« 「新潟2歳S(GIII)」と聞くと、ロサード(1996.4.22)を思う。 | トップページ | お知らせ。 »

2005年9月 1日 (木)

合掌。

netkeiba.comの記事によると、ダンツフレーム(1998.4.19)、8月30日に肺炎で死亡したという事。

2歳時から頑張って走って、3歳春のアーリントンC(GIII)で重賞初制覇。以降、皐月賞(GI)2着、日本ダービー(GI)2着、菊花賞(GI)5着。クラシックで常に善戦していました。4歳になっても善戦ぶりは変わらず、安田記念(GI)2着。そして迎えた、宝塚記念(GI)。それまでのうっぷんを晴らすかのように、見事にGI初勝利を収めました。

残念ながら、4歳時の宝塚記念より後はGIレースを勝利できませんでしたが、5歳春の天皇賞・春(GI)では5着に食い込み、その次走の新潟大賞典(GIII)では格の違いを見せつけて重賞3勝目を挙げました。

普通は、これだけの成績を残した馬であれば、種牡馬として供用されるはずです。しかし、ダンツフレームは荒尾競馬、浦和競馬と渡り歩き、最後は乗馬として供用されました。

「サラブレッドは経済動物」ということは重々承知しています。けれど、自国のGI馬を一度も種牡馬として供用できないこの日本という国は、いったい何のために種牡馬選定レース、GIレースを行っているのだろうかと思ってしまいました。

今はただ、ダンツフレームに合掌。

|

« 「新潟2歳S(GIII)」と聞くと、ロサード(1996.4.22)を思う。 | トップページ | お知らせ。 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/5730777

この記事へのトラックバック一覧です: 合掌。:

« 「新潟2歳S(GIII)」と聞くと、ロサード(1996.4.22)を思う。 | トップページ | お知らせ。 »