かろむわんでした。なんのこっちゃ(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月15日 (土)

Eye Popper!!

豪州遠征中のアイポッパー(2000.3.21)、緒戦のコーフィールドC(豪GI)を短頭差の2着だったということ。惜しい。馬名の意味は「目玉の飛び出すほどの大変なもの、わくわくさせるもの」ですから、豪州の競馬ファンの皆様も、日本からのチャレンジャーの健闘に、さぞかし目玉の飛び出す思いをされたでしょう。速報のニュースを見て、私も目玉が飛び出すほどでした(笑)。まま、これで次のメルボルンC(豪GI)が楽しみになりましたね。世界に広がり行くサッカーボーイ(1985.4.28)の血、ぜひぜひ頑張ってほしいものです。

以上、「アイポッパーの母サンデーアイ(1994.5.26)と同じ誕生日」のかろむわんでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土曜日の2歳戦の結果(2005/10/15分)。

土曜日の2歳戦の回顧です。重賞1クラ、新馬戦3クラ、未勝利戦5クラの計9レース。

第40回デイリー杯2歳S(GII)。

1着マルカシェンク(2003.3.19)。雨もやや重馬場も何も関係なしに、見事に末脚を発揮しました。「1頭だけ脚が違う!!」と、ちょっとうなってしまいました。504kgの大柄な馬体ですが、身のこなしが柔らかで、「全身これバネ」という感じの雰囲気のある馬です。サスガに福永祐一騎手をして「雰囲気はネオユニヴァースに似ている」と言わしめた逸材です。瀬戸口勉調教師は来年が最後のクラシック。瀬戸口師には師匠の北橋修二調教師と同じくらいに可愛がられている福永騎手。「この馬でダービーを」という意気込みもあるのでしょう。マルカシェンク、これからも楽しみですね。

2着ダイアモンドヘッド(2003.2.12)。3ヶ月ぶりの競馬でしたが、しっかり走りましたね。今日はちょっと相手が悪かった。武豊騎手の「2005年に第40回で施行される重賞競走の騎乗機会5連勝」はなりませんでしたが、連対は続きましたね。

結局は全11頭中2頭の出走だったサンデーサイレンス(1986.3.25)産駒のワンツーフィニッシュ。レース前、思わず「終わってみればSS産駒の2頭かな」とつぶやいたら、その通りでした(苦笑)。秋が深まれば、相応に産駒たちが走ってきます。死してなお、その偉大さを伝えるスーパーサイアーですね。16歳時交配のラストクロップの走り、これからも「あーあ、やっぱりSSの仔かぁ」と言わせてくれそうです。

*** *** *** *** *** *** *** *** *** 

東京の新馬戦(芝1400m)を勝ち上がったのは(父)メタルローズ(2003.5.20、牝、黒鹿毛)。美浦・武藤善則厩舎の所属。その4代血統構成は『★ステイゴールド×マルゼンスキー×フォルティノ×ヒンドスタン』で『Halo系×Nijinsky系×Grey Sovereign系×Bois Roussel系』の配合です。5代血統表内ではNorthern Dancer(1961.5.27)5×4のクロスがあります。メタルローズの牝系は小岩井の3号族フロリースカップ(1904)系。伯父シンウルフ(1979.5.5)は中央8勝でスプリンターズS(当時GIII)の勝ち馬、3代母健宝(1959.2.20)は中央4勝で桜花賞(現GI)、カブトヤマ記念(旧GIII)の勝ち馬です。メタルローズは母スノーパラダイス(1986.3.4)が13連産目の13番仔。

京都の新馬戦(芝1200m)を勝ち上がったのは(父)マルカシリウス(2003.3.24、牡、鹿毛)。栗東・瀬戸口勉厩舎の所属。その4代血統構成は『フジキセキ×Capote×Conquistador Ciero×Halo』で『Halo系×Seattle Slew系×Mr.Prospector系×Hail to Reason系』の配合です。5代血統表内ではHalo(1969.2.7)3×4のクロスがあります。マルカシリウスの牝系は北米で受け継がれている4号族。母フォルナリーナ(1996.5.8)は中央3勝で4歳牝馬特別(現フィリーズレビュー、GII)3着があります。また、伯母Strategic Maneuver(1991)は米5勝でスピナウェイS(GI)、メイトロンS(GI)、デモワゼルS(GII)、スカイラーヴィルS(GII)の勝ち馬です。なお、Strategic Maneuverはデイリー杯2歳S2着のダイアモンドヘッドの祖母でもあります。マルカシリウスは母の初仔

京都の新馬戦(芝1400m)を勝ち上がったのはブラックチーター(2003.2.21、牝、青鹿毛)。栗東・松田国英厩舎の所属。その4代血統構成は『★サンデーサイレンス×Seeking the Gold×Chief's Crown×★Riva Ridge』で『Halo系×Mr.Prospector系×Danzig系×Turn-to系』の配合です。5代血統表内ではNative Dancer(1950.3.27)5×5(母方)のクロスがあります。ブラックチーターの牝系は米国で受け継がれている10号族。母ゴールドティアラ(1996.4.25)は中央7勝、地方2勝でマイルCS南部杯(GI)、ユニコーンS(GIII)、シリウスS(GIII)、プロキオンS(GIII)、かきつばた記念(GIII)と重賞5勝の砂の名牝です。ブラックチーターは母の初仔

#ブラックチーターの新馬戦をころっと忘れていた為、2005/10/16 9:20に追記しました。あいすみませんでした。

東京の未勝利戦(芝1400m)を勝ち上がったのはゼンノソルジャー(2003.3.18、牡、栗毛)。美浦・的場均厩舎の所属。その4代血統構成は『★タイキシャトル×モガンボ×ロンバード×ナイスダンサー』で『Halo系×Mr.Prospector系×Ribot系×Northern Dancer系』の配合です。5代血統表内ではNorthern Dancer5×5のクロスがあります。ゼンノソルジャーの牝系は小岩井の4号族プロポンチス(1897)系ブラックバトー(1965.5.9)分枝。ゼンノソルジャーは母トレンディーバトー(1994.3.22)が2連産目の2番仔。

東京の未勝利戦(芝1800m)を勝ち上がったのはマイネルキッツ(2003.3.18、牡、栗毛)。美浦・国枝栄厩舎の所属。その4代血統構成は『チーフベアハート×サッカーボーイ×Crimson Satan×Rattle Dancer』で『Danzig系×Fine Top系×Black Toney系×Native Dancer系』の配合です。5代血統表内ではNorthern Dancer4×5、Bold Ruler(1954.4.6)5×4(父方)のクロス、Mr.Music(1948)とSpy Song(1943)5×4の全兄弟クロスがあります。うーむ、Black Toney(1911)系の全兄弟クロスとは、サスガにマイネル軍団。マイネルキッツの牝系は米国で受け継がれている10号族。マイネルキッツは母タカラカンナ(1993.4.30)が不受胎後の初仔

東京の未勝利戦(芝1600m)を勝ち上がったのはムーヴスター(2003.4.11、牡、青鹿毛)。美浦・矢野照正厩舎の所属。その4代血統構成は『オース×サクラユタカオー×ダンディルート×シャトーゲイ』で『Northern Dancer系×Princely Gift系×Luthier系×Swaps系』の配合です。5代血統表内にはクロスはありません。ムーヴスターの牝系は小岩井の4号族プロポンチス系ブラックバトー分枝。上記のゼンノソルジャーとは、共に4代母が同じブラックバトーです。ムーヴスターの伯父に皐月賞(GI)2着のシャコーグレイド(1988.3.27)、日経賞(GII)の勝ち馬テンジンショウグン(1990.4.14)兄弟がいます。ムーヴスターは母ソワールムーン(1992.5.19)が6連産目の6番仔。

#東京の未勝利戦3クラ。不思議な関連性は生じるもので、ゼンノソルジャーとマイネルキッツは誕生日、性別、毛色が同じ、ゼンノソルジャーとムーヴスターは上述の通り4代母が同じですね。

