« 「小倉記念(GIII)」と聞くと、ホクセイアンバー(1989.3.21)を思う。 | トップページ | 「好きな騎手は?」 »

2005年8月 9日 (火)

60年目(その2)。

BGMは『はじめてのチュウ(Heart Beatバージョン)』のかろむわんでございます。

この不思議なテーストの歌をご存知の方もいらっしゃると思います。私はとても好きでして、「なぜか 優しい 気持ちが Oh, いっぱい」になれる歌です。

市販CDはすでに廃盤になっているのですが、『あんしんパパ』こと作詞作曲者である実川俊晴さんのサイト(←音が出るので注意)にて、プライベートCDサービスにより、そのフルコーラスを得る事が出来ます。

という訳で、申し込みをさせて頂いたCDが、今日到着した次第です。うーむ、やはりメリーナイス(1984.3.22)。もとい、ベリーナイス。リピート再生全開で聞いております。

すべての人々が、はじめてのチュウをした時のように、やさしい気持ちがいっぱいになれたならば、争いや諍いも、そうは起こらないはずなのですが。60年という歳月を経たナガサキの日に、そんな事を思いました。

|

« 「小倉記念(GIII)」と聞くと、ホクセイアンバー(1989.3.21)を思う。 | トップページ | 「好きな騎手は?」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/5382057

この記事へのトラックバック一覧です: 60年目(その2)。:

« 「小倉記念(GIII)」と聞くと、ホクセイアンバー(1989.3.21)を思う。 | トップページ | 「好きな騎手は?」 »