« 日曜日の2歳戦の結果(2005/10/23分)。 | トップページ | エンペラーズカップ100年記念。 »

2005年10月25日 (火)

「天皇賞・秋(GI)」と聞くと、ヤマニンゼファー(1988.5.27)とセキテイリュウオー(1989.4.30)の叩き合いを思う。

メインPCがイブキクラッシュ(1990.3.19)する前は、天皇賞・秋についてはテイエムオペラオー(1996.3.13)で書こうと思っていたのですが、下書きがなくなってしまったので、変えました。ははは...。

1993年の天皇賞・秋。府中の直線で見せた、根性比べの1戦。今もまぶたに焼き付いているのは、2頭の叩き合いになって内のヤマニンゼファーが外のセキテイリュウオーに対して、自ら、馬体を併せに行ったことですね。鞍上の柴田善臣騎手の意図ではなく、ヤマニンゼファー自身の意思によって内から詰め寄って行ったように見えました。天皇賞までにGI2勝のチャンピオンホースの意地が、そうさせたように見えました。ボスになろうという競走意欲に燃えるヤマニンゼファー。456kgの豆タンクは、同じ456kgとは思えないスマートな竜王を「ハナ」だけ抑えて、父ニホンピロウイナー(1980.4.27)が成し得なかった天皇賞制覇を遂げました。

いつも一生懸命に走るヤマニンゼファー、「そよ風、というには強烈すぎた。」馬でした。

#追記。誰ですか、「今ではヨシトミとカツハルのGIワンツーなんて見られないよな」って言っているのは(苦笑)。

|

« 日曜日の2歳戦の結果(2005/10/23分)。 | トップページ | エンペラーズカップ100年記念。 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/6576093

この記事へのトラックバック一覧です: 「天皇賞・秋(GI)」と聞くと、ヤマニンゼファー(1988.5.27)とセキテイリュウオー(1989.4.30)の叩き合いを思う。:

» 天皇賞・秋 着差理論+α [競馬重賞予想ブログ 目標3連単で小金持ち!やっぱりG1馬かよ]
【天皇賞・秋】 予想項目2:着差理論+α(近3走を元に算出)   順位該当数 出走馬馬齢 斤量騎手 脚質 1位 -2.33pゼンノロブロイ   牡558 横山典弘自在 2位-1p スイープトウショウ牝4 56池添謙一 差し 3位0p バランスオブゲーム牡6 58田中勝春 先行 4位0.33p アサクサデ..... [続きを読む]

受信: 2005年10月26日 (水) 12時49分

« 日曜日の2歳戦の結果(2005/10/23分)。 | トップページ | エンペラーズカップ100年記念。 »