京都の未勝利戦(芝1200m)を勝ち上がったのは(父)(市)コスモダンスナイト(2003.3.6、牝、鹿毛)。栗東・宮本博厩舎の所属。その4代血統構成は『ダンスインザダーク×Catrail×Irish River×Lyphard』で『Halo系×Storm Bird系×Riverman系×Northern Dancer系』の配合です。5代血統表内ではNorthern Dancer4×5×5のクロスがあります。コスモダンスナイトの牝系は主に欧米で受け継がれている1号族。叔父に中央4勝で共同通信杯2着のプレジオ(1998.4.5)がおり、3代母バブルカンパニー(1977.4.5)の仔に天皇賞・秋(GI)と朝日杯3歳S(現朝日杯FS、GI)を制したバブルガムフェロー(1993.4.11)がいます。バブルカンパニーからの別分枝馬にはザッツザプレンティ(2000.5.26)ショウナンパントル(2002.2.20)、マニックサンデー(1997.3.2)などもいます。コスモダンスナイトは母オージーカンパニー(1996.9.18)が少なくとも2連産目以上の2番仔以降の産駒。

京都の未勝利戦(芝1600m)を勝ち上がったのは(父)ドリームパスポート(2003.3.14、牡、鹿毛)。栗東・松田博資厩舎の所属。その4代血統構成は『フジキセキ×トニービン×ディクタス×ノーザンテースト』で『Halo系×ゼダーン系×Fine Top系×Northern Dancer系』の配合です。5代血統表内にはクロスはありません。ドリームパスポートの牝系は英国産の牝馬ロイヤルサッシュ(1966)を日本の基礎繁殖とする1号族。伯父ステイゴールド(1994.3.24)は中央5勝、海外2勝で香港ヴァーズ(GI)、ドバイシーマクラシック(当時GII)、目黒記念(GII)、日経新春杯(GII)の勝ち馬。叔母レクレドール(2001.2.24)は現役でローズS(GII)、クイーンS(GIII)の勝ち馬です。ドリームパスポートは母グレースランド(1998.2.3)の初仔。ちなみに、「ドリームパスポート」と聞くと、Dreamcastユーザーだった私は、ネット接続の為のCD-ROMソフトを思い出します(笑)。

今日はこんなところで。ではでは。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年10月14日 (金)

お知らせ。

表のページの更新、第10回秋華賞(GI)の馬柱は今夜未明までお待ちください。

と書きましたが、アップがちょっと遅くなってしまいました。どうも申し訳ありません。それでは、よろしければ秋華賞の馬柱をご覧ください(2005/10/15 8:45追記)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月13日 (木)

ナカミアンデス(1990.6.15)は二ノ宮敬宇厩舎の先輩。

BGMはSimon&Garfunkelの『El Condor Pasa』のかろむわんでございます。

フォルクローレというのは良いですね。アンデスの民族音楽は、遠い日本という国の住人に対してでも、なぜに郷愁を感じさせるのでしょうか。大脳辺縁系に直接響いてくるような、人間の心の奥底に問いかけるような、そんな音楽です。

さて、El Condor Pasaといえば、エルコンドルパサー(1995.3.17)ですね(そのまんま)。芝もダートも関係なく、距離も短距離からクラシックディスタンスまで不問。本当に強い馬でした。血統表を開けば、Northern Dancer(1961.5.27)4×3、Native Dancer(1950.3.27)4×5、Special(1969)4×4の牝馬クロス、さらにそのSpecialとLisadel(1971)の全姉妹クロスという近親交配馬。

早世は、その血統構成ゆえの運命だったのでしょうか。

以上、「なぜEl Condor Pasaを聞いていたかというと、エニフS(OP)に出走予定のヴァーミリアン(2002.4.10)のダート替わりが気になったから」という、かろむわんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月12日 (水)

「府中牝馬S(GIII)」と聞くと、マルカキャンディ(1996.5.13)を思う。

福永祐一騎手が前週の毎日王冠(GII)のエイシンプレストン(1997.4.9)に続き府中芝1800m重賞を制したので印象に残りました。内からティコティコタック(1997.3.11)、真ん中に少し遅れてスリーローマン(1997.5.20)、外からマルカキャンディの決勝点。わずかに先んじたのがマルカキャンディでした。

なお、福永騎手はこの後に東京スポーツ杯2歳S(GIII)をアドマイヤマックス(1999.4.10)で制しており、2001年秋の府中芝1800m重賞の3連勝を遂げられました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年10月11日 (火)

「デイリー杯2歳S(GII)」と聞くと、ボールドエンペラー(1995.4.28)を思う。

当時はデイリー杯3歳Sでしたね。レース当日、私は淀に居ました。決勝点を目の前で見ていましたよ。ゴール後、「キンググローリアスの0交配馬かぁ」と思わずつぶやき、意気消沈してしまいました。もちろん、馬券は外れていました。もう、どの馬を買ったのかも忘れていますが(笑)。

現2歳の全弟キングエンペラー(2003.4.3)にも頑張って頂きたいと思う、かろむわんでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年10月10日 (月)

「秋華賞(GI)」と聞くと、やはりファビラスラフイン(1993.4.13)を思う。

栄えある第1回の勝ち馬、ファビラスラフイン。馬名の意味は「すばらしいテン」という意味だそうで。テンといわれても、どんな動物なのか、最近はテンで分かりませんが……(すみません、すみません)。

えー、第1回NHKマイルカップ(GI)を1番人気14着で敗れて以来、5ヶ月ぶりのレースでした。腎臓摘出手術から復帰されたばかりの松永幹夫騎手を鞍上に、1000m通過58秒7のハイペースを3、4番手で進み、直線でも脚色が衰えることなく馬場の中央を堂々と抜け出してきました。前段に取り付いている馬が上がり3ハロン35秒9という出走馬18頭中2番目に速いタイムで走破されたら、それは後ろの馬は届きませんよね。勝ち時計1分58秒1は今もレースレコードです。ベガ(1990.3.8)と同じ「黄、黒縦縞、赤袖黄一本輪」の勝負服、社台のお母様、吉田和子さんの持ち馬。メンコが勝負服とおそろいになっていたのも印象的でした。

今年の3歳牝馬による最終決戦は果たしてどのような結果になるのでしょう。やはり楽しみな一戦です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

日曜日の重賞の結果(2005/10/09分)。

第56回毎日王冠(GII)。

1着サンライズペガサス(1998.4.15)。前半から良い位置につけているなと思いました。不思議なもので、良い感じで走っている馬は目に残るものですよね。「紫、白星散、白袖紫星散」の勝負服が、レース前半、やけに印象に残りました。後藤浩輝騎手は、ちょっと人気が落ち加減の馬で、府中コースを積極的に騎乗する時に、良さを見せる印象を持っています。それにしても7歳馬、屈腱炎で苦しんだこの馬をよくぞここまで立て直されたものです。石坂正厩舎スタッフならびに関係者の苦労が報われていますね。十分に気をつけて、天皇賞・秋(GI)でも元気な姿を見せてください。

2着テレグノシス(1999.5.11)。やっぱり府中コースはトニービン(1983.4.7)産駒、ということでしょうか。レース自体の上がり3ハロンが33秒6の中、よく追い込んできたものです。テレグノシス自身の上がり脚は32秒6だったということ(!)。鬼脚が本番で再度見られるか。こちらも十分に気をつけて、本番でも元気な姿を見せてください。

3着ケイアイガード(2001.5.16)。私の目には、下見所では、いちばん良く見えました。元気に周回する姿、4歳秋の充実。スタート直後、かかり加減になった時は心配しましたが、よくしのいで3着に頑張りました。アレミロード(1983.3.29)の甥、これからも楽しみですね。

7歳馬と6歳馬が1着と2着。強豪世代の生き残りたちが頑張った、毎日王冠の結果でした。

*** *** *** *** *** *** *** *** *** 

第40回京都大賞典(GII)。

1着リンカーン(2000.3.18)。今回の勝利で全5勝を武豊騎手でマークした事になりました。武騎手が騎乗した際の成績は[5-2-1-1]ですねぇ。本番での鞍上が誰になるのか気になるところです。でも、「天皇賞」で「大統領」が勝てるのかなとも思ってしまいます。はは、なんだかサイン馬券を読んでいるようですが、彼には昨年の天皇賞・春(GI)での前歴(1番人気13着)もありますので。ましてや、今年の天皇賞・秋は「エンペラーズカップ100年記念」ですしね(笑)。今日の京都大賞典のレース自体は、1番人気らしい正攻法のレースでした。なにはともあれ、久しぶりの勝利、おめでとうございます。

