« 第46回宝塚記念(GI)について(その1)。 | トップページ | 栄進独眼竜。 »

2005年6月22日 (水)

第46回宝塚記念(GI)について(その2)。

TZ対決の春のグランプリ、果たして他の出走馬たちの台頭はあるのでしょうか。

コスモバルク(2001.2.10)。芝2200mの日本レコードホルダー。仁川では2歳時にラジオたんぱ杯2歳S(GIII)を制しています。ここらで何とかしないと。

サンライズペガサス(1998.4.15)。阪神コースは5戦4勝、2着1回。競馬ブックの誌上PHOTOパドックでは、脚のレガースを外していました。天皇賞・春(GI)の大敗により人気が極端に落ちるようならば狙い目か。

ビッグゴールド(1998.3.21)。7歳を迎えて驚きの上昇ぶり。脚元がパンとして、しっかりと走れるようになりました。ダテや酔狂で天皇賞・春(GI)2着にはなれません。

トウショウナイト(2001.5.29)。『★ティンバーカントリー×★Java Gold×◆Northern Dancer×New Providence』。久々に出たトウショウ産業さんの牡馬の活躍馬。

リンカーン(2000.3.18)。出来はいつでも良い感じ。GI2着2回もあり、あと一歩なんですけれど。

ハーツクライ(2001.4.15)。横山典弘騎手のお気楽追い込み戦法。やっぱり怖いかなぁ。

他にもアドマイヤグルーヴ(2000.4.30)スイープトウショウ(2001.5.9)スティルインラブ(2000.5.2)の牝馬GI勝ち馬トリオや昨年2着のシルクフェイマス(1999.4.8)もいます。

うーん。多士済々ですね。

|

« 第46回宝塚記念(GI)について(その1)。 | トップページ | 栄進独眼竜。 »

競馬(展望)」カテゴリの記事

コメント

早朝のご来訪、ありがとうございました。
宝塚記念は2強ムード満々ですが、実は展開を考えるとそれほど大きな差がつくレースではないような気がしています。ラスト1000のラップが苦しくなりそうで、漁夫の利は差し・追い込みかもしれません。
意外に、迷いだすときりがないような気がします。まあ、そのあたりが競馬の楽しみでもあるんですけどね^^

阪神の中距離得意なヴィータローザと、阪神専用のサンライズペガサスはかなりクサイと思います。

投稿: blandford | 2005年6月23日 (木) 09時06分

●blandford様
こちらこそ、わざわざのご来訪、誠にありがとうございます。

宝塚記念は厳しい展開の締まったレースになりそうですよね。迷った挙句、印は表のページの馬柱に表したとおりです。

ヴィータローザの取捨、最後の最後に印を加えました。

投稿: かろむわん | 2005年6月23日 (木) 21時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/4663597

この記事へのトラックバック一覧です: 第46回宝塚記念(GI)について(その2)。:

« 第46回宝塚記念(GI)について(その1)。 | トップページ | 栄進独眼竜。 »