« 日曜日の重賞と2歳戦の結果(2005/08/21分)。 | トップページ | Horatio Nelson(2003.4.30)。 »

2005年8月22日 (月)

「新潟記念(GIII)」と聞くと、インターシュプール(1989.3.11)を思う。

キョウエイボナンザ(1988.3.29)とインターシュプール兄弟(両馬共にセン馬ですが)、どちらも芦毛なのに真っ黒け。兄は「ニューイヤーSと言えばキョウエイボナンザ」と勝手に記憶していまして、今改めて記録を確認した所、確かに1994年のニューイヤーS(OP)を制していました。そして、弟のインターシュプール。新潟記念は格上挑戦でしたが、ハンデ53kgを生かして芝2000mを1分59秒3のレコード勝ちでした。TV中継で「スキー場の多い新潟で見事なシュプールを描きました、インターシュプール」みたいな実況をされていたと思います。

|

« 日曜日の重賞と2歳戦の結果(2005/08/21分)。 | トップページ | Horatio Nelson(2003.4.30)。 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/5586843

この記事へのトラックバック一覧です: 「新潟記念(GIII)」と聞くと、インターシュプール(1989.3.11)を思う。 :

« 日曜日の重賞と2歳戦の結果(2005/08/21分)。 | トップページ | Horatio Nelson(2003.4.30)。 »