2着コイントス(1998.3.20)。ここでも7歳世代の生き残り。勝ち切れませんが、しぶとく頑張っています。藤岡佑介騎手も、一瞬抜け出した時に「やった」と思われたかもしれませんが、やっぱり最後にコイントスらしさを見せてしまいました。主な勝ち鞍が漁火S(準OP)で終わらないように、なんとか、どこかでひとつ勝ってほしいものです。祈願。

3着ファストタテヤマ(1999.5.30)。ここでも6歳世代の生き残り。淀で印象に残る走りをするんですよね。ないとは思いますが、マイルCS(GI)に出て来て一発かましてくれないかしらん(笑)。ずっと中長距離戦をメインに使われていますから、呼吸が合わないかもしれませんが、デイリー杯2歳S(GII)を制した舞台ではあります。

東に続く7歳馬と6歳馬のワンツーを阻んだのは1番人気の5歳馬という、京都大賞典の結果でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 9日 (日)

日曜日の2歳戦の結果(2005/10/09分)。

日曜日の2歳戦の回顧です。500万特別1クラ、新馬戦4クラ、未勝利戦4クラ、計9レースです。

京都のりんどう賞(芝1400m)を3番人気で制しましたクリノスペシャル(2003.3.4)。以下に9月11日に未勝利戦を勝ち上がった際のlogを再掲しておきます。

<再掲分>阪神の未勝利戦(芝1600m)を勝ち上がったのは(父)(市)クリノスペシャル(2003.3.4、牝、青鹿毛)。栗東・橋口弘次郎厩舎の所属。その4代血統構成は『スペシャルウィーク×ヘクタープロテクター×ダイアトム×チャイナロック』で『Halo系×Mr.Prospector系×Prince Bio系×Hyperion系』の配合です。5代血統表内ではBuckpasser(1963.4.28)5×5のクロスがあります。クリノスペシャルの牝系は9号族コランディア(1958)系。伯母ルイジアナピット(1985.3.31)は阪神牝馬特別(現阪神牝馬S、GII)、牝馬東京タイムズ杯(現府中牝馬S、GIII)などJRA6勝、伯父ダイカツリュウセイ(1987.3.19)は新潟3歳S(現新潟2歳S、GIII)などJRA2勝。先日の函館2歳S(GIII)で2着だったラッシュライフ(2003.5.17)も同牝系です。クリノスペシャルは母ペパーミントグラス(1995.3.24)が2連産目の2番仔。

東京の新馬戦(芝1600m)を勝ち上がったのはユノブラッキー(2003.2.16、牝、黒鹿毛)。美浦・伊藤正徳厩舎の所属。その4代血統構成は『★サンデーサイレンス×Private Account×Danzig×Sir Ivor』で『Halo系×Damascus系×Northern Dancer系×Sir Gaylord系』の配合です。5代血統表内にはクロスはありません。ユノブラッキーは米国で受け継がれているアメリカンファミリーの4号族。4代母Courtly Dee(1968)の分枝から多数の活躍馬が輩出されている活気ある牝系です。ユノブラッキーの近親としては3代母Foreign Courier(1979)の仔にジュライC(英GI)を勝ち名種牡馬となったGreen Desert(1993)がいます。ユノブラッキーは母マチカネハツシマダ(1995.3.1)が3連産目の3番仔。

東京の新馬戦(芝1800m)を勝ち上がったのは(外)ジャリスコライト(2003.2.22、牡、栗毛)。美浦・藤沢和雄厩舎の所属。その4代血統構成は『Fantastic Light×★Chief's Crown×Alleged×Wild Risk』で『Blushing Groom系×Danzig系×Ribot系×Rabelais系』の配合です。5代血統表内ではNorthern Dancer(1961.5.27)4×4のクロス、Runaway Bride(1962)4×3の牝馬クロスがあります。ジャリスコライトの牝系は欧米で受け継がれている22号族。半兄アグネスデジタル(1997.5.15)は日本11勝、海外1勝で香港C(GI)、天皇賞・秋(GI)、安田記念(GI)、マイルCS(GI)、フェブラリーS(GI)、マイルCS南部杯(GI)とGI6勝の超絶活躍馬。同じく半兄シェルゲーム(2001.1.30)は中央現役で巴賞(OP)を勝ち、毎日杯(GIII)2着、青葉賞(GII)3着と頑張っています。また、3代母がRunaway Brideという事で、直父系3代父Blushing Groom(1974.4.8)とも近親に当たります。ジャリスコライトは母Chancey Squaw(1991)が4連産目の6番仔。なお、新種牡馬Fantastic Light(1996.2.13)は産駒初のJRA勝利となりました。という訳で、今日のポッドキャスティングを聞いて頂かなくても、ジャリスコライトに関する内容は文章で分かってしまいました(笑)。

京都の新馬戦(ダート1400m)を勝ち上がったのはフォルテピアノ(2003.2.24、牝、栗毛)。栗東・橋口弘次郎厩舎の所属。その4代血統構成は『フレンチデピュティ×ノーザンテースト×Crafty Prospector×★Secretariat』で『Deputy Minister系×Northern Dancer系×Mr.Prospector系×Bold Ruler系』の配合です。5代血統表内ではNorthern Dancer4×3、Bold Ruler(1954.4.6)4×5のクロス、Victoriana(1952)5×5、Lady Angela(1944)5×4(母方)の牝馬クロスがあります。フォルテピアノの牝系は米国で受け継がれている9号族。母キョウエイフォルテは中央6勝でシリウスS(GIII)3着があります。また、伯父ビッグショウリ(1991.4.5)は中央7勝、地方3勝でマイラーズC(GII)の勝ち馬、叔父ビッグテースト(1998.3.9)は中央6勝で中山グランドジャンプ(J・GI)の勝ち馬、さらに叔父スパイキュール(2000.4.4)は中央7勝でベテルギウスS(OP)までダート戦は7戦7勝で引退しました。さらにさらに、中央3勝の伯母ブリリアントベリー(1990.4.11)の直仔に、中央4勝でアルゼンチン共和国杯(GII)の勝ち馬レニングラード(1999.4.29)、現役馬のニューベリー(1998.5.8)、カンパニー(2001.4.24)がいます。祖母クラフティワイフ(1985.1.17)は極めて優れた繁殖牝馬で、直仔は現時点で中央45勝を挙げています。近年の繁殖牝馬では産駒勝利の最多勝ではないでしょうか。フォルテピアノは母が2連産目の2番仔。

京都の新馬戦(芝1800m)を勝ち上がったのは(父)オースミタキオン(2003.4.2、牡、栗毛)。栗東・南井克巳厩舎の所属。その4代血統構成は『アグネスタキオン×Caerleon×Lyphard×Royal Match』で『Halo系×Nijinsky系×Northern Dancer系×Grey Sovereign系』の配合です。5代血統表内ではHail to Reason(1958)4×5、Northern Dancer4×4(母方)のクロスがあります。オースミタキオンの牝系は欧米で受け継がれている6号族。3代母Happy Bride(1978)は英愛仏米で9勝を挙げ、プリティポリーS(愛GII)、サンタアナH(米GII)の勝ち馬です。オースミタキオンは母サムソンレッド(1993.2.27)が2連産目の3番仔。他の新馬戦勝ち馬はガツンと書けましたが、オースミタキオンについては地味にしか書けませんでした。ごめんね、勉強不足で。

東京の未勝利戦(ダート1400m)を勝ち上がったのは(父)エイシンセイテン(2003.3.11、牡、鹿毛)。美浦・畠山吉宏厩舎の所属。その4代血統構成は『エイシンサンディ×アフリート×Vice Regent×★Slady Castle』で『Halo系×Mr.Prospector系×Northern Dancer系×Owen Tudor系』の配合です。5代血統表内ではNorthern Dancer4×4のクロスがあります。エイシンセイテンの牝系は米国で受け継がれている1号族。祖母エイシンテネシー(1989.4.3)は中央5勝で金杯(現京都金杯、GIII)の勝ち馬です。1994年の年始を飾る京都金杯を勝った際の鞍上は田原成貴騎手でした。田原騎手は1993年の年末にトウカイテイオー(1988.4.20)で有馬記念(GI)を制しており、「年が変わっても田原か!!」とファンに思わせたものでした。エイシンセイテンは母エイシンリョンサン(1997.5.12)が2連産目の2番仔。

東京の未勝利戦(芝1400m)を勝ち上がったのは(父)マジカルスター(2003.4.19、牡、栗毛)。美浦・佐藤吉勝厩舎の所属。その4代血統構成は『ニューイングランド×Stage Door Johnny×★ボールドラッド×★Better Self』で『Halo系×Princequillo系×Bold Ruler系×Black Toney系』の配合です。5代血統表内ではPrincequillo(1940)4×5(母方)のクロスがあります。中島理論的には母方が仕掛けられた配合ですね。マジカルスターの牝系は米国で受け継がれている9号族。祖母Ringing Bells(1971)からの別分枝馬にフォレ賞(仏GI)を勝ち安田記念(GI)3着のドルフィンストリート(1990.2.27)、愛2000ギニー(GI)を勝ち日本で種牡馬となったサフロンウォルデン(1996.3.5)兄弟がいます。マジカルスターは母ペロキサイド(1989.3.14)が少なくとも3連産以上の7番仔以降の仔と推定。なお、新種牡馬ニューイングランド(1997.4.4)は産駒初のJRA勝利となりました。

京都の未勝利戦(ダート1200m)を勝ち上がったのは(父)タガノエスペランサ(2003.6.1、牡、鹿毛)。栗東・橋本寿正厩舎の所属。その4代血統構成は『ダンスインザダーク×ノーザンテースト×サクラユタカオー×★ニゾン』で『Halo系×Northern Dancer系×Princely Gift系×Nijinsky系』の配合です。5代血統表内ではNorthern Dancer4×3、Nijinsky(1967.2.21)3×5のクロス、Almahmoud(1947)5×5、Lady Angela(1944)5×4(母方)の牝馬クロスがあります。タガノエスペランサの牝系は小岩井のフロリースカップ(1904)系第三スターリングモア(1944.3.31)分枝。タガノエスペランサは母タガノスカーレット(1998.4.23)の初仔

京都の未勝利戦(芝1800m)を勝ち上がったのは(父)リメインオブザサン(2003.1.15、牡、鹿毛)。栗東・池江泰寿厩舎の所属。その4代血統構成は『サンプレイス×サンダーガルチ×El Basco×Baldski』で『Halo系×Mr.Prospector系×Grey Dawn系×Nijinsky系』の配合です。5代血統表内ではNijinsky5×5のクロスがあります。リメインオブザサンの牝系は米国と南米で受け継がれている9号族。祖母トコピジャ(1990.10.15)は亜国7勝でコパデプラタ大賞典(GI)、ラミシオン大賞典(GI)など重賞4勝を挙げ亜国古牝馬王者に選出された名牝です。リメインオブザサンは母ヴェイルデラルナ(1998.3.21)が不受胎後の初仔。なお、新種牡馬サンプレイス(1995.5.26)は産駒初のJRA勝利となりました。リメインオブザサンは産駒の中で最も早い1月15日生まれであり、サンプレイスにとって本当の初仔です。サンプレイスは今年の6月20日に疝痛で亡くなってしまいましたが、「太陽の日差しの名残り」が、「太陽の場所」を思い出させてくれるような活躍を見せてくれると嬉しいですね。ちょっと気合の入ったコメントになっていますけれど、実はサンプレイスは私と同じ誕生日なんですよ。池江泰郎厩舎からデビューして2連勝を飾った時、「SSの0交配やし、頑張って」と思いました。結果的に引退レースとなった、雨降りの中で行われた新潟記念(GIII)。1分57秒0の好時計で制したそのレース。芝2000mで行われるJRA重賞競走では最速の勝ち時計として、今も記録が残っています。

未勝利戦4クラを勝ち上がったのはいずれもSS2世種牡馬の仔という、日曜日の2歳戦の結果でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

vol.2 日曜日の新馬戦出走馬について(2005/10/09分)。

ポッドキャスティング版・中島理論コラムの裏ページ・第2回をダウンロード(サイズ:11.674MB、再生時間:約12分27秒)。

1ヶ月以上ぶりの音声配信でございます。マイネルスケルツィ(2003.2.17)、ジャリスコライト(2003.2.22)、キャプテンベガ(2003.3.3)について簡単にしゃべっております。よろしければ、↑のリンクからmp3ファイルをダウンロードの後に、mp3形式に対応するソフトウェア(例:Windows Media Playerなど)でお聞きください。 また、iTunesのver5.0をお使いのPCにインストールして頂くと、←のサイドバーの中にある「RSS Podcastingのバナー」をドラッグ&ドロップして頂くだけで、ポッドキャスティングの更新をした際に自動的に最新版が配信されて便利です。

なお、「お前の声なんか聞きたくないわい」という方もいらっしゃると思います。文章によるlogは、今回取り上げた3頭が勝ち上がるまでお待ちください(苦笑)。早ければ、2頭は10月9日分の2歳戦の結果でお伝えする事ができます。

以上、かろむわんでした。ではでは、今日も良い競馬を。

注):音声録音時はまだ10月8日でした。音声中、「今日」「明日」は「10月8日」「10月9日」と置き換えてお聞きください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 8日 (土)

土曜日の2歳戦の結果(2005/10/08分)。

休日出勤帰りのかろむわんでございます。それでは、土曜日の2歳戦の回顧をば。500万特別1クラ、新馬戦2クラ、未勝利戦5クラの計8レースが行われました。

東京のプラタナス賞(ダート1400m)を1分23秒1のレコードで大差勝ちを収めたユーワハリケーン(2003.2.13)。8月14日に未勝利戦勝ちを収めた際のコメントを再掲しておきます。

<再掲分>新潟の未勝利戦(ダート1200m)を勝ち上がったのは(外)ユーワハリケーン(2003.2.13、牡、栗毛)。美浦・武藤善則厩舎の所属。その4代血統構成は『Mt.Livermore×★Two Punch×Secretariat×トンピオン』で『Blushing Groom系×Mr.Prospector系×Bold Ruler系×Tom Fool系』の配合です。5代血統表内ではNasrullah4×5のクロス、Raise a Native(1961)とToast of the Town(1965)-ユーワハリケーンの4代母-4×4(母方)の全兄妹クロスがあります。ユーワハリケーンの牝系は米国で受け継がれている8号族。前述どおり、ユーワハリケーンの4代母がRaise a Nativeの全妹ですから、Raise a Nativeとは遠縁にあたるということですね。ユーワハリケーンの半兄に現役のアンクルリーサム(2001.5.15)がいます。なお、ダート1200mの勝ち時計1分11秒9は新潟競馬場の2歳タイレコードとのこと。

東京の新馬戦(芝1400m)を勝ち上がったのは(外)アポロノサトリ(2003.4.10、牡、芦毛)。美浦・堀井雅広厩舎の所属。その4代血統構成は『Cozzene×Dixieland Band×Fappiano×Great Above』で『フォルティノ系×Northern Dancer系×Mr.Prospector系×Himyar系』の配合です。曾祖母父Great Above(1972)がナイスですね。5代血統表内にはクロスはありません。アポロノサトリの牝系は米国で受け継がれている1号族。母Mississippi Queen(1995)は米3勝でミスグリロS(GIII)2着、曾祖母Nany(1980)は米14勝でGIII2勝を挙げている模様。アポロノサトリは母が少なくとも2連産以上の仔。

京都の新馬戦(芝1400m)を勝ち上がったのは(父)(市)ロジック(2003.3.17、牡、黒鹿毛)。栗東・橋口弘次郎厩舎の所属。その4代血統構成は『アグネスタキオン×サクラユタカオー×シンザン×トサミドリ』で『Halo系×Princely Gift系×Bois Roussel系×Blandford系』の配合です。祖母父シンザン(1961.4.2)、曾祖母父トサミドリ(1946.5.20)とは泣かせます。5代血統表内にはクロスはありません。ロジックの牝系は豪州産の牝馬スイートヘレン(1951.11.14)を日本の基礎繁殖とする2号族。母エイプリルドラマ(1989.4.17)は中央4勝。祖母ファインドラマ(1974.4.15)の分枝からは中央で堅実に勝ち上がる産駒が多く出ているようです。ロジックは母が2連産目の7番仔。

東京の未勝利戦(芝1600m)を勝ち上がったのは(父)(市)マイネルメロス(2003.2.22、牡、栗毛)。美浦・堀井雅広厩舎の所属。その4代血統構成は『アグネスタキオン×A.P. Indy×Danzig×Alydar』で『Halo系×Seattle Slew系×Northern Dancer系×Raise a Native系』の配合です。5代血統表内ではBold Ruler(1954.4.6)5×5のクロスがあります。マイネルメロスの牝系は米国で受け継がれている8号族。曾祖母I'm Sweets(1983)は米8勝を挙げデモワゼルS(GI)、ガーデニアS(GII)など重賞4勝の活躍馬です。マイネルメロスは母スウィートインディ(1994.2.12)が4連産目の4番仔と推定。

東京の未勝利戦(芝1800m)を勝ち上がったのはブローオブサンダー(2003.4.27、牝、鹿毛)。美浦・堀宣行厩舎の所属。その4代血統構成は『クロフネ×Theatrical×★Storm Bird×High Line』で『Deputy Minister系×Nureyev系×Northern Dancer系×Hyperion系』の配合です。5代血統表内ではNorthern Dancer(1961.5.27)5×4×4、Nearctic(1954.2.11)5×5×5のクロスがあります。ブローオブサンダーの牝系は欧米で受け継がれている11号族。伯父サンダーガルチ(1992.5.23)は米9勝でケンタッキーダービー(GI)、ベルモントS(GI)、トラヴァーズS(GI)、フロリダダービー(GI)など重賞7勝、同じく伯父バトルライン(1993.5.20)は日本9勝でプロキオンS(GIII)、エルムS(GIII)など重賞4勝。また、曾祖母Shoot a Line(1977.4.2)は英愛独米で7勝を挙げ、愛オークス(GI)、ヨークシャーオークス(英GI)など重賞5勝の名牝です。ブローオブサンダーは母ピールオブサンダー(1994.5.17)が4連産目の4番仔。

京都の未勝利戦(芝1600m)を勝ち上がったのは(市)アドマイヤメイン(2003.3.13、牡、栗毛)。栗東・橋田満厩舎の所属。その4代血統構成は『★サンデーサイレンス×ヘクタープロテクター×Assert×Mount Hagen』で『Halo系×Mr.Prospector系×Northern Dancer系×Bold Ruler系』の配合です。5代血統表内にはクロスはありません。アドマイヤメインの牝系は欧州で受け継がれている1号族。母プロモーション(1994.3.30)は中央3勝でクイーンS(GIII)を勝ち、クイーンC(GIII)2着です。ちょっと、ややこしいですね(笑)。また、祖母アサーション(1987.5.7)は愛1勝で愛オークス3着馬です。アドマイヤメインは母が3連産目の3番仔。なお、アドマイヤメインは2003年のセレクトセールで1億3900万円の高馬でした。

京都の未勝利戦(ダート1400m)を勝ち上がったのはポートエレガント(2003.3.17、牡、鹿毛)。栗東・岩元市三厩舎の所属。その4代血統構成は『デヒア×ホスピタリティ×ノーザンネイティヴ×シャミエ』で『Deputy Minister系×Owen Tudor系×Nearctic系×Hurry On系』の配合です。5代血統表内ではNorthern Dancerとノーザンネイティヴ(1966.5.2)4×3の全兄弟クロスがあります。ポートエレガントの牝系は小岩井の3号族フロリースカップ(1904)系第三スターリングモア(1944.3.31)分枝。母ファンドリポポ(1986.3.29)は中央5勝で4歳牝馬特別(現フローラS、GII)、シンザン記念(GIII)、朝日CC(GIII)と重賞3勝の活躍馬です。また、叔父ポートブライアンズ(1994.5.19)は中央6勝で福島記念(GIII)の勝ち馬。併せて半兄ファンドリリョウマ(1993.4.13)は中央8勝で灘S(OP)、関越S(OP)を勝ちました。ちなみに、叔父と半兄は、それぞれブライアンズタイム(1985.5.28)、モガミ(1976.5.18)の0交配馬です。ポートエレガントは母が2連産目の11番仔。

京都の未勝利戦(芝1200m)を勝ち上がったのはビーチフェスタ(2003.2.27、牝、黒鹿毛)。栗東・加用正厩舎の所属。その4代血統構成は『フジキセキ×Boundary×Woodman×Aferd』で『Halo系×Danzig系×Mr.Prospector系×Ribot系』の配合です。5代血統表内にはクロスはありません。ビーチフェスタの牝系は米国で受け継がれている14号族。母ビーチフラッグ(1997.2.21)は中央3勝でマーガレットS(OP)、バイオレットS(OP)を勝ち、グランシャリオC(統一GIII)2着、かきつばた記念(統一GIII)2着があります。ビーチフェスタは母の初仔

新馬勝ちを収めた2頭、未勝利戦勝ちの2頭、合わせて4頭の5代アウトクロス馬が勝ち上がった、土曜日の2歳戦の結果でした。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年10月 7日 (金)

よ、酔い潰れ加減。

久しぶりに酔い潰れ加減のかろむわんでございます。接待って大変ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 6日 (木)

息切れ気味(其の弐)。

昨日のlogを見て、短い文章の中に「ちょっと」が3回も出て来ているのに気付き、がっくりしているかろむわんでございます。

くー、今日はこのくらいしか書けませんわ。申し訳ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 5日 (水)

息切れ気味。

とりあえず更新作業は行わなければならないという使命感に燃える、かろむわんでございます。

でも、最近はちょっと忙しくて、ちょっと息切れ気味ですね。大変申し訳ない。

という訳で、ちょっと前に書き留めていたネタを以下に記載しておきます。あー、こうなったら、ちょっと仕舞いかも。

*** *** *** *** *** *** *** *** *** 

BGMは沢田聖子さんの『未来の子供達のために』のかろむわんでございます。

沢田聖子さんは、知る人ぞ知る『イルカの妹』。ええ、『なごり雪』のイルカさんですね。いや、本当の妹ではなくて、妹分という触れ込みでデビューされた次第です。

実は、かつて沢田さんのラジオ番組のリスナーだった私は、その番組にハガキを4度ほど送りまして、その4度すべてを番組内で取り上げて頂いたという思い出があります(笑)。ハガキ、工夫しましたね。ディスクジョッキーの沢田さんが読みやすいように、官製はがきに便せんの如く何センチずつかにタテ線を引いてから、文章を書きました。当時は中学生でしたね。不器用な丁寧さに、番組スタッフの皆さんが応えてくださったのだと、今になれば思います。

会心のヒットだったハガキネタは、当時沢田さんのラジオ番組の定期ゲストだったTARAKOさん(『ちびまる子ちゃん』の声でおなじみ)を絡めた内容でした。イルカさんの妹分である沢田さんと、イルカさんと雰囲気がよく似ているTARAKOさん。その旨を書いたら、「私もTARAKOちゃんはイルカさんに似てると思ってたんだ」「そうですよね」と、番組の冒頭でずいぶんと盛り上がってくださいました。

#まったくの余談となるのですが、ちびまる子ちゃんの原作者であるさくらももこさんは、かつて『オールナイトニッポン』のパーソナリティ(月曜日・第1部)を務められた事があります。ある時、イルカさんとTARAKOさんの両名がゲストで見えられて、よく似た声、よく似た雰囲気(?)の女性3名による、三つ巴戦が繰り広げられていました。「これも、狙い撃ちやなぁ」と、やはり当時中学生だった私は思いました(←どんな中学生や)。

えーと、話が脱線しすぎましたので、それでは恒例(?)、無理やりに馬に話題を持って行きたいと思います。ここでは、今回キーとなった人物である「イルカさん」から。えーと、イルカといえばドルフィン。ドルフィンといえば、ドルフィンストリート(1990.2.27)ですね(もう無理やりもいい所)。父子2代の凱旋門賞騎手であるエリク・サンマルタン騎手を鞍上に安田記念(GI)を3着。その際の勝ち馬がノースフライト(1990.4.12)、2着がトーワダーリン(1990.4.21)。日本の4歳牝馬のワンツーフィニッシュ!!前者の鞍上が角田晃一騎手、後者の鞍上が田中勝春騎手。ゴールした後の、この同期生2人のハイタッチが印象に残っています。この時、角田騎手は田中騎手が2着に来ているとは思っていなかった、という事を見聞きした覚えがあります。「ところでカツハル、何着だったの?」「何言ってんだよ、2着だよ」「えーっ!?」みたいな(笑)。

えーと、ハイタッチといえば...って、もういいよ。それは次回以降の講釈で(西遊記風)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 4日 (火)

「京都大賞典(GII)」と聞くと、メジロマックイーン(1987.4.3)の静かなる強さを思う。

1993年の京都大賞典。ものすごく静かにレースを勝った印象でした。その次走にジャパンカップ(GI)を勝つレガシーワールド(1989.4.23)に影を踏ませませんでしたからね。最後の直線。白い帽子、「白、緑一本輪、緑袖」の勝負服、白い馬体が緑の芝の上を悠然と駆け抜けました。楽々とGIIを勝ち、その上で淀芝2400mのコースレコード2分22秒7を叩き出す。マックイーン、6歳秋。スピード不足のレッテルを吹き飛ばす、その強さ。3歳秋から4年連続でGIを勝ち、種子骨骨折にも負けず、なおかつ成長を続ける真の名馬。メジロさんの知恵と忍耐の結晶でした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年10月 3日 (月)

「毎日王冠(GII)」と聞くと、秋競馬の本格的な始まりを思う。

秋の府中の開幕週、芝1800mの戦い。もしかしたら、もっとも盛り上がるGII戦かもしれませんね。毎日王冠、京都大賞典(GII)、阪神大賞典(GII)、札幌記念(GII)の4レースは、GIIの中で最高額の1着賞金6500万円が用意されています。それだけ、好メンバーが揃う一戦という事なのでしょう。

わずかに10年足らずの競馬人としてのキャリアですが、それでも毎日王冠は印象に残るレースばかりですね。愛らしいシンコウラブリイ(1989.2.2)が夕映えの中で叩き出した1分45秒5(1993年)、黒鹿毛のネーハイシーザー(1990.4.27)が快速東京コースに乗って叩き出した1分44秒6(1994年)、スガノオージ(1991.3.18)が毅然とした逃げでサクラトウコウ(1981.3.11)産駒の連覇を果たした雨中の戦い(1995年)、アヌスミラビリス(1992.3.15)とトーヨーリファール(1990.5.10)のIn Reality(1964)系のワンツーフィニッシュ(1996年)……。はは、キリがなくなりますね(笑)。その後も、バブルガムフェロー(1993.4.11)サイレンススズカ(1994.5.1)グラスワンダー(1995.2.18)、トゥナンテ(1995.5.3)、エイシンプレストン(1997.4.9)、マグナーテン(1996.4.18)、バランスオブゲーム(1999.4.22)テレグノシス(1999.5.11)と強い馬たちが歴史に名を刻んでいます。

サイレンススズカが勝った1998年は、特に凄かったですね。私は当日京都競馬場に居たのですが、ヴィジョンに映し出される府中のスタンドがGIIとは思えない人の多さでした。そりゃそうです。相手にエルコンドルパサー(1995.3.17)、グラスワンダーですものね。黄金色の馬体、その走る姿には後光が差しているようでした。まま、直系祖父がHalo(1969.2.7)ではありますが。

今年も楽しみなメンバーが揃いました。週末が今から待ち遠しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年10月 2日 (日)

日曜日の重賞の結果(2005/10/02分)。

第39回スプリンターズS(GI)。

1着サイレントウィットネス(1999.10.1)。戦前の1400m以下[17-0-0-0]の成績は伊達ではありませんでした。精英大使、見事な勝利でした。直線の坂を登る時の脚力は素晴らしく、その迫力はまさに重戦車の如く。鞍上のコーツィー騎手も本当に嬉しそうで、こちらも思わず微笑んでしまいました。香港の英雄、これからも頑張ってほしいものです。

#サイレントウィットネスの5代血統表をあわてて作りましたが、その血統はしっかりしたものです。4代血統構成は『Mr.Prospector系×Owen Tudor系×Sir Tristram系×Blandford系』と、いかにも母方から底力が注入されそうな配合です。父El Moxie(1986.4.9)は実はNatalma(1957)の孫、という事はEl MoxieはNorthern Dancer(1961.5.27)の甥です。また、El Moxie自身の甥に名種牡馬となったMachiavellian(1987)がいます。名繁殖系に生まれたEl Moxie、競走馬としては一般競走を6勝と大成できませんでしたが、名馬の父となりました。また、母方の世代交代は地味になされており、突然名馬を輩出したところに、Sea-Bird(1962.3.8)と似かよる部分を思いました。配合の妙。今の日本ではなかなかお目にかかれない、チャンスブレッドなのかもしれませんね。

2着デュランダル(1999.5.25)。いつもの通り、大外ぶん回し。それでも、しっかりと差を詰めて追い込んでくるのですから、大したものです。上がり3ハロンは32秒7の鬼脚だったとの事。これでスプリンターズSは3年連続の連対。ひと叩きしてマイルCS(GI)に向かうのは前年同様。未到のマイルCS3連覇に挑みます。でも、あの末脚を見ると、天皇賞・秋(GI)にて府中での走りを見て見たいと思うのは、私だけではないはずです(笑)。

3着アドマイヤマックス(1999.4.10)。絞ってきましたね。個人的には週間競馬ブックの誌上Photoでの出来が良く見えたので、あるいは割って入るかと思いましたが、3着まで。前2頭が強かった。それでも、今回のレースも含めてスプリントGIの出走機会では[1-0-2-0]と3着を外していないのですから、エライ。2歳時から応援していますが、まさかスプリンターとして開花するとは思いませんでした。3歳秋の菊花賞(GI)では本命にしましたよ(苦笑)。

結局は、6歳馬のワンツースリーフィニッシュでした。若い世代も頑張って。

*** *** *** *** *** *** *** *** *** 

第9回シリウスS(GIII)。

1着ブルーコンコルド(2000.4.11)。ハンデ戦で58kgを背負っても、強い。昨年のフェブラリーS(GI)5着時、外から追い込んできた脚勢の良さに「これからが楽しみ」と思われた方もたくさんいらっしゃるでしょう。少し時間はかかりましたが、5歳秋、ここに来て本格化の様相です。今回の勝利により、幸英明騎手とのコンビでは5戦4勝、2着1回。手が合うのでしょう。私もうっかりしていたのですが、今年のJBCスプリント(統一GI)は名古屋にて1400mで行われるんですよね。現状はダート1400mがベストと思えますし、今の勢いならば「勝ってください」という感じです。この秋、楽しみな1頭となりました。

#それにしても、フサイチコンコルド(1993.2.11)の上級産駒は地味ながらも息の長い活躍を見せますね。バランスオブゲーム(1999.4.22)オースミハルカ(2000.4.2)、そしてブルーコンコルド。いずれも2歳時から活躍を見せて、高齢になってもなお、重賞で好勝負をしています。また、モエレジーニアス(2003.3.10)という楽しみな2歳馬もいますし、名種牡馬になるべく、コンコルドにはこれからも頑張ってほしいものです。

今日はこんなところで。表のページも併せて、土曜日の夜から、結構頑張って更新したつもりです(笑)。ではでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日曜日の2歳戦の結果(2005/10/02分)。

日曜日の2歳戦はオープン特別1クラ、新馬戦2クラ、未勝利戦4クラの計7レース。

札幌のすずらん賞(OP)を制したのはフェイクフェイス(2003.4.10)。前走、[地]のみで行われた2歳500万下戦に続き、芝の中央競馬で連勝を飾りました。6番人気を跳ね返しての勝利、お見事。なお、このレースは1~3着まで[地]馬が占めました。

中山の新馬戦(芝1600m)を勝ち上がったのは(父)セトウチアポロン(2003.3.1、牡、栗毛)。美浦・堀宣行厩舎の所属。その4代血統構成は『フジキセキ×Sadler's Wells×Kris×Graustark』で『Halo系×Northern Dancer系×エタン系×Ribot系』の配合です。5代血統表内ではHail to Reason(1958)4×5のクロス、Almahmoud(1947)5×5の牝馬クロスがあります。セトウチアポロンの牝系は欧米で受け継がれている9号族。祖母Oh So Sharp(1982)は英7勝を挙げ、英1000ギニー(GI)、英オークス(GI)、英セントレジャー(GI)の変則3冠を成し遂げた名牝です。セトウチアポロンは母シャープウィッテッド(1994.4.17)が少なくとも3連産以上の連産で生まれた仔。

阪神の新馬戦(芝1600m)を勝ち上がったのはウイドーハンター(2003.5.12、牡、鹿毛)。栗東・石坂正厩舎の所属。その4代血統構成は『グラスワンダー×★サンデーサイレンス×スイフトスワロー×ミルジョージ』で『Roberto系×Halo系×Northern Dancer系×Mill Reef系』の配合です。5代血統表内ではHail to Reason4×4、Northern Dancer(1961.5.27)4×4のクロスがあります。ウイドーハンターの牝系は6代母である愛国産の牝馬ゴールデンフィズ(1957)を日本の基礎繁殖とする21号族。叔父に現役馬で新潟2歳S(GIII)2着のヨシサイバーダイン(2000.1.29)がいます。ウイドーハンターは母ペンタルビー(1995.3.6)が2連産目の2番仔。

札幌の未勝利戦(芝1800m)を勝ち上がったのは(父)ディープウイング(2003.3.12、牡、栗毛)。栗東・山内研二厩舎の所属。その4代血統構成は『アグネスタキオン×Danzig×Blushing Groom×Boldnesian』で『Halo系×Northern Dancer系×Red God系×Bold Ruler系』の配合です。5代血統表内ではBold Ruler(1954.4.6)5×5のクロス、Almahmoud5×5の牝馬クロスがあります。ディープウイングの牝系は米国で受け継がれている5号族。曾祖母Bold Bikini(1969)の直仔に英愛5勝を挙げた愛ダービー(GI)馬Law Society(1982)がいます。ディープウイングは母ロージーレディー(1991.5.5)が5連産目の6番仔。

中山の未勝利戦(ダート1200m)を勝ち上がったのはジャッキーライオン(2003.4.29、牡、芦毛)。美浦・堀井雅広厩舎の所属。その4代血統構成は『マルターズライオン×Known Fact×Sexton Blake×Match』で『Deputy Minister系×Intent系×Djebel系×Teddy系』の配合です。5代血統表内ではMixed Marriage(1952)5×4の牝馬クロスがあります。ジャッキーライオンの牝系は欧米で受け継がれている9号族。叔母マックスジーン(1993.2.21)は米11勝を挙げ、その主な勝ち鞍にシープスヘッドベイH(GII)2回、ニューヨークH(GII)等があります。また、全兄シベリアンライオン(2002.4.15)は中央の現役馬です。ジャッキーライオンは母マックスファックス(1990.2.12)が少なくとも3連産以上の連産の仔。マルターズライオン(1997.3.18)産駒、ナイス。藤田与志男オーナーの意地と愛情に感動。

中山の未勝利戦(芝1800m)を勝ち上がったのは(父)マイネルスパークル(2003.4.27、牡、青鹿毛)。美浦・柴崎勇厩舎の所属。その4代血統構成は『ダンスインザダーク×★ハギノカムイオー×スパニッシュイクスプレス×月友』で『Halo系×Princely Gift系×Grey Sovereign系×Man o'War系』の配合です。5代血統表内にはクロスはありません。マイネルスパークルの牝系は小岩井の7号族アストニシメント(1902)系。伯父に中央7勝を挙げ東京新聞杯(GIII)を制したエビスジョウジ(1981.6.17)がいます。マイネルスパークルは母リネンスパーク(1988.5.19)が3連産目の9番仔。なお、母は2003年9月に用途変更されており、マイネルスパークルが最後の仔です。

阪神の未勝利戦(芝1600m)を勝ち上がったのはフィールドカイザー(2003.5.19、牡、栗毛)。栗東・山内研二厩舎の所属。その4代血統構成は『クロコルージュ×ロドリゴデトリアーノ×Seattle Slew×Mr.Prospector』で『Blushing Groom系×Northern Dancer系×Bold Ruler系×Raise a Native系』の配合です。5代血統表内ではRaise a Native(1961)5×5、Nasrullah(1940.3.2)5×5(父方)のクロスがあります。フィールドカイザーの牝系は米国で受け継がれている3号族。叔父に中央3勝ですみれS(OP)を制したサスガ(1999.2.21)、エリカ賞を制した時にはクラシック候補と思われた中央2勝のヒダカサイレンス(1997.2.14)がいます。また、4代母Davona Dale(1976)は米11勝を挙げ米国3歳牝馬王者になった名牝です。その主な勝ち鞍にケンタッキーオークス(GI)、ファンタジーS(GI)、そしてエイコーンS(GI)、マザーグースS(GI)、CCAオークス(GI)の「ニューヨーク牝馬3冠」があります。Davona Daleの功績はたたえられ、米国では毎年2月に3歳牝馬限定のGII戦としてダヴォナデールSが行われています。フィールドカイザーは母シンモーション(1996.2.4)が3連産目の3番仔。

重賞回顧はまた後ほど行います。ではでは。

#追記。土曜日の芙蓉S(OP)を制したトーヨーエーピー(2003.5.28)の血統表をアップしました。よろしければ、ご笑覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土曜日の2歳戦の結果(2005/10/01分)。

土曜日の2歳戦は重賞1クラ、オープン特別2クラ、新馬戦2クラ、未勝利戦6クラで計11レースでした。

第40回札幌2歳S(GIII)。ここを制したのはアドマイヤムーン(2003.2.23)。これでデビュー3連勝となりました。うーむ、エンドスウィープ(1991.5.31)の仔は芝も距離もこなしますね。早世が惜しまれます。アドマイヤムーンは父のラストクロップ。スイープトウショウ(2001.5.9)ラインクラフト(2002.4.4)に続き3世代連続でGI勝ち馬となれるでしょうか。楽しみにしましょう。……レースを見られなかったので、当たり障りのないコメントになってしまいすみません。まま、いつもの事ですが(苦笑)。

中山の芙蓉S(OP)を制したのはトーヨーエーピー(2003.5.28)、阪神のききょうS(OP)を制したのはアルーリングボイス(2003.1.23)。トーヨーエーピーの血統表は、今日中にアップします。アルーリングボイスは、「稼げる時に稼いでおこう」という感じがしないでもありません。

中山の新馬戦(ダート1200m)を勝ち上がったのは(父)フィールドオアシス(2003.3.26、牡、鹿毛)。美浦・池上昌弘厩舎の所属。その4代血統構成は『タヤスツヨシ×Northfields×Tapioca×Silnet』で『Halo系×Northern Dancer系×Son-in-Law系×Pharos系』の配合です。5代血統表内ではAlmahmoud(1947)5×5の牝馬クロスがあります。フィールドオアシスの牝系は欧州で受け継がれている2号族。母フィールディ(1983.2.15)は米仏19勝。その主な勝ち鞍にスワニーリヴァーH(米GIII)2回等米重賞4勝の活躍馬です。また、祖母Gramy(1971)は仏6勝を挙げロワイヤリュー賞(当時GIII)、フィユドレール賞(GIII)の勝ち馬です。フィールドオアシスは母が3連産目の仔(少なくとも6番仔)。なお、フィールドオアシスの半姉に、毎日更新されている日記でもおなじみの三石・斉藤スタッドさんに繋養されているインシェーメ(1997.2.10)がいます。

阪神の新馬戦(芝1200m)を勝ち上がったのはゲットアウト(2003.4.22、牡、鹿毛)。栗東・太宰義人厩舎の所属。その4代血統構成は『フレンチデピュティ×Seattle Slew×Temperence Hill×Whitesburg』で『Deputy Minister系×Bold Ruler系×Hail to Reason系×Black Toney系』の配合です。5代血統表内ではBold Ruler(1954.4.6)4×5、Hail to Reason(1958)5×5のクロスがあります。ゲットアウトの牝系は米国で受け継がれている26号族。祖母Til Forbid(1988)は米4勝を挙げアラバマS(GI)2着、ケンタッキーオークス(GI)3着、アシュランドS(GI)3着等があります。ゲットアウトは母ラバーズミス(1996.2.18)が3連産目の3番仔。

札幌の未勝利戦(ダート1000m)を勝ち上がったのは(父)キクノハヤブサ(2003.4.17、牝、鹿毛)。栗東・藤岡範士厩舎の所属。その4代血統構成は『サクラバクシンオー×コリムスキー×ダンサーズイメージ×Bold Lad』で『Princely Gift系×Northern Dancer系×Native Dancer系×Bold Ruler系』の配合です。5代血統表内ではNorthern Dancer(1961.5.27)4×3、Native Dancer(1950.3.27)5×4のクロス、Lady Angela(1944)5×5の牝馬クロスがあります。キクノハヤブサの牝系は3代母である愛国産の牝馬ボールドアンドイージー(1971.3.9)を日本の基礎繁殖とする14号族。母オギサバンナ(1990.4.5)は中央2勝を挙げテレビ東京賞3歳牝馬S(現フェアリーS、GIII)2着があります。キクノハヤブサは母が5連産目の6番仔。

札幌の未勝利戦(芝1200m)を勝ち上がったのはニシノタカラヅカ(2003.2.10、牝、栗毛)。栗東・松田正弘厩舎の所属。その4代血統構成は『★サンデーサイレンス×Danzig×Le Fabuleux×Bold Ruler』で『Halo系×Northern Dancer系×Wild Risk系×Nasrullah系』の配合です。5代血統表内ではAlmahmoud4×5の牝馬クロスがあります。ニシノタカラヅカの牝系は米国で受け継がれている2号族。半姉ニシノフラワー(1989.4.19)は中央7勝。その主な勝ち鞍に桜花賞(GI)、スプリンターズS(GI)、阪神3歳牝馬S(現阪神JF、GI)、マイラーズC(GII)、デイリー杯3歳S(現デイリー杯2歳S、GII)、札幌3歳S(現札幌2歳S、GIII)があります。切れ味鋭く差し込み1分7秒7で制したスプリンターズS、ヤマニンゼファー(1988.5.27)を相手にしなかったマイラーズC等、私にとっても思い出深い馬です。また、ニシノタカラヅカの4代母はSomethingroyal(1952)。同牝馬はSecretariat(1970.3.30)、Sir Gaylord(1959)、ファーストファミリー(1962.2.24)のお母さんでもあります。ニシノタカラヅカは母デュプリシト(1985.5.7)が空胎後の14番仔。なお、前述の半姉ニシノフラワーは母の初仔です。父の0交配と母がリフレッシュされた受胎の仔である、ニシノタカラヅカ。半姉に続けるか、楽しみですね。

中山の未勝利戦(芝1200m)を勝ち上がったのは(市)ロードスウェアー(2003.4.7、牡、鹿毛)。美浦・土田稔厩舎の所属。その4代血統構成は『オース×カコイーシーズ×パーソロン×Buckpasser』で『Fairy King系×Alydar系×My Babu系×Tom Fool系』の配合です。5代血統表内ではNative Dancer5×5、Tom Fool(1949.3.31)5×5(母方)のクロスがあります。ロードスウェアーの牝系は3代母である米国産の牝馬シル(1970.4.22)を日本の基礎繁殖とする5号族。シルの初仔にマルゼンスキー(1974.5.19)。同馬は中央8戦8勝。朝日杯3歳S(現朝日杯FS、GI)の勝ち馬で名種牡馬となりました。ロードスウェアーは母アプレシェ(1994.3.8)が6連産目の6番仔。

中山の未勝利戦(芝1600m)を勝ち上がったのは(父)アサヒライジング(2003.2.9、牝、鹿毛)。美浦・加藤修甫厩舎の所属。その4代血統構成は『ロイヤルタッチ×ミナガワマンナ×ボンモー×タマナー』で『Halo系×Bois Roussel系×Wild Risk系×Teddy系』の配合です。5代血統表内ではWild Risk(1940)5×5(母方)のクロスがあります。アサヒライジングの牝系は4代母である愛国産の牝馬ジェッタ(1960)を日本の基礎繁殖とする1号族。伯父にアサヒジュピター(1990.4.12)。同馬は中央5勝を挙げアルゼンチン共和国杯(GII)3着があります。ミナガワマンナ(1978.5.15)の仔、懐かしい。アサヒライジングは母アサヒマーキュリー(1991.3.29)が8連産目の8番仔。なお、余談となりますが、アサヒライジングの祖母タニワーデン(1978.4.19)には1985年から1990年まで6年連続でミナガワマンナが、1991年のクリスタルグリッターズ(1980.5.30)をはさんで、1992年にはミホシンザン(1982.4.16)が種付けされています。「シンザンの血を!」という生産者さんの心意気を感じました。

阪神の未勝利戦(ダート1200m)を勝ち上がったのはインテリアワード(2003.4.17、牡、鹿毛)。栗東・矢作芳人厩舎の所属。その4代血統構成は『スキャン×ブレイヴェストローマン×ハードリドン×シャミエ』で『Mr.Prospector系×Never Bend系×Pharos系×Hurry On系』の配合です。5代血統表内ではNasrullah(1940.3.2)5×4のクロスがあります。インテリアワードの牝系は3号族フロリースカップ(1904)系リンダセニョリータ(1966.4.12)分枝。リンダセニョリータ分枝といえば、サンエイソロン(1978.5.5)、ミサキネバアー(1979.4.22)、サマニベッピン(1990.4.15)、ダンツキッチョウ(2002.2.25)、ミスズシャルダン(1995.3.11)等がこの分枝から輩出されています。インテリアワードは母レキオススター(1992.4.20)が不受胎後の4番仔。なお、インテリアワードですが、馬名の区切りは「インテリ」「アワード」ということです。「インテリア」「ワード」ではありませんでした(笑)。

阪神の未勝利戦(芝1400m)を勝ち上がったのはアイスドール(2003.2.15、牝、栗毛)。栗東・池江泰寿厩舎の所属。その4代血統構成は『キャプテンスティーヴ×サンデーサイレンス×Nureyev×★Sharpen Up』で『Damascus系×Halo系×Northern Dancer系×エタン系』です。5代血統表内ではNorthern Dancer4×4のクロスがあります。アイスドールの牝系は米国で受け継がれている9号族。伯母トゥザヴィクトリー(1996.2.22)は中央6勝でエリザベス女王杯(GI)、阪神牝馬特別(現阪神牝馬S、GII)、府中牝馬S(GIII)、クイーンS(GIII)の勝ち馬。併せて、ドバイWC(UAEGI)2着の健闘が光ります。なお、トゥザヴィクトリーが2着時のドバイWCの勝ち馬が、アイスドールの父であるキャプテンスティーヴ(1997.3.1)です。叔母ビーポジティブ(1999.3.10)は中央2勝+地方1勝でクイーン賞(統一GIII)の勝ち馬。さらに叔父サイレントディール(2000.3.19)は中央の現役馬でシンザン記念(GIII)、武蔵野S(GIII)の勝ち馬です。アイスドールは母ビスクドール(1998.3.19)の初仔

ぐぐ、サスガに11レース分となるとくたびれました。logを書くのに所要した時間は丸2時間でした(笑)。では、いまから今日のスプリンターズSを録画するためのビデオテープを買いに行ってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 1日 (土)

明日は休みだ、競馬が見られるぞ。

な、なんとか第39回スプリンターズSの馬柱表のページにアップできました。いま、表のページと書いて「最近は裏ページが表ページじゃねぇのか」と思った、かろむわんでございます。土曜日の2歳戦の回顧は、また明日に回します。どうもすみません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »